主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

アメリカの女性シンガー、イーディ・ゴーメさんが今月の10日に死去されていました。
数々のヒットを残されていますが、私にとって心に刻まれているのはなんと言っても「THE GIFT」ですね。
ボサノバの曲に英語の歌詞をつけたもの。
ジャズのスタンダードナンバーにもなっていて、むしろそちらの方が馴染み深かったのですが、改めて彼女の歌を聴いてみると本当に素晴らしいです。
ジャズのナンバーは誰の演奏だったか忘れてしまいましたが20年近く前に日本のCMでもミラノのデザイナーの映像と共に使われていました。当時そのデザイナー(NOTOという家具デザインの集団)のオフィスに仕事で行った事があったので、この曲は私にとってはとりわけ思い出深いメロディーとなっています。
ゴーメさんの素敵な歌声、先週末に山下公園で撮影したイチモンジセセリ等の写真を合わせて載せておきます。



スポンサーサイト
  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

8月11日、新宿で行われたフラッシュモブに娘が出演していたので公式 youtube動画を貼っておきます。
指揮者の柳澤寿男さんは旧ユーゴスラビア圏で活躍されている方で、対立する国々のオーケストラの常任指揮も務められ、音楽が少しでも相互理解のための架け橋になればという思いで活動されておいでです。













  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

お盆休みもいよいよ最終日という事で先日の日曜日midoriさんと富士山麓に撮影に行ってきました。昨年ここで見る事ができなかったゴマシジミの発生状況をこの目で確認してみたくなり、帰りの渋滞覚悟で行ってみる事にしました。


1308186DIMG_5393.jpg
最初のポイントではかなり探しましたがゴマシジミは現れませんでした。代わりに現れたヒメウラナミジャノメ。きれいでした。


1308187DIMG_4991.jpg
2番目のポイントでもゴマシジミは現れず。キマダラモドキやヒメシロチョウがいました。これはヒメシロチョウ。第3化でしょうか、それともふわふわゆったり飛ぶせいでしょうか、きれいな個体でした。


1308187DIMG_4995.jpg
3カ所目でようやくゴマシジミに会えました。ハギの花で吸蜜していました。他にも数頭が活発に飛び回っています。


1308187DIMG_5023.jpg
草原の中の小さな木立にはよくキマダラモドキが潜んでいます。メスのようです。


1308186DIMG_5445.jpg
ゴマシジミの交尾を見つけました。このペアは何度か飛んで場所を移動したので色々な写真が撮れました。


1308187DIMG_5117.jpg
同上


1308187DIMG_5170.jpg
同上。交尾は終盤だったようで別れようとするもののひっかかっているのかなかなか交尾がほどけません。それでよけいにあちこち場所を移動したのかもしれません。


1308187DIMG_5184.jpg
交尾後の推定♂。腹端を広げたり閉じたりしていました。やはり素直に交尾がほどけなかった影響があったのかもしれません。


1308187DIMG_5203.jpg
交尾を終えた推定♀。元気に飛び回っていました。


1308187DIMG_5040.jpg
この傷んだ個体はワレモコウの若い花芽に盛んに産卵を繰り返していました。複眼の下に赤いダニのようなものが付着していて、それが赤い涙のように見えてしまいます。
血の涙を流しながら必死に産卵を続けているように思えてけなげでした。
もちろん蝶が涙を流すはずもありませんが、苦労して命をつないでいるのは人間も蝶も同じ事です。この場所では周囲の採集者の足音を気にしながらの撮影でしたが、できればあまり採りすぎないで頂けるようお願いしたいものです。


1308186DIMG_5560.jpg
ここでdaronさんと合流。ヤマキチョウを探しに行きましたが姿は見かけるもののなかなか撮影できません。写真は移動先でdaronさんが見つけたキマダラモドキ。これもメスのようですね。とても新鮮な個体でした。


1308186DIMG_5565.jpg
最後に射程距離内に来てくれたヤマキチョウのオス。


1308186D_1IMG_5565.jpg
拡大してみると、オスなのにセクシーな流し目?
早めに撤収したので帰りは渋滞らしい渋滞はなし。思い切って出掛けて良かったです。旅行に出ている家族からメールが届いて思い出したのですがこの日は自分の誕生日でした。


midoriさんdaronさん当日は色々お世話になりました。ありがとうございました。
daronさんお怪我は大丈夫ですか?
またご一緒しましょう。

  1. / trackback:0
  2. / comment:18
  3. [ edit ]

残暑お見舞い申し上げます。皆様へのコメント滞っており大変申し訳ありません。夏バテです。


一昨日、お向いのYさん、midoriさん、町田のSさんと共に長野県に撮影に出掛けました。


今年の夏は不安定な天気が続いています。横浜では盛んに雷の音がするのに雨が降らないという事が多かったですが、この日もそんな事がありました。ゴマシジミ撮影中に背後に現れた不気味な入道雲。でも結局雨は降りませんでした。


1308156DIMG_5127.jpg
ヤマキチョウ♀。朝のうちはあまり飛び回るつもりがないらしく、飛び立ってもすぐに近くの葉の下に身を潜めてしまいます。


1308156DIMG_5159.jpg
移動先でもヤマキチョウが目につきました。村落の花壇で吸蜜するオス。色々な花を訪れます。


1308156DIMG_5172.jpg
同上


1308156DIMG_5175.jpg
同上


1308156DIMG_5180.jpg
スジボソヤマキチョウ♂。久しぶりに撮影しました。


1308156DIMG_5184.jpg
同上


1308156DIMG_5218.jpg
同上


1308156DIMG_5222.jpg
同上。久しぶりだったので4枚も載せてしまいました。


1308156DIMG_5206.jpg
メスグロヒョウモン♀。


1308156DIMG_5209.jpg
マツムシソウで吸蜜してくれました。


1308156DIMG_5237.jpg
転戦先にて。ゴマシジミ産卵。


1308156DIMG_5323.jpg
食草で吸蜜するゴマシジミ。


1308156DIMG_5325.jpg
モンキチョウ求愛飛翔。


1308156DIMG_5359.jpg
ゴマシジミ静止。


1308156DIMG_5376.jpg
同上。ちょっとピントが甘かった・・・


1308157DIMG_4930.jpg
活発に飛翔するゴマシジミ。かなり青の発達した個体でした。こんな個体の開翅、じっくり撮影してみたいものです。

この日はとても暑くて撮影も体力勝負といった感が。皆さんさぞお疲れになった事と思います。
でも色々な蝶に出合えて楽しかったですね。またよろしくお願い致します。
そういえば帰り道、諏訪湖でまた花火に遭遇。雷雨の中での決行でした。そんな訳で中央道は諏訪湖SA手前でいくらか渋滞しましたが、意外な事にそれ以外は渋滞ゼロ。大渋滞を覚悟していただけにちょっと拍子抜けでしたが良かったです。





  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

この地域を訪れるのは今年3度目になります。今回は昨年会えなかったベニヒカゲに会うのが主な目的でした。
現地では偶然 banyanさんkontyさん、そして4年ぶりにお目にかかる諏訪のHさんと合流できました。Hさんとは2009年のクモツキ以来でしたのでお互いに懐かしく再会を喜び合う事ができました。


1308107DIMG_4206.jpg
最初に家内とウスイロオナガシジミのポイントに行ってみましたが長竿を忘れてしまったのでビーティングできず姿を見る事ができません。それでアイノミドリシジミのポイントに行ってみるとまだオスがテリ張りをしていました。そこでしばらく様子を見ているとbanyanさんがやって来られました。後続車が1台。konty さんとHさんでした。Hさんが御一緒とは知らなかったので嬉しかったです。5人で見ているとアイノミドリシジミは盛んにテリ張り行動を繰り返し、たまに下草にも降りましたがさすがに擦れ個体が多く、また例によって良い角度で止まってくれません。
なんとか近くに降りてくれた個体を撮影したのが上の写真です。


1308107DIMG_4270.jpg
次に朝家内と行ったウスイロオナガシジミのポイントに再度行ってみました。今度は長竿とkontyさんの技が味方になってくれたのですぐにウスイロオナガシジミが飛び出してくれました。8月に入ってもけっこう見られるものなのですね。ここには浅間の煙さんもおいでになっておられ、今回は名刺交換させて頂く事ができました。浅間の煙さんはミヤマシロチョウやヤマキチョウの保護で積極的な活動をされておいでです。
このポイントではbanyanさんがアイノミドリシジミ♀のAB型を撮影されました。私は見る事ができず残念でしたが、banyanさんがもうせんからアイノ♀の撮影がしたいとおっしゃられていたので撮影できて本当に良かったです。画像はこちらの記事をご覧下さい。


1308107DIMG_4289.jpg
キベリタテハのポイントに向かう途中、ちらほらとベニヒカゲも現れましたが数は多くありません。ベニヒカゲは後で場所を移動して撮影しようという事になりました。


1308106DIMG_4832.jpg
キベリタテハは例年並みの発生という所でしょうか。手乗りのサービスもしてくれました。


1308107DIMG_4393.jpg
むき出しの崖でミネラル補給をするキベリタテハ。


1308107DIMG_4331.jpg
エルタテハもよく見かけます。


1308107DIMG_4454.jpg
banyanさんのご案内で別の場所に移動し、ベニヒカゲを思う存分楽しみました。これはフウロで吸蜜するオス。オスの最盛期を迎えているようで個体数はとても多かったです。色々な花で吸蜜してくれ、中にはタンポポで吸蜜する個体もいました。


1308106DIMG_4943.jpg
オスが多いとメスを探し求めるのが人情。みんなでメス探しをして2頭のメスを見つける事ができました。やはり翅裏の白帯が太くてきれいです。


1308106DIMG_4908.jpg
メスの開翅。とても美しい個体でした。


1308106DIMG_4910.jpg
上と同じ個体です。ヤナギランがお気に入りのようで盛んに吸蜜に訪れます。


1308107DIMG_4508.jpg
同上


1308107DIMG_4601.jpg
同上


1308107DIMG_4687.jpg
banyanさんがヒヨドリバナの群落があると教えて下さったので行ってみると、そこは蝶の楽園のようでした。群れ飛ぶアサギマダラ、コヒョウモン、クジャクチョウ・・・。kontyさんのブログタイトル「蝶超天国」とはこの事かというような夢のような場所でした。この写真はクジャクチョウ。奥にアサギマダラが2頭写っています。


130810KIIMG_9943.jpg
同じくクジャクチョウ(家内撮影)。


1308107DIMG_4693.jpg
オオチャバネセセリもたくさんいました。近似種のイチモンジセセリとは翅の地色がけっこう違うんですね。


130810KIIMG_9985.jpg
これもオオチャバネセセリ(家内撮影)。ガッツリ撮るのが好きなようですね。


1308106DIMG_5053.jpg
さて、この後ムモンアカシジミのポイントに移動しました。雑木の疎林で多くの個体を確認。


1308107DIMG_4716.jpg
とりわけ嬉しかったのはこの日ようやく脚に綿毛の残った羽化直後の個体に出合えた事です。羽化してアリの巣から脱出してくる時に、この綿毛を振りほどきながら走ってくる事でアリの攻撃をかわすと言われていますが・・・


1308106DIMG_5060.jpg
交尾も観察できました。


1308107DIMG_4751.jpg
これは推定2頭ともオス。両方が腹端を曲げて交尾を迫る仕草をし、おしくらまんじゅうをするような格好で葉の上でクルクル回っていました。


1308107DIMG_4789.jpg
けっこう長い時間回っていましたが、やがてどちらからともなく離れて飛び去って行きました。勘違いという事はけっこうあるのですね。


この後同行の皆さんはさらに別のポイントに向かわれましたが私達はここで失礼して帰途につきました。
前回と比べると+ベニヒカゲ−ミヤマモンキチョウというような結果でしたが、今回も色々な出会いに恵まれて本当に楽しい撮影行となりました。
ご一緒下さった皆さん、本当にお世話になりました。楽しかったです。またよろしくお願いいたします。






  1. / trackback:0
  2. / comment:20
  3. [ edit ]

以前の記事で大桟橋に近いレストラン「アクアオリビン」をご紹介しましたが、家内の誕生日だったので久しぶりにランチに行ってみました。


このアプローチにはいつ行っても心癒されます。


130804GX_2.jpg
お魚料理がとても美味しかったです。腕を上げたかな?


1308047DIMG_4075.jpg
昼食後山下公園をぶらっとしてみました。あわよくば海バック、船バックの蝶の写真を撮ろうと思ったのですがそう上手くは行きません。それでも花壇のブルーサルビアにアゲハがやってきました。
飛び立ったこのアゲハの飛翔を撮影していたら偶然氷川丸バックの写真が撮れていましたが肝心の蝶に全くピントが来ていませんでした。今回は失敗に終わりましたが氷川丸バックくらいなら撮影できる可能性がありそうです。
もし首尾よくそんな写真が撮れたら「揚羽舞う港の公園」ですかね。


1308047DIMG_4095.jpg
氷川丸


1308047DIMG_4124.jpg
ボロボロのモンシロチョウが地面で翅を休めていました。


1308047DIMG_4675.jpg
山下公園は大道芸が盛ん。これは3メートルもの高さの一輪車に乗りながらのジャグリングです。火のついた松明と刃物とリンゴを上手にジャグリング。しかもその最中に時々リンゴを齧るという離れ業でした。決まり文句の「お金は紙でできていま〜す」も聞く事ができました(笑)。

  1. グルメ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

8月3日は前日の疲れもあったのですが天気も良さそうだったので夜中に出発。
midoriさんにピックアップして頂きAkakokkoさんと3人で東信の高原を再訪しました。
キベリ、そろそろ出てるかな、ベニはまだかな、そんな微妙なタイミング。思った通りベニヒカゲはまだ発生していませんでしたが、予想していた蝶、予想していなかった蝶、色々見ながらの楽しい小旅行となりました。
midoriさんやAkakokkoさんのブログとほとんど重複した内容となってしまいますが一応アップしておこうと思います。


朝一番に撮影したエルタテハ。今年は数が多いようです。

1308036DIMG_4295.jpg
少し移動するとキベリタテハがいました。ヒカゲ類と一緒にミズナラの樹液を吸っていましたがやがて飛び立ってミズナラの葉上に静止。


1308036DIMG_4242_1.jpg
半開翅。


1308036DIMG_4321.jpg
そして開翅。地面や人工物に止まる事の多いキベリタテハなのでこんなシチュエーションでも嬉しかったです。


1308037DIMG_2580.jpg
アカタテハがシラカバの幹に止まっていました。


1308037DIMG_2611.jpg
縦やら横やら背景をかえたり色々撮っていたらどれがいいのかわからなくなってしまいました。


1308037DIMG_2623.jpg
付近をビーティングしていたAkakokkoさんが草原でゼフが開翅しているというので行ってみるとなんとウスイロオナガシジミでした。久しぶりの撮影。しかも全開翅。これは嬉しい出会いでした。


1308037DIMG_2738.jpg
しばらくすると飛び上がってミズナラの樹に移動。でも結構低い所に止まってくれたので翅裏も撮影できました。


1308037DIMG_2718.jpg
同上


1308037DIMG_3188.jpg
アイノミドリシジミもいました。前回より数は増えており、テリ張りとスクランブルを繰り返していました。


1308037DIMG_2954.jpg
今回は飛翔は満足な写真が撮れませんでした。Akakokkoさんの記事に素晴らしい飛翔写真がありますので是非ご覧下さい。


1308037DIMG_3305.jpg
midoriさんが見つけて下さったアイノミドリシジミのメス。立ち去る直前に開翅。青鱗も認められ、一応AB型判定でした。


1308036DIMG_4395.jpg
移動中に見つけたゴイシシジミ。この蝶も久しぶりに撮影した気がします。


1308037DIMG_3416.jpg
草原でコヒョウモンモドキ。


1308037DIMG_3461.jpg
裏も。


1308037DIMG_3284.jpg
アサギマダラは至る所に飛んでいます。ヒヨドリバナ(ヨツバヒヨドリ)が新鮮なこの時期は写真も清々しく撮れて嬉しいですね。


1308037DIMG_3501.jpg
風に乗ってミヤマシロチョウも飛んできましたがとうとう1度も止まらず通過してしまいました。


1308037DIMG_3514.jpg
湿原に移動してコヒョウモン。


1308037DIMG_3543.jpg
同上。


1308037DIMG_3568.jpg
カオジロトンボもいました。


1308037DIMG_3585.jpg
湿原は霧で覆われていましたが薄日が射すとミヤマモンキチョウのメスが飛びだします。


1308037DIMG_3718.jpg
蜜を吸い・・・


1308037DIMG_3635.jpg
盛んに産卵していました。


1308037DIMG_4060.jpg
下界に下りてオオムラサキ。大部分の個体は相当傷んでいましたが、これくらいの個体も混じっていました。


1308037DIMG_3755.jpg
ムモンアカシジミ開翅


1308037DIMG_3806.jpg
1頭のメスに言い寄る3頭のオス。下の1頭も求愛していましたがははじき出されてしまったようです。


1308036DIMG_4513.jpg
きれいな蝶ですね。


R0038418.jpg
木陰で交尾。6カップルくらいいたでしょうか。


ご同行の皆さんのおかげで色々撮影でき、忙しくも楽しい1日となりました。
midoriさんAkakokkoさん、色々とお世話になりました。お礼申し上げます。
次回も楽しみですね。



  1. / trackback:0
  2. / comment:18
  3. [ edit ]

先週の金曜日、家内が馬に乗りたいというので珍しく会社を休んで信州の牧場に行ってきました。
家内が馬に乗っている間もこちらはせっせと蝶撮影。
セセリチョウ数種類を見つけました。

1308026DIMG_4048.jpg
早朝、ユウスゲの花に擦れたセセリチョウが止まっていました。特徴が薄れていますがホシチャバネセセリのようです。


1308027DIMG_2095.jpg
マツムシソウとヘリグロチャバネセセリ


1308027DIMG_2106.jpg
同じくマツムシソウとアカセセリ


1308027DIMG_2113.jpg
乗馬を終えた家内と合流し別の草原へ移動しましたがいるのはジャノメチョウばかり。


1308027DIMG_2165.jpg
正午過ぎにヤマキチョウが飛び始めました。このメスはナデシコでよく吸蜜してくれました。でもあまりに夢中で蜜を吸っていてなかなか顔を出してくれません。


1308026DIMG_4174.jpg
顔を上げる瞬間を待ち構えて撮影します。「プハ〜ッ」と言っているように見えました(レディーに失礼かな?)。


1308026DIMG_4131.jpg
同上。広角レンズを車に置いてきてしまったので飛翔を取り損ねてしまいました。望遠でも表を押さえておけばよかったと後悔しました。


1308026DIMG_4163.jpg
背後に涌き上がった入道雲を入れて。


1308027DIMG_2282.jpg
こちらはオス。撮影チャンスは1度きりでした。こうして見るとメスとあまり違わないような・・・


1308027DIMG_2314.jpg
なので一応望遠飛翔で表の証拠写真です。


この後家内のリクエストもあってこの夏2度目の奈良井宿へ。


1308026DIMG_4210.jpg  1308026DIMG_4219.jpg
  
1308026DIMG_4213.jpg




  1. / trackback:0
  2. / comment:24
  3. [ edit ]

前回の同タイトルの記事の2枚目の写真で「山手聖公会」の礼拝堂をノルマン様式の建物としてご紹介しましたが、もう少し全体が写っていないとわかりにくいと思われますので1枚掲載しておきます。この写真で御納得頂けるのではないかと思います。

山手聖公会礼拝堂


さて、7月27日の土曜日、またまた山手に蝶探しに。この日は9時くらいに到着して前回と同じ元町公園上を散歩してみましたが、前回にも増して蝶の姿が少ないようです。


1307276DIMG_3969.jpg
山手聖公会の前を行く御婦人。この通りには日傘がよく似合います。


1307277DMG_1104.jpg
横浜雙葉中高等学校の正門の向かいにウラギンシジミがいました。
歩道の縁石でペロペロしていたので魚眼で撮影。
なんだか白昼夢のような不思議な感じの写真が撮れました。


1307277DIMG_0890.jpg
タクシーが通りましたが飛び立ちません。


1307277DIMG_1235.jpg
9時半の開門を待ってベーリックホールの庭に入ってみるとアカボシゴマダラがいました。
少し飛び回ってからバラに止まりました。
後ろの水場のライオンの顔をうまく入れて撮ろうと思いましたが飛んでしまいました。


1307277DIMG_1249.jpg
スペイン風建築のベーリックホールを背景に飛ぶアカボシゴマダラ。わけが分かりません。


1307277D_1IMG_1247.jpg
同上


1307277DIMG_1255.jpg
建物を離れて庭の方へ飛んでいきます。


1307277D_1IMG_1255.jpg
上の写真のトリミング。こっちの方がアカボシ君にはお似合いかな?


1307277DIMG_1262.jpg
タイトルが「揚羽舞う・・・」なのでアゲハも1枚貼っておきましょう。


  1. / trackback:0
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2013 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31