主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

        自宅の庭のヒメウツギがほぼ満開となりました。この純白の花が咲くと庭が明るくなったような気がします。
       昨日はこのヒメウツギにコミスジが吸蜜に訪れてくれました。

150427EM5P4270408.jpg


150427EM5P4270312.jpg
          片脚を上げて挨拶しているように見えますが、蜘蛛の糸に脚を乗せてバランスをとっているようでした。

          150427EM5P4270334.jpg


          150427EM5P4270435.jpg


          150427EM5P4270463.jpg
  




スポンサーサイト
  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

         3月14日の YASHICA YE、そして4月10日の BARNACK LEICA とオールドカメラの記事を二つ載せま
        したが、もう一つMinoltina-P の事を書いておきます。叔父の遺品でずっと使っていなかったのですが、この
        ところ少し時間ができたので初撮りしてみる気になりました。

150424TG3P4240043.jpg

         Minoltina-P 1964年発売のセレン露出計内蔵プログラムEEカメラで、Minoltina-Sの下位モデル。-Sは距離計
        連動型で、-Pの方は距離目測となっています。Minoltina は Minolta をラテン系の単語のように女性形にしたネ
        ーミングでミノルティーナと読むものと思っていたのですが、ネットで検索してみるとミノルチナが正解なんだ
        そうです。
         レンズは ROKKOR 38mm f2.8 で、当時評判の良いレンズでした。シンプルな箱形デザインのボディーはス
        ッキリとしたデザインで実に魅力的。ただ、その頃ブームとなったハーフサイズのPEN などに押されて、売り上
        げはあまり伸びなかったそうです。        

    150424TG3P4240083.jpg    150424TG3P4240066.jpg
        上から見ると単なる箱形ではなく微妙なカーブを描いているのがわかります。右はメーター部分のアップ。
         
         このカメラの最大の特徴は軍艦部に組み込まれた正方形のメーターです。左側の細い緑の針がピンとリングと
        連動していて、距離目盛りの代わりに遠景、中景、近接を示す可愛らしい絵が描かれています。ピントはこれを
       見ながらだいたいの所に合わせて妥協するか、レンズ側のピントリングの目盛りを見ながら決め打ちする事になり
       ます。
        露出は右の赤い針が受光部が受けた光量によって上下し、それに緑の太い針を会わせる事によって適正露出が得
       られます。緑の太い針はレンズ基部の露出リングと連動していて、露出リングを回す事によって絞りとシャッター
       速度が変わる仕組み。これは簡単で良いのですがプログラム以外は使えないという欠点があります。
        要は素人に絞りだ、シャッター速度だと言ってもわからんだろうからイージーに撮れるというイメージを打ち出
       そうと、そういう事? 或は女性ユーザーの取り込みも狙ったのかもしれません。でも解説書を読んでみると一概
       にそうとも言い切れない気がしてきました。せっかくなのでちょっと感動的な解説書の一部をご紹介しましょう。

150424TG3P4240144.jpg解説書の表紙。ベースはきれいな若草色。


150424TG3P4240146.jpg        1ページ目はいきなり"Congratulations !"で始まります。「おめでとうございます。あなたは今や最先端カメラ
       のオーナーです」という調子です。

   150424TG3P4240147.jpg  150424TG3_2P4240150.jpg
        3〜4ページ目にこのカメラの主な特徴が集約されて書かれています。簡単な露出操作やピント合わせ、高性能な
       レンズ等について書かれていますが、レンズについてはしっかりレンズ構成にまで触れられています。それにして
       もページデザインが実に秀逸です。

   150424TG3P4240152.jpg  150424TG3P4240167.jpg
                   随所に登場するモデルさんは美人ぞろい。当時を思い出します。

   150424TG3P4240160.jpg  150424TG3P4240163.jpg
        左はEV値によるシャッター速度と絞り値の変化をグラフにしたもの。右は作品例。お祭りの写真ですね。

        さらにパララックスや解像度に触れられている箇所もあり、お手軽を強調しつつも押さえる所はしっかり押さえ 
       た内容となっています。もっともっとお見せしたいくらいですがこれくらいにしておきましょう。



        さてACROSS 100を装填して実際街に出て撮影してみると、簡単なはずのこのカメラ、けっこう骨が折れます。
       昨今のデジカメだってカメラ任せで撮れば同じじゃないかと思ったのですが。まず露出ですが、セレン式露出計の
       受光角度が不明なので角度を変えて針の動きを見てみるとけっこう広角で空の明るさを拾っているようです。この
       日は晴れていたので、これだと日陰が必ず露出不足になるなと思ってカメラを下に向けてみました。ですがこれだ
       と軍艦部のメーターは見えません。そこでカメラを天地逆に持って、地面の方を向け、赤い針に緑の針が合うよう
       に露出リングを回しました。我ながら滑稽でまるでミスター・ビーンになった気分です。そしてピントです。メー
       ター窓の絵は可愛くていいのですがさすがにアバウトすぎて不安。で、レンズの距離メモリを読もうと思ったので
       すが、これがけっこう小さな文字で老眼の私には難敵です。日陰で絞り値もわからずだいたいのピント合わせでは
       38mmという焦点距離はいかにも不安。それではシャッター速度を犠牲にしても少し絞って、なんて思っても、そ
       もそも絞りリングがありません。といった感じで、1枚目を撮る時はだいぶ時間を使ってしまいました。
        でも数枚撮影しているうちに、このカメラは気楽に撮るカメラなんだなと納得。あとは適当にピン、ピン(実際
       シャッター音がピン、という音です)と。
        結果は、やはり暗めの場所ではピント、露出共に崩れ易いですが、半分以上の歩留まりでそれなりに写っていま
       した。
        画質に関してはこのレンズ、なかなか捨てがたいですね。解像度もまずまずで、コントラストのあるきれいな絵
       が撮れるように思います。

   150415minoimg553.jpg


                     150415minoimg556.jpg


        150415minoimg559.jpg


                150415minoimg564.jpg


     150415minoimg565.jpg


                   150415minoimg567.jpg

        いかがでしょうか。フィルムをスキャンしたものですが写りの特徴はなんとなくおわかり頂けるかと。今回は街
       中で撮影したので似たような写真ばかりになってしまいましたが、海辺なんかではまた違った写りが楽しめるのだ
       ろうと思います。このカメラは日陰に入ってじっくり撮るようなカメラではないのでしょう。太陽の国イタリア的
       呼称(私は勝手にそう信じています)に象徴されるように、輝く太陽のもと、気楽にピン、ピン、とやるカメラな
       のだとこじつけました。



  1. カメラ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         先週末、お向かいのYさんと再び新潟県にギフチョウ撮影に行ってきました。今回は前回より南に移動して少
        し発生の遅い場所へ。けれども最初に行った場所はまだまだ雪が深くて無理そうです。仕方なく別のポイントへ
        転戦。ここは以前cactussさんに教えて頂いたポイントで過去に3回訪れいますが、時期や天候、時間帯に恵まれ
        ず、3回目に来た時数頭を見かけただけでしたので、良さそうな条件の時に一度訪れてみたかったのです。


            
            車を停めて歩き始めるとすぐに木漏れ日に浮かび上がるショウジョウバカマが目につきました。
           ハッとする美しさに足を止めて撮影しましたが上手く表現するのは難しいですね。




         2013年に訪れた時ギフチョウを見かけた場所で待ってみましたがなかなか気温が上がらず、次第に風も強
        くなってきて嫌な感じです。そのうち家族連れの採集者もお見えになり、周囲を散策し始めました。お話を伺う
        とやはりまだ1頭も見かけていないとの事。
         蝶が飛び出すのを待っている時はいつもそうですが、だんだん不安になってきました。これはまずいかも、と
        転戦も頭をよぎり始めた頃、やっと1頭のギフチョウがひらひらと舞い始めました。
        

         
150418EM5P4180023.jpg
       地面に止まったので見てみると、左前翅の黒帯の中に点々がありますが、これは擦れではなく新鮮な個体のようです。


          150418EM5P4180096.jpg
                  気温が低いので動きは活発ではなく、すぐ地面にとまります。


150418EM5P4180058.jpg
                     やがてカタクリの花で吸蜜もしてくれました。


         気温が上がり始めると周囲を数個体が飛び始めました。みなオスのようで、メスを求めて盛んに地面近くを飛
        び回っています。そういう時はなかなか撮影チャンスがありませんが、たまにカタクリで吸蜜するので急いでカ
        メラを向けました。


150418EM5P4180072.jpg
                   


            1504187DIMG_4857.jpg
              そのうち花には全く興味を示さなくなってきたので占有行動中のオスを撮影しました。




150418EM5P4180106.jpg
        ポイントから少し離れた所にも美しいカタクリの群落がありましたが、こちらはギフチョウの気配なしです。ち
       ょっとした場所の違いなのに不思議なものです。


   150418TG3P4180299.jpg  150418TG3P4180300.jpg
        午後になるといよいよ風も強まり、ギフチョウはあまり飛ばなくなってしまいました。朽ちた切り株の根元にフ
       クジュソウが咲いていたのでTG-3で撮影してみました。上の2枚、左は普通に顕微鏡モード。右は深度合成を使用
       しています。ワイコンは使っていません。好みとしては左ですが・・・


            150418TG3P4180294.jpg
           どうせギフチョウも出ないしと、フクジュソウ撮影に没頭。深度合成で色々写した中では上の1枚が
          一番ましな写真でした。でも、あまりむやみに使うべき機能じゃないような気もします。



150418EM5P4180175.jpg
        かがみ込んでフクジュソウを撮影していたら目の前にギフチョウが舞い降りてきました。かなり白っぽいメスで
       す。前翅の内側のY字が左右ともメガネで、おまけに涙のように一部がはみ出しています。太平洋側では見かけな
       いタイプですね。



     150418EM5P4180128.jpg
                       切り株の上に這い上がってきた蔓性植物を撮影。



            150418TG3P4180242.jpg
                              オオバキスミレ

           

150418EM5P4180191.jpg
         午後2時半、ますます風が強くなってきて、頭上からはスギの雄花が雨のように降ってきます。舞い上げられ
        た落ち葉は遠目にギフチョウが舞っているように見えました。そろそろかなと帰り支度をしていると、もう1度
        ギフチョウが降りてきてくれました。赤の上がったきれいな個体でした。






  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

         4月10日の記事の続きです。今回はカラーです。
        フィルムはフジフィルム Provia 100 を使用しています。全体にノーフィルターで日陰での撮影のせいもありますが
        かなり青が被っていました。PCで調整した画像を掲載しておきます。日付と場所は3月26日の青山通り。

                
            150326BARELimg456.jpg


     150326BARimg458.jpg


     150326BARimg464.jpg


     150326BARimg483.jpg


            150326BARimg482.jpg


     150326BARimg467.jpg


            150326BARimg479.jpg



  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

        先日芝川ギフチョウ保護の会の観察会があり、お向かいのYさんと出席してきました。現地にはtheclaさんもお見
       えになり、一緒にギフチョウが出るのを待ちましたが、とても個体数が少なくて1時間に1〜2回姿を見せる程度です。
       ここ数年の大規模な伐採が影響している可能性もあり今後の事が心配です。


150412M3IMG_0560.jpg
          伐採地の様子。尾根筋の樹林の向こうも伐採で明るくなっているのがおわかり頂けると思います。



                 桜は散り始め、雑木が芽を吹き、時期的には絶好と思われたのですが・・・


                 
                  それでも何カットか撮影できましたので以下に掲載しておきます。


150412EM5P4120007.jpg



150412EM5P4120014.jpg

 

150412EM5P4120027.jpg






  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

       久しぶりに MY FAVORITE THINGS カテゴリーの記事です。今回は私の大切なトランクの話です。
       およそ40年前、私が高校生の時だったと思います。横浜は石川町。駅前の運河に浮かぶ小屋掛けされた艀(はしけ)
      でギャラリーを営まれている方がいらっしゃいました。もともとは元町のビルにあった画廊が移転したもので、木造の
      キャビンの中は全て白いペンキで塗られていたと記憶しています。
       そのギャラリーで廊主が所持品の蚤の市のような催しをされた事があって、私も何か良いものがありそうだと思って
      覗きに行き、そして古い革製のトランクと羅針盤を買って帰ってきました。
       このトランクはコードバンのような滑らかな皮で張られていて、4本の木製のリブで補強された頑丈な作りで、大き
      さも重さもかなりのもでした。この中に羅針盤を放り込んで、いくら若いからと言って一体家までどうやって持って帰
      ってきたものか。昔の貧乏高校生がタクシーに乗るはずもないので、まあ担いで持ってきたんでしょうね。
       帰ってから部屋に戦利品を並べてためつすがめつしている内に、トランクに貼られた荷札に目が留まりました。とい
      うのも、この荷札自体煤ぼけてしまってはいるもののある程度記載事項が読み取れそうだったからです。そして早速そ
      の解読にとりかかりました。若い頃なので老眼に煩わされる事もなく、簡単なルーペでだいたいの事が読み取れました。

          内容は、
 
          1935または1955年のどちらか(はっきり読み取れません)に
          ロンドンの「ロイヤル・アルバート・ドック」から横浜に向けて送られた荷物であり
          荷主は MADAME がつく誰か(名前は判読不能でした)
          船名は  S.S.HAKUSANMARU
       
          でした。
   

       この荷札の内容にはとても興味が湧きました。ロンドンから日本へ・・・Madameを冠する人物という事は当然女性
      です。英語圏でMadame〜と呼ぶのは英米人以外の外国人(とりわけフランス人)でしょうが、このトランクの持ち主
      は一体どんな女性だったのでしょう?そして HAKUSANMARU というのはどんな船だったのでしょう?
       黄昏時が近づいた薄暗い部屋の中で、見も知らぬ船の姿や船旅の様子を想像しながら、私は大きなため息をついたも
      のです。

       さて、やがてそのラベルの事も忘れて30年ほど経った多分2003年頃、家内と横浜市内を散歩していた時に、海岸
      通りにある日本郵船の建物に「日本郵船歴史博物館」というのができているのに気がついたのです。入ってみると館内に
      は過去に活躍した数々の船の模型や写真パネルが飾られていました。それを見た瞬間、あのトランクの事が思い出され、
      「これはひょっとすると HAKUSANMARU に会えるかもしれないな」という予感のようなものが頭をよぎりました。そ
      して展示パネルの一角に飾られた貨客船「白山丸」の、写真の中の姿ととうとう対面する事ができたのです。
       今だったら「はくさんまる」と入力してクリックすればたちどころに情報が得られますが、私がトランクを入手した当
      時は当然インターネットなんてものはありませんでした。そして(推定)2003年の時点まで、私がその事を失念して
      いてネット検索しなかった事にもむしろ感謝しています。ネット検索で出合うより、博物館でばったり出合う方が遥かに
      ドラマチックですからね。
      
       そのトランク、この10年余はずっとロフトにしまい込んでいたのですが、先日久しぶりに引っ張り出してみた所残念
      な事に大切な荷札の半分近くが劣化して剥がれ落ちてしまい、一部紛失してしまっている事がわかりました。それで内容
      を覚えているうちに記事にしておこうと思いこの記事を書きました。



          
              YASHICA YE で撮影したトランク。大型スーツケースより一回りは大きいです。


150329TG3P3290200.jpg
  剥がれ落ちた荷札の一かけらがロフトの床に落ちていました。「HAKUSANMARU」と「October」の一部が読み取れます。


150329TG3P3290226.jpg
  まだトランクに残っている部分からは年号と「YOKOHAMA」 の文字が読み取れます。

  
Hakusan_Maru_NYK_Scan10019.jpgウィキペディアで拾った白山丸の写真です。


       白山丸は1923年に進水した日本郵船船籍の貨客船で、スエズ運河経由の横浜〜ロンドン航路に就航していました
      が、第二次世界大戦時には日本海軍に徴用され、砲座を設えたりして大変危険な任務を遂行したそうです。1943年
      には2度に渡って爆撃の憂き目に遭いますがなんとか持ちこたえます。ですが結局は1944年の6月4日、硫黄島西
      南海域で、米潜水艦の魚雷によって炎上沈没する運命を辿ります。この時には民間人を含む乗員の半分、324人が犠
      牲になったそうです。
       この辺りの壮絶な事情はウィキペディアにかなり詳しく書かれていますので興味のある方は検索してみて下さい。


       

       Japanese_cruiser_Haguro_at_Rabaul.jpg
            1943年11月のラバウル空襲で被爆炎上中の白山丸(右奥、同じくウィキペディアから)


       私が絵のモチーフにでもしようかと思ってお気楽な気持ちで買ってきたトランクでしたが、そのトランクををロンド
      ンから横浜へと運んでくれた白山丸は、後にこのように悲惨な最後を遂げた船だったのです。トランクを手に入れた当
      時、そんな事は思いもよりませんでした。それを知った時には戦争の悲惨さに改めて胸が塞ぎ重くなるのを禁じ得ませ
      んでした。
       ところで沈没年代がわかった事でこのトランクが海を渡ったのは1935年だという事がわかりました。1935年
      というのも調べてみると大変な年です。ヒトラーのヴェルサイユ条約破棄と再軍備宣言、イタリアのエチオピア侵攻、
      溥儀の靖国参拝、揚子江の氾濫(20万人死亡)、等々。第一次世界大戦からわずか17年しか経っていないのに、世界
      が再びその影を色濃く落とし始めた大戦への予感に鬱々としていた時代です。そんな時代にイギリスから日本へ、見知
      らぬMadam と共にこのトランクは海を渡ってきた訳です。その後どういう変遷を経てあの艀の画廊で売りに出される
      事になったのかわかりませんが、私が手に入れたのも何かの縁なのでしょう。これからはなるべく大切にしてやろうと
      思い、書斎の吊り棚の下に納まってもらう事にしました。
       そうそう、旅の出発点、ロイヤル・アルバート・ドックの事についてもふれようと思って忘れてしまいました。でも
      長くなりすぎるのでこれくらいにしておきます。もしも最後まで読んで下さった方がいらしたら深く感謝致します。


     150329TG3P3290238.jpg
          






  1. MY FAVORITE THINGS
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

         3月14日の「YASHICA YE」の記事で、エルマーを買ってつけてみようかと思っていると書きましたが、
        その直後、ネットで1948年製(だったかな?)のお買い得 エルマー 50mm f3.5 を見つけたので早速購
        入して装着してみました。
         ところが試写してみた所ピントが相当ずれる事が発覚。これはレンズのせいではなく、エルマーの鏡胴の後
        退距離とYEのボディー内の連動ピンの位置関係のズレか、或はそもそもフランジバックが異なるのでしょう。
        要するに調整なしでは適合しない、という事のようでした。YEはライカのコピーモデルだし、マウントが同
        じなのだから大丈夫だろうと思ったのですがそう単純なものではではないのですね。でもせっかく買ったライ
        カのレンズ、使えないではもったいないので、アダプターとミラーレス機を新調しようかとも思いましたが、
        やはりフィルムで撮影してみたいので、これまた程度の割にお買い得(セルフタイマーなしのタイプは安目)
        そうな1955年製のバルナック型ライカ(3fタイプ)を購入しました。
         件のエルマーを装着してみるとさすがにしっくり来ていい感じです。これをぶら下げていれば私も「ライカ
        おじさん」の端っこの端っこの端くれになれるかもという訳で・・・なんとなく嬉しい?



150416TG3P4160106.jpg

         年式の割には傷、へこみも少なく、良好なコンディション。沈胴式のエルマーを取り付けてみると正しくオ
        ールドライカの王道。美しいです。


     150326TG3P3260144.jpg
         バルナック型ライカにはフィルム巻き上げレバーがありません。このノブを回して巻き上げます。その巻き上げ
        感たるや例えようもなく気持ちいいです。



    
      


                            

            早速会社周辺をうろついて試写。まずはYASHICAとの比較もかねてのんべい横町へ。いや〜、
           いいですね。この柔らかくも芯のある描写。さすがにファインダーの二重像合致でピッタリピント
           が合います。
              

          150326BARimg489.jpg


            150326BERimg486.jpg


     150326BARimg511.jpg


     150326BARimg510.jpg


            150326BERimg495.jpg


            150326BARimg503.jpg


       
                     午後はカラーも試してみましたので次回掲載します。










  1. カメラ
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

        先週末は近隣の天気予報が良くなかったのでまた自宅でくすぶっている事になるのかなあと思っていましたが、
       ダンダラさんからの御連絡で新潟方面は晴れマークが出ていると知り急遽新潟行きを決定。日本海沿岸まで行く
       か迷いましたが、結局アクセスの楽ないつもの公園に行く事にしました。
        早朝お向かいのYさんと横浜を出発。関越道に乗るのに初めて東名経由で圏央道を使ってみました。全て高速
       というのは楽でいいですが相当遠回りなので横浜からの場合あまり恩恵はないようです。中央高速まででしたら
       いいかもしれませんね。
        越後川口SAで朝食をとり、ダンダラさん御夫妻と合流して目的地へ向けて出発しましたが、霧が濃く気温も低
       く、どうも先行き不安な状況です。それでも暫く走ると霧も晴れて日が射し始めました。
        現地に着いてみると上越市のNさんがお見えで、すでにギフチョウが2頭ほど飛んでいるとの事。まずは一安心
       です。
        早春の花々を愛でながらぶらぶらしているうちに気温も徐々に上がり、あたりを舞うギフチョウの数も増えて
       きました。何度見ても見飽きない春の女神。今年も出会うことができて良かったです。

       
150404EM5P4040028.jpg
オスの最盛期にさしかかった所でしょうか。どの個体もとても新鮮です。中にはこのような赤班上がりの個体も。


150404EM5P4040053.jpg
カタクリのお花畑で吸蜜するギフチョウ。

150404EM5P4040223.jpg
裏翅ですがショウジョウバカマでの吸蜜。いつ撮ったのか覚えていません。

 c150404EM5P4040203.jpg c150404TG3P4040133.jpg
 移動中にボランティアの方が教えて下さった羽化直後の個体。右はTG-3+ワイコンで撮影。



150404EM5P4040251.jpg
ダンダラさんに御案内頂いた別ポイントでもたくさんのギフチョウを見る事ができました。雪の重みでぺしゃんこになった落ち葉の上に止まるギフチョウ。雪国ならではの風物で私の好きなシチュエーションです。



       昼からは盛んにカタクリで吸蜜するようになりました。昨シーズンはカタクリで吸蜜するギフチョウの写真というと
      静岡県で1カット撮影したのみ。2年分のフラストレーションを解消する意味でたくさん貼っておきます。

150404EM5P4040257.jpg

150404EM5P4040270.jpg

150404EM5P4040278.jpg

150404EM5P4040306.jpg

          150404EM5P4040308.jpg

150404EM5P4040380.jpg



                2時頃にはユキワリソウで吸蜜する個体も見かけましたが証拠写真程度です。

150404EM5P4040344.jpg

150404EM5P4040366.jpg



                           サクラにもやってきました。

150404EM5P4040359.jpg



      飛翔写真も撮りましたが今ひとつピントが来ません。いちおう何枚か貼っておきます。多かれ少なかれトリミングです。

          1504047DIMG_4669.jpg

          1504047DIMG_4763.jpg

          1504047DIMG_4796.jpg


                       仕上げは帰りの高速道路からの残雪の山々。

150404EM5P4040469.jpg

       さて、ギフチョウ三昧でお腹いっぱいの遠征となりました。正直これほどカタクリでの吸蜜シーンに恵まれた事はあり
      ません。前日の夜までは諦めていた週末だったのに一転すばらしい時間を過ごす事ができました。ダンダラさん、お声を
      かけて下さって本当にありがとうございました。









  1. / trackback:0
  2. / comment:16
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2015 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -