主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

 この数ヶ月仕事と野暮用に追われて蝶の撮影はご無沙汰でしたが、ダンダラさんからお声がけ頂き、お向かいのYさんもお誘いして3人でムシャクロツバメシジミの撮影に行ってきました。現地では前回もお世話になったkazenohaneさんにもお目にかかり、楽しい1日を過ごす事ができました。
 ムシャクロツバメシジミのムシャは武者ではなくてムシャミドリシジミと同じ台湾の地名に由来します。でも、近年日本で発生するようになったムシャクロツバメシジミは台湾からのお客様ではなく中国からお見えになった方々の子孫だと現地で聞きました。
 在来種のクロツバメシジミとの交雑が懸念される事から駆除が試みられましたが、今の所捗々しい成果は出ていないようです。駆除や連日押し寄せるネットマン達の採集圧にも関わらず発生を続けていました。
 私にはこの蝶が駆除されるべきなのかどうかわかりませんが、撮影した印象はとても奇麗で可愛らしい蝶でした。

1410257DIMG_2695.jpg
最初にダンダラさんが見つけて下さったこの個体は開翅をサービスしてくれました。


1410257DIMG_2705.jpg
クロツバメシジミより若干大振りで裏面の地色はけっこう白っぽく、黒紋が大きく力強いです。


1410257DIMG_2827.jpg
センダングサ(コセンダングサ?)で吸蜜する別個体


1410257DIMG_2844.jpg
これまた別個体。新鮮で活発な個体でした。


1410256DIMG_8831.jpg
食草のマンネングサにとまって休憩中。こうしてアップで見るとクロツバメシジミとかなり雰囲気が異なるのがわかります。
参考までに下に昨年撮影した在来種のクロツバメシジミの画像を貼っておきます。


1309146DIMG_6006.jpg
ニラの花で吸蜜するクロツバメシジミ(2013年9月14日撮影)


1410257DIMG_3137.jpg
最後に産卵行動も観察できました。


1410256DIMG_8848.jpg
写りが悪いですがダンダラさんが見つけた卵です。けっこう強い編み目模様が入っているようですね。

久しぶりに楽しい撮影行ができて良い気晴らしになりました。お誘い頂いたダンダラさん、同行のYさん、現地でお世話下さったkazenohane さん、本当にありがとうございました。またお目にかかりましょう。

スポンサーサイト
  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2014 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -