主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         昨日の続き。馬喰町からいったん会社に戻り、帰りがけに 105mm f2.4 1本で六角橋商店街を歩いてみた。

         撮影は全て
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>

 170511gfx165DSCF3811.jpg
         これは六角橋ではなく渋谷ヒカリエ前。



         
         いつも撮っている毛糸屋さん。どうしても開店日に当たらない。



 170511gfx105DSCF3826.jpg



 170511gfx105DSCF3835.jpg



         170511gfx105DSCF3844.jpg
         ギリヤーク尼ヶ崎がやって来る !  土曜日だ、残念ながら見に行けない。
         知らない人は動画検索 !

         
         以下おでんの提灯にピントを合わせてひたすら通行人を待つ。こういう撮影ならオートフォーカスなんて邪
         魔なだけ・・・?



         170511gfx105DSCF3862.jpg



         170511gfx105DSCF3866.jpg



         170511gfx105DSCF3874.jpg



         170511gfx105DSCF3882.jpg



         170511gfx105DSCF3889.jpg



         170511gfx105DSCF3890.jpg



         170511gfx105DSCF3886.jpg







スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         前回の記事と同じ白幡池周辺を家内と再訪した。桜はいよいよ満開で、曇り空ではあったがそれなりに楽し
         む事ができた。

         160402α72summa50DSC01788
         Sony α7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5
         篠原池と枝垂れ桜。

         

         160402α72bio28DSC01799
         Sony α7Ⅱ / Zeiss CONTAX G Biogon T* 28mm F2.8
         小振りな枝垂れ桜だが広角で撮るとけっこう大きな樹に見える。


160402α72summa50DSC01833
         Sony α7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5
         やっぱりソメイヨシノ。


   160402α72summa50DSC01835  160402α72summa50DSC01840
         Sony α7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5
         所々にあるオオシマ系の白い桜もとてもいい。淡いピンクのソメイヨシノの中で個性的に輝いて見える。



         160402α72summa50DSC01829
         Sony α7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5
         谷戸地形の少し暗い斜面に生えているオオシマザクラ。この樹が好きで毎年この時期を楽しみにしている。
         


160402α72summa50DSC01817
         Sony α7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5
         ズマリットのグルグルボケ全開で撮ってみた。



         桜を見てから丘を越えて白楽駅に下りて行くとちょうど「テキスタイルハウス シーシーシーク」のショッ
         プの前に出て来た。
         このお店がここにできてから17年にもなるが、ウィリアム・モリス等の輸入ファブリックを中心としたオ
         ーダーカーテンや可愛らしい小物を扱っていて、インテリア全般にわたって色々な相談に乗って下さる貴重
         なショップである。私自身別宅のリフォームの際、自分の会社で仕入れ先のメーカーと直接取引があるにも
         関わらず、カーテンなどシーシーシークさんにお願いした。
         以前写真家が住まれていたという昭和中期の木造建築が誠に面白くて大のお気に入りだったのだが、契約期
         間の満了に伴って9月には立ち退かれて移転する事が決まったそうである。その後は取り壊しが決まってい
         るようで残念でならない。
         通りかかったらちょうど店主の長谷川さんが出ていらしたのでお願いしてお店の写真を撮らせて頂いた。
         ショップHPはこちらhttp://www.e-kiji.com

         以下撮影は全てSony α7Ⅱ / Zeiss CONTAX G Biogon T* 28mm F2.8


160402α72bio28DSC01889
         お店は東横線白楽駅から徒歩1分もかからないような便利な場所。このような場所にこんなお店があるなん
         て奇跡に近い。地域密着型の貴重なインテリアショップだ。現在入り口は画面右端の側面にある。


   160402α72bio28DSC01904  160402α72bio28DSC01898
         左が正面玄関。右が建物横の斜面を下りた所にあるギャラリーの入り口である。

 
160402α72bio28DSC01854
         入り口を入ってすぐの部屋。
          

         160402α72bio28DSC01865
         部屋を奥へ行った所の廊下。廊下が曲がっているのも珍しい。


160402α72bio28DSC01859
         廊下を抜けるとこの部屋に出る。ここにはテーブルや椅子が置かれていて打ち合わせもできるようになって
         いる。

         160402α72bio28DSC01869
         階下へ向かう階段。下はギャラリーがある。


         160402α72bio28DSC01870
         階下の廊下からギャラリーに入る所には昔の木製冷蔵庫が置かれていた。凍りの塊を上の扉を開けて入れる
         やつだ。家内がラベルを見たら「見上冷蔵庫専門店」とあって「オデヲン座横」と書かれていた。多分横浜
         オデヲン座の事であろう。


   160402α72bio28DSC01877  160402α72bio28DSC01873
         ギャラリーの様子。左端にいるのが店主の長谷川氏。

         長谷川さん、突然にすみませんでした。ギャラリーも拝見させて下さって本当にありがとうございます。今
         後ともよろしくお願い致します。



  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         足立区生物園で累代飼育、繁殖が試みられている絶滅危惧種のツシマウラボシシジミが温室内に一時放蝶され
        たそうなので見に行ってみました。現地でダンダラさん(CLICK)御夫妻と合流し、サウナのような温室の中で撮
        影してきました。多分少し痩せたと思います。

       150719ep5P7191531.jpg
        日曜日なので子供連れの家族で賑わう温室内。放蝶されたツシマウラボシシジミが元気に飛び回っていました。


150719omdP7190067.jpg
         擦れた個体がほとんどでしたが、中にはこのように奇麗な個体も混じっていました。それにしても可愛らしい
        蝶です。外縁の黄土色のラインも上品で感動でした。


150719omdP7190076.jpg
         同上

150719omdP7190091.jpg
         同上

150719omdP7190125.jpg
         同上

      150719omdP7190153.jpg
         ダンダラさんが見つけて下さった別個体。

         
         止まっている時にはけっして翅を開こうとしません。なんとかオスの翅表のブルーを撮影しようと飛翔を狙い
        ましたがピンボケの山となりました。温室内が案外暗く、ツシマウラボシシジミが日陰を好んで飛ぶためです。
        ストロボかLEDライトを使っても良かったのですが自粛しました。こういう時はやはりパスト連射のできるカメ
        ラが欲しいところです。いちおう感じはわかると思いますので何枚か載せておきます。飛翔写真は全てトリミン
        グです。
         

150719ep5P7190804.jpg


      150719ep5P7190837.jpg


150719ep5P7191338.jpg


150719ep5P7191612.jpg

         
         今や絶滅に瀕しているこの蝶、蝶類保全協会が中心となって人口繁殖と現地環境の整備が進められており、関
        係各位の御尽力には頭が下がる思いです。なんとかこの取り組みの成果があると良いのですが。
         撮影の方はあまりの暑さに音を上げ午前中で終了。ダンダラさん御夫妻とランチを御一緒させて頂き帰途につ
        きました。ダンダラさん、暑い中本当にお疲れさまでした。またよろしくお願い致します。



  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:14
  4. [ edit ]

        お向かいのYさん、町田のSさんと御一緒させて頂き、長野県北部にヒメギフチョウの撮影に行ってきました。

150426TG3P4260015.jpg
         今年は雪が多く、ギフチョウやヒメギフチョウの撮影適期が読みにくくて現地に着くまで不安でしたが、到着
        してみるとツクシやカタクリの花の咲き具合などちょうど良さそうな感じです。でも朝のうちは気温が上がらず
        スギの遥か樹上を飛んではいるもののなかなか降りてきてくれません。

150426em5P4260026.jpgようやく梅の花に1頭が遊びにきてくれました。裏翅ですが。


150426em5P4260037.jpg
         気温が上がってくると地表に遊びに来てくれる個体も出始めました。カタクリで吸蜜です。この個体は長い事
        カタクリの咲く土手で遊んで行きました。


150426TG3P4260074.jpg
         最初行ったポイントにはあまり飛んで来なくなったので少し場所を移動しました。そこはカタクリとフクジュ
        ソウとキクザキイチゲの咲き乱れる別天地。今年は特にフクジュソウがたくさん咲いていました。


P4260067.jpg
         このポイントでも撮影チャンスはカタクリの吸蜜です。けれど気温が高くなってきたためか、花にとまるとす
        ぐに翅を閉じてしまいます。開翅を撮るには止まった瞬間が勝負ですがそうそう間に合いません。


            150426TG3P4260044.jpg
         このヒオドシチョウ、残雪の上で思いっきり吸水中です。冷たい水が美味しくて仕方ないといった雰囲気。


150426EM5P4260178.jpg
         体が冷えてしまったのか動きが鈍くなってしまいました。翅を広げていますが日陰なのであまり効果がなさそ
        うです。仕方がないので近くの日当りの良い場所に移動させてやるとしばらくそこで羽を広げ、体が温まると何
        処かへ飛んで行きました。


150426EM5P4260142.jpg
         隣家の庭先のヒマラヤユキノシタの花にもやってきました。以前にもこの花で吸蜜する所を観察していますの
        でけっこうお気に入りの花なのかもしれません。



          150426EM5P4260151.jpg
        いったん活動を停止したかに見えましたが午後2時頃になると再び吸蜜を再開する個体が多くなってきました。
       でも気温が高いので相変わらずすぐに翅を閉じてしまいます。


150426EM5P4260210.jpg
            急な斜面を登って駆けつけても、撮影できるのはだいたいはこのポーズになってしまいます。


       3時頃にkmkurobeさんさんがお見えになり暫く一緒に撮影して行かれました。久しぶりにお目にかかれ嬉しかったです。


150426EM5P4260252.jpg
         この時間帯はメスが林の中で産卵場所を探して飛び回っている事も多いようです。疲れると林床で翅を休めま
        す。暗い林の中で見かけるヒメギフチョウは、日向で訪花するヒメギフチョウとはだいぶ印象が違います。神秘
        的でドキドキしますね。


150426EM5P4260283.jpg
         こういう日はヒメギフチョウもなかなか店じまいしません。一度寝床に帰っても、名残惜しいのかまた舞い降
        りてきて吸蜜します。4時近くまでそんな事を繰り返していました。


         夕方まで遊んでしまったので帰りは大渋滞を覚悟していましたが幸いな事にさしたる事もなく比較的楽に帰る
        事ができました。同行して下さった皆さん、お疲れさま。大変お世話になりました。






  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:12
  4. [ edit ]

私には妖怪好きの姪がいます。
今年の1月7日の記事で御紹介した「王子稲荷」の2枚目の写真の右側の人物です。
暫く前の事ですが我が家にやってきて「物怪新聞」の号外やらなにやら置いて行きました。
京都でこんな事、あんな事企画しながら逞しく生活しているようです。



「物怪新聞」号外です。「一条百鬼夜行モノノケ市」というのが開催されたようですね。先週の土曜日でした。
残念ながら行く事は出来ませんでしたが面白そうです。
チラシにも書いてありますが、京都の一条通りでは平安時代打ち捨てられた古道具が妖怪化し、変化の神に感謝するための大行列を催したそうです。そこで「モノノケ市」とは奮ってます。


121024img144.jpg
それともう1枚置いていったこのチラシが気に入りました。
冥途喫茶 !
イラストも可愛いですね。

さて、その姪と大晦日に王子稲荷に行く約束になっております。どうなることやら・・・




  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -