FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

イシガケチョウは私にとってとりわけ思い出深い蝶です。
小学生から中学生にかけての頃、蝶の採集に夢中だった私が、ためつすがめつ眺めていた日本の蝶の図鑑の中で、一番採ってみたかった蝶がこのイシガケチョウでした。
縦長の変わった翅の形に地図のような奇抜な模様、こんな蝶が現実に存在するとは信じられない思いでした。
当時の私はこの蝶が、その翅の模様に似た砂礫地や石垣に止まって、静かに翅を開いたり閉じたりしている様子を想像し、是非ともそんな様子をこの目で観察し、できれば私の標本箱にその姿を納めたいと考えていました。
しかしながら関東在住の私にとって、関西以西にしか分布しないイシガケチョウは、なかなか手の届かない遠い存在でした。
ところが中学1年の夏、思いもかけずチャンスが訪れました。和歌山県で地元の山岳会の副会長をしていた叔父から家族キャンプへのお誘いがあったのです。
私はイシガケチョウに会えるかもしれないという期待を胸に、開業してまだ5年目の新幹線に乗り込み、勇躍関西に向けて出発しました。
キャンプの目的地は大峰山。20人近い大パーティーでした。
本格的な山登りはほとんど無経験の私にとって、吊り橋や崖の連続する登山道はけっこう怖かった記憶がありますが、滝壺の近くで張ったキャンプ自体は本当に楽しいものでした。
けれども蝶に関しては、8月中旬という季節のせいもあったでしょうが、4日間のキャンプ中、ほとんどめぼしい蝶も見られず、1~2度見かけたアサギマダラ(当時は今よりずっと数が少なかったのです)にも逃げられてしまうという情けない状況でした。
迎えた最終日の曇り空の下、私は意気消沈のまま山を下り始めました。
そして30分ほど歩いて広い河原に出た時です。20メートルほど前方に白い蝶の姿が見えました。何か飛び方が変です。理由のない確信のようなものが頭にひらめきました。河原のゴロゴロした岩礫の上を、それこそ飛ぶように走り、手にしていた虫取り網を夢中で振ったこと、そしてかなり傷んだ個体ではありましたが、網の中にまぎれもないイシガケチョウの姿を見いだした時の興奮を、今でも昨日のことのように思い出します。
その後、南紀や四国の金比羅さん等数カ所でイシガケチョウに出会う機会を得ていますが、カメラに収めることができたのは35年後の2003年になってからでした。
  

イシガケチョウ 2003年8月30日 西表島 EOS10D Macro100mm
イシガケチョウ1



あまりに暑いせいでしょうか、この時のイシガケチョウはみな葉の裏に止まっていました。データは同上です。
イシガケチョウ2



下の画像は多摩動物公園のインセクタリウムで撮影しました。面白い画像だったので掲載しておきます。
野外でこんな写真を撮影してみたいと思っています。
2004年2月11日 多摩動物公園 以下同上
イシガケチョウ交尾










スポンサーサイト



  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2011 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -