主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         渋谷二丁目、オフィスの少し手前。飲食店の外にウィスキーの空き樽が置かれている。毎朝ここまで来ると
         足を止めてこの樽を眺めている。
         SUNTORY YAMAZAKI ・・・
         今や世界的ブランドだ。ヴィンテージはオークションで大変な高値で落札されるまでに出世した。
         なのに流通品すら一度も飲んだ記憶がない。この樽を見ていると無性に飲んでみたくなってくる。
         朝なのでスマホで写真を撮って我慢して仕事に向かう。

         161205iphoIMG_0166.jpg
         12月5日 (ポートレイトモード)



         161206iphoIMG_0173.jpg
         12月6日



         1612131pho_1IMG_0261.jpg
         12月13日







スポンサーサイト
  1. お酒
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         今年のボジョレーヌーヴォー解禁日は17日だった。今までのところ2本を試してみたが、そんなに悪い印象
         ではなかった。香りに関しては昨年より華やかでベリーが強い気がする。味の含みは今一つと思ったが、充分
         楽しむ価値ありというのが正直な感想である。

 
         左のボトルは毎年飲んでいるルイ・テットのヴィラージュ・ヌーヴォー。100年以上の古木のブドウから
         作られるワインだそうで、ヌーヴォーの割にはミネラル感が味わえるおすすめワイン。




  1. お酒
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         1月25日、私達家族と、現在の娘の音楽の師匠でありオケの代表でもある I氏の4人で渋谷のスパニッシ
         ュ「ラ・プラーヤ」でディイナーを頂いた。美味しいお料理とシェフの児玉さんのトークで楽しい時を過
         ごす事ができた。
         デザートも終わってから、児玉さんが100年物のシェリーを一杯御馳走して下さった。
         100年の時が凝縮された古酒の魔力に、瞬間我を忘れる陶酔 !
         児玉さん、本当にありがとうございました。

         児玉さんは渡欧経験の長い破天荒な経歴の持ち主だが、面白い事に30年近く前に TV CM にも登場され
         ている。私は記憶にないのだが、興味のある方は「梅しばCM」で検索してみて下さい。You Tube動画
         がありあす。教壇の先生が児玉さんです。87年と89年の二つのバージョンがあります。
 

            160125tg3P1250026.jpg
            100年物のシェリー。酒精強化ワインはこれだけ経つと皆似た味になってくるというが、古酒
            独特の風味の中に、微かに残る(或はほのかに生まれた?)繊細さがなんとも心地良かった。

           


            160125tg3P1250033.jpg
            児玉さんのコレクションしているたくさんのマディラ酒のボトルの内の1本。なんと1785年。
            モーツァルトの亡くなる6年前だ。右に見えるのが児玉シェフ。
            


            160125TG3P1250030.jpg
            これは1944「ロマネ・コンティ」の空き瓶。ノルマンディー上陸作戦の年である。大戦の最
            中でも、ワインはしっかり作られていた。これは児玉さん飲まれたそうだが、開けた時には是非
            同席していたかった(笑)。







  1. お酒
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

      今年もヌーヴォーの解禁日がやってきた。今年の葡萄の出来は素晴らしいと聞いているが果たして?
      取り急ぎこのところ数年続けて飲んでいるルイ・テットの『キュヴェ・サントネル』を開けて試してみた。
      昨年に比べ雑味が少なく充実した果実味が感じられる。

                        「いいんじゃない?」

    
    仕事から帰るとダンボール詰めのヌーヴォーが届いていた。


           151118ep5P1010021.jpg
           この『キュヴェ・サントネル』は樹齢100年もの古木から採れた葡萄で仕込まれる。ヌーヴォ
           ーにしてはミネラルを強く感じるしっかりとした味わいのワインだ。



           151118ep5PB180053.jpg
           開栓後1時間余りおいて、あっさりめの味付けのポトフやチーズと一緒に飲んだ。ガメイのなんと
           いう華やかな甘い香り。「ボジョレー・ヌーヴォーなんて」という向きもあるが、私にとっては年
           に1度の外せない楽しみである。




  1. お酒
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

「8月2日の記事」でご紹介した「ビストロ・シェフの一歩」では、毎年この時期にシェフのセレクトしたボジョレー・ヌーヴォーとブルゴーニュ料理をセットにして一晩3~4組のみの予約を受け付けるイベントが行われます。
解禁は昨日でしたが、私は今日の予約で家内と2人で行ってきました。

もともと評判の良い今年の事とて期待も膨らみますが果たして・・・
スミマセン、今日は疲れてしまいましたので続きは明日という事で。




  1. お酒
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30