主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         昨日はお向かいのYさんと共に南アルプスのクモマツマキチョウを撮影に。今日は早朝横浜市内の公園に平地
        性ゼフィルスを見に行ってきました。
         南アルプスではcactussさんやnao clubのMさんにお目にかかり、一緒に撮影させて頂きました。南アルプス
        のクモマツマキチョウを見るのはなんと41年ぶりの事です。久々の対面だったのでもっとしっかり撮りたかっ
        たのですが、個体数が少ない上にとにかく止まってくれず、仕方なく飛翔写真だけ撮影してきました。
        

         クモマツマキチョウ♂飛翔。この画像以外は全てトリミングです。

   150530PENP5300103.jpg  150530PENP5300489.jpg

                 150530PENP5300491.jpg


150530PENP5300490.jpg


150530PENP5300493.jpg


         横浜の公園では久しぶりにAkakokkoさんにお目にかかる事ができました。ミドリシジミの撮影ではAkakokko
        さんがLEDライトの照射をして下さり大変お世話になりました。ありがとうございました。
         わずか1時間半ほどの撮影でしたが運良くミドリシジミの開翅も撮影でき嬉しい日曜日となりました。

150530EM5P5310004.jpg
         アカシジミ

150530EM5P5310021.jpg
         吸水中のウラナミアカシジミ

150531EM5P5310030.jpg
         ウラナミアカシジミ別個体

150530EM5P5310040.jpg
         ミドリシジミ

150530EM5P5310071.jpg
         ミドリシジミ別個体

150530EM5P5310056.jpg
         同上

150530EM5P5310061.jpg
         同上

150530EM52P5310063.jpg
         同上(別画像のトリミングです)

        
            一緒に撮影して下さった皆さん、本当にお世話になりました。心よりお礼申し上げます。




スポンサーサイト
  1. / trackback:0
  2. / comment:18
  3. [ edit ]

          娘に押し切られ、とうとう新しい猫を飼う事に。先日栃木県のブリーダーさんの所まで引き取りに行って
         きました。オスのソマリです。1日物陰に潜んでいましたが今は出てきて元気に遊ぶようになりました。あ
         まりに活発なのでまだ満足に写真を撮らせてもらえません。
          今まで押し掛け野良猫を虚勢、避妊して飼った事しかなかったので、お金を出して猫を買うなど初めての
         事。ちょっと緊張でした。相当ヤンチャな子みたいで先行き心配ですがまずはご挨拶。

               エルモ です。
     






  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

          先週末、ダンダラさんと都内のインセクタリウムを訪れました。たくさんの南国の蝶が飛び回っていて、
         久しぶりに天国気分を味わってきました。写真はあまり撮らなかったのですがカバタテハの産卵を撮影した
         ので載せておきます。


150523PENSUMP5230036.jpg
         インセクタリウムの定番オオゴマダラ。(PEN E-P5 /Summicron DR 50mm)

150523TG3P5230004_1.jpg
         カバタテハの産卵。(TG-3)

150523TG3P5230014_2.jpg
         カバタテハの卵は初めて見ましたが長い毛が生えた変わった卵でした。(TG-3)

150523PENSUMP5230031_1.jpg
         道行く魚(キャットフィッシュの1種)。(PEN E-P5 /Summicron DR 50mm)



  1. / trackback:0
  2. / comment:10
  3. [ edit ]

         TG-3の機能にミラーというのがあったので試してみました。30分ほどで飽きてしまいましたが、手軽
        に非日常的な写真が撮れるのは面白いです。横構図の中央水平ラインを軸に上下対称にミラーとなるもの
        で、縦構図では左右対称となります。この機能を使えば「逆さ富士」とか簡単に撮れそうです(笑)。


      150520TG3P5200133.jpg
         普通ならなんでもない交差点での信号待ちですが、ミラーで撮ると不思議な絵になります。中央にヤジロベー
        みたいな人が現れました・・・


      150520TG3P5200154.jpg
         路傍のドクダミも別な意味を持って見えてきます。縦構図の場合左右対称なので顔のように見える形が出現す
        る事が多い、というか知らず知らず顔を探してしまうのかもしれません。この写真でも中央にちょっと恐ろしげ
        なマスク、下の方の花の中央に少女のような顔が小さく見えました。探せばもっと見つかるでしょう。

 
150520TG3P5200161.jpg
         大谷石の階段。上へ登っても空、下へ下っても空があります。下へ下って行くにはどうしたらいいのでしょう?
        重力ブーツのようなもの(どこにある?)を入手して来ないと下の世界には下りて行けません。RPGの世界です。


150520TG3P5200170.jpg
                                   これも同じです。


150520TG3P5200171.jpg上の写真の場所を普通に撮るとこうです。


      150520TG3P5200196.jpg
         クラックの入った塀。何か動物の顔を正面から見ているような。






  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

          時系列的には5月13日の記事の続きになります。
         山手で蝶の撮影をした後家族と自宅近所で食事をする約束になっていたのですが、30分ほど時間があったので
         元町をぶらっとしながら写真を撮りました。(Leica M3 DS/summicron DR 50mm f2/ Velvia100)

            150502M3img747.jpg

150502M33img725.jpg


            150502M32img731.jpg



            150502M3img732.jpg


            150502M3img738.jpg


            150502M3img758.jpg


150502M3img759.jpg








  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         またオールドカメラの記事です。5月7日の記事に写真を載せたライカ M3 と DRズミクロンの事をもう少し書
        いておこうと思います。
         ライカM3。今更ですが初代のM型ライカです。写真のボディーはその中でも初期型の1956年製。私の生まれ
        た年です。巻き上げがラジェット式に変更される前のスプリング式2回巻き上げタイプで、ダブルストロークと呼
        ばれているものです。
         レンズは Summicron DR 50mm f2 。DRというのは「デュアルレンジ」の略で、デュアル(2つの)レンジ
        (距離)です。通常撮影の他に近接撮影をこなすためのレンズで、こちらは1963年製です。
         レンジファインダーのカメラでは接写になるとレンズが捉えている像とファインダーで見ている像のズレ、パラ
        ラックスが大きくなりすぎて補正が難しくなってきます。ライカのレンジファインダーカメラ用レンズの最短撮影
        距離が通常 0.7〜1.0 メートル程度に押さえられているのはそのせいですが、さらに近接撮影をするために、最短
        撮影距離を縮めたレンズとファインダー前面に被せるように取り付けるパララックス補正用の補助レンズ(俗にメ
        ガネと呼ばれています)をセットにしたのがこのレンズです。それでも最短撮影距離は約50cmと、一眼用標準
        レンズでは単体でも当たり前の数字です。しかしながらこの涙ぐましいとも言える弱点克服の努力には共感を覚え
        ますし、機能美を感じさせるフォルムに捨てがたい魅力を感じてしまいます。


             上の写真はメガネを外したところ。この状態で〜1mまでの撮影ができます。


  150511PENP5110010.jpg   150511PENP5110011.jpg
         近接撮影にポジションを変更するにはヘリコイド環を手前に引き、指標の刻まれたセンターのストッパーを乗り
        越えて近距離側に変更します。右の写真でわかるように近距離側は0.9mから目盛りが始まっています。
         ただしこの状態(右の写真)ではヘリコイド環は回転しなくなります。メガネを装着する事によって初めて短距
        離側にヘリコイドが回るようになるのです。メガネなしで誤って近接撮影をしてしまわないための配慮でしょう。
        親切と言えば親切ですが、通常撮影近接撮影 の切り替えは正直かなり面倒です。


150511PENP5110013.jpg
         メガネをつけて近接撮影モードスタンバイ。

150511PENP5110017.jpg150511PENP5110018.jpg

150511PENP5110024.jpg150511PENP5110028.jpg
         色々な角度から撮影してみました。M3はなんともきれいなカメラですね。



            150502M3img730.jpg
            公園のシャクナゲを撮ってみました。フィルムは VELVIA 100を使用していますが、それでも色
            はおとなしめ。デジカメとはまた一味違う優しい写真が撮れます。

            150502M3img742.jpg
            元町通りのベンチにピントを合わせて開放付近で撮りました。

 
        以前にも少し触れましたがライカのレンズはマウントアダプターを介して M4/3 にも装着可能です。下の写真は
       PENのE-P5に DRズミクロン を装着したところです。案外違和感がありません。でも考えてみれば国産のレンジ
       ファインダーカメラやその流れを汲むデジカメのデザインはライカに負う所が大な訳で、むしろ違和感がないのが
       当たり前なのかもしれませんね。
        M4/3に装着した場合、画角的には35mm換算で100mm のレンズという事になります。そして開放f値は2.0
       ですから、これは使い方によっては楽しめると思います。
        
150511PENP5110051.jpg


         5月17日の記事でこの組み合わせで撮影したヒメギフチョウの交尾画像を載せましたが、今回は自宅の庭に出
        て柿やブナの若葉を、最短撮影距離付近で撮影してみました。


            150506PENSUMMP5061012.jpg
            カリカリした感じはありませんが若い柿の葉の柔らかさが伝わってくる優れた描写だと思います。

150506PENSUMMP5061044.jpg
        ブナの葉の縁毛が逆光に浮かび上がります。もう半絞りくらい絞っても良かったかもしれません。

150507PENSUMMP5071226.jpg
        思い切って露出を落としてみました。左の光点の集合がたまたま女性の横顔のように見えます。

         オールドレンズとデジタル一眼、ミラーレスの組み合わせはとても面白いと思いました。現在は本当に様々なマ
        ウントアダプターが市販されており、様々な表現の可能性があります。
         そんな事はとっくにやっていると怒られるかもしれませんが、もしカメラケースや防湿庫にただ眠っているだけ
        のオールドレンズがあったら、ただ眠らせておいてももったいないので是非デジカメでも活用してみてはいかがで
        しょう。オールドレンズ・ライフ Vol.1〜4(玄光社MOOK)他、様々な入門書、解説書もあるようです。



  1. カメラ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         以前オリンパスペンを購入したおり、カメラ店にボディーのみの在庫がなく、17mm付きのレンズキットな
        らありますよと言われ、すぐに使いたい事情もあったのでやむなく「ではそれで」と言ってしまった事がありま
        した。広角系ズームは持っていたのでそのレンズの事はすっかり忘れていたのですが、オリンパスのホームペー
        ジを見ていてこのレンズが割合ハイグレードなレンズである事を知り、早速クチコミを見てみると、これが結構
        人によって意見の別れるレンズである事がわかりました。
         興味が湧いて早速試写してみる事に。私の場合接写が多いのでまずは最短撮影距離の25cmと、1.8という開
        放F値を生かしての撮影です。


            150517TG32P5170064.jpg
                 OLYMPUS PEN E-P5にM ZUIKO DIGITAL 17mm f1.8を装着したところ。

          
           会社の外で大家さんが育てているハイビスカス。花の蕊にピントを合わせ、最短撮影距離付近、開放
          で撮影。背景のボケ方もきれいで面白い写真になりました。
          OLYMPUS PEN E-P5/M ZUIKO DIGITAL 17mm f1.8 ISO200 f1.8 1/2500


          150517PENP5170088.jpg
           隣のおばあさん猫。デコ。
          OLYMPUS PEN E-P5/M ZUIKO DIGITAL 17mm f1.8 ISO400 f4.0 1/60 -0.3

          150517PEN2P5170088.jpg
           上の写真の切り出しです。手ブレがありますが、解像度に問題は無さそうなのがわかります。

          まだスナップや風景は試していませんが、近景と遠景のピントを上手くコントロールした写真にはもって
         こいだなと思いました。もう少し軽いともっとありがたいですが、まあ明るくしっかりした作りのレンズな
         ので仕方ないかもしれません。





  1. カメラ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         5月10日の日曜日、お向かいのYさん、町田のSさんと共にまたまた長野遠征。途中で上越市のNさんも合流し、
        クモマツマキチョウ〜ギフチョウイエローバンドという文字通り虫のいい計画を実行しましたが結果はクモマツマ
        キチョウは目撃のみ。バンドは見る事すらできませんでした。とは言え美しきこの季節。まだ春の色濃き野山で楽
        しく過ごす事ができました。皆さん、当日は大変お世話になりました。お礼申し上げます。

150510EM5P5100017.jpg
         クモマツマキチョウのポイントにはキブシの花が咲いていて、そこにコツバメ、スギタニルリシジミ、アカタテ
        ハ、ヒオドシチョウ等がやって来ます。これはコツバメ。


150510TG3P5100027.jpg
        コツバメ


150510TG3P5100019.jpg
        コツバメ


150510EM5P5100096.jpg
        成虫で冬を越したスジボソヤマキチョウ


150510PENP5100019.jpg
        クモマツマキチョウは一度だけ飛んできましたが満足な撮影はできませんでした。


150510EM5P5100139.jpg
        里に下りてギフチョウとヒメギフチョウの混生地を訪れましたが見られたのはヒメギフチョウだけでした。


150510EM5P5100254.jpg
        場所を移動してヒメシロチョウを撮影。春型はあまり撮影した事がなかったので嬉しかったです。

150510TG3P5100056.jpg
        スミレで吸蜜していたヒメシロチョウですが眠ってしまったようです。



  1. / trackback:0
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

         今朝の事です。会社の前の通りを歩いていると前から白っぽい蝶が飛んできました。ふわっとした飛び方だっ
        たので、ああ、アカボシゴマダラの春型だな、と思ったのですが、それがなんとウスバシロチョウでした。たま
        たま手に持っていたライカのコンパクトフィルムカメラ(minilux)で飛んでいる所を写そうとしましたがさすが
        にそうは問屋が卸しません。そのうち近くの雑貨屋さんの店先に立ててあった幟に止まったのでカメラを近づけ
        ました(と言ってもライカ判で40mmレンズ、最短70cmなのでしれてますが)が、逃げられてしまいました。
        一度見失ったものの、映画館「イメージフォーラム」のはす向かいで再発見。地面に降りて落ちついてくれたの
        で iphone5 で撮影しました。ああ、miniluxなんかでなくTG-3を持っていれば面白い絵が撮れたろうに、ちょ
        っと残念。
         それにしても何処から飛んできたのでしょう? 案外この辺りにも発生場所があるのかもしれませんね。




150514ipIMG_1167.jpg


150514ipIMG_1163.jpg


150514ipIMG_1172.jpg






  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

         5月2日は先日のリベンジのつもりで再度山手に。しかしながら結果は返り討ちに近い状態でした。やはり気
        温が高くて蝶の飛翔速度の速い事 ! でも何枚かは面白い写真が撮れたので掲載しておきます。


          150502PENP5020084.jpg
           ポイントに到着してみると一番の撮影空間をキムネクマバチが占拠していました。ちょっと怖かったで
          すがせっかくなのでマリンタワーを入れて撮影。


150502PENP5020579.jpg
         カラスアゲハ


          150502PENP5020791.jpg
          モンキアゲハ


150502PENP5021111.jpg
          モンキアゲハ


150502PENP5021283.jpg
          ナガサキアゲハ

               150502PENP5021537.jpg
          アオスジアゲハ








  1. / trackback:0
  2. / comment:10
  3. [ edit ]

        昼食後の空き時間、カメラを持ってぶらっと歩き回る事が多くなりました。この日はいつもの散歩コースから裏
       原宿まで足を伸ばしました。
        リーマンショック直後の数年は減る一方だったショップもこの所だいぶ回復し、空き部屋もさほど目立たなくな
       ってきました。今時の若い人達はショップ作りも上手で、以前のようないかにもデザイナーがやりました的なショ
       ップよりも、高級感はなくてもセンスが良く楽しそうなお店が増えていますね。

                 (撮影は全て Leica M3 DS/Summicron DR 50mm F2/Provia100)

            150430M3img624.jpg


150430M3img626.jpg


            150430M3img643.jpg


            150430M3img640.jpg


            150430M3img650.jpg


            150430M3img654.jpg


150430M3img659.jpg


            150430M3img670.jpg





  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

        町田のSさん、お向かいのYさんと共にまたまた長野県を訪れました。相変わらずギフ、ヒメギフを追いかけて。
        行きの中央高速ですが、小仏トンネル手前の事故でいきなり渋滞です。圏央道からすでに渋滞が始まっていて、
       これは下手するとお昼頃到着かなと思いましたが30分余りのロスですみました。8時半頃現地に到着してみると
       すでに10名くらいの方がお見えでしたが個体数は少ないとの事。それでもヒメギフチョウが時々飛んできてくれ、
       なんとかカタクリ吸蜜シーンも撮れました。


         150503PENSUMMP5030037.jpg


        そのうちYさんから電話が入り、交尾個体がいるとの事。急いで駆けつけてみると、交尾個体を取り囲んで多く
       の方が撮影中でした。中にはcactussさんやkmkurobeさんらのお顔も。仲間に入れて頂いて撮影です。


          150503EM5P5030023.jpg


150503EM5P5030319.jpg
                 交尾終盤にはメスが翅を開きます。交尾を解こうとしているようです。


150503PEN-SUMMIP5030027.jpg
        ただ撮っていてもつまらないのでオリンパスペンにライカの1963年製summicron50mm/F2 をつけて撮影
       してみました。M4/3では焦点距離が2倍になるので35mm換算で100mmF2最短0.45mという事になりま
       す。開放でボケを生かした構図を狙います。


150503EM5P5030331.jpg
        交尾を終えたメス。いつもながらこのアンニュイな風情には心打たれます。こちらはOMDと40−150mmの
       組み合わせで。かなりシャープです。


150503EM5P5030371.jpg
        ほぼ同じ時間帯に別の場所でも交尾が成立していました。上越市のNさんに教えて頂き駆けつけましたが、そろ
       そろ交尾が終わる所でした。


        そのうちほとんど止まるという事がなくなってしまい飛翔撮影。cactussさんと並んでパシパシとやりました。

150503PENP5030065.jpg
        ヒメギフチョウ飛翔

150503PENP5030429.jpg
        ギフチョウ飛翔、背景にいるのは上越市のNさんと家内です。

150503PENP5030707.jpg
        ギフチョウ飛翔

150503PENP5030775.jpg
        ギフチョウ飛翔

150503EM5P5030197.jpg
            ギフチョウは静止画像撮った記憶がなかったのですが数枚写っているものがありました。

        午後からは場所を移動してみました。ポイントに着くとすぐに新鮮なヒメギフチョウがお出迎えしてくれました。

150503EM5P5030432.jpg

        それからはかなりの個体数のヒメギフチョウが入れ替わり立ち代わり飛んできて、カタクリで吸蜜してくれまし
       た。イチゲでの吸蜜シーンもありましたが撮影はできませんでした。


          150503EM5P5030524.jpg


150503EM5P5030666.jpg


150503EM5P5030876.jpg


150503EM5P5030978.jpg


150503M3IMG_0465.jpg
        家内撮影。背景の杉の幹が効いてます。


           150503M3IMG_0502.jpg
                  家内撮影。カタクリ吸蜜ではこの日のベストショットかもしれません。


            150503TG3P5030018.jpg
        Sさんが産卵を目撃しました。ウスバサイシンの葉の裏には11卵が。ヒメギフチョウにしては少ない数ですが、
       よく見ると同じ場所に時間差で産みつけられていたようです。食草の芽吹きが遅く母蝶も苦労しているのでしょう。


150503TG3P5030045.jpg
        卵が産まれていたウスバサイシンの隣に可憐な白いキクザキイチゲが木漏れ日を浴びていました。ローアングル
       からTG3で撮影してみました。


150503TG3P5030039.jpg
                  同上。さらに花弁のほのかな輝きに焦点を絞って撮影してみます。


        この日は前出以外にも多くの方々にお目にかかり、また色々とお世話になりました。皆様、本当にありがとうご
       ざいました。お礼申し上げます。







  1. / trackback:0
  2. / comment:10
  3. [ edit ]

        4月29日は「昭和の日」でお休み。そろそろ発生ピークを迎えているだろう多摩丘陵のアオバセセリも気にな
       りましたが、結局散歩がてら家内と山手フランス山のポイントにアゲハ類を見に出掛けました。
        家内用に購入したキャノンのミラーレス機「M3」と少し前に購入した何故か同じ名前のオールドライカ「M3」
       の試写も兼ねてという事で。
   

     1150429CM3IMG_0278.jpg
        この場所にはフランス領事館の遺構があり、ポートレイト撮影にモデルさんを連れて来られる方も多いです。左
       は遺構撮影中の私(家内がキャノンM3で撮影したもの。右は同じく家内がポートレイト撮影に便乗して撮影した
       写真。モデルさんはポーズのとり方が上手いです。(EOS M3/EF-M 11-22mm F4.5-5.6 IS STM)明るいレン
       ズではないのでボケは期待できませんがこれだけ見てもキャノンぽい自然な写りに見えます。 
        

150429PENP4290046.jpg
        領事館の遺構周辺で蝶が来るのを待ち構えて撮影しますが曇り空のせいかあまりぱっとしません。慣れない機材
       でようやく撮影したモンキアゲハ。(PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)データの通り、
       オリンパスペンに広角ズームをつけて撮影してみましたが、ボディーに対してレンズが重く意外に取り回しにくい
       のがわかりました。何かグリップが欲しい所です。     


              早々に蝶は諦めて、少し上にある「大佛次郎記念館」を見に行く事にしました。


  150429PENP4290340.jpg  150429PENP4290316.jpg
   生涯に500匹の猫を飼ったという大佛の面目躍如たる写真。          浅草にあった映画館の写真。

150429PENP4290314.jpg
        館内には大佛の作品、殊に鞍馬天狗に関連した様々なアイテムや、猫の人形等が飾られていてけっこう楽しめます。

150429PENP4290344.jpg
        大佛の書斎を復元した部屋がありました。猫の置物だらけです。
        今まで大佛次郎と聞くと鞍馬天狗を書いた猫好きのおじさんというイメージしか湧きませんでしたが、この記念
       館を見て大変な文化人であった事がわかりました。自分の認識の低さに呆れつつ記念館を出てきた次第です。

        お昼になってしまったのでたまに行くイタリアンレストランに行こうかと思いましたが歩くとなるとちょっと遠
       い。外人墓地の前を歩いていて思い出しました。以前関内にあったフレンチ「エリゼ光」が目の前にあるのを。で、
       早速入ってみました。

            150429PENP4290383.jpg
             店内のデキャンタのふたに燭台が倒立して映っています。魚眼レンズです(笑)。
             エリゼ光(エリゼヒカル)は三浦半島で水揚げされる魚介類、生産高の少ない貴重な野菜や
            果物、葉山牛などが売りのフレンチレストランです。シェフ自ら食材の調達に赴かれていると
            か。
             関内にあった頃から安っぽいコテコテクラシックのインテリアでちょっと引いてしまったも
            のですが、今でもその伝統 ? は健在です。でもお料理はちょっと変わったものを出してくれま
            す。ランチは2500円〜ですが充分楽しめると思います。
                 
       
      
  
            150429CM3IMG_0287.jpg
             オードブルですが中身はなんと煮込んだ「ひじき」。これは白
            ワインとよく合いました。
            (EOS M3/EF-M 11-22mm F4.5-5.6 IS STM)


            150429CM3IMG_0293.jpg
            メインのお魚料理。(EOS M3/EF-M 11-22mm F4.5-5.6 IS STM)


            150429PENP4290370.jpg
             デザートは3種類用意されていました。
            (PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)


  150429PENP4290391.jpg
        ライカM3にデュアルレンジのズミクロン50mm F2を装着してみます。通常のズミクロンですと最短撮影距離が
       1mですが、このレンズは0.45mで撮影可能です。早速メインのお肉料理を撮ってみました。このレンズとM3に
       ついてはいずれまた記事にするつもりです。


150429M3img585.jpg
        空気感のあるきれいな描写だと思いますがいかがでしょう?デジタルで撮ればどうという事はないのですが、敢
       えて不便に挑戦してみるのも楽しいものです。(Leica M3 DS/Summicron DR 50mm F2/Provia100)


150429CM3IMG_0306.jpg
        ベーリックホールの窓。家内撮影(EOS M3/EF-M 11-22mm F4.5-5.6 IS STM)


150429CM3IMG_0305.jpg
        同上


            150429M3img600.jpg
        こちらは私がライカで撮影したベーリックホールの窓。(Leica M3 DS/Summicron DR 50mm F2/Provia100)
       オールドレンズらしさは出ているものの構図は家内に軍配かも、でした。


150429M3img602.jpg
        エリスマン邸の前でガクアジサイを撮影しました。(Leica M3 DS/Summicron DR 50mm F2/Provia100)
        勘での露出決定にはちょっと自信があったのですが完全にオーバーとなってしまいました。背景のボケの光点がレモン
       型になってしまうのは収差のせい。古いレンズなのでその辺は味という事で。


    150429PENP4290417.jpg   150429PENP4290421.jpg
        ゲーテ座の前にクラシックのジャガーが停まっていました。「1000MIGLIA」にも参加した車のようでフロン
      トにシールが貼られていました。
      (PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)


150429PENP4290414.jpg
      (PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)このレンズはマクロ性能もかなり期待が持てそうです。

        さて、お気づきかもしれませんが天気が良くなってきました。車を撮っている場合ではないと急いでフランス山
       のポイントに戻りました。けれども気温が高く時間帯も遅いせいでしょう。蝶は飛んでくるのですが恐ろしく素早
       くてなかなか上手く撮影できません。ようやく撮影できた何枚かを貼っておきます。
        以下全て(PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)

            150429PENP4290603.jpg
             アゲハ

150429PENP4291209.jpg
        カラスアゲハ


            150429PENP4291333.jpg
            カラスアゲハ

150429PENP4290475.jpg
            モンキアゲハ





  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:8
  4. [ edit ]

        お向かいのYさん、町田のSさんと御一緒させて頂き、長野県北部にヒメギフチョウの撮影に行ってきました。

150426TG3P4260015.jpg
         今年は雪が多く、ギフチョウやヒメギフチョウの撮影適期が読みにくくて現地に着くまで不安でしたが、到着
        してみるとツクシやカタクリの花の咲き具合などちょうど良さそうな感じです。でも朝のうちは気温が上がらず
        スギの遥か樹上を飛んではいるもののなかなか降りてきてくれません。

150426em5P4260026.jpgようやく梅の花に1頭が遊びにきてくれました。裏翅ですが。


150426em5P4260037.jpg
         気温が上がってくると地表に遊びに来てくれる個体も出始めました。カタクリで吸蜜です。この個体は長い事
        カタクリの咲く土手で遊んで行きました。


150426TG3P4260074.jpg
         最初行ったポイントにはあまり飛んで来なくなったので少し場所を移動しました。そこはカタクリとフクジュ
        ソウとキクザキイチゲの咲き乱れる別天地。今年は特にフクジュソウがたくさん咲いていました。


P4260067.jpg
         このポイントでも撮影チャンスはカタクリの吸蜜です。けれど気温が高くなってきたためか、花にとまるとす
        ぐに翅を閉じてしまいます。開翅を撮るには止まった瞬間が勝負ですがそうそう間に合いません。


            150426TG3P4260044.jpg
         このヒオドシチョウ、残雪の上で思いっきり吸水中です。冷たい水が美味しくて仕方ないといった雰囲気。


150426EM5P4260178.jpg
         体が冷えてしまったのか動きが鈍くなってしまいました。翅を広げていますが日陰なのであまり効果がなさそ
        うです。仕方がないので近くの日当りの良い場所に移動させてやるとしばらくそこで羽を広げ、体が温まると何
        処かへ飛んで行きました。


150426EM5P4260142.jpg
         隣家の庭先のヒマラヤユキノシタの花にもやってきました。以前にもこの花で吸蜜する所を観察していますの
        でけっこうお気に入りの花なのかもしれません。



          150426EM5P4260151.jpg
        いったん活動を停止したかに見えましたが午後2時頃になると再び吸蜜を再開する個体が多くなってきました。
       でも気温が高いので相変わらずすぐに翅を閉じてしまいます。


150426EM5P4260210.jpg
            急な斜面を登って駆けつけても、撮影できるのはだいたいはこのポーズになってしまいます。


       3時頃にkmkurobeさんさんがお見えになり暫く一緒に撮影して行かれました。久しぶりにお目にかかれ嬉しかったです。


150426EM5P4260252.jpg
         この時間帯はメスが林の中で産卵場所を探して飛び回っている事も多いようです。疲れると林床で翅を休めま
        す。暗い林の中で見かけるヒメギフチョウは、日向で訪花するヒメギフチョウとはだいぶ印象が違います。神秘
        的でドキドキしますね。


150426EM5P4260283.jpg
         こういう日はヒメギフチョウもなかなか店じまいしません。一度寝床に帰っても、名残惜しいのかまた舞い降
        りてきて吸蜜します。4時近くまでそんな事を繰り返していました。


         夕方まで遊んでしまったので帰りは大渋滞を覚悟していましたが幸いな事にさしたる事もなく比較的楽に帰る
        事ができました。同行して下さった皆さん、お疲れさま。大変お世話になりました。






  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:12
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2015 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -