主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         
         7月3日。朝出掛けると近所の家の植え込みの葉っぱの上にアカサシガメが。カメラを持っていなかったの
         でスマホ撮影。

         



         170703iphoIMG_0954.jpg
         もう20メートルほど行くと今度はランタナの花でツマグロヒョウモンが吸蜜していた。



         170703iphoIMG_0982.jpg
         同上。



              170703ipho_tIMG_0985.jpg
              家内にメールしたら「何これお餅?」と返信があった。重なったランタナの花を鏡餅に
              見立てたようである。












スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         東海汽船は同型の高速ジェット船を4隻、東京から伊豆七島の大島〜神津島間に就航させている。
         セブンアイランド愛、セブンアイランド虹、セブンアイランド友、そして最後に就航したセブンアイランド
         大漁の4隻である。
         全長27.4m定員254名。それほど大きな船ではないし到着に時間がかかるのではと思いきや、これが時
         速 80kmを誇る高速船で、大島までだと1時間45分で着いてしまうらしい。
         また水中翼船はだいたい乗り心地が悪いものだが、この船はアメリカの航空会社で開発されたジェットエン
         ジン搭載の全没翼型水中翼船で、通常の半没翼水中翼船のように翼が水面に出ていないため波の影響を受け
         にくくとても安定性が高いらしい。
         普通の水中翼船では私も昔イタリアのコモからコモ湖の北のはずれのジェーラ・ラーリオまで往復して、ト
         ランポリンに乗っているような乗り心地に閉口した思い出がある。冬の夕方だったので遊覧船などなく、仕
         方なく乗船したこの小型船は定期バスのようなもので、北の外れで通学の子供達を下ろすと、復路はいっそ
         うの猛スピードでコモヘ取って返した。運転手と車掌が「こいつまだ大丈夫かな?」的なにやけ顔でちらち
         ら私の方を見るので、こちらも無理して「別に」みたいな涼しい表情で返したものだ。
         話が逸れたが、セブンアイランドの料金は大島までで7020円。少々割高だが、東海汽船曰く「船酔いし
         ない船」のセブンアイランド、ちょっと乗ってみたい気もする。 
  
 
         2016年10月23日撮影
         <OLYMPUS OMD E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO /テレコン1.4×>
         東京港を疾駆する『大漁』。4隻のうち最後に就航した船だ。ペイントのデザインはイラストレーターの柳
         原良平氏によるもの。昨年秋、蝶の撮影に出掛けた先でちょうど通りかかったところを撮影した。やはりと
         ても速く、水煙を巻き上げて進む様子はなかなか迫力があった。





  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         先週末はKiさんの長野県の別荘に1泊させてて頂き、土日を蝶の撮影で過ごした。
         森の中の別荘はいつもきれいで広々していていいのだが、私の車1台に5人が乗って行ったので後席の、特
         にセンターが最悪。ただでさえシートの良くないスバル車の後部中央はさすがに長距離は無理 !
         そこにしばらく座っているとお尻が痛くなり、嫌いなはずの運転が無性にしたくなってくるという魔法の椅
         子だった。皆さん、窮屈な思いをさせてしまってすみませんでした。

         まずは初日。同行のSさん、Kiさん、Koさん、Akakokkoさんと北アルプスの谷筋で春の蝶を狙った。
         蝶の数は少なく、それなりに撮影できた方もいらしたようだが私は普通種を少し撮影できただけ。蝶の撮影
         としては不満足な結果に終わったが、念願のウスバシロチョウも見ることもできて山歩きとしては楽しい1
         日となった。
         

 
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         山の様子も春から初夏に急激に変わり始めていた。トチノキの葉が大きく開いている。



 170527em5P5270010.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         クジャクシダの若葉だろうか?葉が開ききっていないのでちょっと様子が違って見える。



 170527em5P5270014.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         さらに若い葉はこのように赤味がかった色をしている。相似形かと思ったら葉の枚数が異なっている。



 170527em1P5270015.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         サカハチチョウをしっかり撮りたかったがこれがなかなか難しい。


         
 170527em5P5270040.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         人懐っこい個体がしばらく遊んで行ってくれた。背後はお目当ての蝶を待つKiさん。



 170527em5P5270047.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         Akakokkoさんの手に乗った。



 170527em5_tP5270061.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         開翅も。Akakokkoさんの指輪はプラチナとゴールドのコンビネーションだ。
         


 170527em1P5270092.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         今年初見のウスバシロチョウ。回り込もうと思ったら飛んで行ってしまったが、相変わらず優雅な飛翔姿が
         見られてよかった。



 170527em1P5270136.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         コツバメも見られた。



 170527em5P5270101.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         この日一番のお気に入りはヤマキマダラヒカゲ。崖っぷちに止まってくれたので川を入れて撮る事ができた。



         170527em5P5270121.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         ネタが少ないので縦構図も。





  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         昨日の続き。馬喰町からいったん会社に戻り、帰りがけに 105mm f2.4 1本で六角橋商店街を歩いてみた。

         撮影は全て
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>

 170511gfx165DSCF3811.jpg
         これは六角橋ではなく渋谷ヒカリエ前。



         
         いつも撮っている毛糸屋さん。どうしても開店日に当たらない。



 170511gfx105DSCF3826.jpg



 170511gfx105DSCF3835.jpg



         170511gfx105DSCF3844.jpg
         ギリヤーク尼ヶ崎がやって来る !  土曜日だ、残念ながら見に行けない。
         知らない人は動画検索 !

         
         以下おでんの提灯にピントを合わせてひたすら通行人を待つ。こういう撮影ならオートフォーカスなんて邪
         魔なだけ・・・?



         170511gfx105DSCF3862.jpg



         170511gfx105DSCF3866.jpg



         170511gfx105DSCF3874.jpg



         170511gfx105DSCF3882.jpg



         170511gfx105DSCF3889.jpg



         170511gfx105DSCF3890.jpg



         170511gfx105DSCF3886.jpg







  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         前回の記事と同じ白幡池周辺を家内と再訪した。桜はいよいよ満開で、曇り空ではあったがそれなりに楽し
         む事ができた。

         160402α72summa50DSC01788
         Sony α7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5
         篠原池と枝垂れ桜。

         

         160402α72bio28DSC01799
         Sony α7Ⅱ / Zeiss CONTAX G Biogon T* 28mm F2.8
         小振りな枝垂れ桜だが広角で撮るとけっこう大きな樹に見える。


160402α72summa50DSC01833
         Sony α7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5
         やっぱりソメイヨシノ。


   160402α72summa50DSC01835  160402α72summa50DSC01840
         Sony α7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5
         所々にあるオオシマ系の白い桜もとてもいい。淡いピンクのソメイヨシノの中で個性的に輝いて見える。



         160402α72summa50DSC01829
         Sony α7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5
         谷戸地形の少し暗い斜面に生えているオオシマザクラ。この樹が好きで毎年この時期を楽しみにしている。
         


160402α72summa50DSC01817
         Sony α7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5
         ズマリットのグルグルボケ全開で撮ってみた。



         桜を見てから丘を越えて白楽駅に下りて行くとちょうど「テキスタイルハウス シーシーシーク」のショッ
         プの前に出て来た。
         このお店がここにできてから17年にもなるが、ウィリアム・モリス等の輸入ファブリックを中心としたオ
         ーダーカーテンや可愛らしい小物を扱っていて、インテリア全般にわたって色々な相談に乗って下さる貴重
         なショップである。私自身別宅のリフォームの際、自分の会社で仕入れ先のメーカーと直接取引があるにも
         関わらず、カーテンなどシーシーシークさんにお願いした。
         以前写真家が住まれていたという昭和中期の木造建築が誠に面白くて大のお気に入りだったのだが、契約期
         間の満了に伴って9月には立ち退かれて移転する事が決まったそうである。その後は取り壊しが決まってい
         るようで残念でならない。
         通りかかったらちょうど店主の長谷川さんが出ていらしたのでお願いしてお店の写真を撮らせて頂いた。
         ショップHPはこちらhttp://www.e-kiji.com

         以下撮影は全てSony α7Ⅱ / Zeiss CONTAX G Biogon T* 28mm F2.8


160402α72bio28DSC01889
         お店は東横線白楽駅から徒歩1分もかからないような便利な場所。このような場所にこんなお店があるなん
         て奇跡に近い。地域密着型の貴重なインテリアショップだ。現在入り口は画面右端の側面にある。


   160402α72bio28DSC01904  160402α72bio28DSC01898
         左が正面玄関。右が建物横の斜面を下りた所にあるギャラリーの入り口である。

 
160402α72bio28DSC01854
         入り口を入ってすぐの部屋。
          

         160402α72bio28DSC01865
         部屋を奥へ行った所の廊下。廊下が曲がっているのも珍しい。


160402α72bio28DSC01859
         廊下を抜けるとこの部屋に出る。ここにはテーブルや椅子が置かれていて打ち合わせもできるようになって
         いる。

         160402α72bio28DSC01869
         階下へ向かう階段。下はギャラリーがある。


         160402α72bio28DSC01870
         階下の廊下からギャラリーに入る所には昔の木製冷蔵庫が置かれていた。凍りの塊を上の扉を開けて入れる
         やつだ。家内がラベルを見たら「見上冷蔵庫専門店」とあって「オデヲン座横」と書かれていた。多分横浜
         オデヲン座の事であろう。


   160402α72bio28DSC01877  160402α72bio28DSC01873
         ギャラリーの様子。左端にいるのが店主の長谷川氏。

         長谷川さん、突然にすみませんでした。ギャラリーも拝見させて下さって本当にありがとうございます。今
         後ともよろしくお願い致します。



  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -