FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

          ルーミスシジミ観察の帰りに、10数年ぶりに鴨川の鮨店「笹元(ささもと)」を訪れてみた。以前来た
         時は親父さんとお嬢さん、それに手伝いの人で切り盛りしていたが、お嬢さんが結婚され、築地に修行に出
         ていた御主人が戻られてからはお嬢さん御夫婦が店を任されている。親父さんもお元気とのことで、館山に
         ある別店舗 「鮨亭 笹元」 の方で現役で頑張っておられるそうだ。閉店してしまう飲食店も多い中、誠に結
         構な話である。
          リーズナブルな価格と個性的なお任せコースの内容、鉄板の焼き鮨などが人気の秘訣なのだろう。平日の
         昼時であったにも関わらずよく客が入っていた。

          笹元鴨川店HP(CLICK)

         撮影は<OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>一部画像トリミングあり


 
         お任せコースの最初の6カン。
         



         181219em140PC190206.jpg
         こちらは普通の上にぎり。




 181219em140PC190207.jpg
         ふわっと巻かれたお任せコースの巻きもの。ヒメネギが美味しかったので追加で巻いてもらった。




 181219em140PC190211.jpg
         名物の「磯グラタン」マヨネーズベースのソースの中にイカなどが隠れている。ソースを残して食べた後、
         すし飯と刻み葱を投入してもう一度楽しめる。甘めだが鮨の間の口直しにもってこい。お腹もこの辺りでだ
         いぶくちくなる。のだが、この後締めの焼き鮨。この日はキンメとクロムツ。大満足のお任せコースだ。
         焼き鮨の写真は撮らなかったので興味のある方はお店のホームページで御覧下さい。




 181219em140_tPC190222.jpg
         さらに特筆すべきはこのお店で使われている個性的なお皿。なんとお嬢さんのお母様(つまり親父さんの奥
         様)が大山千枚田の隣にある釜で焼かれているのだそうだ。




 181219em140_tPC190220.jpg
         ご主人の見事な包丁捌きの合間に、棚田の話から昨年11月8日の記事(CLICK)で紹介した大山寺の話に
         飛び、最後はやはり「波の伊八」で落ち着いた。御主人が「波の伊八は地元の誇りです」と言いながら鴨川
         出版というところから出版されている波の伊八の作品集を見せて下さった。
         また近くの鏡忍寺というお寺に伊八の掘った欄間があると教えて下さった。これは行くしかない、というこ
         とでいざ鏡忍寺へ。




 181219em140PC190228.jpg
         小さなお寺を想像して行ってみたら・・・なんとも立派なお寺でびっくりした。三門とその奥にある仁王門。




 181219em140_tPC190230.jpg
         なかなか見事な仁王門だ。




 181219em140PC190237.jpg




 181219em140PC190248.jpg
         仁王門の右奥には樹齢千数百年といわれる槇の木がある。四方に大きく枝を広げた姿は誠に雄大で「降神の
        槇」と呼ばれている。


         1264年(文永元年)、日蓮聖人が天津城主の工藤吉隆の招きに応じての途次途次、地頭の東条景信とそ
        の配下数百人の待ち伏せにあって襲われるという事件があった。原因は日蓮が真の仏法は法華経のみと景信の
        信奉する浄土宗を批判したことや、領地をめぐるいざこざなどで景信の恨みを買っていたことにあるらしい。
         「小松原の法難」と呼ばれるこの襲撃事件では、豪腕の弟子「鏡忍坊日暁」が手近な松の木を抜いて応戦し
        よく戦ったたが討死。日蓮の危機を聞いて駆けつけた天津城主工藤吉隆も討死。日蓮自身も傷を負い腕を折ら
        れるという凄惨な結末となった。
         で、日蓮聖人がいよいよ危くなった時に、この槇の木の上に法華経守護の鬼子母神の姿が現れ危難から救わ
        れたということになっているのだが、鬼子母神がいったいどうやって聖人を救ったのかは謎。

         そして工藤吉隆の子、日隆が日蓮の命によりこの法難の地に建立したのがこのお寺で妙隆山と名付けられた
        が、後に日蓮を守って討ち死にした鏡忍坊の名に因んで小松原山鏡忍寺と改められたのだそうだ。




 181219em140PC190258.jpg
         境内の幾つかの堂は屋根と壁のある渡り廊下で結ばれている。



         
 181219em140PC190264.jpg
         渡り廊下の日当たりの良いところでムラサキツバメのオスが日向ぼっこしていた。




 181219em140PC190270.jpg
         2008年に新築された祖師堂の欄間には初代波の伊八30代の作である七福神を楽しく象った彫り物がは
         め込まれている。
         



 181219em1_tPC190276.jpg
         弁財天と楽しげな唐子達。



 181219em1_tPC190277.jpg
         布袋に酒を勧める寿老人




 181219em140_tPC190268.jpg
         俵にもたれて酔いつぶれてしまった大黒の耳を引っ張る毘沙門天。




 181219em140_tPC190275.jpg
         扇を広げ楽しげに踊る恵比寿。左の福禄寿の横顔がいい。




         181219em140_tPC190225.jpg
         市の有形文化財に指定されている切妻萱葺き屋根の「向唐門」。可愛らしい門だが傷みが激しいのが気にな
         った。 




 181219em140PC190304.jpg
         帰り道車で走っていたらこんな廃屋を見かけた。歯科医の住宅だったようだが朽ち果てるに任せるには惜し
         い洋館建築である。







スポンサーサイト



  1. グルメ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

            翌日に家内の誕生日を控えた8月3日、家内と2人で新宿の小笠原伯爵邸にランチに行ってきた。
            小笠原伯爵邸は最後の小倉藩主であった小笠原忠忱(おがさわらただのぶ)の長男で伯爵位であ
            った小笠原長幹(おがさわらながよし)の邸宅として昭和2年にこの地に建てられたもの。
            地上2階、地下1階の典型的スパニッシュ様式の住宅で、戦後の接収時代を経て東京都福祉局中
            央児童相談所として使われていたが相談所の撤退以降は廃墟となって放置されていた。
            取り壊しも検討されたようだが民間への貸し出しが決定され、それから2年後の2002年から
            仙石原や大磯でレストランを経営する会社が修復、改装してレストランとして営業している。
            私達がお願いしたのは邸内見学ツアー付きのコースで、ランチコースの後に係の方が邸内を案内
            して回ってくれた。
            邸内ツアーは後回しにして、まずはランチコースのお料理について。

 170803α72angu DSC03575
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon-R 21mm f4>
            地下鉄大江戸線の若松河田駅で下車し、地上に出るとすぐ裏手が小笠原伯爵邸になる。



            170803α72anguDSC03579
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon-R 21mm f4>
            かなり凝った造りの玄関。左右には鳥の形のに刈り込まれた鉢植えが置かれている。



 17em1P8030064.jpg
            <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
            既に他の客も入っていたのでダイニングの撮影は控え、私達が通された庭に面したサンルーム席
            の天井でそれとなく雰囲気をお伝えすることにする。


  17tg3P8090010.jpg   17tg3P8090007.jpg
            当日のメニューの表紙(左)と中身(右)。



 17em1P8030001.jpg
            小笠原伯爵邸はモダンスパニッシュのレストランである。黙っていてもまず1杯目のスパークリ
            ングワイン(CAVA)がグラスに注がれる。立派なプレイスプレートが置かれていて料理への期
            待も高まる。



   17em1P8030005.jpg   17em1P8030013.jpg


   17em1P8030015.jpg   17em1P8030016.jpg


   17em1P8030025.jpg   17em1P8030026.jpg


   17em1_1P8030037.jpg   17em1P8030035.jpg
            左がメニューに出ている「スイカのスープほうれん草のジュレ」だが、予めスイカは嫌いと言っ
            ておいたら私の分は違うものを用意してくれた。


 17em1.jpg
            メインのデザート。これも鳥の形。
   

   17em1P8030052.jpg最後のコーヒーにもチョイスできる小さなスイーツが。



         170803ipho_aIMG_1308.jpg
         料理2枚目の「グリーンガスパチョ 平貝 アルガンオイル レモンのアクセント」のアップを家内がスマ
         ホで撮影していた。薄い皮のようなものは胡瓜。果実はマスカットで花はニンジンの花という凝りようだ。
         この日の料理のビジュアルNo1 だった。


         いやいや美味しかった〜。季節と健康を意識しつつもかなりのレベルの味を維持していて食べ応えも充分。
         これはお勧めです。


         17em1P8030069.jpg
         最後の小菓子はワゴンサービスでかなりの種類があるからたくさん取りたい人はいくらでも。







  1. グルメ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         工業地帯を歩き回ってきた夜、家内の姉が帰浜していたので、私達夫婦と3人で昨年2月の記事(CLICK)等に
         も登場する「レストラン シュミネー」に食事に行った。シェフも奧様もお元気そうで嬉しかった。

            160116ep5angP1160009.jpg
            OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95
            店内に飾られている レオナール・フジタ の絵。とてもいい作品だ。



            
            OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95
            奧様に99年のシャトー・ド・ラマルクを開けて頂いた。コンディションが良く、とても美味しか
            った。このワインは「レストラン シュバリエ」の太田さんが地下蔵で保存していたものらしい。
            なるほど、コンディションが良いのも頷ける。
            因に私達夫婦の結婚披露宴は移転前の「レストラン シュミネー」で。
            私の兄夫婦の結婚披露宴は「レストラン シュバリエ」で行っている。共に式はやっていないが。
            シュミネーとシュバリエ、30年余の時間の隔たりが突然つながったような奇縁を感じた。






  1. グルメ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

友人にお誘いを頂き「トック・ブランシュ国際俱楽部」の懇親会に出席した。
サービステーブルを埋め尽くした素晴らしい料理の数々と、ずらりと勢揃いした一流シェフの方々・・・
それだけでも充分に圧倒されてしまったが、ビュッフェ形式とは言え下のメニューの全てが食べたいだけ食べられるという「夢のような本当のお話」に驚き。


      
      しわになってしまったが当日のメニュー


151020em5PA200037.jpg
開場と同時に出席者がテーブルを囲んで料理を視察しながら撮影したりする。ほとんどの出席者は料理関係者なので真剣な眼差しだった。
      


151020em5PA200042.jpg


151020em5PA200059.jpg


      151020em5PA200077.jpg


151020em5PA200101.jpg


151020em5PA200105.jpg
至福中の至福「コンソメ赤パプリカ入りフォアグラのロワイヤル ボヘミア風」ビーフコンソメの中にフォアグラ・ロワイヤルが沈めてある。


151020em5PA200159.jpg


151020em5PA200173.jpg


贅沢な食の時間をご紹介下さったH御夫妻、その節は大変お世話になりました。
至福の一時を共有できた事、大変嬉しく思っております。
機会がありましたら是非また御一緒しましょう。






  1. グルメ
  2. / trackback:0
  3. / comment:10
  4. [ edit ]

 この所カメラでも新調しようかと思って暇さえあればネットのカメラ関連のページを覗いています。一つは蝶の撮影にもっと軽くて楽なシステムはないかと思ってEM1等のミラーレスを含めて検討。
 今一つは旅行等で便利なハイクラスのコンデジ。ソニーのRX1Rとか、ちょっと意味が違うかもしれませんがライカのXバリオとかです。
 それだけでも頭が痛いのに今度はキャノンから5000万画素超えの5Dsが出るというではありませんか。この画素数に意味があるのかどうかわかりません(実際サンプル画像ではあまり感心できなかった)し、今手持ちのキャノンのレンズ4本も全て5Dsの推奨レンズには含まれていません。それでもキャノンから5000万画素となると気にはなります。限りある資金をどこにどう投入すれば良いのか?
 私は写真日記なんてタイトルのブログをやっているくせにカメラ自体にはあまり興味がなかったので、長年この苦しみにはほとんど縁がなかったのですが、ここへ来て色々調べてみたら「ウ〜ム、カメラの世界はここまで来ていたのか」と驚く事だらけ。魅力的な良い製品が目白押しなんですね。あちらからこちらへと目移りするばかり。
 という訳で「まずい、これはまずい !」と思いつつカメラの森に迷い込んで抜け出せなくなっています。学生の時に中判カメラの選択で悩んで以来の経験かもしれません。
 そんな毎日ですが今日はたいした用事もなく、そうだ、そろそろモンキチョウでも発生しているのではと思ってこの付近では比較的発生が早いポイントに出掛けてみました。カメラは持っていない訳じゃなし、というか今ある機材だって私には贅沢すぎるくらいなのですからそれを使いこなす方が先決なのでしょう。

 

1時間ほど歩き回ってみましたが残念ながらモンキチョウに巡り会う事はできませんでした。風が強くなってきたので帰ろうとしていると木陰から可愛い猫がこちらを見ていました。





 少し前の記事の末尾でご紹介した「レストランシュミネー」。夜行ってみてまた記事にしますと書きましたが、家族で今日のランチに行ってきましたので究極のコスパランチの画像を載せておきます。

10R0040040.jpg

10R0040045.jpg

10R0040046.jpg

10R0040057.jpg
スープ、焼きたてクロワッサン、お料理、デザートにコーヒー・・・これで税込1000円です。ボリュームはないですが素晴らしいですね。

新生蝶はお預けとなりましたが楽しい1日でした。
10R0040069.jpg

  1. グルメ
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -