FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

昨年から観察を続けていたクロマダラソテツシジミ、とうとう新年を迎えてしまいました。

今日は朝から雲が厚く、明け方には雨もぱらぱらと降りました。
これは駄目かなと思っていると9時過ぎ頃から日が当たり始めたので慌てて朝食をとって出発。
県南の発生地に着いたのは10時40分でした。
雲もあって晴れたり曇ったりのはっきりしない天気です。風もやや強めで気温は10度でした。

10分程ぶらぶらしていると1頭の♂が植え込みに飛んできました。


この写真では分りにくいですがこの個体は両後翅にビークマークと思しき切れ込みが入っていました。
羽化して数日を経た個体と思われます。翅の擦れの特徴から、昨日 midoriさん が撮影されたオスとは別個体のようです。

上の個体を撮影していると見慣れた車が坂を登ってくるのが見えました。 banyanさん でした。
banyanさんがこの個体を撮影してから2人で手分けして付近を探しましたがなかなか見つかりません。
昨日 midori さんが撮影した個体はどこへ行ってしまったのでしょう?
風が強いのでどこかでひっそり寒さを凌いでいるのでしょうか?


そうこうするうちにソテツの頭でオスの羽化不全個体を発見しました。
banyanさんに電話をしてから撮影していると、あれれ・・・? な、なんと翅が伸びて来たではありませんか !
羽化不全個体ではなく羽化個体だったんですね。


12010220DIMG_7318.jpg


12010220DIMG_7322.jpg 


1201027DIMG_7935.jpg


1201027DIMG_7990.jpg
それにしてもこの寒空の下、羽化して翅を伸ばすとは恐れ入りました。


羽化個体を撮影しているうちにbanyanさんがメスを発見してくださいました。
赤くなったツツジの葉の上で翅を開いたクロマダラソテツシジミのメス。幻想的な美しさでした。
1201027DIMG_8065.jpg
この個体も前日midoriさんが撮影したものとは別個体のようです。


R0028637.jpg
上と同じ個体です。日が翳ってしまったのでツツジの葉に止まったまま動けなくなってしまいました。
こうして青空バックになるとちょっと暖かそうですが、実際には空の半分以上は雲で覆われけっこう寒かったです。


120102IMG_7995.jpg
すっかり翅の伸びた先ほどの羽化個体。まだ完全に固まっていないので風に煽られ翅がめくれています。


残っている蛹はけっこう気温が低くても羽化してくる事が分りました。羽化した個体は長生きはしないものの、恐らく数日の間は飛び回るのでしょう。耐寒能力にも個体差があるかもしれません。
交尾や産卵は全く見られなくなりました。低温のせいで本来の活発さは望めないのでしょうね。
最後の生き残り蛹が羽化して間もなくが、発生の終息期になるということでしょうか。





スポンサーサイト



  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2012 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -