FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

          オオムラサキを見てからゼフィルスのポイントに移動する途中鼠捕りに引っかかった。私は19kmオーバ
         ーで1点減点だったが、後続の Ku さんは私に追いつこうとして加速したところだったらしく25kmオーバ
         ーで3点の減点となってしまった。鼠捕りの可能性に気づいていたのに減速が足りず Ku さんには大変申し
         訳ないことをしてしまった。改めてお詫び申し上げます。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         気を取り直して到着したゼフィルスポイント。車を停めて見に行くとすぐ目の前で favonius が半開翅して
         いる。その時はジョウザンミドリシジミかと思ったが帰って画像を見てみたらエゾミドリシジミだった。



 200702em13300P7020322.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         まだ新鮮そうな個体なのに残念なことに右前翅に黒い染みがある。蛹の時に何かに齧られたのかもしれない。



 200702em13300P7020342.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         曇りがちの天気だったが微妙な日差しの変化で翅を閉じたり開いたりする。



         200702em13300_tP7020416.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         下の方に別個体がいると思ったら同じ個体だった。



 200702em53150P7020720.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>
         そのうちメスアカミドリシジミも現れた。渓流を背景に葉の上でキラキラと輝いて見える。



200702em53150_tP7020788.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>
         Ku さんが手招きするので行ってみるとクリの花にキバネセセリがやってきていた。



 200702em13600P7020476.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20>
         ゼフィルスも吸蜜している。多分メスアカミドリシジミだろう。



 200702em53150P7020816.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         以前同じポイントでお見かけした方がこの日もいらしていて目の前で開翅しているメスアカミドリシジミが
         いるのを教えて下さった。




 200702em13300P7020835.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         願ってもない位置で開いてくれている。




 200702em13300P7020838.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         少し横に回るとメスアカミドリシジミらしい黄緑色に輝いてくれる。



 200702em13300P7020883 (2)
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         雲間から太陽が顔を出すと翅を閉じてしまった。




 200702em13300P7020865.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         曇るとまた開翅。なんとも美しくちょっと怪しい輝きを放っている。



 200702em13300P7020895.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         キマダラルリツバメのポイントに着くともう採集者が3人ほどテリ張りしていた。
         しかししばらくすると Ku さんがヒメジョオンで吸蜜している個体を発見。



 200702em13300P7021273.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         背後の採集者の気配を気にしながら今年2度目の吸蜜を撮影した。



 200702em13300_tP7020919.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         今回もベニシジミとツーショット。



         200702em5340_tP7020846.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         なんとものどかなキマダラルリツバメの吸蜜風景。1時間ほど経つとまた翅を開いてから飛び立っていった
         が、私は採集者の牽制にと思ってポイントを離れなかったので残念なことにそのシーンは見ることができな
         かった。

          いよいよテリ張り時刻を迎え、さあ始まるぞと思っていつものテリ場で待っていたが何故か1頭も現れな
         い。やがて4時になり5時になって山に日が落ちても、とうとう1頭も姿を表さなかった。今年はテリ張り
         するほど数がいないのか或いは気候条件のせいかわからないが、結局 Ku さんが見つけた吸蜜個体が貴重な
         1頭となった。
          という訳で今回も前回と同様キマダラルリツバメの開翅を見ることはできなかった。







スポンサーサイト



  1. / trackback:0
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

          2日は天気が良さそうだったので町田のSさんと蝶の撮影に出かけた。主な目的は先日うまく撮れなかっ
         たキマダラルリツバメの開翅だが、キマダラルリツバメのテリ張りは夕方なのでその前にオオムラサキやゼ
         フィルスのポイントに立ち寄った。まずはオオムラサキ。
          6時にSさん宅を出発。10年ほど前から毎年のように訪れている集落内のポイントに行ってみると・・・
         おかしい。絶対発生しているはずなのに影も形もない。まさかのフライング?
          合流することになった Kuさんに未発生かもとのメールを送信しようとしていた8時半、最初の1頭が颯
         爽と飛んできた。そう言えばここではオオムラサキは案外活動開始が遅く、これくらいの時刻にならないと
         飛び出さない。それをすっかり忘れていた。

 200702em13300P7020107.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         発生初期のオオムラサキのオスはとにかくミネラルを補給しようと躍起になっているようだ。どこでもかし
         こでも立派な口吻を伸ばしてペロペロと吸汁や舐め戻しをやっている。クズの葉の上のこの個体もそうだっ
         た。



 200702α72400_tDSC00576
         <Sony α7Ⅱ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS トリミング>
         珍しくヒメジョオンにもやってきた。口吻を伸ばして花に挿していたが吸蜜したのかどうかはわからない。


         さて、天然物に止まった写真はこれだけで、あとは例によってひたすら人工物止まり。ここでは本当に色々
         なシチュエーションでの撮影ができるので楽しい。



 200702em53150_tP7020270.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>
         流れに架かる小さなコンクリート橋に止まった。



 200702α72400DSC00594
         <Sony α7Ⅱ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
         民家のベランダ。奥に蜂の巣が見える。ところでベランダという言葉は日本語にないようだ。「濡れ縁」と
         か「肘掛け窓」という言葉はあるけれどどちらもぴったり当てはまる訳ではない。いわゆるベランダ付きの
         古民家というのはそう言えばあまり見かけない気がする。



 200702em5340_tP7020295.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         集落内の少し離れた所にも同じようなベランダ付きの民家があってベランダ部分の意匠はよく似ている。
         下から見上げると今一つなので、竿の先にカメラをつけて蝶と水平な位置で撮ってみた。



   200702em53150_1P7020224.jpg   200702em53150_1P7020218.jpg   

      200702em53150_1P7020167.jpg         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>


   

 200702em13300P7020146.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         梁の下に青カビのような色のところがあって、たまたまかもしれないがしきりにそこを舐めている。



 200702em13300P7020245.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         納屋の土間。換算 600mm ではさすがにはみ出しそうだ。そう言えばこの付近の地面にオオムラサキの翅が5〜6頭分
         散らばっていた。メス猫が飛び出していったので彼女が犯人だろうか?



 200702em53150P7020496.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         藁の上。



 200702em53150P7020714.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         (推定)茶箪笥の引き戸。



 200702em13300_tP7020120.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         太〜い柱。



 200702em53150P7020697.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         排水の点検口。



         200702em13300_tP7020256.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         オオムラサキ特有の深いコバルトブルーの幻光色。やはり年に1度は遊びたい日本の蝶の王様である。
         
         この後樹液のポイントに向かったが、そこに飛来するのはもう少し遅い時間帯になりそうなので先を急ぐこ
         とにした。








  1. / trackback:0
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

          先週末、町田のSさん、Akakokkoさん(CLICK)、横浜のKi さん、GMさんらとキマダラルリツバメを探
         しに出掛けた。
          途中山間部のゼフィルスのポイントにも立ち寄ってみたがまだ未発生のようで、広葉樹の豊富な谷筋はた
         まにミスジチョウやアサマイチモンジ、ヤマキマダラヒカゲなどが飛び出すくらいで静かなものだった。
          
 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20>
         ゼフィルスポイントで撮影したアサマイチモンジの飛び立ち。



 200627em13150_2P6270066.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20>
         キマダラルリツバメのポイントに移動して5人で草むらを探していたら、Ki さんが最初の個体を発見して
         下さった。新鮮なメスのように見える。



 200627em13150_2P6270072.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20>
         しばらくじっとしてくれていたので裏側からも。




 200627em13150_2_tP6270230.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20>
         ヒカゲチョウのおそらくメスだろう。蛇の目紋が大きく白帯もはっきりしていてなかなか美しい。



200627em13150_2P6270157.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20>
         オオミスジが多く、盛んにクワの実で吸汁していた。



 200627em13150_2P6270111.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20>
         アップで撮るとちょっと怖いが、丈夫そうな口吻を実の中にしっかり突き刺している様子がわかる。




 200627em13150_2P6270197.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20>
         Akakokkoさんに飛ばしてもらって撮ったオオミスジ。



 200627em13150_2P6270223.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20>
         背景の納屋の柵に惹かれてヒメジョオンに蝶が来るのを待ったが、やってきたのは傷んだベニシジミだけ。



 200627em13150_2P6270274.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20>
         昼前にまたもやKiさんがヒメジョオンで吸蜜する個体を発見。私は蒸し暑さに参ってしまってろくに探しも
         しなかったのだが、いやはやたいしたものである。




200627em13150_2P6270627.jpg

         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20>
         この個体はそれからひたすら吸蜜を続け、結局テリ張りを開始した3時まで吸蜜をやめなかった。
         キマダラルリツバメはだいたい樹上にいて気が向いた時だけちょっと降りてきて吸蜜するものだと思ってい
         たが、こうして長時間吸蜜し続けることもあるのだと初めて知った。



 200627em13150_2_tP6270233.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20 トリミング>
         ベニシジミと並んでもかなり小さいキマダラルリツバメ。
         この辺りで駒ヶ根のMiさんも到着され、吸蜜するキマダラルリツバメを取り囲んで代わるがわる撮影。



 200627em13150_2_tP6271021.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20 トリミング>
         しかし3時間余はやはり長い。近くでコミスジがゆるい卍飛翔を展開したら皆一斉にそちらにカメラを向け
         た。キマダラルリツバメが目の前に止まっているのにコミスジにカメラを向けたのは初めてだった。



 200627em13150_2P6271265.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20 トリミング>
         とにかく執拗に吸蜜を続け、歩いて花から花へと移動する。たまに滑り落ちたりした時だけこのように飛ん
         で花に戻る。



 200627em13150-2P6271374.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20>
         3時間余り続けていた吸蜜をやめた途端突然開翅。暫くすると勢いよく飛び立っていった。



         200627em13300_tP6271491.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         それから3頭ほどのキマダラルリツバメがそこここでテリ張りするようになったが草丈が高く上手く翅表を
         写すことはできなかった。



 200627em52600P6270031.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20>



200627em53600P6270024.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20>



 200627em53600P6270127.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20>


         撮影をご一緒下さった皆さん、当日は本当にお世話になりました。私1人だったらなんの結果も出せなかっ
         たと思います。ありがとうございました。またよろしくお願い申し上げます。





  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

          このタイトル、蝶に興味のない方にはなんのことだかわからないだろうが、蝶好きには聴き慣れた呪文、
         ではなく、「ゼフィルス」と呼ばれている一群のシジミチョウ類の短縮形和名の羅列である。これにさらに
         アイノ ジョウザン エゾ ウラクロ ウラキン クロミ キリシマ ヒサマツ フジ ムモン・・・など
         を加えると、関東甲信越で、できれば毎年1度は撮影したいゼフィルスのリストが出来上がる。たかだか十
         数種類、しかし森林の住人であるこれらの蝶はどれをとってもなかなか一筋縄ではいかず撮影には苦労させ
         られる。それだけにわずか2〜3センチの愛らしく美しい姿を首尾よくカメラに収められた時の喜びはひと
         しおなのだが、引きの強い(運のいい)人はいざしらず、私のような者には誠に手強い撮影対象である。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20 トリミング>
         20日、Akakokkoさん(CLICK)とゼフィルス探しに出掛けた。1日で3箇所のポイントを回り、2万数
         千歩、登った階数70階分も歩いたが、結局撮れたのはメスアカミドリシジミ1頭だけ。悲惨な成果だがと
         にかく坊主を免れてよかった。運動にもなったし。




 200624em13150_2_tP6240047.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-20 トリミング>
         24日は町田のSさんとまたゼフィルス探し。一番の目的はクロミドリシジミだったが、心配した通り高い
         気温のせいで降りる角度が鈍角。何頭も見かけながらとうとう1頭も撮影できなかった。
         代わりにダイセンシジミ(ウラミスジシジミ)を撮影することができ、まずまず。



         200624em13420_tP6240160.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-14 トリミング>
         同上。



 200624em13420P6240328.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-14>
         同上。



 200624em13420_tP6240454.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-14 トリミング>
         同上。



 200624em13210P6240015.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-14>
         転戦して高原のカシワ林へ。霧雨の中、運良くハヤシミドリシジミを発見。



 200624em53210P6240030.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-14>
         しかもしかも急に薄日がさしてきてじわ〜っと開翅。



 200624em53210P6240090.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-14>
         さらに開翅。とにかく綺麗だ。




 200624em53210P6240150.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-14>
         1回翅を閉じたが向きを変えてもう1度開翅。




 200624em13300P6240947.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ビーティングでウスイロオナガシジミも飛び出した。こちらも綺麗な個体だ。



 200624em13300P6240896.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         前翅裏面外縁のオレンジ斑がはっきり4つ出ている。



 200624em13210P6241214.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-14>
         ペンライトを当てたが残念ながら開翅はここまで。



 200624em53210.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-14>



 200624em53210_tP6240476.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO / MC-14 トリミング>
         雨は止んだがまた霧が濃くなってきたので下山することにした。







  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

          町田のSさんの御案内でカラスシジミとウラクロシジミの撮影に行ってきた。少し時期を外してしまった
         ようで、どちらも擦れ個体が多くなっていたが、両種共なかなか狙って撮れる蝶ではないので出掛けて良か
         った。
          また現地では久しぶりに柴田御夫妻(CLICK)にもお目にかかることができ楽しいひと時を送ることがで
         きた。

 200610em1420P6100044.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-14>
         わずかに残ったウツギの花で吸蜜するカラスシジミ。




 200610em1420P6100081.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-14>
         角度が変わったら縁毛がブルーに輝いた。




         200610em1600_tP6100215.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20 トリミング>
         ウラクロシジミが本格的に飛び始めたのは4時頃から。数は結構いて見ていて楽しいのだが、なかなか撮影
         し易い場所には止まってくれない。



 
         200610em13600_tP6100296.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20 トリミング>
         また止まってもこれくらいしか翅を開いてくれない。



        
 200610em13600_tP6100364.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20 トリミング>




 200610em13600_tP6100439.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20 トリミング>
         モミジの葉に止まったオスが半開翅。




 200610em1600_tP6100551.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20 トリミング>
         こちらはホウの葉に止まったメス。ずっと歩き回りながら葉の上を舐めていた。オスより白帯がくっきりし
         ていて綺麗だ。何度かオスが近くを通ったが無反応だった。
         







  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2020 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -