FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

          今まで南アルプスのミヤマシロチョウは撮影したことがなく、以前から見に行ってみたいと思ってはいた
         がなかなかチャンスがなかった。一つにはこの蝶が東信で他の数々の美蝶と一緒に撮影できること。そして
         現在でもこの蝶を見ることのできる南アルプスの産地がいずれも山深いため、行くのに結構時間がかかるこ
         とが主な理由だった。
          ところが今年は長い梅雨のせいで蝶の発生が遅れ、東信ではすでにピークを過ぎているであろうこの蝶の
         適期が南アルプスではちょうどこの日あたりとなり、それではということで出掛けてみることになった。
          同行して下さったのは今回も町田のSさんとAkakokkoさん(CLICK)


         
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         かなり早く出たので現地には6時半頃到着した。するとゼフィルスが4〜5頭いてテリトリー行動と卍飛翔
         を繰り返している。てっきりアイノミドリシジミだと思ったがどうもジョウザンミドリシジミのようだ。
         この蝶のテリ張りは8〜9時頃かと思っていたが、こんなに早い時間から行うこともあるようだ。




 190803em1300_tP8031119.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         3頭の卍飛翔。





 190803em1420P8030311.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ミヤマシロチョウは7時頃から飛び始めた。最初は崖の上の方にいて手が出なかったが、そのうち1頭が林
         道に降りてきて時々葉の上に止まってくれた。




 190803em1420_tP8030808.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         路傍にあったクガイソウの前で待っていたら吸蜜に来てくれた。




 190803em1420P8030940.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         同上。




 190803em1420P8031513.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ベニヒカゲも顔を出してくれた。ヒヨドリバナで吸蜜。




 190803em1420P8031496.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ベニヒカゲのことは念頭になかったので嬉しかった。




         190803em1420_tP8031815.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         8時半くらいからはかなり気温が上がり、ミヤマシロチョウは全然止まらなくなってしまった。食樹のある
         沢筋のヒヨドリバナ畑の上を、メスを探し求めて飛ぶ姿が見られるようになったので望遠で飛翔を狙ってみ
         た。ゆったり飛んでいるように見えても案外スピードがあって思ったより難しい。




 190803em1300_tP8031857.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         2頭入りそうな場面もあったのでテレコンを外して撮ってみたが、ヒヨドリバナの花と紛らわしく蝶が映え
         なかった。




         190803em1300_tP8033487.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         9時半くらいになると個体数が増えてきて、山側のクガイソウで盛んに吸蜜するようになった。クガイソウ
         の咲いている場所ではヒヨドリバナでの吸蜜を見ることはできなかった。
         



   190803em1300_tP8033516.jpg   190803em1300_tP8033544.jpg

   190803em1300_t_1P8033549.jpg   190803em1300_tP8033727.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         このクガイソウの株には2頭のオスと1頭のメスがやってきて入れ替わりながら吸蜜していた。
         メスの翅からクガイソウの紫が透けて見える。




 190803em1420P8033207.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 190803em1300P8034545.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         スジボソヤマキチョウも20〜30メール歩くと1頭、みたいな感じでたくさんいた。




 190803em1300_tP8034609.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         ノリウツギで吸蜜かと思ったら止まっているだけのようである。




 190803em1420P8034630.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         スジボソヤマキチョウはヒヨドリバナがお気に入り。




 190803em1420P8034697.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         帰り道で路傍のヒヨドリバナにやってくるヒョウモン類を撮影していた Akakokko さんが「あっ、いた ! 」
         と言うので見るとミヤマシロチョウがヒヨドリバナで吸蜜している。




 190803em1300P8034774.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ちょうど天気も曇りがちになってきたところだったので、おそらくこの日1番のこの新鮮個体がゆっくり楽
         しませてくれた。




 190803em1300P8034783.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>




         190803em1300_tP8034801.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>




 190803em1300_tP8034938.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>




   190803em1300_tP8034953.jpg   190803em1300_tP8034954.jpg
         接近してきたスジグロシロチョウ(多分ヤマトスジグロシロチョウ)に驚いて飛び立つシーンもあった。




         190803em1300_tP8035002.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>




 190803em1300P8035164.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>




 190803em1300_tP8035365.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         引いて撮ったこの写真がこの日のお気に入り。




 190803em1300_tP8035515.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         林道沿いにはアサギマダラの食草としても知られるイケマの花がずっと続いていて、そこにキバネセセリが
         集まってくる。その数たるや夥しいという表現が妥当に思えるくらい物凄いものだった。この日ばかりは日
         本で1番数の多い蝶はキバネセセリに違いないと思えた。




 190803em1300_tP8035818.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         キバネセセリは吸水個体を多く見かけるが吸水に来るのはオスであることが多く、今までメスを満足に撮っ
         た記憶がない。けれども吸蜜となるとメスもよくやってくる。プロキャプチャーモードを駆使してメスの翅
         表を狙ってみた。林内は暗く案外苦戦したが、辛うじて美しい翅表の斑点を写し止めることができた。




 190803em1300_tP8036078.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         ウィキで調べてみたら「イケマ」というのはアイヌ語から来ているらしい。「古くから呪術用、薬用、食用
         に用いられていた」・・・とも書かれている。
         可愛らしい花だが、イケマはアイヌ語で「イ(それ)ケマ(足)」。そして「イ(それ)」とは神を指すら
         しいから、イケマは「神の足」ということになる。その効能からそう名付けられたのか、それとも旺盛な繁
         殖力からきたものか、想像すると楽しくなってくる。


          Sさん、Akakokkoさん、今回もお付き合い下さりありがとうございました。おかげさまで南アルプスのミ
         ヤマシロチョウの元気な様子を見ることができほっとしました。またよろしくお願い致します。





スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

  1. 2019/08/11(日) 17:53:57 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
やはり、この時季、色々なツアーが催されているのですね!?
貴殿ブログを、指を咥えて拝見させて頂いてまーす(*^_^*)!!

撮影困難種の“ミヤマシロチョウ”との出会い、さぞ感激したことでしょう。
おめでとうございます。
この時期、“クガイソウ、ヒヨドリバナ”レストランは、大人気ですね!!
まさか...クガイソウが一番人気とは...!?

『イケマ』...アイヌ語だったのですか...!!


  1. 2019/08/11(日) 22:17:00 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
南アルプスのミヤマシロチョウに行かれたのですね。
私もずいぶん前(2011)に撮影に行きましたが(たぶん違う場所)、人も少なく楽しむことができました。
吸蜜に来る花とかが浅間山系のものとは違っていて新鮮な感じがしますよね。
キバネセセリもここ数年撮影していないので、うらやましく拝見しました。

  1. 2019/08/11(日) 23:15:07 |
  2. URL |
  3. akakokko
  4. [ edit ]
その節はお世話になりました。
1枚目が私の記事と被ってしまいましたが、やっぱり300F4の方がしっとりした感じでいいですね。
キバネは日陰が多かったと思いますが、綺麗に表翅が撮れていますね、
数に圧倒されて、表翅を撮ろうという考えが浮かびませんでした。

  1. 2019/08/12(月) 08:30:35 |
  2. URL |
  3. Farfalla
  4. [ edit ]
南アルプスのミヤマシロチョウは優雅さが
一際際立って美しいですね。クガイソウに
来る姿は何とも言えません。南アルプスは
行けないので、美しい写真の数々を楽しま
せて頂きました。

  1. 2019/08/13(火) 06:22:12 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
最後から2番目の写真に一票です。キバネセセリとイケマが共に素晴らしいです。私も比較的、最近のことですがイケマの世話になっていまして、ホソツツリンゴカミキリを撮ることが出来ました。でも、勿論、キバネセセリは見ていません。この種がいるところには沢山いるってことは北海道時代での経験でも、まさに仰られている通りでした。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2019/08/13(火) 07:04:43 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

  1. 2019/08/13(火) 09:30:08 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
僕は産地のこだわりはそれほど強くないので、楽な場所があればそちらへ行ってしまいます。ただ風景も花も違うので、新鮮に見えますね。
見事な写真が並んでいますが、クガイソウの紫が透けた吸蜜は素晴らしいですね。
キバネセセリも最近は多い場所へ行っていないので、1、2個体を観察するくらいです。

Re: タイトルなし

  1. 2019/08/13(火) 13:40:05 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midori さん
そうですね。色々開催中です。
でも私も全てに参加できるわけではなく、「指をくわえて」も多いですよ(笑)。
ミヤマシロチョウは今まで東信でばかり撮影してきましたので(八ヶ岳では撮れず)、いつかは南アルプスで撮りたいと思っていました。
クガイソウの集客力は圧倒的なものがありますね。
山のブッドレアと言ってもいいかもしれません(ブッドレアより効果大ですが)。
「イケマ」はアイヌ語でした。びっくりしました。
花の名前も語源を調べると思わぬことに行き当たったりするので面白いです。

Re: タイトルなし

  1. 2019/08/13(火) 13:48:23 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラ さん
はい。以前から行こう行こうと思いつつなかなかチャンスがありませんでしたが、今回は思い切って行ってきました。
おっしゃる通り、浅間山系で見るこの蝶とはまた違った雰囲気があってとても面白かったです。
ただ横綱、大関クラスが他にいないのでなかなか足が向かないのでしょう。
キバネセセリは本当にたくさんいました。あれほどたくさん見たのは初めてです。
あとミドリヒョウモンも恐ろしくたくさんいたのですが、ほとんど写真を撮りませんでした。反省です。

Re: タイトルなし

  1. 2019/08/13(火) 13:56:43 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>akakokko さん
こらこそたいへんお世話になりました。
そうですね。akakokkoさんのブログを訪問したら自分のブログに戻ってしまったみたいでおかしかったです。
300 F4はしっとりといえば言えなくもないですが、悪く言うとざらっとしてコントラストが低めとも言えますね。
私的には40-150 の写りの方が好きかもしれません。300 は後ろの方から楽して撮るにはいいですね。
キバネは確かに暗かったです。せっかくなのでもう少し粘りたかったところですが、ヤマキも見たかったので仕方ないですね。

Re: タイトルなし

  1. 2019/08/13(火) 16:04:16 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> Farfalla さん
この産地は開けた場所も多く、すっきりした構図で撮影できるチャンスが多いのではないかと思います。
ちょっと遅かったかなとも思いましたが、まだ新鮮な個体に恵まれ楽しい撮影になりました。
クガイソウは本当に人気の花で、ベニヒカゲはヒヨドリバナにも来るのに、
ミヤマシロチョウはクガイソウの咲いている場所ではほとんどヒヨドリバナは無視されてました。
南アルプスには何箇所かミヤマシロチョウのポイントがありますが、ここはかなり楽に行ける場所です。
機会があればそのうち是非行ってみてください。

Re: タイトルなし

  1. 2019/08/13(火) 16:16:26 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>clossiana さん
コメントありがとうございます。
キバネセセリも綺麗な蝶ですよね。特にメスの白い斑点は素敵だと思います。
でもいつも真剣に撮った試しがなく、今回ようやくにしてましな画像を得ることができました。
数がたくさんいればチャンスも多かろうということで、同行の方々をお待たせしての撮影でした。
それにしてもよくあれだけの数が羽化してくるものだと感心させられます。
同じ蝶でも色々ですね。

Re: タイトルなし

  1. 2019/08/13(火) 16:19:08 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> 鍵コメさん
御指摘ありがとうございます。
言われてみればどう見てもスジグロシロチョウですね。
おっしゃる通りヤマトスジグロのようです。
早速訂正させていただきます。

Re: タイトルなし

  1. 2019/08/13(火) 16:25:34 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
私も産地にはあまり拘らないのですが、環境が変わると蝶も少し違って見えたりするのと、
生態に微妙な違いがあったりするのが面白いなと思っています。
おっしゃるように吸蜜源はけっこう違うことがあるので自ずと撮れる写真も違ってきますよね。
ミヤマシロチョウのクガイソウ好きは相当なものですね。
急いでいてもあの花があるとついつい寄り道したくなるようです。
キバネセセリは好きな蝶なのに今まであまり満足に撮影できていませんでした。
今回はちゃんと撮れて良かったです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -