FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

昨日の記事で触れた通り、富士宮のギフチョウの発生地で虫林さん海野さんと合流することができました。久しぶりの再会を喜び合い、色々とお話を聞かせて頂きながらギフチョウの出現を待ちましたがとうとう1頭も現れてくれません。
ギフチョウは諦めることにして、午後からは虫林さんのご案内でスギタニルリシジミを見に行きました。
天気は相変わらず悪かったですが、林道に入ってすぐに1頭のスギタニルリシジミのオスが現れてくれ、地面に下りた所を皆で撮影しました。海野さんは3Dレンズ付きのカメラを使っておいででした。

スギタニルリシジミ♂ 
スギタニ吸水

撮影中の海野さん(左)、画像チェック中の管理人(中央)、次のポイントに移動する虫林さん(右奥)家内が撮影してくれました。
撮影

次のポイントに移動する途中、川原にカモシカが下りていました。振り返ってじっとこちらを見つめています。
カモシカ

虫林さんが案内して下さった、さらに奥のスギタニルリシジミのポイントは、崖の岩肌を伝って清水の流れ落ちる夢のような場所でした。時刻が遅かったので蝶は見られませんでしたがすっかり気に入りました。是非また訪れてみたいと思います。
泉

帰り道で突然クロコノマチョウが飛び出しました。角度が取れず、斜めからの撮影です。
クロコノマ

崖の上の方に飛んでいってしまったクロコのマチョウを追って、海野さんは猛然と崖登り。写真では判りにくいですが、濡れた岩のもろそうな急斜面です。普通絶対に登りません。やはりプロは違いますね。右は暗くてちゃんと撮れませんでしたがスギタニルリシジミの飛翔です。
 海野氏が毛に登る  スギタニ飛翔

最初のポイントに戻ってみると、海野さんが仕掛けた「秘密のトラップ」に夢中になってしまった先ほどのオス、指で触っても逃げなくなってしまいました。海野さんが指に乗るよとおっしゃるので家内が指をそっと出すとすんなり乗ってくれました。蝶の向こうで撮影しているのは海野さんです。
海野さんと手乗りスギルリ


手乗りスギタニ

ギフチョウは見られませんでしたが、皆さんにお目にかかれ本当に楽しかったです。虫林さん、海野さん、是非またお目にかかりましょう。楽しい時間をありがとうございました。

スポンサーサイト



  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2011 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30