主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記




昨日の名月(左)と今日の満月(右)。どっちがきれいかなあ。今年最大と言うけれど・・・確かに大きく見えました。










スポンサーサイト
  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

今回は Gマウントの Biogon 28mm を EOS M3 につけて撮影した画像です。
この組み合わせは中距離で一度試しただけだったのですが、今回無限遠を撮影してみた所、高速シャッターだと画面上部にケラレが出る事がわかりました。シャッター幕とレンズ後部の保護爪が干渉しているのかもしれません。
不具合の出ていない画像のみ何枚か掲載しておきます。撮影は全て 2015年9月12日です。



EOS M3 G Biogon T* 28mm F2.8 WB Auto ISO 320 f2.8 1/80 -0.67EV
通路を露出を落として撮影。この画像を見ただけでもとても優秀なレンズである事がわかります。




b150912bioIMG_0083.jpg
EOS M3 G Biogon T* 28mm F2.8 WB Auto ISO 1600 f4.0 1/60 +2.33EV



150912bioIMG_0073.jpg
EOS M3 G Biogon T* 28mm F2.8 WB Auto ISO 500 f4.0 1/80



150912bioIMG_0094.jpg
EOS M3 G Biogon T* 28mm F2.8 WB Auto ISO 500 f2.8 1/80 -0.33EV



150912bioIMG_0103.jpg
EOS M3 G Biogon T* 28mm F2.8 WB Auto ISO 100 f2.8 1/500 -1.33EV



150912bioIMG_0194.jpg
EOS M3 G Biogon T* 28mm F2.8 WB Auto ISO 1600 f5.6 1/40 -0.33EV



150912bioIMG_0177.jpg
EOS M3 G Biogon T* 28mm F2.8 WB Auto ISO 100 f5.6 1/250
現在後部デッキ公開中で、船尾の日の丸の所まで行く事ができます。
この日は風があって日章旗は大きくはためいていました。・・・歪んだ日の丸、何処へか行かん。
空が入ると周辺部でかなりマゼンタが被っているのがわかります。




以下  PEN E-P5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8で撮影した画像を掲載しておきます。

150912ep5P9120046.jpg
PEN E-P5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO 1600 f1.8 1/60



150912em5P9120043.jpg
PEN E-P5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO200 f10 1/400 +0.3EV
デッキ上で、f10 まで絞って完全なパンフォーカスを狙った写真。



150912ep5P9120053.jpg
PEN E-P5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO100 f1.8 1/8000 -0.7EV
E-P5 の 1/8000 シャッターを利して、中間の鎖あたりにピントを置いての試し撮りです。さすがにこの距離では開放でもあまり前後のボケは出ず、中途半端な写真になってしまいました。右上、船上のカップルを見ると周辺部の方が像が流れる分大きくボケて見えます。





  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

シルバーウィーク中は結局遠出はせず、近所で蝶等撮影していました。
自宅周辺ではこの所ヒカゲチョウとヒメジャノメが増えてきてあちこちでよく目にします。
ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、アカタテハ 等も見かけますが満足に撮影できませんでした。
不思議なのはウラナミシジミを全く見ていない事です。
例年ですとこの時期もうけっこう飛び回っていると思うのですが、多分これから出てくるのでしょう。




ヒメジャノメ。近所のお宅の入り口あたりでテリトリーを張っていて、他の個体が来ると追飛して追い払っていました。
OM-D E-M5 Mark II  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO WB Auto 絞り優先AE ISO200 f5 1/500 -1.7EV

150922em5P9220059.jpg
同上
OM-D E-M5 Mark II  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO WB Auto 絞り優先AE ISO1600 f11 1/200 -1.0EV

150922ep5P9220484.jpg
ヒメジャノメ飛翔
PEN E-P5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO WB Auto マニュアル ISO1600 f5.6 1/1600 -1.0EV

150922ep5P9220590.jpg
同上
PEN E-P5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO WB Auto マニュアル ISO1600 f5.6 1/1600 -1.0EV

150922em5P9220078.jpg
コミスジの新鮮な個体がいました。後ろはヤマハのスクーター
OM-D E-M5 Mark II  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO WB Auto 絞り優先AE ISO200 f9.0 1/500 -1.7EV

150922em5P9220109.jpg
キマダラセセリも自宅付近では最近目につくようになった蝶です。
OM-D E-M5 Mark II  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO WB Auto 絞り優先AE ISO200 f4.0 1/2000 -0.7EV

150922em5P9220237.jpg
クズの藪の中でヒカゲチョウとヒメジャノメが見合っていました。
OM-D E-M5 Mark II  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO WB Auto 絞り優先AE ISO800 f7.1 1/125 -0.3EV

150922em5P9220141.jpg
時々ヒメジャノメが威嚇するようにパッと翅を開いていましたが、ヒカゲチョウはあまり気にしていないようでした。
OM-D E-M5 Mark II  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO WB Auto 絞り優先AE ISO1600 f5.6 1/125 -0.3EV

150922em5P9220329.jpg
クサギに吸蜜にやってきたカラスアゲハ。立ち上がったススキの穂が季節を感じさせます。
OM-D E-M5 Mark II  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO WB Auto 絞り優先AE ISO400 f5.6 1/1600 +0.7EV

150922em5P9220389.jpg
ヤマトシジミも秋らしい色の固体が出てきました。
OM-D E-M5 Mark II  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO WB Auto 絞り優先AE ISO400 f5.6 1/500 -0.7EV

150922tg3P9220273.jpg
秋の蝶撮影で面白いのは何と言ってもイチモンジセセリです。およそ何処にでも飛んでくるので背景を工夫して楽しめる蝶ですね。被写界深度の深いTG-3で色々撮ってみました。干された布団と共に生活感たっぷりのショット。
TG-3 WB Auto 絞り優先AE ISO100 f4.5 1/640

150922tg3P9220283.jpg
求愛中のカップルの背後を高級車が通過して行きます。
TG-3 WB Auto 絞り優先AE ISO100 f4.5 1/640 −0.7EV

150922tg3P9220300.jpg
手の甲に止まったと思ったら、早速別個体が飛来。
TG-3 WB Auto 絞り優先AE ISO100 f4.5 1/500

150922tg3P9220313.jpg
お寺です。
TG-3 WB Auto 絞り優先AE ISO100 f4.5 1/500 -0.3EV

昨日(9月24日)、家内が iphone でカマキリに補食されるアカボシゴマダラを撮影していたので一緒に掲載しておきます。楽しそうなランタナのレストランに潜む捕食者の恐怖。頭からばりばりと・・・です。
      150924iphoIMG_6910.jpg






  1. / trackback:0
  2. / comment:16
  3. [ edit ]

今回はキャノンの超広角ズームレンズEF17-40mm F4Lで撮影した画像です。10年ほど前にEOS5Dの初代機用に購入しましたが、Lを謳っているだけあって価格の割にはとてもよく写るレンズです。
MTF曲線のデータでは広角側だと周辺の解像度落ちが強烈で、実際その通りなのですが、個人的にはあまり気にしていません。
氷川丸の船内のような狭隘な場所ではこの手のズームレンズはとても重宝します。
最短撮影距離は 0.28m とかなり近づけるレンズでもありますが、この最短撮影距離はだいぶ無理をしている印象で、「いちおう寄れる」という範囲を出ないもので、マクロ域での解像度はかなり落ちます。


1508306dIMG_0368.jpg
30 Aug.2015 EOS 6D EF17-40mm F4L USM WB Auto ISO 100 f4.5 1/640



          21508306dIMG_0378.jpg
          30 Aug.2015 EOS 6D EF17-40mm F4L USM WB Auto ISO 800 f4.5 1/30 -1.33EV



          1508306dIMG_0381.jpg
          30 Aug.2015 EOS 6D EF17-40mm F4L USM WB Auto ISO 1600 f4.5 1/40 +1.33EV



1508306dIMG_0411.jpg
30 Aug.2015 EOS 6D EF17-40mm F4L USM WB Auto ISO 100 f4.5 1/30 +2.0EV



1508306dIMG_0448.jpg
30 Aug.2015 EOS 6D EF17-40mm F4L USM WB Auto ISO 100 f4.5 1/100 -0.67EV



1508306dIMG_0479.jpg
30 Aug.2015 EOS 6D EF17-40mm F4L USM WB Auto ISO 800 f4.5 1/30 -0.67EV



          1508306dIMG_0500.jpg
          30 Aug.2015 EOS 6D EF17-40mm F4L USM WB Auto ISO 1600 f4.5 1/40 -0.67EV



          1508306dIMG_0508.jpg
          30 Aug.2015 EOS 6D EF17-40mm F4L USM WB Auto ISO 3200 f4.5 1/40 -1.0EV




1508306dIMG_0505.jpg
30 Aug.2015 EOS 6D EF17-40mm F4L USM WB Auto ISO 500 f4.5 1/30 -1.0EV




          1508306dIMG_0473.jpg
          EOS 6D EF17-40mm F4L USM WB Auto ISO 1600 f4.5 1/30





  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

昨日は色々ありました。
朝自宅の庭のサルビア・ガラニチカにナガサキアゲハのオスが吸蜜に来ていたので撮影しましたが、
後で誤ってカードを初期化してしまいました(涙)。
その後 O-MD/E-M5Ⅱ に Elmar 5cm、PEN/ E-P5 にDR Summicron 50mm という
2本のオールドライカレンズ付きのオリンパスで自宅周辺の蝶を撮影。



家を出てすぐにアカボシゴマダラの産卵と思しき姿を発見。
暫く観察していましたが産卵しそうにはなるのですが動きが頼りなく、結局産卵はしなかったようです。


150919sumP9190020.jpg
原因はこの柿酒?エノキからこの落ちた柿の実に移動して熱心に吸汁しています。
酔っぱらってしまったのか満足に飛ぶ事もできないようでした。


150919elmP9190014.jpg
常連のツマグロヒョウモンを戦前設計の Elmarにクローズアップレンズをつけて撮影。
白黒時代のレンズですが、順光ではデジタルの助けもあってそれなりの発色を見せてくれます。



150919elmP9190055.jpg
イチモンジセセリ。やはりElmar での撮影です。ピントを外していますが変わったポーズをしたので掲載しておきます。



150919em5P9190112.jpg
ヤマトシジミ。こちらは Summicron で撮影。



150919sumP9190089.jpg
ランタナに吸蜜に訪れたアゲハ。さすがにこの時期は傷んだ個体ばかりです。



150919sumP9190101.jpg
クサギが何本か生えている場所があって、そこにはナガサキアゲハが吸蜜に来ていました。50mmレンズしか持っていないので満足に撮影できず残念。この写真はたまたまホシホウジャク?とのツーショットになっていました。 



150919sumP9190068.jpg
再びアカボシゴマダラに遭遇。今度はかなり奇麗な個体でしたが葉かぶりで上手く撮影できません。



150919sumP9190070.jpg
そうこうするうちに飛び立ってエノキの根元の方に潜り込み産卵を開始。



150919sumP9190073.jpg
もぞもぞと腹端を動かしていますがなかなか産卵しません。
おかしいなと思ってよく見てみると、クモの巣がじゃまして腹端が枝まで届かないようです。



150919sumP9190077.jpg
母蝶が飛び去った後は、結局こうなってしまいました。


150919ep5P9190136.jpg
自宅に戻ると垣根の上にミドリヒョウモンが。
カメラを向けましたが高みに上がってしまいさすがに50mmレンズでは手が出せません。で
も自宅の庭でミドリヒョウモンを撮影できるチャンスもそうはないと思い、
急いで家から40~150mmのズームを持って来て撮影しました。


150919ep5P9190139.jpg
マニュアルフォーカスを使った後にオートフォーカスを使ってみると、そのありがた味がよ〜くわかります。



150919ep5P9190146.jpg
けっこう奇麗なメスのミドリヒョウモンでした。


別宅で水漏れがあり、設備屋さんが見に来てくれるというので午後はそちらに移動。庭に出てみるとアゲハが交尾していました。ところがレンズと言えば Elmar とクローズアップレンズ しか持っていません。
クローズアップレンズをつけて確認するととても全体が入りきる撮影倍率ではありません。


150919elmP9190094.jpg ←ちなみにこうです。



160919elmP9190114.jpg
仕方ないので少し遠くなってしまいますが最短撮影距離の1mで撮影です。それでも100mm換算なのでなんとかこんな写真が。


       150919elmP9190162.jpg
       さらに庭に置いてあったガーデンチェアーを入れて庭の雰囲気がわかる写真にしてみました。交尾は時間が長いの
       で助かります。

考えてみればアゲハの交尾は多分春型しか撮影していないので貴重なチャンスでした。結論。オールドレンズは蝶撮影には邪魔ですね(笑)。




  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

一昨日の記事(CLICK)の続きです。
ライカの近接撮影用レンズ、デュアルレンジ・ズミクロンです。M4/3での撮影なので35mm換算100mmとなります。
レンズについては5月19日の記事(CLICK)で書いていますので参考までに。
1956年リリースのレンンズという事を考えれば、これだけ写るのは驚きに値します。殊に近接撮影での描写の美しさは息を呑むほど。
ライカらしい繊細さが、氷川丸の古びた機器類をものの見事に写し取っているのがおわかり頂けると思います。


150912sumP9120031.jpg
12 Sep. 2015 PEN E-P5 Leiz DR. Summicron 50mm F2.0 絞り優先AE WB Auto ISO200 f2.0 1/4000 +0.3



150830sumP8300059.jpg
30 Aug. 2015 PEN E-P5 Leiz DR. Summicron 50mm F2.0 絞り優先AE WB Auto ISO200 f4.0 1/1250 −0.3EV



150830sumP8300089.jpg
30 Aug. 2015 PEN E-P5 Leiz DR. Summicron 50mm F2.0 絞り優先AE WB Auto ISO200 f4.0 1/250 +0.7EV



      150830sumP8300075.jpg
      30 Aug. 2015 PEN E-P5 Leiz DR. Summicron 50mm F2.0 絞り優先AE WB Auto ISO200 f2.0 1/125 −1.0EV



150912sumP9120071.jpg
12 Sep. 2015 PEN E-P5 Leiz DR. Summicron 50mm F2.0 絞り優先AE WB Auto ISO250 f2.0 1/100 -1.7EV



150830sumP8300108.jpg
30 Aug. 2015 PEN E-P5 Leiz DR. Summicron 50mm F2.0 絞り優先AE WB Auto ISO320 f2.0 1/125 -1.0EV



150830sumP8300119.jpg
30 Aug. 2015 PEN E-P5 Leiz DR. Summicron 50mm F2.0 絞り優先AE WB Auto ISO1600 f2.0 1/15 -1.0EV



150912sumP9120107.jpg
12 Sep. 2015 PEN E-P5 Leiz DR. Summicron 50mm F2.0 絞り優先AE WB Auto ISO640 f2.0 1/100 -1.7EV



1150912sumP9120054.jpg
12 Sep. 2015 PEN E-P5 Leiz DR. Summicron 50mm F2.0 絞り優先AE WB Auto ISO200 f2.0 1/6400 -0.3EV



150912sumP9120093.jpg
12 Sep. 2015 PEN E-P5 Leiz DR. Summicron 50mm F2.0 絞り優先AE WB Auto ISO200 f2.0 1/5000




  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


近所でこの写真を撮ってから早くも2週間経ってしまいました。
毎日何をばたばたとしているのかわかりませんが、とにかく時間の進み方がが若い頃の倍以上の早さに感じられます。
つまり一定時間内にこなせる仕事量が半分以下になった訳で、これは私的には大問題。
それはともかく、日に日に秋が深まって、蝶達も懸命に生きているように見えますね。


150903em5P9030038.jpg
OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 絞り優先AE WB Auto ISO200 f4.5 1/500



150903em5P9030092.jpg
OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 絞り優先AE WB Auto ISO200 f5.0 1/320



150903em5P9030106.jpg
OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 絞り優先AE WB Auto ISO200 f5.0 1/640



      150903sumP9030015.jpg
先日の記事(CLICK)で鉄の門扉をおまけに掲載しましたのでもう一つ。ここは家が解体されて駐車場に変わった所に、何故か門柱と門扉だけが残されています。重みはないのですが変わったデザインです。もしかすると何か既製のパーツを組み合わせて作ったものかもしれません。
PEN E-P5 DR Summicron 絞り優先AE WB Auto ISO200 f2.0 1/1600





  1. / trackback:0
  2. / comment:4
  3. [ edit ]


8月30日と9月12日、空き時間を見つけてまた氷川丸に行ってきました。何本かのレンズを試してみたので数回に分けてアップします。まずはアンジェニューから。
アンジェニューの特徴はアンバーがかった色調と軟調な表現。開放ではピントの芯がつかみづらく、絞ると急激にシャープさを増します。6月17日の記事(CLICK)にサンプルがありますのでご覧下さい。
このレンズを M4/3 で使用すると4隅がケラレますので、なるべくそれが目立たない構図を選びましたがやはり限度があります。お見苦しい点ご容赦下さい。
また撮影データの絞り値は記憶に頼っておりますので現実と異なっている事もあるかもしれません。飽くまで参考程度という事でお許し頂ければと思います。
この記事の写真撮影日は全て2015年8月30日です。



150830angP8300027.jpg
OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO3200 f1.2 1/500 -0.7EV



      150830angP8300081.jpg
      OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO1600 f1.2 1/125 -1.3EV



      150830angP8300125.jpg
      OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO200 f1.2 1/200 +1.0EV



      150830angP8300144.jpg
OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO1600 f1.2 1/100 -1.0EV(ガラス越し)



      150830angP8300158.jpg
      OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO800 f2 1/125 -1.3EV(ガラス越し)



      150830angP8300175.jpg
      OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO1600 f1.2 1/60 -1.0EV



      150830angP8300180.jpg
      OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO1600 f1.2 1/125 -1.0EV



150830angP8300194.jpg
OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO200 f0.95 1/250 -0.3 トリミング



150830angP8300211.jpg
OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO400 f1.2 1/100 -1.7EV






  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

       8月後半から雨が多く、憂鬱な日が続きました。この日も一度上がったように思われた雨が再び降り始めました。

      
      OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO200 f4 1/250 +0.3




150901em5P9010022.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO250 f1.8 1/80 −0.3




      150901em5P9010030.jpg
      OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO200 f1.8 1/125 −0.3




150901em5P9010050.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO200 f2.8 1/250 −0.3



↓渋谷ヒカリエ
150901em5P9010054.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO200 f2.8 1/250 −0.3




150901em5P9010069.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO200 f2.2 1/800 +0.7



↓またおまけの渋谷風景

150901em5P9010070.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO200 f2.2 1/320 −0.7







  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

代官山は私が若い頃は同潤会アパートが建つ古く静かな住宅地という印象しかなかったのですが、変われば変わるものです。
ヒルサイド・テラスの完成に呼応して数々のショップが立ち並ぶようになり、
近年ではTSUTAYAのような新しい試みも成功して人が集まっています。
今やオシャレな街の筆頭格として、一種独特の空気を感じるようになりました。
この所仕事で度々訪れているので街角のスナップを少しアップしておきます。



OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO200 f1.8 1/800 +0.3



150821em5P8210015.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO200 f1.8 1/1200 +0.3



      150821em5P8210019.jpg
      OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO200 f1.8 1/1600 +0.3


150821em5P8210050.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO200 f1.8 1/1000 +0.3



      150821em5P8210047.jpg
      OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO200 f1.8 1/400 +0.3


150821em5P8210039.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO200 f1.8 1/400 −0.7



      ↓おまけの渋谷風景です。

      150821em58210083.jpg
      OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 WB Auto ISO200 f1.8 1/400 -1





  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

         先週末は久しぶりにフィールドに出ました。まだちょっと早いかなと思いましたがクロツバメシジミやミ
        ヤマシジミの姿を求めてお向かいのYさん、町田のSさんと共に山梨県へ。


150905em5P9050522.jpg
         
         秋が始まりました。たわわに実った稲の穂が頭を垂れて風に揺れています。水田の景色は若い頃は嫌いで
        したがこの頃はそうでもなくなりました。どうしてでしょうか。




150905em5P9050041.jpg

         最初にシルビアシジミを探しました。予想はしていましたが全く姿が見えません。キアゲハ、ヤマトシジ
        ミ、ベニシジミ、イチモンジセセリ などの常連さんは元気でしたが、ヤマトシジミも数が少ないような気
        がしました。ウラナミシジミが全く見られないのも不思議でした。写真はベニシジミ。




150905em5P9050116.jpg

         クロツバメシジミ。初めて行った川沿いの発生地で数頭のクロツバメシジミを見る事ができました。写真
        は全てメスの同一個体と思われます。



 
150905em5P9050053.jpg
         
         良い感じの場所に止まってくれました。ロッククライミングしたくなるようなクラックの入ったスラブ。




150905em5P9050071.jpg

            求愛行動かと思いきや、よく見ると左はヤマトシジミのメス。右は↑と同じメスのようです。


         

150905em5P9050207.jpg

               この個体は岩の上で開翅をサービスしてくれました。とても奇麗な個体でした。




150905em5P9050106.jpg
   
                 他に花らしい花がないのでコマツナギが主な吸蜜源になっているようです。




150905em5P9050279.jpg

            場所を移動してミヤマシジミのポイントへ。着くとすぐに奇麗なオスが出迎えてくれました。




150905em5P9050264.jpg
 
                        こちらも盛んにコマツナギで吸蜜です。




1509056dIMG_0666.jpg
    
         何頭かのメスも見つかりました。じっと止まっている個体がいたので久しぶりに フルサイズ機のEOS6D
        にEF100mm F2.8L IS USM をつけてじっくり撮ってみました。




150905em5P9050430.jpg

         同じ個体です。開翅もしてくれました。うっすらと青鱗ののった奇麗な個体でした。これから秋が深まる
        に連れて、さらに青がこってり乗った美麗なメスが羽化して来る事でしょう。




150905em5P9050644.jpg

         さらに移動してゴマシジミの調査も行いましたが、今回はかなり以前の確認地点を回ったので残念ながら
        見つける事はできませんでした。途中で見かけたダイミョウセセリの交尾です。止まっている葉は食草かも
        しれません。




      150905em5P9050614.jpg

                         裏側から見るとこんな感じ。




150905em5P9050577.jpg


          オミナエシで吸蜜していた前翅のオレンジの形がちょっとかっこいいベニシジミ。季節を感じます。


         考えてみれば1日中採集者にも撮影者にも会う事のない珍しい1日でした。同行して下さったYさん、S
        さん、お疲れさまでした。また秋の蝶探しに出掛けましょう。





  1. / trackback:0
  2. / comment:16
  3. [ edit ]

        

         8月初め、熊野の親戚のお嬢さんとそのお友達が泊まりに来てくれたので夜市内を案内してあげました。
        私自身横浜の夜景を楽しむのは久しぶりだったので、数時間の散策ををエンジョイしてきました。
         写真は全てEOS M3にContax Gマウントの planar 45mm で撮ったので少し手ブレ気味のものも多いで
        すがご容赦下さい。


      

        大桟橋からみなとみらい方面を望む。EOS M3 G planar T* 45mm F2 WB Auto ISO800 Av f4 1/20 −0.67




150806plaIMG_1952.jpg

          大桟橋のデッキに上がる通路。EOS M3 G planar T* 45mm F2 WB Auto ISO800 Av f4 1/80 −0.67




150806plaIMG_1961.jpg
       
          大桟橋から山下公園方面を望む。EOS M3 G planar T* 45mm F2 WB Auto ISO3200 Av f4 1/60 −1.33




150806plaIMG_1962.jpg

    大桟橋からマリンタワーに移動。展望台から見下ろす氷川丸。EOS M3 G planar T* 45mm F2 WB Auto ISO 3200 Av f4 1/60 −1.33




150806plaIMG_1976.jpg

         マリンタワー展望台から本牧方面の夜景。昨年小学校の同窓会でおよそ50年ぶりにこの展望台に登りま
        した。その時恩師が、マリンタワー開業当時ここから海の方を見た時には、雨で煙っていたせいもあるけれ
        ど遠くに一つ二つの明かりが見える程度だったと話しておられました。
         マリンタワー開業は1961年。当初は年間100万人を越える来場者があったそうですが、次第にその
        数も減り、経営母体も転々として存続の危機を迎えます。2006年には氷川丸と共に営業を終了しました
        が最終的には市が(氷川丸は日本郵船が)引き継ぐ事になり、改修工事を経て2009年に再度営業を開始
        しました。改修工事に当たって最上部の灯台機能は撤去され、代わりに塔の揺れを吸収するスーパースロッ
        シングダンパーが設置されています。子供の頃ここに上がった時にはもっと揺れていたような気がするので
        すが、この時は揺れを体感できませんでした。改修工事のおかげでしょうか?
                  EOS M3 G planar T* 45mm F2 WB Auto ISO3200 Av f4 1/80 −0.67



      150806plaIMG_1990.jpg
         ホテル・ニューグランドの中庭からレインボールームを見上げる。この日は何かのロケがあったようでホ
        テル玄関から大道具さんが大きなシャンデリアを天秤に担いで搬出していました。ガラスに映り込んでいる
        青い点々はマリンタワーの展望台です。
                  EOS M3 G planar T* 45mm F2 WB Auto ISO320 Av f2.0 1/80 −1




150806plaIMG_1998.jpg

        ホテル・ニューグランドの中庭にて。EOS M3 G planar T* 45mm F2 WB Auto ISO1600 Av f2.0 1/80 +0.67
  



      150806plaIMG_2008.jpg
      
        銀杏並木越しに見上げるマリンタワー。EOS M3 G planar T* 45mm F2 WB Auto ISO1600 Av f4.0 1/80 -1




      150806plaIMG_2016.jpg

         赤煉瓦倉庫に移動。2棟の間の広場には疑似ビーチやリラックスゾーンが設置されて若者が集まっていま
        した。EOS M3 G planar T* 45mm F2 WB Auto ISO500 Av f2.0 1/80 -1




150806plaIMG_2020.jpg

                  EOS M3 G planar T* 45mm F2 WB Auto ISO400 Av f4 1/80 −1




150806plaIMG_2023.jpg

                  EOS M3 G planar T* 45mm F2 WB Auto ISO400 Av f2.0 1/80 -0.33




      150806plaIMG_2030.jpg

                  EOS M3 G planar T* 45mm F2 WB Auto ISO125 Av f2.0 1/80 -0.33








  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:12
  4. [ edit ]

       このところ仕事が忙しく、8月12日から28日まで休みなしで仕事。お盆中は自宅でPCに向かっていました。あまり
      動かないでいると根っこが生えてきそうなので近所でチャバネセセリでも撮ろうと出掛けてみましたが、今年は姿が見え
      ません。仕方ないのでほとんど使っていなかったオールドレンズ(と言ってもそんなに古いものではないですが)2本を
      引っ張り出してイチモンジセセリを撮影してみました。1枚目と3枚目はGマウントの Sonnar90mm。2枚目はタムロ
      ンのズームレンズ28~200mm f3.8~5.6 でASPHを謳っています。1995年にペンタックスの Z-5P を入手した際セッ
      トになっていたレンズです。 




         デュランタの花を訪れたイチモンジセセリをコンタックスGマウントのゾナー90mmで撮ってみました。背景
        の壁の上端がほぼ水平になるように若干トリミングしてあります。接写でもなかなか秀逸な描写でした。
                EOS M3 G.Sonnar T*90mm F2.8 WB AUTO ISO125 f2.8 1/800 -0.33




150816tamP8160016.jpg

         タムロンのズームは保管状態が悪かったためか少しカビが発生しておりヌケが悪くなっていました。でも当時とし
        ては野心作と言える高ズーム比の小型AFズームレンズだけあってそれなりには写ってくれました。
              OMD EM5 Tamron 28-200 Asph. LD IF f/3.8-5.6 Macro WB AUTO ISO1600 F5.6 1/100




150816sonIMG_2146.jpg

                         ランタナの花で吸蜜中の個体に求愛。
                 EOS M3 G.Sonnar T*90mm F2.8 WB AUTO ISO125 f24 1/640 -1.33




            150816sonIMG_2152.jpg

         自宅付近は戦前からの住宅地なのでこういった手作りのスチール門扉が多かったのですが、このところめっきり見
        かけなくなってきました。見かけたとしてもその多くは打ち捨てられたような境遇で、空き地に寂しく門扉だけが残
        されていたりします。
                  EOS M3 G.Sonnar T*90mm F2.8 WB AUTO ISO125 f2.8 1/640




     150831tg3P8310013のコピー







  1. / trackback:0
  2. / comment:10
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2015 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -