主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

            昨日の続きで、渋谷氷川神社の境内から。


            170202α72ameDSC00279
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            宝珠を咥えた狐。後ろの社の壁に射した夕方の木漏れ日が狐火のように見えていた。



            170202α72ameDSC00287
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            右は鍵を咥えた狐。この鍵で宝珠の力を引き出すといわれる。



            170202α72ameDSC00289
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            同上。とても魅力的な顔をしている。



            170202α72ameDSC00304
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            稲荷神社。



            170202α72ameDSC00301
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            厳島神社の前には4体(2対)の狛犬が並んでいるが、これは左奥の狛犬。とても面白い顔をし
            ている。



            170202α72plaDSC00247
            <Sonyα7Ⅱ / Carl Zeiss G planar T* 45mm F2>
            狛犬を撮影していたら神社の祢宜さん(違っていたらごめんなさい)が用事でやって来られたの
            で色々とお話を伺った。
            この狛犬が祢宜さんの一番のお気に入りらしい。顔もいいし、苔が衣をまとったように生えてい
            るところがいいんですとおっしゃられていた。私もこれが一番いいなと思っていたので話が合っ
            た。
            この狛犬は寛政年間に奉納されたもの。寛政といえば松平定信が主導して行なわれた寛政の改革
            で有名な年号である。はっきり読み取れなかったが寛政六年と彫られているように見えた。寛政
            6年は調べてみたら定信が失脚した翌年にあたる。



            170202α72plaDSC00250
            <Sonyα7Ⅱ / Carl Zeiss G planar T* 45mm F2>
            同上。後ろに別の狛犬が見えているが、こちらに生えている苔は赤色である。どういう条件の違
            いでこうなるのかわからないが面白いものである。



            170202α72ameDSC00277
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            左手前の狛犬は一度首が落ちてしまったらしく補修の跡が痛々しかった。



 170202α72plaDSC00253
            <Sonyα7Ⅱ / Carl Zeiss G planar T* 45mm F2>
            秋葉神社の前で作業中の件の祢宜さん。ここにはこの秋葉神社と八幡神社の二社が並んで建って
            いる。写真では暗くてわかりにくいが左に見えているのが八幡神社。似たような形の社だが、屋
            根の向きが異なっている(八幡神社では妻手が正面)のが興味深い。画面右端に見え隠れしてい
            る石柱はもともと本殿のあった場所に立てられている記念柱である。



 170202α72plaDSC00256
            <Sonyα7Ⅱ / Carl Zeiss G planar T* 45mm F2>
            秋葉神社前の狛犬。右はこちらを睨みつけているが左は正面を向いている。
         


 170202α72plaDSC00260
            <Sonyα7Ⅱ / Carl Zeiss G planar T* 45mm F2>
            氷川神社本殿。



            170202α72ameDSC00306
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            この日は刻々と変化する日射しで表情を変える石畳の道が面白かったので、その変化を楽しみつ
            つ通りかかる人を入れて撮影してみた。



            170202α72ameDSC00322
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            犬と散歩中のカップル。



            170202α72ameDSC00326
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            練習帰りの元気な子供達。



            170202α72ameDSC00327
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            渋谷最古と云われるこの神社だが、二千年近く(伝承を信じるならだが)の長きに渡って人々の
            信仰や交流の場であり続けたのだと思うと、この道を通ったであろう数多の人の姿がこの景色に
            重なってフラッシュバックされるような錯覚を覚える。



            170202α72ameDSC00339
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            帰りがけに明治通り近くでお洒落なカフェレストランを見つけた。



 170202α72ameDSC00343
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            イケメン君が働いていた。



            170202α72ameDSC00354
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            会社の近所の魚屋さん。貴重な銅板張りの壁で、魚をおかずにした他お弁当もやっていて界隈の
            サラリーマン達にも人気がある。









スポンサーサイト
  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

            先日夕方、会社の近所を散歩していたらいつの間にか氷川神社の狛犬の前に出たのでついでにお
            参りしてきた。
            以前から明治通り沿いに氷川神社があるのはそれとなく知っていたのだが今まで訪れた事はなか
            った。この氷川神社の起源は古く、日本武尊が東征の折に当地に素盞鳴尊を勧請したのが起源と
            云われるが、日本武尊自体が実在を疑問視されている人物なのでどう解釈したものか。日本史で
            は日本武尊が死去したのがいちおう西暦113年頃という事になっているので、伝承を信じるな
            ら1900年もの歴史がある古刹という事になる。
            御祭神は素盞鳴尊、稲田姫命、大己貴尊、天照皇大神の四神。
            境内には他に秋葉神社、八幡神社、厳島神社、稲荷神社の四社がある。

            撮影は全て
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>

            
            参道は明治通りから東に上るのが表参道だが、渋谷図書館の方から南下する参道もあり、そちら
            にも鳥居と狛犬がある。これはその図書館側の参道の狛犬。明治時代のものだった。



            本殿の庭に入る手前右手に厳島神社と稲荷神社があるが、そこの狛犬や御狐様には興味深いもの
            が多く写真を撮った。
            しかし超広角21mmのスーパーアンギュロンしか持っていなかったのでなかなか思うように構図
            が作れず、これは機材を変えて再訪するしかないなと思った。


            1701316danguIMG_3986.jpg
            厳島神社の狛犬。



 1701316danguIMG_3991.jpg
            同じく。



 1701316danguIMG_3996.jpg
         稲荷神社の御狐様の一体に夕日が入って生きているように表情豊かに見えた。



 1701316danguIMG_4002.jpg
         本殿。1956年に建て直されたもの。私と同じ歳ということになる。






  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         今日は「芝川ギフチョウ保護の会」の新年意見交換会があり、お向かいのYさんと出席してきた。
         意見交換会に先立って里山の自然保護活動の一環としてカイコバイモ(甲斐小貝母)自生地の下草刈りが行
         われ、久しぶりに鉈鎌を振るって一汗かいた。

 170205em5P2050003.jpg
         静岡県とはいえ朝はけっこう冷える。畑には霜が降りて白くなっていたが畔にはホトケノザも咲いて春の訪
         れを告げていた。



 
         富士山には早朝から傘雲がかかっていたが現地に着く頃にはそれが広がって次第に富士山も見えなくなって
         しまった。



 170202em5P2050059.jpg
        カイコバイモ自生地で伐採した丸太や倒木の整理を行う。



         170202em5P2050081.jpg
         林床にはカンアオイもたくさん見られたが、ここのギフチョウは
         既に絶滅している。会の事務局長のお話ではゴルフ場造成時の農
         薬散布の影響が大きかったのではとのことだった。



   170202em5P2050079.jpg   170202em5P2050107.jpg
         保護区域に張られたロープに取り付けられた保護看板とチェーンソーで伐採中の会長。


         170202em5P2050071.jpg
         お借りしたこの鉈鎌(柄の長い鎌)は切れ味がよくアズアネザサなどもスッパリ切れて気持良かった。



         170202em5P2050085.jpg
         谷の入り口に佇む「牛頭観音」。馬頭観音は多いがこちらは比較的珍しい。牛頭部分は補修してあるようだ
         が恐らくもともとこのスタイルなのだと思う。光背には右に観音、左に観音経の一節である「能救世間苦」
         の文字が刻まれていた。






  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:8
  4. [ edit ]

         26日は素晴らしい日の出を見る事ができた。写真的にはいつもと代わり映えしないが掲載しておく。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         瑞穂埠頭。ノースドックには相変わらず機動揚陸プラットフォーム「MONTFORD POINT」が錨を下ろし
         ている。



 170126em5P1250012.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         いつものポイントから。日の出前のベイブリッジ。



 170126em1P1260022.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



         170126em1P1260060.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>



         170126em1P1260101.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



         170126em1P1260102.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 170126em1P1260082.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         日の出ポイントから望遠レンズで見る「MONTFORD POINT」のブリッジ部分。



  170126em1P1260261.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         「MONTFORD POINT」と鶴見のつばさ橋。



         170126em1P1260271.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×> 



 170126em5_tP1250015.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 170126em1P1260191.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         港湾では愛嬌者のオオバンの姿をよく見かける。



 170126em1P1260255.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 170126em1P1260161.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         Dive !
         見ているとけっこう頻繁にもぐって餌を探す。朝はお腹がすいているのだろう。






  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

         前回の記事と同じ時にダルメイヤーのスピードアナスティグマートで撮影した写真。全体にもう少し絞れば
         よかったかもしれない。ぼけ過ぎ画像が並んでいますがご勘弁を。

         カラー画像の撮影は全て
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>


         
         京浜急行の神奈川駅。急行や特急の通過待ちばかりでなかなか電車が来なかった。



   170105ep5anaP1050014.jpg   170105ep5anaP1050017.jpg
         神奈川駅から各駅停車で京急鶴見まで行き、そこから羽田方面に直通のエアポート急行に乗り換えてトータ
         ル30分弱で穴守稲荷駅に着く。左は穴守稲荷駅前。駅前に既に幟や鳥居が立っていて如何にも門前町とい
         う感じ。駅から5分くらい歩くと穴守稲荷に着く。



 170105ep5anaP1050018.jpg
         穴守稲荷参道。



         170105ep5anaP1050020.jpg
         OMDで撮り忘れた本殿。5日になってもまだ参拝客は多かった。



         170105ep5anaP1050025.jpg
         本殿前のお狐様。



         170105ep5anaP1050027.jpg
         前回と被るが奥の宮への鳥居。OMD のシャープな画像との比較も面白いので載せておく。



         170105ep5anaP1050041.jpg
         若い女性2人の初詣。なんだか微笑ましい。



 170105ep5anaP1050031.jpg
         木漏れ日ならぬ鳥居漏れ日がきれいだった。



         170105ep5anaP1050039.jpg
         熱心に祈る人。



         170105ep5anaP1050050.jpg
         社の左側には奉納鳥居がうずたかく積まれていた。



         170105ep5anaP1050044.jpg
         築山の祠を斜め後ろから見たところ。




         穴守稲荷を訪れたのは実は2度目。前回訪れたのは1983年12月9日。もう34年も前になる。仕事の
         ついでだった。
         この当時私はフィルターに凝っていて、PENTAX 6×7 のサブとして購入したPENTAX Super A の F1.8
         の標準レンズに色々なフィルターをつけて楽しんでいた。
         で、たまたま訪れた穴守稲荷をちょっとおどろおどろしく撮ってみようと思ってフィルターを使って撮影し
         てみた。懐かしいので以下に載せておく。フィルムは NEOPAN SS だ。


 831209img544.jpg
         センターフォーカスフィルターで周辺をぼかして撮影した本殿。



 831209img520.jpg
         なんという名前のフィルターだったか忘れてしまったが、対象が分身の術を使ったみたいに複数に写る際物
         フィルター。昔シネカメラでよく使われていて、安っぽいテレビドラマの幻想的な表現シーンなんかで見た
         記憶がある。回転枠にはまっていて、回すと分身の配置角度が変わるようになっている。
         こんなフィルター、今でもあるのかな?



 831209img534.jpg



 831209img536.jpg



 831209img542.jpg
         本殿に奉納してあったケンタッキーフライドチキン。普通は酒樽なのだろうが、クリスマスシーズンでフラ
         イドチキンだったのだろうか?



         ところで稲荷の参道に面した所に「旭」という割烹屋があって、ちょうど昼時だったので天丼を食べてみた。
         海老天丼を頼んだつもりが穴子天丼が出てきてしまったが、これでかまわないと言うと申し訳ながって海老
         天を2本揚げてサービスしてくれた。穴子天もふっくらしていてとても美味しかった。
         家内と「タレが美味しいね」と話していたら、お店の人が50年継ぎ足しだけで守っているタレなのだと話
         してくれた。開業当時からのタレ・・・つまり今年がちょうど開店50周年という訳である。
         お店も人もとても感じがよく、久しぶりの熱燗とおいしい天丼で至福のランチをとることができたので、早
         速お稲荷様のご利益があったということにして満足して帰ってきた。






  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:8
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -