FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

             前回の続き。夕方車に脚立を積み込み、今度は家内を伴って予定通り恵比須町の昭和電工プ
            ラントを再訪した。
             朝訪れた時ガードマンに伺ったら外からの撮影なら構わないとの事だったので、フェンスの
            高さをクリアできる3尺の脚立を立て、残されたわずかなプラントをじっくり撮影してみた。

 200906α7325DSC06372
            <Sony α7Ⅲ / ZEISS Batis 25mm f2>
            フェンスの内側。プラントの西側半分の様子。



 200906α73400DSC06351
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            敷地の奥の方にタンクの残骸が残っている。



 200906α7265DSC00780
            <Sony α7Ⅱ / MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical>
            なかなか慣れない焦点距離 65mm 。でもせっかく買ったのだからとせっせと使っている。写
            りはとてもいい。
            積まれた砂利山は整地のためのものだろう。足場は撤去されているのでこの6基のタンクは残
            すのかもしれない。



 200906α7265DSC00784
            <Sony α7Ⅱ / MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical>
            敷地南東のはずれの建屋とタンクも残されていた。



            200906α73400_1DSC06365
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>



 200906α73400DSC06361
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            絡み合う配管。バルブやエンドキャップの様子も面白い。



            200906α73400DSC06369
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            この角度からだとタンクが鉛筆状の形をしているのがよくわかる。



 200906α73400DSC06388
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            やや東側に回り込んで。



            200906α73400DSC06407
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            東側の道に入る頃には陽が落ちて暗くなってきた。



            200906α73400DSC06410
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>



 200906α73400DSC06419
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            美しい夕暮れである。



 200906α7225_tDSC00796
            <Sony α7Ⅱ / ZEISS Batis 25mm f2 トリミング>
            朝と同じくオーシャンリンクの停泊する海辺まで出た。



 200906α7225DSC00799
            <Sony α7Ⅱ / ZEISS Batis 25mm f2 トリミング>
            KDDIオーシャンリンク。ケーブル敷設船だけに面白い形をしている。



            200906α73400DSC06430
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>



 200906α73400DSC06443
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            夕日が東側の積乱雲を茜色に染めていた。



 200906α73400DSC06460
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>



 200906α73400DSC06446
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>



 200906α7225DSC00807
            <Sony α7Ⅱ / ZEISS Batis 25mm f2>



 200906α73400DSC06467
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            再びプラント正面に戻ってパイプの橋をくぐる。



            200906α73400_tDSC06478
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            暗さが増し、タンクの階段の照明が目立つようになった。



            200906α7255 DSC00818
            <Sony α7Ⅱ / ZEISS Batis 25mm f2>
            この水溜りには毎度お世話になっている。

             プラントの大部分が消滅してしまったのは誠に残念だが、未来に向けて設備、施設の充実を
            図るのだからやむを得ない事なのだろう。昭和電工には逆風に負けず頑張ってもらいたいもの
            である。

            
             以下、家内がスマホで撮影した画像も何枚かアップしておく。殊に2枚目はお気に入りだ。
            私はフレーミングの際極端に引き算をする傾向が強く、パイロンが大きく入るような構図はま
            ず選ばないが、この写真を見てもっと視野を広く持たなければと反省した。

         200906iphoIMG_1473.jpg
            <iPhone10s 家内撮影>



         200906iphoIMG_1451.jpg
            <iPhone10s 家内撮影>



         200906iphoIMG_1458.jpg
            <iPhone10s 家内撮影>








スポンサーサイト



  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]

             少し遡って9月6日の日曜日、久しぶりに恵比須町に写真を撮りに行った。5月にその近く
            の寿老橋近辺で写真を撮って帰る際、車中から見たら恵比須町の昭和電工プラントのタンク群
            に足場が架かっていたので、これは錆びた鉄板の塗り直しだなと思った。もう塗り終わってい
            るだろうが、あまりおかしな色になっていないといいなと思いつつ家を出た。

 200906α73400DSC06126
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            まずは恵比須運河に架かる恵比須橋の上から。可愛らしい色のボートが浮かんでいた。



 200906α73400DSC06160
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            クレーンが立ち並ぶ風景。恵比須運河ではずっと工事が続いていると思っていたが、クレーン
            は皆艀の上に乗せられているので浚渫(しゅんせつ)作業用の浚渫船の溜りになっているのか
            もしれない。ざっと10本のクレーンが数えられる。
            



            200906α7365DSC06137
            <Sony α7Ⅲ / MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical>
            台風が近づいているせいか天気が不安定で空が面白い。



 200906α73400DSC06157
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>



            200906α73400DSC06154
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            タイヤに隠れていて先端が見えないが、浚渫作業用のヘッドと思われる。



 200906α73400DSC06179
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            橋の反対側を見てみると、釣船が出航するところだった。休日を船上の釣りに当てて楽しむ人
            達。良い釣果があらんことを。
            船名を見るとなんと「だてまき丸」! 私の大好物ではないか !
            出て行く船に手を振っていた船宿のおかみさんにどうして「だでまき丸」なのか聞いてみたら
            船長の好物なんだとか・・・
            伊達巻が好物とはきっとよい船長なのだろう。


             と、ここまではよかったのだが、目的の昭和電工プラントの方を見ると何か様子が変だ。プ
            ラントのあるべき方向が妙にスッキリしている気がする。

 200906α7325DSC06218
             <Sony α7Ⅲ / ZEISS Batis 25mm f2>
            道路の頭上を渡っているパイプ群は以前の通りだが、この左側に見えるはずのプラントは?
            


 200906α7325DSC06226
             <Sony α7Ⅲ / ZEISS Batis 25mm f2>
            ガッ・・・ガッガ〜ン ! !   やられた ! 塗り直しじゃなく、解体だった。
            写真に写っているのはプラントの敷地の東側半分で、画面右の建屋と奥に残された6基のタン
            クのさらに右側にもプラントが広がっていのがほとんど全て解体されてさら地になっていた。

             昭和電工は今年始め9600億円で日立化成を買収している。1兆円規模の買収は素材分野
            の企業としては珍しく、またこの新型コロナ禍という逆風の中でのスタートでもあり色々と話
            題になった。
             昭和電工としては身の丈を大きく超えた買収であり、生産の効率化を図る上でもこのプラン
            トの近代化が必要なのかもしれない。



            200906α73400DSC06236
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            海の方を見ると光ケーブル敷設船の「 KDDI オーシャンリンク」が停泊しているようなのでと
            りあえずそちらを撮影に行った。



 200906α73400DSC06254
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>



            200906α73400DSC06261
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            オーシャンリンクの舳。ケーブル敷設のためのローラーは以前はけっこう錆びていたと思うが
            綺麗に塗り直されていた。



 200906α7325DSC06273_t
             <Sony α7Ⅲ / ZEISS Batis 25mm f2>
            海際に着くと立ち入り禁止の看板が掲げられた金網が何者かによって破られていたのでちょっ
            と失礼して波打ち際へ。



 200906α7325_tDSC06288
             <Sony α7Ⅲ / ZEISS Batis 25mm f2 トリミング>
            ほんの数メートル違うだけでけっこう臨場感が違うものである。



            200906α7325DSC06301
             <Sony α7Ⅲ / ZEISS Batis 25mm f2>
            コンクリートの錘を纏ったアンカー。今まで側面を見たことがなかったが、コンクリートブロ
            ックから錨爪が飛び出していた。



 200906α73400DSC06326
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            オーシャンリンクが接岸している岸壁にはKDDIの子会社、国際ケーブル・シップ(KCS)横浜
            海底線保管所があって、見学者向けのディスプレイが置かれていたりする。
            写真は海底ケーブルの障害修理の際回収されたアンカーで、障害の原因になっていたと考えら
            れている。



 200906α73400DSC06331
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            プラント内に残されたわずかな遺構を撮っておこうとカメラを向ける。



 200906α73400DSC06338
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            カメラを構えながら正直涙が溢れてきた。このプラントが刷新されてしまうのは、いかに時代
            の流れとはいえやはり残念なことである。



 200906α73400DSC06345
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            このタンクは手前が解体されてよく見えるようになった。

             塀が微妙な高さで好きな位置から残された6基の鉛筆型タンクを撮影することができないの
             で、後で脚立を準備して再訪することにして帰途についた。


             以下に過去に撮影した解体前のプラントの写真を何枚か貼っておくことにする。以前の記事
            で掲載済みの写真もあるかもしれないが御容赦願いたい。


   160206em5210P2060127.jpg   160206em5210P2060116.jpg

   160111ep5angeP1110013.jpg   160821em540P8210039.jpg

 160111m3drsummicronIMG_0534.jpg








  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

          この日は町田のSさん、千葉のNさんと共にルーミスシジミの沢を再訪し、その後シルビアシジミを求め
         て暑い野原を歩き回った。

 200909α7365DSC06507
         <Sony α7Ⅲ / MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical>
         ルーミスシジミは相変わらず沢の近くに降りていたが、前回より幾分気温が低いせいか敏感で飛び立ちやす
         い気もした。



 200909em13210P9090115.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14>
         苔むした岩に2頭のルーミスシジミが止まっている。



 200909em1240P9090017.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         背景の水を活かして撮ろうと思ったら日が翳ってしまった。渓流での撮影はちょっとした時間の経過
         でかなり条件が変化することがあるので注意が必要である。



         200909em13210_tP9090064.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>
         下の水にルーミスシジミが映っているとNさんが教えてくれた。



 200909em1240_tP9090031.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         清流を背景に。



         200909em1340P9090258.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         同上。



 200909α7365DSC06529
         <Sony α7Ⅲ / MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical>
         移動して灼熱(大袈裟?)の草原でシルビアシジミを探した。運良くすぐ見つかった交尾個体。



 200909em13210_tP9090469.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>
         白花のキツネノマゴで吸蜜中のシルビアシジミ。



 200909em13210_tP9090571.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>
         飛んで美しい表を見せてくれた。



 200909em13210_tP9090572.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>



 200909em13210_tP9090574.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>


          御同行下さった皆さん、暑い中本当にお疲れ様でした。お陰様で大変楽しい撮影行となりました。厚くお
         礼申し上げます。




  1. / trackback:0
  2. / comment:11
  3. [ edit ]

             遡って9月1日、スナップや風景写真を撮ろうと思って色々な機材を持ち出していつもの散
            歩コースを辿った。ついでに蝶がいないかと思って赤レンガ倉庫前の緑地も覗いてみたが、到
            着した時バーベラ・ボナリエンシスで吸蜜していた新鮮なアゲハも撮影する前にふわふわと飛
            び去ってしまって、あとはほとんど蝶の姿は見えなかった。

            200901α72drsummicronDSC00684
            <Sony α7II / Leitz DR Summicron 50mm f2.0>
            何度か掲載したが赤レンガ倉庫1号館に展示されている米オーチス社製のエレベーター駆動装
            置。



 200901α72drsummicronDSC00687
            <Sony α7II / Leitz DR Summicron 50mm f2.0>
            鋳鉄の肌には温かみがある。製作している時の熱気や職人の動きまで伝わってくるような気が
            する。



 200901α72drsummicronDSC00688
            <Sony α7II / Leitz DR Summicron 50mm f2.0>
            ワイヤーを巻き取るドラムだろう。綺麗に溝が掘られていてなかなか美しい。



         200901em12150P9010032.jpg
            <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm>
            税関の塔を背景に入れて。




         200901gfx63DSCF5775.jpg
            <FUJIFILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
            飛鳥Ⅱはこのところずっと大桟橋に停泊している。
            切断されたコードが龍が昇ってゆく姿に見えないだろうか。



 200901α72drsummicron_tDSC00711
            <Sony α7II / Leitz DR Summicron 50mm f2.0>
            アゲハに逃げられた緑地にて。



         200901gfx63DSCF5767.jpg
            <FUJIFILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
            1号館の雨水排水パイプ。これはオリジナルだと思う。



         200901em13150P9010074.jpg
            <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm>



         200901gfxpenta165DSCF5805.jpg
            <FUJIFILM GFX 50S / SMC PENTAX 67 165mm f2.8>
            唯一撮影した蝶はヤマトシジミ。吸蜜しているのが見えるだろうか。
            手前のレンガ積みは1914年(大正3年)竣工の旧税関事務所の遺構。関東大震災で屋根、
            床が焼失したそうだが、開港記念館のように復旧はできなかったのだろうか。


                   旧税関庁舎200901 
               因みにこれが旧税関事務所。この建物が残っていたらどんなにかよかったろう。



            200901em13150_tP9010170.jpg
            <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm>
            マリン&ウォークに移動。



 200901α72drsummicronDSC00720
            <Sony α7II / Leitz DR Summicron 50mm f2.0>
            高価なヴィンテージのジーンズ。向こうから歩いてくる女性は海自か海保の訓練生だろうか。            純白の制服がよく似合っていた。



 200901gfx63DSCF5828.jpg
            <FUJIFILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
            千若町にやってきた。



            200901α72drsummicronDSC00738
            <Sony α7II / Leitz DR Summicron 50mm f2.0>
            いつもの瑞穂旧鉄道橋。



 200901α72drsummicronDSC00739
            <Sony α7II / Leitz DR Summicron 50mm f2.0>



 200901gfxpenta165DSCF5807.jpg
            <FUJIFILM GFX 50S / SMC PENTAX 67 165mm f2.8>



 200901gfxpenta165DSCF5816.jpg
            <FUJIFILM GFX 50S / SMC PENTAX 67 165mm f2.8>






  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

          今年は残暑が厳しく、ルーミスシジミがまだ沢筋で見られるようなので町田のSさんと様子を見にいって
         みた。本当はもっと早い時期に行きたかったのだがなかなか都合がつかずこんな時期になってしまった。
          現地で千葉のNさんと待ち合わせて沢筋の発生地を御案内頂き、幸い数多くのルーミスシジミを観察す
         ることができた。

         
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         先行のNさんとSさん。
         千葉県南部には水成岩の川床を舐めるように水が流れる沢が多いが、ここもそんな沢筋で数多くの種類の樹
         木に囲まれた暗い川床を長靴を履いて遡上する。日陰とは言えかなり暑く一気に汗が噴き出てくる。



 200904em1240P9040158.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         沢沿いの照葉樹の葉の上で涼んでいるルーミスシジミ。



 200904em13150_2P9040042.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-20>
         シダの葉上。だいたいの個体は1度止まるとじっとしているが案外敏感で近づくと飛び立つことが多い。



 200904em13150_2P9040061.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-20>
         たまに苔むした岩の上にも止まる。



         200904em13150_2P9040196.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-20>
         背景の蔓がいい感じだ。



 200904em13150_2_tP9040198.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-20 トリミング>
         上の写真の個体が飛び立つところを撮ってみた。



 200904em13150_2_tP9040288.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-20 トリミング>
         こんな珍事も !



         200904em13150_2_tP9040291.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-20 トリミング>
         青色型の立派なサワガニのオスだ。



 200904em13150_2P9040232.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-20>
         鬱蒼とした森の下の暗い沢筋でひっそりと夏を過ごすルーミスシジミ。その姿には他の蝶には見られない独
         特の雰囲気がある。



         200904em13150_tP9041479.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>
         たまに明るいところにも止まるのでそういう時が飛翔撮影のチャンスだ。



 200904em13150_2P9040312.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-20>
         小さな滝の前で。



 200904em13150_2P9040375.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-20>
         流れの中の小さな岩の突起に止まった。最初口吻を伸ばして吸水したがすぐにやめて後はじっとしていた。



         200904em13150_2P9040449.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-20>
         同上。



 200904em13150P9041376.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         苔の上に止まる時は苔の中に落ちている枯れ葉に止まることが多いが、この時はよく苔むした岩の側面に止
         まってくれた。



 200904em13150_2P9040960.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-20>
         何度見ても見飽きないルーミスシジミの翅裏。



 200904em13150P9041141.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         飽くまでひっそりと。
        


         200904em13150_1P9041143.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         不思議な蝶である。

        
          御同行下さったNさん、Sさん、今回も大変お世話になりました。お陰様で本来のルーミスシジミらしい
         姿を存分に目の当たりにすることができました。お礼申し上げます。









  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2020 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -