FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記


タカネヒカゲは日本では本州中部、それも北アルプスと八ヶ岳の標高2500メートル以上の高山だけに棲息する生粋の高山蝶。「ハイマツ仙人」というあだ名があるくらい、下界と隔絶された場所に棲む日本の高山蝶の代表格です。
子供の頃からいつかその姿を見てみたいと思っていましたが、発生時期である7月中旬から8月上旬に生息地を訪れる機会がなく、初めてその姿を見る事ができたのは1977年のことでした。
この時は登山初心者4名を伴っての山行でしたが、北小谷駅から歩き始めて風吹大池で幕営、翌日白馬大池、翌々日白馬岳まで往復して蓮華温泉に下るという行程でした。
当時の風吹大池周辺はまったくの別天地。北小谷から1時間程歩いたところで他の登山者とすれ違って以来、白馬大池付近までの2日間とうとう誰にも会う事がありませんでした。



風吹大池近くの湿原「神の田圃」。本当に美しい場所でした。この湿原のほとりにテントを張り過ごした一夜は忘れられない思い出です。(1977年8月1日)


img203_1.jpg
三国境下から見上げる白馬岳(1977年8月3日)。性能の悪いテレコンをつけたので周辺部がひどくボケています。


img207_1.jpg
白馬岳の稜線で初めて見たタカネヒカゲ(1977年8月3日)。写真はこの1枚をなんとか撮っただけ。PENTAX SPと50mm F1.8で撮影しています。でも長い間待ち続けた出合いには感動しました。
その後、後立山連峰には何度か行っていますがタカネヒカゲの時期には行っていません。ボロボロの個体を見かけた事はありますが撮影はしませんでした。


27年後の2004年、再びタカネヒカゲに会いたくなって白馬岳に登りました。今度はデジイチ(Canon20D)がお供です。


3852 のコピー
三国境から雪倉岳への稜線より望む白馬三山(2004年7月22日)。これくらいの画像がお手軽に得られるデジイチのありがたさを痛感しました。


3762_RT8 のコピー
三国境から雪倉岳へ向かって下り始めるとタカネヒカゲが飛んできて目の前の三角の岩に止まってくれました。


3774_RT8 のコピー
止まって少しするとこの蝶の習性で体を横倒しにします。体を温め風をよけるためでしょうか。横倒しになった蝶がうまく写せるように撮影位置を移動すると、なんと蝶の向こうに残雪に囲まれた雪倉ノ池が青々と見えているではありませんか。


3767_RT8 のコピー
広角レンズは持っていなかったので100mmマクロをできるだけ絞り込んで撮影しました。技術がつたなくこんな写真しか撮れませんでしたが、この時は体が震えるくらいの感動を覚えました。


3797_04.7.22白馬岳
岩礫の間で風を避けている個体も観察できました。タカネヒカゲの翅裏の模様は周囲の岩の模様にそっくりでした。


3858_RT8 のコピー
撮影しているうちにこの岩の凹みにも陽が差してきました。地味ですがなんというきれいな模様なのでしょう。



3804_1_RT8 のコピー
他にもいくつか別のショットを撮影し、気分良く白馬大池に下る途中。何度かライチョウも顔を出してくれました。


3907_1_RT8 のコピー
こちらはオスだと思います。


3930 _1のコピー
余韻を楽しみたくて白馬大池でもう一泊。翌朝撮影した天上の楽園の様子です。

2004年以来高山には登っておらず、従ってタカネヒカゲにもお目にかかっていません。
でもチャンスがあれば是非ともまた会いたい蝶です。
早いもので2004年からすでに8年が経ってしまいました。2004年を最後にはしたくないなあと思ってはいるのですが・・・




スポンサーサイト



  1. / trackback:0
  2. / comment:16
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2012 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -