FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         夏の間は見かけても「なんだ、ツマグロヒョウモンか」と、カメラを向けもしないツマグロヒョウモンのオ
         ス。でも他の蝶の数がめっきり少なくなる11月下旬ともなってくると、これがなんとなく愛おしく感じら
         れるようになる。いやはや現金なものだ。
         自分の価値観がいかに相対的なもので状況に左右され易いかを痛切に感じられたことが、もしかしたら蝶の
         撮影を続けてきて一番よかったことかもしれない。

         この時はカメラを持っていなかったので旧式iphoneでスマホ撮影。
         <iphone 7 plus>

         
         大谷石の擁壁に垂れ下がった白花のランタナで吸蜜していた。




         181128iphoIMG_3305.jpg
         ポートレイトモードで背景をボカしてみる。合成画像になるのでちょっと不自然だが悪くない気もする。



         181128iphoIMG_3308.jpg
         風化した大谷石の表情が面白い。





スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

  1. 2018/12/12(水) 18:24:17 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
蝶を見る目ってほんとに自分の価値観に左右されてしまいますね。
趣味ですからそれでいいかとも思いますけど、いやいや自分独自の視点を持ちたいとも思ったりしますね。
スマホでも特に断られなければ全く分かりませんね。

  1. 2018/12/13(木) 21:41:06 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
ツマグロヒョウモンに限りませんが、この時期になるとヤマトシジミ、ベニシジミ、モンシロチョウなど普段は撮影しない蝶がありがたく感じるので勝手なものですね。
白いランタナは見たことないですが、やはり蝶には人気なのですね。
そろそろ越冬蝶以外は見れなくなるので寂しい季節ですね。

Re: タイトルなし

  1. 2018/12/14(金) 14:46:50 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラさん
蝶を探す趣味はやはりより綺麗な蝶、珍しい種類を探し求めるのが自然なので、それはそれでいいかと思うのですが、
一方で同じ蝶なのだから普通種も希少種と同じように撮影してやらないといけないかなあ、なんて思ったりもします。
ダンダラさんのように身近な蝶もしっかり撮られているのを見るとなるほどなあと思います。
私の場合実際入れ込みようが違うので、普通種のよい写真て案外撮れていない気がします。
気にかけてはいてもなかなか・・・といったところでしょうか。
どちらにせよ人間の勝手な思い込みなので蝶にとっては関係のないことなのですが、
自分のスタンスとしてちょっと気にはなります。

Re: タイトルなし

  1. 2018/12/14(金) 14:57:30 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> BANYANさん
そうですね。
秋も深まった頃、普通種にカメラを向けると夏の間ほっておいたのがなんだか申し訳ないような気がしてしまいます(笑)。
シーズン中は何か目的の蝶があって遠征することが多いので
あまり他の蝶に目をくれていると本命に気づかないことも多くついつい・・・ですかね。
この場所には白いランタナが大谷石の擁壁に垂れ下がるように咲いていて、蝶がやってくるとちょっといい感じなんですよ。
ただ駐車場なのであまりうろうろしていると怪しまれるかもしれません。
寂しい季節になりましたが考えてみると新生蝶までもう2〜3ヶ月。きっとすぐ次のシーズンがやってくるのでしょう。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30