FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

 この所カメラでも新調しようかと思って暇さえあればネットのカメラ関連のページを覗いています。一つは蝶の撮影にもっと軽くて楽なシステムはないかと思ってEM1等のミラーレスを含めて検討。
 今一つは旅行等で便利なハイクラスのコンデジ。ソニーのRX1Rとか、ちょっと意味が違うかもしれませんがライカのXバリオとかです。
 それだけでも頭が痛いのに今度はキャノンから5000万画素超えの5Dsが出るというではありませんか。この画素数に意味があるのかどうかわかりません(実際サンプル画像ではあまり感心できなかった)し、今手持ちのキャノンのレンズ4本も全て5Dsの推奨レンズには含まれていません。それでもキャノンから5000万画素となると気にはなります。限りある資金をどこにどう投入すれば良いのか?
 私は写真日記なんてタイトルのブログをやっているくせにカメラ自体にはあまり興味がなかったので、長年この苦しみにはほとんど縁がなかったのですが、ここへ来て色々調べてみたら「ウ〜ム、カメラの世界はここまで来ていたのか」と驚く事だらけ。魅力的な良い製品が目白押しなんですね。あちらからこちらへと目移りするばかり。
 という訳で「まずい、これはまずい !」と思いつつカメラの森に迷い込んで抜け出せなくなっています。学生の時に中判カメラの選択で悩んで以来の経験かもしれません。
 そんな毎日ですが今日はたいした用事もなく、そうだ、そろそろモンキチョウでも発生しているのではと思ってこの付近では比較的発生が早いポイントに出掛けてみました。カメラは持っていない訳じゃなし、というか今ある機材だって私には贅沢すぎるくらいなのですからそれを使いこなす方が先決なのでしょう。

 

1時間ほど歩き回ってみましたが残念ながらモンキチョウに巡り会う事はできませんでした。風が強くなってきたので帰ろうとしていると木陰から可愛い猫がこちらを見ていました。





 少し前の記事の末尾でご紹介した「レストランシュミネー」。夜行ってみてまた記事にしますと書きましたが、家族で今日のランチに行ってきましたので究極のコスパランチの画像を載せておきます。

10R0040040.jpg

10R0040045.jpg

10R0040046.jpg

10R0040057.jpg
スープ、焼きたてクロワッサン、お料理、デザートにコーヒー・・・これで税込1000円です。ボリュームはないですが素晴らしいですね。

新生蝶はお預けとなりましたが楽しい1日でした。
10R0040069.jpg

  1. グルメ
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

以前の記事で大桟橋に近いレストラン「アクアオリビン」をご紹介しましたが、家内の誕生日だったので久しぶりにランチに行ってみました。


このアプローチにはいつ行っても心癒されます。


130804GX_2.jpg
お魚料理がとても美味しかったです。腕を上げたかな?


1308047DIMG_4075.jpg
昼食後山下公園をぶらっとしてみました。あわよくば海バック、船バックの蝶の写真を撮ろうと思ったのですがそう上手くは行きません。それでも花壇のブルーサルビアにアゲハがやってきました。
飛び立ったこのアゲハの飛翔を撮影していたら偶然氷川丸バックの写真が撮れていましたが肝心の蝶に全くピントが来ていませんでした。今回は失敗に終わりましたが氷川丸バックくらいなら撮影できる可能性がありそうです。
もし首尾よくそんな写真が撮れたら「揚羽舞う港の公園」ですかね。


1308047DIMG_4095.jpg
氷川丸


1308047DIMG_4124.jpg
ボロボロのモンシロチョウが地面で翅を休めていました。


1308047DIMG_4675.jpg
山下公園は大道芸が盛ん。これは3メートルもの高さの一輪車に乗りながらのジャグリングです。火のついた松明と刃物とリンゴを上手にジャグリング。しかもその最中に時々リンゴを齧るという離れ業でした。決まり文句の「お金は紙でできていま〜す」も聞く事ができました(笑)。

  1. グルメ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

一昨日の続きです。
コンサートが終わると既に9時半過ぎ。それからまた1基しかないエレベータやら長〜いエスカレーターやらで地下に降りてきたら10時頃になってしまいました。
お腹もすいたのでエチカ池袋に出た所にあったパティオ・ドゥ・メトロというカフェに入ってみました。
サンドイッチ中心ですがドリアやマカロニもあり、ビール、ワインも何種類か揃えてあるのでこんな時にはありがたいですね。けっこう美味しかったですよ。
地下通路2B出口(芸術劇場直結出口)の方に曲がる角にありました。


私はグラタンを頼んだのでけっこう時間がかかり、ビールの泡もすっかり消えてしまいました。
お客さんが多かったのでインテリアを写せませんでしたがなかなか上手くできてました。


R0035837.jpg
オーダーカウンター。対応も気持ちよかったです。

  1. グルメ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

11月15日の記事の続きです。
この週末は仕事漬けで未だきりがつかず。でも先日「後日アップ」と書いたきりなのでなんとか記事にしておきます。
昨年11月18日の記事で御紹介した「ビストロ・シェフの一歩」のボジョレ・ヌーヴォーの企画に今年も参加させて頂きました。今年で11回目を迎えるこの企画ですが、今まで一度も満足のいかないヌーヴォーを飲んだ事がありません。オーナーシェフ野田さんのチョイスの御苦労が伺われます。
今年はかのルイ・テット !(小規模家族経営のネゴシアンながら素晴らしいヌーヴォーを世に送り出しています)
その中でも100〜110年程度の古木のブドウのみで醸造した貴重品です。
思えば10年前、この企画第2回目の時に飲んで感激したポット(ボジョレ地区で昔流通していた丸みのあるボトル)入りのヌーヴォーがこのルイ・テットでした。
同じ畑でとれたブドウから作られたワインながら10年樹が樹齢重ねたためかミネラル感が若干増えた印象?まあ、10年も前の事をそんなに正確に覚えている訳ではないのでいい加減な事を言うのはやめておきましょう。
とにかく悪いと言われていた今年とは思えない素晴らしいワインでした。
野田さん、いつもありがとうございます。


R0035656_2.jpg R0035706.jpg
左が今年のヌーヴォー。右が10年前のポット入りルイ・テットのボトル。
この透明のポットはボジョレでもこういうワインができるんだという驚きを教えてくれたボトル。
今でも大事にしています。


R0035711.jpgR0035713.jpg
ワインの能書きです。興味のある方は読んでみて下さい。注目すべきは右下のブドウ畑の写真に写っている膝丈程しかない古木。これでは量産は望めませんね。


R0035658.jpg
今年は娘も参加したので1本がちょうど良い量でした。

R0035712.jpg
今年のメニュー。

以下お料理です。

R0035666.jpg


R0035669.jpg


R0035672.jpg

注:この企画への参加は予約制ですので今年はもう受付がありません。


  1. グルメ
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

昨日の続きです。
平櫛田中邸を見学した後、すぐ近くにある有名パティシエ「イナムラ ショウゾウ」に行ってみました。
着いてみると・・・聞きしに勝る人気店、正に行列のできる洋菓子屋さんでした。
お店の前で買ったお菓子を食べている方々も大勢いらっしゃいました。



ドアボーイがいてドアの開け閉めをしてくれます。

1210087DIMG_2400.jpg
店員さんがいちいち外まで出てきてお帰りのお客様に丁寧なお辞儀をしてくれます。まあ、悪い気はしませんが。


さて、例によって買って帰ったケーキは慌てて食べてしまい写真を撮り損ねてしまいました。
美味しかったのは「上野の山のモンブラン」。興味のある方はこちらのホームページ(クリックで開きます)でご覧下さい。ちなみに保冷剤は2時間までOKです。




  1. グルメ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2020 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -