主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

5月23日の記事の続きです(5月19日の記事にも前蛹の写真があります)。
あの翌日、飼育していたヒメジャノメが無事に羽化しました。
仕事は遅刻を決め込み、早朝から数時間、蛹の前で粘っていましたが10時、ついに諦めて家を出ました。
歩き始めて100メートルほど行った所で家内から電話。
「出た〜 ! 」
急いで戻ってみましたがもう翅はほとんど伸びていました。速いです。

1305247DIMG_4508.jpg1305237DIMG_4544.jpg
左からAM 7:03、AM8:58、AM9:19 の撮影です。黒変した蛹が殻が剥離するにつれて白っぽくなってゆくのがわかります。腹節も大きく開いてきます(右の写真は若干撮影倍率が高くなってしまいましたがご容赦ください)。


1305247DIMG_4547.jpg
10:04 羽化。家内が羽化の瞬間を捉えていました。


1305247DIMG_4551.jpg
10:06 僅か2分でここまで翅が開いてしまうんですね。(家内撮影)


1305247DIMG_4587.jpg
10:11 左の後翅に少しだけ羽化不全が見られましたがこれくらいなら全く問題ないでしょう。(家内撮影)


1305247DIMG_4610.jpg
戻ってから私が撮影した画像です。まだ翅は柔らかそうですがすっかり伸びきっています。


R0037994.jpg
私が再び家を後にしてから家内が撮影した画像です。11:37、この写真を撮ってから一瞬目を離した隙にヒメジャノメはどこかへ消えてしまっていたそうです。


ところで2日後の日曜日、庭にヒメジャノメの姿が見えたので見に行ってみると左後翅に若干の羽化不全が見えました。あ、うちの子だ ! と思って急いでカメラを取りに。
戻ってみると元いた場所には姿が見えませんでしたが、少し離れた所で2頭のヒメジャノメが絡んでいます。どうやら求愛行動。1頭は相当傷んだオスのようです。数枚写真を撮った所で薮に入って見失ってしまいましたが、近づいて行ってみると薮から交尾個体が飛び立ちました。慌ててカメラを構えましたが隣戸との境のフェンスをくぐって見えなくなってしまい、結局交尾写真は撮る事ができませんでした。
さて、この交尾個体はうちの子だったのでしょうか。
下に求愛の時の画像を1枚載せておきます。斑紋の特徴からほぼ間違いなくうちの子だと思います。
この前日は横浜は気温が低かったので交尾しなかったのでしょうか?それとも待っていてくれたのかな?
なんだかとても嬉しい日曜日になりました。

1305267DIMG_0871.jpg

スポンサーサイト
  1. / trackback:0
  2. / comment:20
  3. [ edit ]

北アルプスでクモマツマキチョウを撮影した後オオルリシジミを撮影するというのが今では定番のようです。
ずいぶんと贅沢な話ですが、安曇野の公園でオオルリシジミの保護育成をしてくれているおかげでそのような夢の撮影ツアーができるようになりました。
かつてこの一帯には田んぼの畦等にたくさんのオオルリシジミが棲息していましたが、食草の激減などで姿を消してしまいました。飼育保護されている公園でしかその姿を見る事ができなくなってしまったのは残念ですが、私達もクモマツマキチョウの撮影後安曇野に移動してオオルリシジミを撮影して帰りました。


1305256DIMG_0525.jpg
発生場所に行ってみるとオオルリシジミはすぐに見つかりました。シロツメクサやアザミ等で盛んに吸蜜しています。


1305256DIMG_0650.jpg
食草に止まって産卵場所を探すメスもたくさん見られます。


1305256DIMG_0705.jpg
産卵中のメス


1305257DIMG_5450.jpg
アザミの花に飛来したオス


1305257DIMG_5518.jpg
求愛飛翔や求愛シーンも随所で見られましたが交尾はありませんでした。


1305257DIMG_5552.jpg
アカツメクサで吸蜜


1305257DIMG_5684.jpg
新鮮なメス。やはり美しい蝶です。


1305257DIMG_5620.jpg
同上


1305256DIMG_0823.jpg
公園にしてはいい感じの環境で、広角で撮ってもけっこう絵になります。
考えてみればオオルリシジミも数年撮影していませんでした。それだけに嬉しい出会いでした。




  1. / trackback:0
  2. / comment:10
  3. [ edit ]

昨日はAkakokkoさんdaronさんmidoriさんのお三方とご一緒させて頂き、長野県に4年ぶりにクモマツマキチョウを探しに行ってきました。
天気は快晴の上気温が上がりそうな予報だったのでクモマツマキチョウがいたとしても撮影は難しそうだなと思ったのですが、予想通り止まらない事止まらない事。
やむを得ず飛翔狙いでさんざん走り回ったので相当疲れました。



朝、Akakokkoさんが見つけて下さった羽化直後のハルゼミ。翅脈がとてもきれいでした。



1305257DIMG_4741.jpg
現地に着いて数カ所のポイントを巡りましたが、♂と♀1頭ずつの飛翔を確認したのみで満足に撮影はできませんでした。これはスジグロシロチョウ。これがクモマツマキチョウだったらなあ、という1枚です。


1305256DIMG_0198.jpg
再度移動しようと歩き始めた直後、道端で休憩モードの♀を発見。長い時間じっとしてくれていたのでゆっくり撮影する事ができました。


1305256DIMG_0269.jpg
同上。やがてニリンソウの花に移動。少しだけ吸蜜したように見えました。


1305256DIMG_0298.jpg
再びポイントを一巡りしますがどうもはかばかしくありません。一カ所だけまだチェックしていなかったポイントに行ってみると岩の上でクジャクチョウがテリトリー行動中でした。


1305256DIMG_0306.jpg
翅を閉じたクジャクチョウ。この翅の裏の黒い色、なかなかいいですね。


IMG_5139.jpg
やがてクモマツマキチョウが盛んに飛び始めました。やはり♂のこのオレンジ色は最高です(以下、飛翔写真の多くはかなりトリミングしてあります)。


1305257DIMG_4963.jpg
追いつ追われつするスジグロシロチョウとクモマツマキチョウの♂。


1305257DIMG_4968.jpg 1505257DIMG_4960.jpg
さらにもう1頭の♂が加わり、スクランブルに。


1305257DIMG_5115.jpg
♀を追いかけて飛ぶ♂。


1305257DIMG_5251.jpg
♂飛翔。足場さえ安定していればクモマツマキチョウは飛翔撮影は楽な方だと思いますが昨日はとても歩留まりが悪く苦労しました。


1305257DIMG_4877.jpg
midoriさんの目の前で追いかけっこをするクモマツマキチョウ。


昼近くになるとたまに吸蜜に降りてくれるようになりました。それでも時間が短いので静止画像の撮影は相当難航しました。あまりいい写真が撮れませんでしたが何枚かアップしておきます。


1305256DIMG_0320.jpg


1305256DIMG_0348.jpg


1305256DIMG_0372.jpg


最後にクモマツマキチョウ♂3頭のスクランブル画像を2枚貼っておきます。
ピントが悪くて恐縮ですが珍しいと思いますので。
3頭スクランブル画像については一緒に撮影されていたotto-Nさんtheclaさんが、もっとピントの良い画像をアップされておいでなので是非そちらをご覧下さい。

1305257DIMG_5322.jpg


1305257DIMG_5323.jpg


クモマツマキチョウは1時半過ぎに切り上げ、この後オオルリシジミの撮影に向かいました。その模様はまた後日アップします。
クモマツマキチョウのポイントではtheclaさんotto-Nさんはじめ多くの方にお目にかかりました。
ご一緒させて頂いた皆さん、大変お世話になりました。お礼申し上げます。

  1. / trackback:0
  2. / comment:26
  3. [ edit ]

庭のヒメジャノメ、朝6時30分頃にスクランブル飛翔を見せてくれる事が多いので、今朝は庭に面した部屋でPCをいじりながら見ていると案の定クルクル回り始めました。
まだ庭は薄暗いので7Dに魚眼をつけてストロボ撮影です。


1305237DIMG_4300.jpg
ヒメジャノメ♂×♂


1305237DIMG_4303.jpg
同上


1305237DIMG_4282.jpg
同上


1305237DIMG_4319.jpg
同上


一方、庭の飼育ネットの中のヒメジャノメの蛹は羽化が近づいてきたようです。


1305227DIMG_4229.jpg
ヒメジャノメの蛹(5月22日撮影)



1305237DIMG_4382.jpg
同上(5月23日撮影)前翅表の蛇の目紋がはっきり透けて見えています。


1305236DIMG_0040.jpg 1305237DIMG_0028.jpg
クロアゲハ(左)やサトキマダラヒカゲ(右)もやってきました。

  1. / trackback:0
  2. / comment:10
  3. [ edit ]

今日は家で野暮用を消化しつつ数日前から庭を飛び回っているヒメジャノメを撮影しました。
楽勝で撮影できると思ったのですが意外に敏感でどうしても6D+100マクロでは近づく事ができません。
仕方なく300mmに付け替えてどうにか撮影できました。
おまけにヤブ蚊にたくさん刺されてしまいました。

1305196DIMG_0028.jpg
ヒメジャノメ♂


1305196DIMG_0035.jpg
同上。3頭はいたと思うのですが、これは上の写真と同一個体のようですね。


1305196DIMG_0039.jpg
愛猫の「クル」が見ていました。「お父さん何してるの〜?」


1305196DIMG_0036.jpg
「蝶の撮影?アホらし、寝よ〜」


1305196DIMG_0122.jpg
近所の家の庭先の花(タチアオイでしょうか?)にはアゲハが吸蜜にやってきていました。


13056DIMG_0102.jpg
同上


1305116DIMG_9420.jpg
ところでヒメジャノメと言えば、飼育していた幼虫が蛹になっています。
これは蛹になる前の前蛹。ネコ顔が可愛らしいです。この子は越冬に失敗したと思っていたのですが前蛹になる直前に家内が発見しました。(5月11日撮影)


1305136DIMG_9991.jpg
1日ちょっとで蛹になってしまいました。寄生されていなければあと数日で羽化するでしょう。うまく成虫になって上の写真のヒメジャノメ達の仲間入り?してくれると嬉しいのですが。



御近所の花壇を舞っていた幸せの青い蝶。遠目に見た時は正直どっきりしました。


1305196DIMG_0076.jpg
ひとたび何か気になる物が現れれば、クルだって精悍な猫の顔に戻るんですよ。






  1. / trackback:0
  2. / comment:16
  3. [ edit ]

先週末は天気が悪そうだったので家でじっとしている事に決めていたのですが、土曜日にmidoriさんからお電話があり、明日どうします?との事。
雨なのにどうするもないだろうと思ったのですが、電話から聞こえてきたのは小声でたたみかけるように話すmidoriさんの声「明日、天気良くなったんですよ・・・」
持つべき物は蝶友です。お迎えに来て頂ける事に。
midoriさんはギフチョウのイエローバンドを撮影されたいとの事でしたのでそれならと白馬を再訪する事となりました。




3時過ぎに横浜を出発。夜が明けると本当にいい天気になってきました。甲斐駒ケ岳と鋸岳が美しかったので八ヶ岳SAで止まって撮影しました。


1305126DIMG_9580.jpg
高瀬川を渡る大糸線の鉄橋の背景に爺ヶ岳。写真を撮っているとちょうど信濃大町行きの電車がやってきました。


1305126DIMG_9606.jpg
この時期の楽しみの一つ、水が入った水田に映る山の景色・・・。こんな調子で脱線ばかり。なかなか現地に着きません(笑)。


1305126DIMG_9685.jpg
現地に着いて暫くするとcactussさんもお見えになり、3人でぶらぶらしているとイエローバンドはすぐ見つかりました。その後もちょくちょく姿を見せてくれるようになりました。まずは一安心。


この日は飛翔を中心に撮影。以下4枚、全てイエローバンドの飛翔です(一応)。

1305127DIMG_3902.jpg


1305127DIMG_3931.jpg


1305127DIMG_3930.jpg


1305127DIMG_3929.jpg


1305126DIMG_9747.jpg
スミレで吸蜜する個体もいました。


1305126DIMG_9733.jpg
イエローバンドは翅裏も魅力的です(としか説明のしようがない写真です)。


1305126DIMG_9741.jpg
上に同じです。


1305126DIMG_9972.jpg
羽化直後らしきヒメギフチョウも見られました。


この日も多くの顔なじみの方々とお目にかかる事ができました。みなさん当日は大変お世話になりました。
また長時間運転して下さったmidoriさん、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。
  1. / trackback:0
  2. / comment:18
  3. [ edit ]

5月9日の記事の続き。このタイトルはこれで終わりです。
連休最終日の5月6日も家内とフランス山を散歩がてら蝶の撮影をしてきました。
蝶の撮影をしていると1日の違いでけっこう様子が変わるという事がありますがこの日もそうでした。
朝から風が強く空気が乾燥していたせいか、どこを歩いても前日ほど蝶の数は多くありません。
またモンキアゲハやカラスアゲハの翅の傷みも急に進行した感じがしました。前日気温が高かったのでかなり飛び回ったのでしょうね。
それでも前回の記事と同じフランス領事館跡の蝶道でいくらか飛翔撮影ができたので掲載しておきます。


港の見える丘公園から望むマリンタワーと大桟橋。桟橋にはアメリカ船籍の「サン・プリンセス」が停泊中でした。


1305066DIMG_8406.jpg
5月6日の記事2枚目の写真の少し右を写しました。


1305067DIMG_2903.jpg
丘の上にはあまり蝶が飛んでいなかったので、少し下ってまたフランス領事館跡へ。残された壁に張られたタイルはよく見かけるような気がします。昭和初期の流行だったのかもしれません。
右上の風車のような物は井戸水を汲み上げるための風車。資料から復元したレプリカです。


1305067DIMG_2907.jpg
唐突に階段が残されていたりします。


1305067DIMG_2937.jpg
この日も前日と同じような3種のアゲハ類の飛翔が撮影できました。でもモンキアゲハはそれと識別できかねるくらい傷んでいました。


1305067DIMG_3064.jpg
モンキアゲハに襲われた御婦人。


1305067DIMG_3318.jpg
これからカラスアゲハに乗って出掛けようとしている女性。


1305067DIMG_3435.jpg
カラスアゲハのスクランブル飛翔


1305067DIMG_3411.jpg
モンキアゲハ飛翔


1305067DIMG_3213.jpg
虫採り少年とガチンコ勝負です(笑)。この日は蝶の飛び方が素早かったので相当粘ったにもかかわらずとうとう1頭も捕まえらなかったようです。


1305066DIMG_8454.jpg
マリンタワーを背景に飛ぶカラスアゲハ。もう少し蝶が大きく入れば良かったのですが・・・


昼には丘を下り娘と待ち合わせて3人で元町の裏通りのカフェで昼食をとりました。
この辺りの蝶の数は以前よりずっと多い気がします。中華街や元町と組み合わせての気軽な撮影にはもってこいかもしれません。

  1. / trackback:0
  2. / comment:10
  3. [ edit ]

町田のSさんにお誘い頂き、8日の水曜日、急遽電車で白馬へ行く事になりました。
新幹線で長野駅に出てそこからレンタカーで白馬に行き、大町で乗り捨てるという作戦です。
これですと長野駅着が8時5分なので、白馬に9時15分頃着きます。良い手ですね。
列車や駅レン、全てSさんがお膳立てして下さり、私はカメラを持って駅まで歩いてゆくだけで後は自動的に白馬のLuehdorfia混生地に着いてしまうという画期的企画。
Sさん、本当にありがとうございました。

ところで長野駅でレンタカーの手続きをしていると隣の窓口に見慣れた顔が。なんと横浜のSaさん、Uさんのお二人ではありませんか。誰しも考える事は同じのようですね。行き先も同じだったので、レンタカー1台でよかったねと言って大笑いでした。

この日は気温が低く、蝶が不活発なので撮影には適していました。ただこういう日は羽化個体が少ないというデメリットもあります。
結果は予想通りで、ギフチョウについては多くの方がブログアップされているイエローバンド2個体のみを確認。
反して寒さに強いヒメギフの方は新鮮な羽化直個体を含めて数多くの観察機会に恵まれました。


1305086DIMG_8522.jpg
スミレで吸蜜するヒメギフチョウ


1305086DIMG_8599.jpg
カタクリで吸蜜するヒメギフチョウ


1305086DIMG_8719.jpg
ヒメギフチョウ交尾


1305086DIMG_8753.jpg
同上、裏側から


1305086DIMG_9033.jpg
羽化後間もないと思われるヒメギフチョウ


1305086DIMG_8977.jpg
ギフチョウ、イエローバンドだ !


1305087DIMG_3637.jpg
同上、広角で


R0037902.jpg
昼食に出掛けた時撮影した五竜岳方面の山並み。


R0037903.jpg
お昼を食べた食堂でサービスしてくれた「こごみ」の天婦羅。美味しかったです。


1305087DIMG_3843.jpg
ヒメギフチョウも広角で撮ってみましたが背景があまり面白くありませんでした。


R0037914.jpg
ウスバサイシンの葉裏に産みつけられたヒメギフチョウの卵。

何はともあれ久しぶりにイエローバンドとも対面でき最高の1日となりました。
また「安曇野の蝶と自然」のkmkurobeさんが監視員として見回りに来られ、久しぶりにご挨拶できたのも収穫でした。

この日は多くの方々と一緒に撮影させて頂きました。拙ブログによくコメントを下さっている「蝶・旅の友」の22wn3288さんにも初めてお目にかかる事ができました。
御一緒させて頂いた皆様、大変お世話になりました。またよろしくお願い致します。

  1. / trackback:0
  2. / comment:24
  3. [ edit ]

5月6日の記事の続きです。
5月5日こどもの日。家内を伴って再びフランス山に散歩に出かけました。
この日はあまり歩き回らず、領事館跡の広場の蝶道で待ち伏せ。手首も治ってきたのでアゲハ類の飛翔撮影をしてみました。


下から息を切らして上ってきた人たちを2頭のアゲハがお出迎えです。


1305056DIMG_8258.jpg
この場所でも一番数が多いのはアオスジアゲハです。2〜3頭の追いかけっこが何度も見られました。


1305056DIMG_8334.jpg
カラスアゲハ。表を撮るのに苦労しました。


1305057DIMG_1897.jpg
モンキアゲハ。横→縦のトリミングです。


1305057DIMG_2438.jpg
再びアオスジアゲハのスクランブル


1305057DIMG_2443.jpg
同上


1305057DIMG_2447.jpg
同上


1305057DIMG_2608.jpg
モンキアゲハ、アゲハ、アオスジアゲハの三つ巴。


1305057D_1IMG_2608.jpg
3種のアゲハが1枚に写るのは珍しいので、上の写真を少しトリミングしてみました。

この日は本当にアゲハ類がよく飛んでくれ、初夏を満喫する事ができました。他にもクロアゲハやナガサキアゲハが見られましたが満足な撮影はできませんでした。
  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

車がなくなってしまったので連休後半の第1日は家でゆっくりしていましたがどうもいけません。
翌日は散歩にでも出ようと思い電車で元町中華街まで行ってフランス山(港の見える丘公園)を歩いてきました。
驚いた事にけっこう色々な蝶を見る事ができました。
写真撮影できたのは数種類だけでしたが、目撃した蝶を列記すると
アゲハ、クロアゲハ、カラスアゲハ、ナガサキアゲハ、モンキアゲハ、アオスジアゲハ、スジグロシロチョウ、コミスジ、ゴマダラチョウ、アカボシゴマダラ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミ等です。
個体数もけっこう多く、連休で賑わう公園の花壇や林の中の開けた空間を飛び回っていました。
ただの散歩のつもりが蝶撮影モードにスイッチしてしまいました。



港の見える丘公園にて


1305047DIMG_1552.jpg
イギリス館裏手。ラベンダー咲くお気に入りのビュースポット。


1305046DIMG_8059.jpg
港の見える丘公園から見るとベイブリッジとつばさ橋が重なって見えます。


1305047DIMG_1489.jpg
イギリス館の裏手に大きなトベラの樹が1本あって、その梢をアオスジアゲハが盛んに飛び回っています。よく見ると白い花が咲いていてそこで吸蜜していました。


1305046DIMG_7976.jpg
バラ園の周囲にはシャリンバイがそこここに植えられていて、アオスジアゲハが吸蜜にやってきます。お父さんがなんとか写真に収めようと奮闘中。でもうまく行かなかったのか、そのうち女の子がお父さんからカメラを奪って撮影にいそしんでいました。


1305046DIMG_8014.jpg
シャリンバイで吸蜜するアオスジアゲハ


1305047DIMG_1601.jpg
同上


1305047DIMG_1637.jpg
同上


1305046DIMG_8042.jpg
ツマキチョウの♂がまだ飛んでいました。


1305047DIMG_1768.jpg
公園の一角に花壇の奥にベイブリッジが見える場所がありました。なんとかベイブリッジを背景に入れて蝶の写真が撮れないかなあと思って、地面に座り込んで撮影。これはアゲハ。深度が足りずベイブリッジは霞んでいます。


1305047DIMG_1781.jpg
飛翔中のアオスジアゲハ


1305047DIMG_1793.jpg
シャリンバイの花を訪れたアオスジアゲハ。持っている機材の制約と人通りの多さからこれくらいに撮るのが精一杯でした。


1305047DIMG_1803.jpg
1時半頃港の見える丘公園を後にして、景色を楽しみながらフランス山を下りました。これは下る途中にあるフランス領事館(2代目の建物で昭和5年竣工、後に焼失)の遺構です。



1305047DIMG_1814.jpg
樹の間に見え隠れするマリンタワー。


1305046DIMG_8061.jpg
おまけ。帰りに家内と待ち合わせて食事をし、最寄り駅まで戻って入った駅前のパン屋さんにて。
きれいに撮れたので貼っておきます。



アゲハ類の多さにほだされて、なんと翌日と翌々日も同じ散歩コースを歩いてしまいました。





  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

連休前半の最終日、町田のSさんと長野県最北部にヒメギフチョウを見に行ってみました。
このところの寒の戻りで蝶の発生も足踏みしたのでしょうか。個体数はあまり多くありません。
それでもカタクリの花を訪れたり、地面で日向ぼっこするヒメギフチョウと数時間遊ぶ事ができました。
昨年はヒメギフチョウを見ていないので久しぶりの嬉しい出会いでした。



カタクリで吸蜜するヒメギフチョウ♂(EOS7D 300mmF4 L IS)


1304297DIMG_1312.jpg
(同上)


1304297DIMG_1339.jpg
(同上)


1304297DIMG_1425.jpg
(同上)


1304297DIMG_1363.jpg
地面で休むヒメギフチョウ♂。以上5枚は同一個体です。(同上)


1304297DIMG_1384.jpg
白っぽい別個体。農家の庭先の園芸植物(ヒマラヤユキノシタ?)で吸蜜していました。(同上)


1304297DIMG_1444.jpg
これも別個体。左前翅のつまが少し羽化不全気味で、後翅にも小さな穴が開いていました。羽を伸ばした空間が狭かったのかもしれません。(同上)


1304297DIMG_1464.jpg
上と同じ個体のカタクリ吸蜜です。(同上)


1304297DIMG_1469.jpg
最後に最初の5枚の画像の個体が地面に降りて見送ってくれました。


この後ヒメギフチョウのポイントを何カ所か回りましたが見当たらないので午後から白馬方面に移動。
ところが途中で居眠り運転をして事故を起こしてしまいました。
他車1台を巻き込むけっこう大きな事故でした。
幸い相手の方も私たちも怪我はありませんでしたが車は2台とも自走できなくなってしまいました。
巻き込んでしまった相手のドライバーの方、車のオーナー、同乗のSさん、また後始末を手伝って下さった近隣の方々等々、多くの方に多大な御迷惑をおかけしてしまいました。深くお詫び申し上げます。

R0037866_1.jpg

事故車をレッカーに託し、私たちは南小谷駅から電車で帰ってきました。当分の間、車なしの生活です。
連休中は渋滞も多く遠征が続くと疲れもたまりがちです。皆さん、運転にはくれぐれもお気をつけ下さい。少しでも眠たくなったら、とにかく早めの休憩です。 
  1. / trackback:0
  2. / comment:24
  3. [ edit ]

今年もアオバセセリを見に行ってきました。
前日多くの方がブログアップされていたので発生しているのは確かだったのですが、それでも実際に目にするまでは不安もあります。
でも心配はいりませんでした。現地につくとすでにmidoriさんが盛んにぱしゃぱしゃやっておいででした。
午前中に3個体を確認。
あまり工夫して撮らなかったので同じような写真ばかりになってしまいました(いつもの事ですが)。



朝のうちはかなり暗いのでけっこうISOを上げて撮影しますがこの写真はISO400。I00マクロの開放で撮っていました。
(EOS7D I00mm F2.8LマクロIS)



1304286DIMG_0984.jpg
途中からLEDライトを点灯。翅が少しギラついて黄色っぽく写るようです。(EOS6D 100mm F2.8LマクロIS+LEDライト)


1304286DIMG_1067.jpg
(同上)


1304286DIMG_1270.jpg
(同上)これは上3枚とは別個体。超新鮮です。


1304287DIMG_1132.jpg
ここにはアオスジアゲハもよく吸蜜にやってきます。(EOS7D 300mm F4L IS)


13042820DIMG_9512.jpg
(EOS20D SIGMA15mm F2.8フィッシュアイ)


130428KISSIMG_8487.jpg
家内の撮影した画像を見てみるとギラつきがなくしっとりした色が出ていました。
(EOS Kiss DigitalX 100mm F2.8マクロ)


13042820DIMG_9609.jpg
(EOS20D SIGMA15mm F2.8フィッシュアイ)


13042820DIMG_9629.jpg
(同上)
  1. / trackback:0
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2013 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -