FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

昨日の続きです。
車で走ること30分。別のオオムラサキポイントへ。
ここには大きなクヌギの木があって樹液を出しています。さて、そろそろ飛んで来る頃かなと思って待っていましたが、どういうわけか1頭も顔を見せません。あれ~?
ルリシジミが飛んで来て目の前に止まりました。開けー、と声をかけるとパッと開いてサービスしてくれました。
ゼフィルスやゴマシジミも是非見習って欲しい素直な心。

ルリシジミ♂閉翅
ルリシジミ11.7.6-1

ルリシジミ♂開翅
ルリシジミ11.7.6-2

足元を行くのはヒメクロオサムシのようです。
ヒメクロオサ

ここはちょっと標高が高過ぎたかなと思い、部落のある低標高地に移動することに。
ここにも良いクヌギ林があって、今時分にムモンアカシジミを見たこともありましたが、去年、根こそぎばっさりやられてしまいました。それでも部落に入った途端にオオムラサキが悠然と飛んでいるのが目に入りました。
オオムラサキは人間の生活臭のする所が大好き。とりわけ空き家が大好きのようです。
そこで部落の中のここぞと思われる空き家に目星をつけ、そっと裏手に廻ってみると・・・
やっぱりいました。軒の下やら、車庫の中やら、網戸の上やら、そこらじゅうでチュパチュパとやっておいでです。

古い木造家屋にはオオムラサキは良く似合いますねえ。軒下に見えている「がいし配線」がレトロです。
オオムラサキ9

郵便受けや錆びた鉄の肘木にも止まっています。どっちか翅開いてくれてたらな~。
オオムラサキ13

車庫の中、かなり暗い所にもやってきます。知らずに入って数頭のオオムラサキがバタバタッと飛び出したのでびっくりしました。ブルーシートの上に何があるんでしょうね?
オオムラサキ11

普段撮影している蝶とスケールが違うので、ちょっと油断すると触覚とかはみ出してしまいますね。
オオムラサキ12

好きな角度なのですが、暗いと紫の出にくい撮影角度でもあります。
オオムラサキ3

玄関先に配達されたまま放置されている電話帳の横で。
オオムラサキ2

木の手すりに緑も入っていい感じです。
オオムラサキ8

ようやく家の近くの梅の木に止まってくれましたが、すぐまた戻って来てしまいます。
オオムラサキ4

裏は裏でなかなか見応えあります。緑白系と黄色系が両方見られます。
オオムラサキ5

郵便受けの上で開翅
オオムラサキ7

さて、ここで白状しますと、私、蝶が自分の水分を出してミネラルや栄養分を溶かして吸収するということをはっきり知りませんでした。他のタテハ類で、口吻から水を滴らせている所を何度も見ているのに、その意味をちゃんと認識していなかったのです。
この日オオムラサキが木についたシミをチュパチュパやっているのを見ていて、オオムラサキはどうしてこんなにちょっとしたシミのある所をすぐに見つけられるのかな、などと思っていました。笑っちゃいますね。
シミは最初からあったわけではなくて、オオムラサキが自分の唾液(乃至は体内に蓄えている水分)で作っていたんですね。
見ているとかなりの勢いでシミが広がって行くのがわかります。いい加減すると場所を移動し、また水分を出してシミを広げながら養分吸収しています。どのような養分があるのかわかりませんが、蝶にとってみればけっこうなごちそうがそこにあるのかもしれません。
というわけで、私としては恥ずかしながら目から鱗のオオムラサキ三昧でした。
オオムラサキ6

本当は飛翔写真狙いたかったのですが、夕方から用事があるし、ミヤマシジミの発生地の様子も見に行きたかったので、このオオムラサキ天国を後にすることにしました。
オオムラサキ10


スポンサーサイト



  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2011 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -