FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

          町田のSさんの御案内でカラスシジミとウラクロシジミの撮影に行ってきた。少し時期を外してしまった
         ようで、どちらも擦れ個体が多くなっていたが、両種共なかなか狙って撮れる蝶ではないので出掛けて良か
         った。
          また現地では久しぶりに柴田御夫妻(CLICK)にもお目にかかることができ楽しいひと時を送ることがで
         きた。

 200610em1420P6100044.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-14>
         わずかに残ったウツギの花で吸蜜するカラスシジミ。




 200610em1420P6100081.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-14>
         角度が変わったら縁毛がブルーに輝いた。




         200610em1600_tP6100215.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20 トリミング>
         ウラクロシジミが本格的に飛び始めたのは4時頃から。数は結構いて見ていて楽しいのだが、なかなか撮影
         し易い場所には止まってくれない。



 
         200610em13600_tP6100296.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20 トリミング>
         また止まってもこれくらいしか翅を開いてくれない。



        
 200610em13600_tP6100364.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20 トリミング>




 200610em13600_tP6100439.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20 トリミング>
         モミジの葉に止まったオスが半開翅。




 200610em1600_tP6100551.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20 トリミング>
         こちらはホウの葉に止まったメス。ずっと歩き回りながら葉の上を舐めていた。オスより白帯がくっきりし
         ていて綺麗だ。何度かオスが近くを通ったが無反応だった。
         






スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

  1. 2020/06/15(月) 15:12:07 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
カラスシジミの吸蜜いいですね。
僕が知っている場所は吸蜜が難しい場所が多いです。
ウラクロはなかなか止まらない場所が多いので、これくらい撮影チャンスがあれば良いのではないでしょうか。
今年は発生時期が読みにくいのでいつ頃行くか迷っていますが、その前に天気も難しいですね。

  1. 2020/06/15(月) 20:44:37 |
  2. URL |
  3. Farfalla
  4. [ edit ]
カラスシジミとウラクロシジミ
素晴らしい観察でしたね。
ウラクロシジミの真珠色の翅の
輝きがまぶしいです。

Re: タイトルなし

  1. 2020/06/16(火) 06:57:07 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
ウツギの花というとこの類ではベニカラを思い出しますが
この場所ではウツギにやってくるのでベニカラを彷彿とさせます。
見ていると行動もそっくりで、テリ張りの時にパタッと横倒しになるのも一緒でした。
ウラクロの開翅はbanyanさんと御一緒した時以来です。
一体何年前でしょうねえ(笑)。懐かしいです。

Re: タイトルなし

  1. 2020/06/16(火) 07:41:58 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
Farfalla さん
はい。同行の方のおかげで守備良く両種を観察することができました。
殊にカラスシジミについては今までじっとしているところしか見たことがなかったので
これほどベニカラとそっくりとは思わず認識を新たにした次第です。
ウラクロは難しい蝶ですね。なかなかよい開翅に出会えません。
でもこれだけ見られただけでも満足です。

  1. 2020/06/16(火) 11:38:25 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
ウラクロシジミの銀色の翅表は素晴らしいですね。
なかなかこんな近くに止まってくれませんので、うっとり拝見しました。
でも裏面の方がより好きなので、こちらもきちんと撮られてうらやましいです。

Re: タイトルなし

  1. 2020/06/16(火) 18:34:52 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
ダンダラさん
そうですね。ゼフィルスの中でも変わり種のウラクロシジミ、
翅表のパールの輝きは本当に素敵だと思います。
夕刻の薄暗い渓谷をキラキラと翅を光らせて飛ぶ姿が大好きです。
今回は数はけっこう見られたのでそれなりに成果がありました。
来年機会があればオスの新鮮な個体を狙ってみたいものです。

  1. 2020/06/18(木) 22:00:41 |
  2. URL |
  3. akakokko
  4. [ edit ]
ウラクロ、いいですね。ウラクロ♂はまだ見たこともないので、一緒に行けなくて残念でなりません。
来シーズンは第1目標にしたいと思います。

Re: タイトルなし

  1. 2020/06/19(金) 18:49:52 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
akakokko さん
確かにウラクロシジミは魅力的な蝶ですね。
一緒に撮影していた柴田さんがしきりに原始的な蝶とおっしゃられていましたが
確かにそんな印象を受けます。
どちらかというと副産物的な印象でしたが近頃は数も減ってきてそうも言ってられなくなってきました。
まだチャンスがあるかもしれませんが今年にせよ来年にせよ、早く出会えるといいですね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2020 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -