FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

この連休は仕事漬けでした。土曜日は出勤。昨日と今日は自宅でずっと図面を描いていました。
皆様のブログにもお邪魔できず大変失礼をしております。どうかご容赦下さい。
そんな中で昨日の夜だけは息抜き、というわけでもありませんがコンサートに行ってきました。
場所は上野の「旧東京音楽学校奏楽堂」。有名な建築なので詳説は省きますが、明治23年に建てられた日本最古の木造洋式音楽ホールです。名前が長いので普通は単に「奏楽堂」と呼ばれています。
この夜のプログラムは「オーケストラ・トリプティーク」による「弦楽による奏楽堂の響き」というタイトルの演目で、日本人の作曲家の曲のみを演奏するというちょっと変ったコンサートでした。
行こうか行くまいか迷ったのですが、奏楽堂も今年は耐震強度診断が行われるそうで、もしかすると今のままの姿で見られるのも来春までかもしれないということで、疲れてはいたのですが思い切って行ってみました。

コンサートは演奏された曲を作曲された眞鍋理一郎氏や水野修孝氏のご挨拶もあり楽しいものでした。
黛敏郎の曲は初めて聞きましたがなかなか良かったです。
そしてこの奏楽堂は木造建築で上げ下げ窓1枚で外とつながっていますので、演奏会の始まった頃から秋の虫の音に包まれるんです。
コンサート会場で虫の声を聞きながら音楽を聴くというのは初めての経験でした。行って良かったです。





コンサートのプログラム


1209167DIMG_9463.jpg
開場を待つ人の列に並ぶ。


1209167DIMG_9485.jpg
奏楽堂のステージ。小さなパイプオルガンがあります。
眞鍋理一郎氏のお話では癖はあるけれどとても良い音のオルガンだそうです。


1209167DIMG_9489.jpg
広くはない客席の頭上には1つシャンデリアが下がっています。


1209167DIMG_9490.jpg
窓の上のカーテンボックスや天井下の肘木など凝った造りになっています。


1209167DIMG_9498.jpg
シャンデリアと円柱状の梁。


1209167DIMG_9533.jpg
コンサートが終わって出てくると空も真っ暗になっていました。当たり前か。9時でした。


1209167DIMG_9539.jpg
正面から見る奏楽堂。




スポンサーサイト



  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2012 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -