主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         遡って4月21日。仕事で西武新宿線花小金井駅の北、新青梅街道沿いの住宅公園に行った。ここは田無タ
         ワーのはす向かいで、何もないところだなあと思ったが、帰りに住宅公園の裏手の道を歩いてみたら、私的
         なイメージではこれぞ武蔵野といった風景に出合う事ができた。

         中世までは武蔵野と言えば荒漠たる原野の続く所、大自然の象徴的な場所として扱われてきたが、江戸時代
         からは次第に農地が増え、国木田独歩が武蔵野を記した明治後期には多くの地域が里山と畑に変貌していた。
         私が子供の頃親から聞かされた武蔵野の風物というと、どこまでも続く畑と点在する集落。農地と雑木林の
         混在と街道沿いの大きな欅の木、そんなところか。

         撮影は全て
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


         
         田無タワー。正式には「スカイタワー西東京」というらしい。民間の多目的電波塔で高さが 195mもある。
         多くのアニメ作品に登場することでも有名だとか。近づいてみるとパイプ組みがSFチックでなかなかの迫
         力だ。



 170421em1P4210037.jpg
         住宅展示場の隣はいきなり武蔵野だった。畑と農家と大きな欅。母屋の他にも蔵の屋根が見えている。



 170421em1P4210059.jpg
         道沿いに立派な欅並木が残っている。いわゆる屋敷林なのだろう。ほとんどの樹が保存樹に指定されていた。



 170421em1P4210058.jpg
         欅の幹と紅葉の新緑が美しかった。



         170421em1P4210063.jpg
         通りの向こうにあった神明社。



 170421em1P4210076.jpg
         


 170421em1P4210065.jpg
         神明社隣の民家の蔵。



         170421em1P4210091.jpg
         ↑の写真の蔵の建つ民家の庭先。



         170421em1P4210097.jpg
         それにしても見事な欅である。



         170421em1P4210107.jpg
         庚申塔。



 170421em1P4210112.jpg
         大谷石で造られた蔵もあった。よいワインセラーになりそうだ。



         170421em1P4210114.jpg
         ちゃんと補修されきれいに保存されている蔵もある。



 170421em1P4210128.jpg



         170421em1P4210134.jpg



         170421em1P4210137.jpg


         ところで花小金井駅のすぐ近くに「江戸東京たてもの園」や都電の展示まである「小金井公園」があるが、
         この時はそのことをすっかり忘れていた。
         一度も訪れたことがないのでそのうち是非行ってみたいものだ。






スポンサーサイト
  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         前回の記事で書いた通りスピード・アナスティグマートをメンテナンスに出してしまったので手元にあるC
         マウントレンズはアンジェニューの25mm f0.95とこのシネラプターの2本。通勤のお供には何と言っても
         軽いPENとCマウント標準画角レンズの組み合わせがベストなので、2本のうちどちらかという選択になる。
         この日は M4/3フォーマットだと若干ケラレを生じるため構図を工夫するかスクウェアフォーマットで撮ら
         ないとならないアンジェニューは億劫だったのでしばらくぶりでシネラプターを持って出掛けることにした。
         シネラプターはスピード・アナスティグマートを入手してからはあまり使っていなかったが実はなかなかの
         実力の持ち主だと思う。少し絞ればかなりシャープになるし、押さえ気味の開放値 F1.9 での撮影も絶妙の
         暴れ具合だし、色調もニュートラルで癖がなく好感が持てる。
         私はたまたま昔買ったシネカメラについていたので購入した訳ではないが、市場価格はリーズナブルなので
         お得なシネレンズと言えるかもしれない。もっと使う機会を増やしてやりたいレンズの1つだ。

         <OLYMPUS PEN E-P5 / WOLLENSAK CINE RAPTAR 1inch f1.9>

         
         宮益坂から御嶽神社の参道に入いり石段を上り始めると階段の上にいきなり女性を抱えた男が躍り出た。
         アモーレ !



         170123ep5wolP1230006.jpg
         宮益御嶽神社の境内。御祭神は、日本武尊、秋葉之神、大国主神、菅原之神(菅原道真)の四神。
         この神社の名前が宮益坂の名の起こりだとか。私は見た事がないのだがこの神社には素晴らしい御神輿があ
         るらしい。
         でも御神輿の事は Favonius さんにお任せ、という事で。Favoniusさんの昨年9月2日の記事(CLICK)
         御参照下さい。


 170123ep5wolP1230009.jpg
         向かって右の狼狛犬。オリジナルは江戸時代(1600年代後期)に作られた石像だったが、今は修復され
         て社務所内に安置されている。これはオリジナルをもとに近年制作されたブロンズ像。なかなかいい顔をし
         ている。是非オリジナルも見てみたいものだ。
         


         170123ep5wolP1230014.jpg
         左の狼狛犬。



         170123ep5wolP1230019.jpg
         境内には不動尊の祠もあって不動明王像などが置かれている。疫病を払い富を増やしてくれる便利な不動尊
         であるらしい。











  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

         市内の舞岡公園には「小谷戸の里」と名付けられた施設がある。戸塚区品濃町から移設復元された明治後期
         の古民家「旧金子家母屋」。を中心にいくつかの建物が建ち、公園内で谷戸の暮らしや文化を体験したり里
         山の自然学ぶための基地として親しまれており、ボランティアの活動も活発である。
         この日はちょうど「炊き出し」の日に当たり、敷地内では大勢のボランティアの方々が忙しく働いておられ
         た。
         炊き出しというと本来貧窮して食を得る事ができない人や災害に遭った人のために無償で食事を提供する事
         だが、ここでは不特定多数の人に食事を供する事をそのように呼んでいるらしい。
         ボランティアの人が大勢来ていれば当然その子供達もやってくる。見ていると子供は子供同士で仲良くやっ
         ていて微笑ましかった。
         しかし考えてみればそんな当たり前のような景色をここ何十年来ほとんど見ていない。ましてこのような古
         民家の庭先で遊ぶ子供の姿などというのはそもそも見た事がない。実は貴重な景色を見せてもらっているの
         かもしれないなと思ってカメラを向けた。
         
 
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         母屋の前で羽根つきをする子供達。



 170122ep5anaP1220001.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         敷地の一角には薪がたくさん積まれていた。



         170122ep5anaP1220008.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         母屋の入り口脇に吊るされた唐辛子。なんともきれいな赤である。
         


         170122ep5anaP1220014.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         母屋に入ってみると竃の火が豪勢に燃えていた。釜の中身はなんだろう。
         


         170122ep5anaP1220026.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         屋内には煙が立ちこめている。この煙が建物を燻蒸して虫食いや腐食から守ってくれる訳だ。



         170122ep5anaP1220036.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         さっき羽子板を振り回していた子供がやってきて話しかけてきたが何を言っているのかよくわからない。
         遊んでくれる人がいなくなっちゃったのかと聞くと縁側の方に行って玩具の入っている箱の前にしゃがみ込
         んで達磨落としのようなものを取り出した。向こうに玩具があるから遊ぼうと言っていたのかもしれない。



 170122ep5anaP1220039.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         入り口を入ったところの壁には誰が作ったものか簑が架かっている。



 170122ep5anaP1220050.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         裏手の水屋。格子窓から差し込む光がきれいだ。



 170122ep5anaP1220052.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         裏にも縁側がある。



 170122ep5anaP1220053.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         裏の縁側の上の明かり取りにも格子がはまっていた。



 170122ep5anaP1220062.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         かくれんぼの鬼決めじゃんけんをしている少女達。この日のお気に入りの1枚。



 170122ep5anaP1220064.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         少し引いて母屋の写真を撮っていたらかくれんぼの鬼になったのだと思われる少女が笑顔で前を走っていっ
         た。



 170122ep5anaP1220069.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         水の干上がった瓜久保の河童の池。6月にはこの池の畔でミドリシジミがたくさん羽化する。



 170122ep5anaP1220072.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         この蠟梅は気が早く12月から咲き始めていたらしい。スピード・アナスティグマートらしいグルグルボケ
         が中央の花を引き立ててくれている。



 170122em1_tP1220106.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×トリミング>
         実はこの日もアリスイの撮影を狙っていたのだが全く見られず。他の野鳥を少しだけ撮影した。
         タシギの番。



 170122em1_tP1220146.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×トリミング>
         アオジ。左上にメスが写っている。



 170122em1P1220182.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         同上







  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

         また遡って1月4日。日本橋で kazenohane さんが出品されていた展覧会を見てから東京駅周辺をぶらっ
         としてみた。
         ここ何十年でたくさんの高層ビルができ、東京駅周辺の風景も私が若い頃とはだいぶ変わった。

         撮影はすべて
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8>

 
         PRADA のショーウィンドー。さりげないがいいなと思う。
         


 170104em1_htP1040044.jpg
         こちらは LOUIS VUITTON 。ツノメドリとは面白いところに目を付けたものだ。



         170104em1P1040110.jpg
         八重洲北口前。八重洲口にも新しいビルが色々とできているが丸の内側ほどではない。



 170104em1P1040124.jpg
         永代通りに入り呉服橋ガードで線路をくぐって丸の内側に出た。



         170104em1P1040151.jpg
         東京駅と日比谷通りの間はほぼ高層ビルで埋め尽くされた。良し悪しは別として色々なデザインのビルディ
         ングがあって面白い。時計がついているのは大手町野村ビル。



         170104em1P1040153.jpg
         大手町タワー



         170104em1P1040160.jpg



         170104em1P1040166.jpg



 170104em1P1040174.jpg



         170104em1P1040175.jpg
         三井住友銀行東館



         170104em1P1040184.jpg
         三井住友銀行本店ビル



         170104em1_1P1040188.jpg
         日本生命丸の内ガーデンタワー



 170104em1P1040189.jpg
         三井住友銀行東館((左)と銀行会館(右)



 170104em1P1040194.jpg
         懐かしい看板を見つけた。サントリー系の和風ダイニング「響」。今は数少なくなったが、この手の大型和
         風ダイニングの先駆け的存在だった。
         この丸の内店は「響」各店の中でも大型店舗で、ここの椅子テーブルの制作を全て STANDARDS で製作さ
         せて頂いた。



         170104em1P1040199.jpg
         ガラス越しに中を覗いてみる。平成13年オープンなのでもう16年経つ訳だが、当時の椅子、テーブルが
         今でもそのまま使われているのを見るととても嬉しい。



 170104em1P1040202.jpg
         新丸ビル裏辺り。だいぶ陽も傾いてきた。



 170104em1P1040224.jpg
         東京駅丸の内北口



 170104em1P1040233.jpg
         横浜に戻ってきた。自宅近くの緑道で今年初めて梅の花を見た。





  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         1月2日、今日も早朝日の出を撮影に行ったが、家内の体調がすぐれないのでその後は自宅で駅伝など見な
         がらまったりしている。ブログの方は日記と昨年の写真で。

   161231ep5PC310061.jpg   161231ep5PC310085.jpg
         大晦日の夜は家内が作ってくれたビーフシチューとお気に入りのワイン、「シャトー・プーピーユ」を楽し
         んだ。
         家内のビーフシチューには何通りかのレシピがあってそれぞれに美味しいが、私はこの澄んだスープのシチ
         ューが好み。プーピーユとの相性もパーフェクト。年明けの汽笛の合唱も今年は船の数が多いのか賑やかで
         とても楽しい大晦日になった。



   170101iphoIMG_0326.jpg   170101iphoIMG_0322.jpg
         元旦の朝は和風のおせち。夜も自宅で「フレンチおせち」を楽しんだ。このフレンチおせちはいつもお世話
         になっている近所のレストラン「マルズ・ターブル」が作っているものだが今回初めて頼んでみた。
         素材も調理もかなりのレベルのもので予想以上の出来映え。少々お高いがその価値は充分あると思った。
         残念だったのは家内が体調を崩してしまったためせっかくの料理をほとんど食べられなかった事。その分娘
         と私でほとんどたいらげてしまった。きっと太って今年のフィールドではますます動きが鈍ってしまうこと
         だろう。
         




         昨年12月24日の記事(CLICK)で OMD E-M1Ⅱ の試写画像を掲載したが、この時の写真をもう少
         し掲載しておく。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



         161224em1PC240100.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



         161224em1PC240115.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



         161224em1PC240120.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240124.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240128.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



         161224em1PC240146.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240185.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240188.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240208.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240230.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240268.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240283.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>



161224em1PC240291.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>



         161224em1PC240337.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>







  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -