主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

 先日東急Bunnkamura で開催されている 『バンクス花譜集』展 を見てきました。博物画には以前から興味があったので見逃せない展覧会でしたが、期待通り、と言うか期待以上に見応えのある展覧会でした。
 キャプテン・クックのエンデバー号の航海に同行した博物学者ジョゼフ・バンクスは、帰国後莫大な資金と労力を投じて植物図譜の出版を目指します。しかしながら航海を共にした植物学者のダニエル・ソランダーの死や資金不足もあり、とうとう生きているうちに出版にこぎ着ける事はできませんでした。そして航海から200年余を経た1980年代になって、彼の遺した銅版をもとにようやく100部限定で出版されたのが『バンクス花譜集』です。
 734点の花譜集の中から選りすぐりの120点を展示したというだけあって、会場に並べられた作品はどれもとても素晴らしいもので、当時のエッチング技術の高さには舌を巻きます。格調高く美しく精緻な作品の数々には本当に圧倒されました。
 さて、この花譜集の原画を主に描いたのが画家のシドニー・パーキンソンでした。パーキンソンはエンデバー号の狭い船室で、航海の途上で集められてきた標本に埋もれながらスケッチを続けたといいます。そして航海の途上、ケープタウンに着く前に赤痢で命を落とします。26歳(推定)の若さでした。
 パーキンソンの事は全く知らずにこの展覧会を見に行ったので、それを知った時にはちょっとショックでした。残された肖像画を見るといかにもひ弱そうに見え(実際にどうだったかはわかりませんが)、そこがまた気の毒に思えてしまいます。
 バンクスはパーキンソンの遺族に多額の報酬を支払ったといいますが、やはり彼の功績を大きく評価していたのでしょう。
 エンデバー号の航海は帰還までのおよそ3年間の間に、90名の乗組員のおよそ3分の1が亡くなった過酷な航海だったそうですが、未知の探求にかけた人々の並々ならぬ闘志を感じる印象深い展覧会でした。

 ところで『バンクス花譜集』のエッチングはもちろん大変素晴らしいのですが、パーキンソンの残した植物画が、これまた大変素晴らしいものなのです。手持ちの書籍やウィキにパーキンソンの描いた絵の画像がありましたので載せておく事にします。
 
 
1502196DIMG_0021.jpg           Sydney ParkinsonIMG_0026
   展覧会の図録。とても可愛らしい装丁です。                 シドニー・パーキンソンの肖像画




Banksia_serrata_watercolour_from_Banks_Florilegium.jpg 1502246DIMG_0071.jpg
   パーキンソンの描いたバンクシア・セルラータ        『バンクス花譜集』のバンクシア・セルラータ    
                エッチングに起こす時に左右反転しているのが面白いですね。





800px-Banksia_dentata_watercolour_from_Banks_Florilegium.jpg
パーキンソンの描いた バンクシア・デンタータ


1502156DIMG_0030.jpg
Martyn Rix の『Golden Age of BOTANICAL ART』の中にあったパーキンソンの作品。見事な筆致です。

以上画家パーキンソンに焦点を当てて書きましたが、『バンクス花譜集』展はBunkamura ザ・ミュージアムで3月1日までの開催です。







スポンサーサイト
  1. 絵画
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

 今月初旬のある朝、ウラキンシジミの夢を見ました。
 蝶の夢はよく見ますし親しい撮影仲間もよく登場しますが、この時は私一人。そしてその夢はとても不思議な夢でした。

 夕暮れ時が近いのかあたりは少し薄暗く、私はカメラを持ってどこの街にもあるような小さな公園の一角に立っています。傍らに樫のような常緑樹が生えていて、その樹上をちらちらと舞っている蝶がいます。蝶は次第に高度を下げてきて、やがて目線より少し上の葉の上にとまりました。どうやらウラキンシジミのようです。
 私は大好きな蝶の突然の登場に興奮してなんとか蝶の姿をうまくカメラに収めようと思って背伸びしてみますがどうも上手くいきません。やがて再び飛び立った蝶は今度は地面近くに降りてくると、公園の隅の花壇に咲いているミヤマカタバミのような白い花にとまりました。こんな良い撮影チャンスは滅多にあるものではありません。慌てて近づいて行きましたが無情にも蝶はまた舞い上がってしまいました。
 そして花壇の外周に設えられた30〜40センチの高さの鉄パイプの柵の上を超えて公園の外へ飛んで行きました。当然私も鉄柵を飛び越えて後を追って行きます。
 鉄柵にほど近いところに何故か墓石か記念碑のような苔むした石板が立っていて、蝶はその石板の上にすっととまったように見えました。
 私は蝶がとまった場所から目をそらさないように気をつけながら近づいて行きました。そしてそこで不思議なものを見たのです。
 蝶がとまったはずのその場所にはウラキンシジミの姿はありませんでした。いや、正しくはあったと言うべきなのでしょう。ただしそこで私が目にしたのは成虫のウラキンシジミではなく蛹でした。
 今の今まで飛んでいた蝶がとまった途端に蛹に逆戻りしてしまうなんて事があり得るのでしょうか・・・

 私は文字通り目と鼻の先の距離でその蛹をよく観察してみました。そしてさらに驚くべき事を見つけて目を丸くしました。よく見るとその蛹は蝶が羽化してくる時のように胸の所が割れていて、しかもその割れ目から産毛に覆われたような柔らかそうな蝶の腹部がはみ出していたのです。もともとそこにあった蛹の殻に潜り込んだのか、とまった途端に蛹になったのかわかりませんが、蝶は蛹の殻の中に入って頭隠して尻隠さずの状態になっていました。
 「逃げ込んだ・・・」私は心の中でそんな言葉を呟いたように思います。

5100R0040075.jpg スケッチするとこんな感じでした


 蝶の出てくる夢で、その蝶が現実にいる蝶であってもそうでなくても、今まで夢の中の蝶をしっかり撮影できたという記憶はありませんが、結局今回もその例に漏れず、あと一歩の所で撮影できませんでした。目が覚めるとその事に対するやるせない気持ちと不思議な体験をした緊張感が体中を満たしているのが感じられました。
 近頃では起きて少し経つとだいたいの夢は忘れてしまうのですがこの夢はディティールまでしっかりと脳裏に焼き付いています。

0906205DIMG_7128.jpg
ウラキンンシジミ  2009年6月20日 山梨県



  1. / trackback:0
  2. / comment:10
  3. [ edit ]

 この所カメラでも新調しようかと思って暇さえあればネットのカメラ関連のページを覗いています。一つは蝶の撮影にもっと軽くて楽なシステムはないかと思ってEM1等のミラーレスを含めて検討。
 今一つは旅行等で便利なハイクラスのコンデジ。ソニーのRX1Rとか、ちょっと意味が違うかもしれませんがライカのXバリオとかです。
 それだけでも頭が痛いのに今度はキャノンから5000万画素超えの5Dsが出るというではありませんか。この画素数に意味があるのかどうかわかりません(実際サンプル画像ではあまり感心できなかった)し、今手持ちのキャノンのレンズ4本も全て5Dsの推奨レンズには含まれていません。それでもキャノンから5000万画素となると気にはなります。限りある資金をどこにどう投入すれば良いのか?
 私は写真日記なんてタイトルのブログをやっているくせにカメラ自体にはあまり興味がなかったので、長年この苦しみにはほとんど縁がなかったのですが、ここへ来て色々調べてみたら「ウ〜ム、カメラの世界はここまで来ていたのか」と驚く事だらけ。魅力的な良い製品が目白押しなんですね。あちらからこちらへと目移りするばかり。
 という訳で「まずい、これはまずい !」と思いつつカメラの森に迷い込んで抜け出せなくなっています。学生の時に中判カメラの選択で悩んで以来の経験かもしれません。
 そんな毎日ですが今日はたいした用事もなく、そうだ、そろそろモンキチョウでも発生しているのではと思ってこの付近では比較的発生が早いポイントに出掛けてみました。カメラは持っていない訳じゃなし、というか今ある機材だって私には贅沢すぎるくらいなのですからそれを使いこなす方が先決なのでしょう。

 

1時間ほど歩き回ってみましたが残念ながらモンキチョウに巡り会う事はできませんでした。風が強くなってきたので帰ろうとしていると木陰から可愛い猫がこちらを見ていました。





 少し前の記事の末尾でご紹介した「レストランシュミネー」。夜行ってみてまた記事にしますと書きましたが、家族で今日のランチに行ってきましたので究極のコスパランチの画像を載せておきます。

10R0040040.jpg

10R0040045.jpg

10R0040046.jpg

10R0040057.jpg
スープ、焼きたてクロワッサン、お料理、デザートにコーヒー・・・これで税込1000円です。ボリュームはないですが素晴らしいですね。

新生蝶はお預けとなりましたが楽しい1日でした。
10R0040069.jpg

  1. グルメ
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

前回の記事で陽朔の写真を載せましたが、漓江の川を下る遊覧船からの風景を何枚か貼っておきます。




820426img204 のコピー


820426img307.jpg


820426img505.jpg


820426img309.jpg


820426img312.jpg
 陽朔の街の白黒写真があったので載せておきます。前回の写真があまりに寂しい感じだったので、これほど寂しくはなかったぞと怒られるといけないので。
 私自身忘れてしまっていたのですが、これを見ると当時からけっこう賑やかだったようですね。

  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2015 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28