FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

昨日の続きです。
「ビストロ・シェフの一歩」のこの企画、今年でなんと10年目になります。私と家内は皆勤賞。
オーナーシェフのNさんのおかげでボジョレー・ヌーヴォーに対する認識が変わりました。
それはワイン全般に対する認識の変化にもつながったかもしれません。
でも今はそんな事をくどくどと書くつもりはありません。

Nさんの今年のチョイスは

ドメーヌ・ヴィスー プリムール・レ・グリオット

生産者のピエール=マリー・シェルメットは「ル・クラスマン」誌が2007年にボジョレーの作り手として初めて2つ星を与えたことで有名です。(マリーはヴィスーのお嬢さんだと思います)
とにかくボジョレーで今までに3人しか獲得できていない2つ星、しかも超がつく自然派ワイン。
いやが上にも期待が膨らみます。
何故、何処が超自然派なのかと言いますと・・・

化学肥料、除草剤の全廃止、
短小剪定、芽かき、グリーン・ハーベストなどを惜しまない極端な低収穫量、
完熟したブドウのみを収穫する遅摘み、
3回にも及ぶ厳しい選別、
ブドウの果皮についた野生酵母による醗酵、
無補糖、無濾過、亜硫酸塩を最小限に抑える、
そして植物の成長が天体の動きに左右されている事をふまえ、これらの作業を全て月の動きを見て行う。

とまあこんな具合です。

さて、早速開栓して頂きコルクを嗅いでみますと、ウ~ン、なんという柔らかい甘い香り。
グリオット(サクランボ)のネーミングとラベルのサクランボは伊達じゃありません。

そして開栓してから30分程の、ワインがまだおとなしい時間帯、
それにあわせるお料理は カマンベールのキッシュ ソース ディジョン

R0027804.jpg
カマンベールを底に敷いたふわっとしたキッシュ。柔らかく焼き上げるのに3回の試作を作られたそうです。

サラダを挟んで2番目のお料理は、マッシュポテトとキノコのスフレ ブルゴーニュ風
これは写真を撮り忘れました。
3種のキノコが入ったこれまたふわりとした食感のお料理。ガーリックの利いたエスカルゴソースが味の決め手でした。

そうこうするうちに1時間余りが経ち、ワインが劇的変化を遂げる時間帯になりました。
ワインが真価を問われる時間帯です。
そして予想どおり、このワインのただならぬ実力が発揮されてきました。
香りを越えて、下の両側面で味わうような強烈な風味が爆発します。
美味しい・・・


この時間帯に合わせてメインディッシュ、
軍鶏のひな鳥のソテー パン粉チーズ焼きリヨン風です。1羽の胸と腿を使ったチーズ焼き・・・見かけは地味ですが最高でした。
R0027810.jpg



3分の1程残ったワインを今日の夕食に楽しみましたが、まだまだ香りも立ち味もしっかりしていて充分に楽しむ事ができました。
Nさんがワインは瓶に入っているうちはまだ生まれていないんだとおっしゃっていましたが本当にそうですね。
開栓してから時間とともに変化して行くワインの醍醐味。それはヌーヴォーでも充分堪能する事ができます。
おいしいお料理と素敵なワイン・・・、Nさんいつもありがとうございます。


今年はもう1本、頂き物のヌーヴォーがあります。いつ開けるか決めていませんがとても楽しみです。
良いワインだったらまたお知らせします。
R0027858.jpg

スポンサーサイト



  1. グルメ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2011 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -