FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         夏の間は見かけても「なんだ、ツマグロヒョウモンか」と、カメラを向けもしないツマグロヒョウモンのオ
         ス。でも他の蝶の数がめっきり少なくなる11月下旬ともなってくると、これがなんとなく愛おしく感じら
         れるようになる。いやはや現金なものだ。
         自分の価値観がいかに相対的なもので状況に左右され易いかを痛切に感じられたことが、もしかしたら蝶の
         撮影を続けてきて一番よかったことかもしれない。

         この時はカメラを持っていなかったので旧式iphoneでスマホ撮影。
         <iphone 7 plus>

         
         大谷石の擁壁に垂れ下がった白花のランタナで吸蜜していた。




         181128iphoIMG_3305.jpg
         ポートレイトモードで背景をボカしてみる。合成画像になるのでちょっと不自然だが悪くない気もする。



         181128iphoIMG_3308.jpg
         風化した大谷石の表情が面白い。






スポンサーサイト
  1. / trackback:0
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

         banyanさん(CLICK)がルーミスシジミの集団越冬を見に行かれるというので私もakakokkoさん(CLICK)
         をお誘いしてと家内を加えた3人で再度様子を見に行ってみた。
         現地駐車スペースでbanyanさん、一緒に来られていたみき♂さん(CLICK)と合流し5人でポイントに向か
         う。


         
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         樹上の5頭集団の無事を確認してから、先に11月26日の記事(CLICK) で紹介させて頂いた3種混合集
         団のところに行ってみた。千葉のNさんから12月1日の時点で、混合集団のルーミスが飛び出したまま最
         終的に元の葉に戻っていないと伺っていたので、その後どうなったかとても気になっていたからだ。
         越冬場所を見上げると、驚いたことに俄かにはなんだか訳がわからないくらい数が増えているではないか。
         やや遅れて到着されたNさん、Niさん、12年間の沖縄滞在から戻られたYさんらと色々な角度から撮影して
         検証した結果8頭集団を形成していることがわかった。
         内訳はムラサキツバメ5頭、ルーミスシジミ2頭、ムラサキシジミ1頭だった。2頭のルーミスシジミのす
         ぐ左がムラサキシジミで、あとは全てムラサキツバメだ。

         この場所のムラサキツバメの数が増えてきたことがこの集団形成の要因だろうが、やはり庇と典型的部分枯
         葉の寝床という好条件が重なったことも見過ごせない。




 181208em1300_tPC080420.jpg
        <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
        昼近くに陽が当たり始めるともぞもぞと動き始める個体もでてきたが開翅らしい開翅は見られなかった。




 181208em1420_tPC080045.jpg
        <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         一方5頭集団の方は1頭増えて6頭に。2008年の7頭集団まであと1頭に迫った。あの7頭集団からち
         ょうど10年が経った訳だ。




 181208em1420PC080158.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         他にも単独越冬個体が数個体見られた。


         
         181208em1420_tPC080236.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         中にはたまに差し込む陽光に反応して開翅する個体もあった。



         最後になったがAkakokkoさんが撮影された後翅外縁の白斑が発達した美麗個体の画像を掲載しておく。
         私も最初この個体が開翅するのを待っていたのだが場を外してからの開翅だった。残念。
        
 181208akakokkoI18A5292.jpg
         Akakokkoさん撮影(トリミングあり)







  1. / trackback:0
  2. / comment:16
  3. [ edit ]

         千葉のNさんからムラサキシジミ、ムラサキツバメ、ルーミスシジミが同じ葉の上で越冬しているのを発見
         したとの情報を頂いた。
         これはそうそう見られるものではないと思い、早速Akakokkoさん(CLICK)案山子さん(CKICK)と共
         に見に行ってみた。8月に行って以来3ヶ月ぶりのルーミス詣でだ。
         
 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         Nさんに御案内頂き、アラカシと思われる樹のところに行ってみると幸運なことに3種類の蝶がまだ分散せ
         ずに1頭ずつ同じ葉の上でじっとしている。これはとても珍しいことだ。朝のうちは暗かったのでストロボ
         を控えめに使って撮影したりしてみたが、3頭の位置関係が微妙で撮影はなかなかうまくいかない。




 181125em1420_tPB250762.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         11時くらいになると日が当たり始める。他の2種類と比べてルーミスシジミの翅裏は圧倒的に白っぽいの
         でどうしても白飛びしがち。これくらいが限度だった。




 181125em1420PB250901.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ルーミスシジミが太陽を背負うように向きを変え、少し翅を開いて涼やかなブルーを垣間見せてくれた。




 181125em1420PB250918.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ムラサキツバメが陽光を嫌ってか日陰に潜り込もうと体を動かした。




 181125em1420_tPB251004.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         ムラサキツバメは日陰に入って落ち着いたようだ。ムラサキシジミは最後までほとんど動きがなかった。

         思うにルーミスシジミの好む典型的部分枯葉と、その上に重なったムラサキシジミの好みそうな庇という好
         条件が重なったこと、そして樹のある場所が近年ルーミスシジミが好んで集まる場所だったことなどがこの
         異種3頭集団が形成された要因ではないだろうか。まあ、本当のところは蝶に聞いてみないとわからない。




 181125em1420PB250004.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         こちらは別の樹のてっぺん近くに形成された5頭集団。近年5頭まで集まったことはなかったように思う。




 181125em1420_tPB250126.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         日が当たり始めるともぞもぞと動き出し、一瞬2頭が開翅。




 181125em1420_t_1PB250314.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         結局1頭が開翅して残りは閉翅という状態で安定した。




 181125em1420PB250713.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         少し離れた陽だまりで待っていたらルーミスシジミが飛び出してきた。後翅の欠けがちょっと残念。




 181125em1420_tPB250718.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         もう1頭別個体。



         1人で少し歩き回ってから戻ってみると3兄弟で越冬中だったルーミスシジミがちょっとしたアクシデント
         があってねぐらを飛び出してしまったらしい。
         どこかへ飛んで行ってしまったかと思っていたら30分ほどで帰ってきて、元の葉の近くでチラチラと飛ん
         では止まり、サービス良くポーズをとってくれた。
         なんとか元の葉に戻ってくれないかと思ったが、この日は距離1mくらいまでの所まで戻ったところで日が
         翳ってしまった。
         以下全て同一個体。


 181125em1420PB251071.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
    



 181125em1420PB251086.jpg
      <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251273.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251530.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251372.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251671.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251673.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251045.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         この辺りではよく見かけるオオキンカメムシ。幻光のようなピンク、パープルが妖しく光る。




 181125em1420PB251025.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         ヤマカガシの幼蛇が歩いて(這って?)いた。幼蛇は色が鮮やかだ。


         ご同行の皆さん、当日はお世話になりました。半日の撮影でしたが楽しかったですね。またご一緒しましょ
         う。
         最後になりましたが、Nさん、貴重な情報ありがとうございました。お陰様で珍しい光景を見ることができ
         深く感謝しております。





  1. / trackback:0
  2. / comment:24
  3. [ edit ]

         もう10日以上前のことになるが、赤レンガ倉庫前の花壇を覗いてみたらモンキチョウやモンシロチョウが
         飛んでいたので少し写真を撮った。
         11月も中旬までは暖かかったので、横浜でもまだ蝶が見られるのだろう。
         そう言えばお向かいのYさんの庭に17日にアオスジアゲハが飛来したそうだ。珍しいことだ。

         撮影は<OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

         




         181108em140_tPB080409.jpg




         181108em140_tPB080788.jpg




 181108em140PB080183.jpg




         181108em140PB080587.jpg




         181108em140PB080997.jpg
         海上保安庁の大型巡視船「あきつしま」。しばらく見かけないと思ったらすっかり綺麗になって戻ってきた。
         どこかでリペアしていたようだ。白すぎてちょっと眩しい。




         181108em140_tPB080989.jpg
 






  1. / trackback:0
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

         4日の日曜日、ダンダラさん(CLICK)のお誘いで、Akakokkoさん(CLICK)と秩父地方にクロツバメシ
         ジミの撮影に出掛けた。
         考えてみればずいぶん久しぶりのフィールドである。
         現地でダンダラさんと一緒に来られた霧島緑さん(CLICK)、初めてお目にかかるmorrieさん(click)
         またダンダラさんに開花情報などをご提供下さった秩父在住のKuさんとその同級生の方、さらに蝶の大家で
         あられるKaさんらと合流。
         天気が心配だったがよく晴れて、うららかな秋の日差しのもと総勢8名で撮影を楽しむことができた。

         
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro>
         この辺りののり面に多数群生するツメレンゲ(ただし園芸品種)は5分咲きといったところ。花も新鮮で絶
         好のタイミング。久しぶりにツメレンゲで吸蜜するクロツバメシジミを撮影することができた。




         181104em1420_tPB040078.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         朝のうちは2〜3頭しか見かけなかったが気温が上がってくると次第に個体数も増え、当然撮影チャンスも
         多くなってくる。




         181104em1420PB040089.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         紅葉?したツメレンゲの赤い葉とクロツバメシジミの翅表の黒のマッチングがいい。




 181104em1420PB040099.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ツメレンゲは他の蝶にも人気がある。これはイチモンジセセリ。吸蜜の合間に黄葉したクズの葉の上で一休
         み。




 181104em1420PB040106.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         チャバネセセリも多かった。




         181104em1420PB040175.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ヤマトシジミのオス。




 181104em1420_tPB040408.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ヤマトシジミのメスは休憩時間に美しい翅表を見せてくれた。




 181104em1420PB040135.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         この個体は後翅の青鱗もくっきり出ていてきれいだった。




 181104em1420PB040117.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         新鮮なクロツバメシジミの翅表は微かな幻光を纏っていて本当に美しい。




 181104em1420PB040159.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ツメレンゲの花穂の間から。




 181104em1420PB040182.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181104em1420PB040215.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181104em1420PB040272.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         産卵行動は随所で見られたが産みつけた卵は見えなかった。


         

         181104em1420PB040526.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         季節外れのホトケノザの花に止まった。背景にツメレンゲを入れて撮ってみる。




         181104em1420PB040537.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         開翅してくれたが見上げる位置でしか撮れないので翅表は写せず。




 181104em1420PB040718.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         帰り際、morrieさんが交尾を発見して下さった。少し高い位置だったが紅葉した蔦の葉の上で絶好のシチ
         ュエーション。皆で喜んで撮影。




 181104em1420PB040742.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         



         181104em1420PB040937.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         落ちてきたペアをどなたかがツメレンゲの花穂に止まらせたら雌雄とも開翅してくれた。


         御一緒させて頂いた皆さん、当日は本当に色々お世話になりました。お礼申し上げます。
         ランチも御一緒できて楽しかったです。機会がありましたら是非また御一緒しましょう。











  1. / trackback:0
  2. / comment:20
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -