主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

昨日の続きです。
この日は午後からミラーコリ教会方面に向かってあてもなく歩きました。
狭い路地と運河の織りなす独特の風景・・・ヴェネツィアはどこをとっても絵になります。
曇りがちの憂鬱な天気でしたが、特に目的もなく街を散策するというのは本当に楽しいものですね。





0701085DIMG_5857.jpg


0701085DIMG_5864.jpg

スポンサーサイト
  1. 海外風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

一昨日の続きです。


トラゲットの横を通り過ぎた後カナル・グランデで撮影した1枚。なんでもない地味な写真ながら気に入っています。
横浜の運河でもよくお目にかかった日常の風景です。


0701085DIMG_5813.jpg
カモメ。


  1. 海外風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ヴェネツィアの運河で一般の旅行者が利用できる交通手段は主に4つ。

ヴァポレット(水上バス)
モトスカーフィ(水上タクシー)
ゴンドラ(ゴンドラ)
そして下の写真のトラゲット(渡し船)

トラゲットはカナル・グランデ(大運河)の随所に船着き場があって、キャッシュで運河を渡してくれる市民の足。
立って乗るのが地元流です。
見かけはかなり地味ですが、ゴンドラは30分で軽く50€くらいふっかけられるので、運河を小船で行く気分をちょっと味わうにはこちらが経済的。
2〜3分で渡ってしまいますがなんと言っても0.5€。ゴンドラの100分の1のお値段です !





  1. 海外風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

10月4日の記事の続きです。
スクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコを出て暫く歩いていると Casa di Carlo Goldni の垂れ幕が目に飛び込んできました。どうやら18世紀の劇作家カルロ・ゴルドーニの住んでいた家のようです。
ちょっと急いでいたので残念ながら中は見られませんでした。
ゴルドーニは1707年ヴェネツィア生まれ。弁護士くずれの喜劇作家ですが、イタリアではある意味不興を買い渡仏。パリで劇作を続ける一方、なんとルイ15世の招きでベルサイユ宮殿に赴きイタリア語教師をやったいたという変わった経歴の人物。
間もなく起こったフランス革命でその職もなくなり最後はパリで不遇の死を迎えたそうです。
でも86年生きている訳ですから、当時としては長寿をまっとうしたと言えるでしょう。
作風に興味があるので是非一度読んでみたいと思っているのですが未だその機会を得ていません。
老眼が進んでから本自体から遠ざかっています。パソコンに向かってばかり・・・いけませんね。



  1. 海外風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

9月21日の記事の続きです。
スクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコは、サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会のすぐ近くにある信徒会です。
「スクオーラ」というのはイタリア語では学校や組合の事ですが、ヴェネツィアでは特定の聖人や聖母を戴いた信徒グループがそれぞれに作った集会所をスクオーラと呼び、そこに集まった信徒同士が互いに助け合ったり慈善事業を行ったりしてコミュニティーを形成していたようです。これが後に同業者の組合に発展したとも言われます。
「サン・ロッコ」はペストに対する守護聖人。
ですから「スクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコ」は「聖ロッコ、大信徒会」という事になりますね。
有力な商人は自分の属するスクオーラに多額の寄付をしたので、このように贅を尽くした華麗なサロンが今に残される事になりました。


0701085DIMG_5501.jpg
16世紀に完成したルネッサンス風のファッサード。


0701085DIMG_5752.jpg
2階の大広間はティントレットの絵画で埋め尽くされています。ティントレットの絵は私にはどうも肌に合わないようで、残念ながらあまり感動はありませんでした。


0701085DIMG_5756.jpg
壁面を飾る彫刻がどれも見事でした。




  1. 海外風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -