FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

2日間待ちましたが解答者ゼロ、と思ったのですが、さる方からメールでお答えを頂きました。ありがとうございました。
お答えは「時計では?」という事でした。私も時計が入っていたらいいなあと思ったのですが残念ながら時計ではありません。
正解は「棒はかり」でした


蓋をずらして開くとこのようになっています。本体と錘(おもり)がきれいに納められていてちょっと感動的。一昨日の写真でぼかしを入れた箇所に二百匁の文字が書かれています。二百匁まで量れるはかりということですね。


では早速使ってみる事にしましょう。以前にも使ってみようと思って試してみたらどうもうまく目盛りが読み取れませんでしたが、今回ブログにアップしてしまったので必死に解読に勤めたところ大変な事に気づきました。
今時の常識では目盛りというのは左から右へ増えていくのですが、実はこれが逆だったのです。
以前は左手で支点をつまんで右手で錘をずらしていたのですが支点をつまむのが右手だった訳ですね。


R0029224.jpg
この棒はかりには支点が2箇所あります。測る物を載せるお皿に遠いところ(支点A)と近いところ(支点B)です。支点Aは軽いもの、支点Bはより重い物を測る時に使います。目盛りは棒の両面に刻まれていてそれぞれ尺度が異なり、A,Bそれぞれの支点に対応しています。あとお皿の上部にはフックもついていて、お皿に載らないような形状の物を吊るす時に使うのでしょう。
さて、理屈はだいたいわかったのでお皿の上に重さ20グラム余りのキンカンを2粒置いてみました。
軽い物なので支点Aを使います。錘を動かしてバランスのとれる位置に調整します。



R0029232.jpg
バランスをとるのはなかなか微妙でちょっと慣れが必要ですが、釣り合ったところで錘の糸が指している目盛りを読むと11.5匁となっています。1匁は3.75グラムなので11.5×3.75=43.125グラムとなります。どうやらだいたい合っていそうです。


次に支点Bを使ってもう少し重い物を量ってみましょう。ここでこの棒はかりの優れた工夫が物を言います。
下の写真をご覧下さい。棒の端についているお皿を吊っている紐が180度可動するようになっているのです。
さらにもう一つ下の写真をご覧頂くと納得して頂けると思いますが、棒をはさんで上下反対に取り付けられたどちらの支点も無理なく使う事ができ、棒の裏表に刻まれた尺度の異なる目盛りを常に慣れた同じ手の動きで錘を動かしながら読み取る事ができる訳ですね。


R0029234.jpg
なんだか美しささえ感じてしまう棒の先端。


R0029236.jpg
支点Bを使ってレンズの重さを量ってみました。


R0029240.jpg
キンカンの時と反対面に刻まれた目盛りは尺度が違って1匁の幅がぐっと狭くなっています。
釣り合ったところで目盛りを読むと96匁。
96×3.75=360グラム
早速キッチンはかりで量ってみますと、ピタリ360グラム ! 感動の一瞬でした。


ところでこの棒計り、家内の父方の祖父の持ち物だったそうです。
戦後家内の祖父は家内の父を伴って生糸の仲買をやっていたらしいのですが、このはかりで繭の重さを量って価格を決めて取引をしていたそうです。でもある時荷車一杯の生糸をだまし取られて商売は失敗。家内の祖父は田舎に戻り父は奥さんの実家の商売を手伝う事になったのだとか。
一つの小さな道具に秘められたありがちなエピソードでした。

最後まで読んで下さった方がいらしたらお礼申し上げます。





スポンサーサイト



  1. MY FAVORITE THINGS
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2012 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -