主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

        今年もあと1時間を切りました。今年最後の記事は「上を向いて歩こう」
        撮影は全てOLYMPUS OM-D E-M5 Mark II / KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT。
        超広角レンズで見上げる頭上の世界、見慣れない景色、意外なほど美しい景色が広がっていました。
        今年は世界中で色々ありましたが、来年もなんとか下を向かずに行きたいものです。
        私はこれから東急ジルベスターコンサートでシルヴィ・ギエムのラストステージと共にカウントダウンです。 
        それでは皆さん、どうぞ良いお年をお迎え下さい。






151228em5_85PC280006.jpg



151230em5_85PC300222.jpg



      151230em5_85PC300226.jpg



      151230em5_85PC300230.jpg



151230em5_85PC300235.jpg




スポンサーサイト
  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

        19日は恩師の関係の展覧会を見に家内と銀座に行って来た。銀座通りを歩いてみると活気はあるもののその
        ほとんどは外国人である。

        151219em5PC190004.jpgこの人は何故旭日旗を持っているのだろう?



151219em5PC190017.jpg



       151219em5PC190021.jpg



       151219em5PC190025.jpg



       151219em5PC190027.jpg



    151219em5PC190029.jpg 151219em5PC190034.jpg
        家内が改装が終わってオープンしたばかりの『ピエール・マルコリーニ』のカフェに入りたいというので、寒
        い中1時間近く並んで入店した。


151219em5PC190041.jpg
        マルコリーニではインテリアデザインを手掛けられた伊達氏のお取り計らいで椅子、テーブル等の家具の製作
        をSTANDARDSで担当させて頂いた。


    151219em5PC190046.jpg 151219em5PC190051.jpg
        横浜に帰ってきて西口のロータリーに出た。伊東豊男の『風の塔』や地下入り口の覆いに薔薇の花のイルミネ
        ーション。
        昭和中期の場末の商店街の雰囲気だが、それとも何かの冗談だろうか?


           以上撮影は全て OLYMPUS OMD E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO





  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

        先月から今月にかけ名古屋に二度出張があった。場所は名鉄名古屋本線の呼続(よびつぎ)駅から徒歩10分
        ほどの所だった。呼続などという変わった名前の駅は初めて聞いたが、二度目にこの駅で下車した時に駅前の
        踏切を渡ろうとしていたら、物件の売却を依頼している不動産会社の営業の人から電話がかかってきた。
        今日会えるかと聞いてきたので、今名古屋なので無理だと言うと名古屋の何処にいるのかと言う。どうせ分か
        らないだろうと思って呼続という駅だと言うと、以前そのあたりに住んでいて、呼続には友人がいたからよく
        遊びに行ったと言う。まったく世の中は狭い。
        呼続の名の起こりは3kmほど離れた熱田・宮宿からの渡し船が出航する時、「船が出るぞ」と人から人へ呼
        び継いで伝えた事に由来するらしい。かつては呼続町という自治体があったらしいが、今は併合されてなくな
        っている。



        
        呼続駅のプラットホームと名鉄の赤い電車。この赤い電車を見ると、子供の頃に家族で行った岡崎や和歌山の
        親戚回りの旅行の事が思い出される。鉄道音痴の私なのでこの車両が何系なのか知らないが、ここには写って
        いない顔も含めてとてもいいデザインだと思う。



        151218iphIMG_1060.jpg
        駅の木製ベンチ。
        


              151218iphIMG_1072.jpg
              駅横の踏切。「たばこ、雑貨、印紙、切手」と書かれた古びた看板が上がった商店が
              一軒だけあったが営業はしていないみたいだった。その他は駅の横に飲み物の自販機
              が一つ置かれただけの寂しい駅である。
 

       
  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

        その1
        私は未だ i phone 5 を使っているが、このところ何かと調子が良くないので近々 i phone 6S に変えようと
        思っている。老眼が進んでいるのでi phone 6 S Plus の方がいいかもしれない。
        ところで一昨日の事、出掛けようとしてスマホを掴んだら Siri が起動して「ご用件は何でしょう?」と聞い
        てきた。「何でもありません」と返事をしたら「そんな事を言われるのは心外です」と、怒った声で返してき
        た。
        携帯音痴の私はスマホがそんな事を言ってくるなんて知らなかったのでびっくりしてしまった。スマホという
        のは怖い物だ。
         



        その2
        自宅の玄関に2つの柑橘類の実が置いてあった。一つはレモンに違いないがもう一つは何だろう、ちょっと歪
        なブンタン?と思っていたらこれもレモンだった。そう言えばレモンて放っておくと巨大になると聞いた事が
        あるような気がするが見るのは初めて。中身はどうなっているのだろう?
         151227ep5PC270017.jpg





         151227ep5PC270017_1.jpg
        今日は行きつけのフレンチレストラン「マルズターブル」の年内最終営業日だったので家内とランチを食べに
        行って来た。一級キャビアが特別に5g/400円で食べられた他、子羊肉のソーセージや、オマール海老のビ
        スクソースがけイトヨリダイのポアレなど、おいしい料理を頂いた。
        マルさん、1年間ありがとうございました。来年もまたよろしくお願い致します。良いお年をお迎え下さい。
        写真はレストランの窓辺に置かれたワインの空き瓶をロールスクリーン越しに見た所。





  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:8
  4. [ edit ]

        マイクロフォーサーズマウントの非純正レンズで気になる存在というと、私の場合コシナ製フォクトレンダー
        ブランドのノクトンシリーズとコーワの8.5mm、12mm、25mmのプロミナー三兄弟が思い浮かぶ。
        どれをとっても魅力的なレンズばかりで、それがために逆に今まで手が出せなかったが、たまたま今日カメラ
        量販店に行く用事があったらコーワのプロミナー8.5mmを衝動買いしてしまった。
        その後空き時間があったので、早速オリンパスのM4/3に装着して市内のよく写真を撮りに行くエリア
        に行って1時間ほど試写してみた。
        昨年9月に老舗光学メーカーでもあるコーワ(コルゲンコーワのコーワと同じ会社)から発表されたこのレン
        ズ。最大の特徴は超広角レンズでありながらディストーションを相当なレベルで押さえ込んだところ。
        かつ高解像度、高コントラスト、で発色もよく、デジカメGP2015で金賞を受賞したレンズである。
        発売から1年余を経てレビューも出尽くした感があるが悪い噂はあまり聞かない。実際どうなのだろう?

        

   151223tg3PC230018.jpg   151223tg32P151223tg3C230034.jpg
        本体の大きさはオリンパス純正の12~40mmズームと同じくらいだが、金属鏡胴のマニュアルレンズなので
        けっこう重たい。とは言え12~40mmより若干重いくらいだからたいした事はない。むしろヘリコイドの重
        さの方が気になるが、超広角レンズは置きピンでスナップ撮影する事も多いので、それを考えるとこれくらい
        の方がいいのかもしれない。カラーはブラック、シルバー、グリーンの3色がラインアップされている。
        右はフードを装着した所。このレンズはレンズ本体にフィルターをつける事ができず、フードにフィルターを
        取り付ける。フィルター径は86mmと大きく、またこれはレンズ本体の鏡胴径とも異なるので、フードとフ
        ィルターを装着した状態でレンズキャップをしたい場合には別に86mm用のレンズキャップを購入しなくて
        はならない。


             以下撮影は全て OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II / KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT



        
        開港資料館の隣のカフェ。地面と水平にカメラを構える限り、確かにディストーションはほとんど感じられない。



        151223em5PC230004.jpg
        開港資料館のオフィスのドア。質感の表現は悪くない気がする。



151223em5PC230007.jpg



151223em5PC230013.jpg
        最短撮影距離は20cmなので手前の何かにピントを合わせて開放で撮れば背景はこれくらいはボケてくれる。



        151223em5PC230043.jpg
        あまり時間がないので何処へ行こうか迷ったが、足は久しぶりに大桟橋に向かっていた。このブログで大桟橋が
        出てくるのは2011年3月1日(CLICK)今年の9月4日(CLICK)など何度かあったと思うが、今日よくよ
        く見てみるとさすがにデッキの木が少し傷んできていて気になった。木は暖かみがあってよいが、風雨にさら
        されるとどうしても劣化が早くメンテナンスが大変だ。新国立競技場は大丈夫なのだろうか?



151223em5PC230045.jpg
        近頃は個人でモデルさんを雇ってポートレイト撮影を楽しむ人が多くなった。この写真のペアも含めて何組も
        のペアが大桟橋を訪れていた。


        151223em5PC230050.jpg



        151223em5PC230051.jpg



        151223em5PC230062.jpg


        M4/3で8.5mmという焦点距離は35mm換算で17mm。キャノンの5Dと17~ 40mmの組み合わせで慣れ親し
        んだ画角だったはずなのだが実際このレンズを使ってみると何か勝手が違う。一つには極端に補正されたディ
        ストーションというレーベルに、明に暗に振り回されているのかもしれないが、やはりフルサイズの17mm
        とM4/3の8.5mmというのは別物なのではないかなという気がした。
        これからという所で雨もぱらつきだし、今回はとりあえずの試写になってしまったが、ちょっと慣れが要りそ
        うなレンズだなというのがとりあえずの印象。晴れた日に解像度や発色を試すのが楽しみである。




  1. カメラ
  2. / trackback:0
  3. / comment:12
  4. [ edit ]

 
        先日ずいぶん久しぶりに日暮里駅で下車してみたら以前とだいぶ様子が変わっていた。
        駅前はすっかり整備され、頭上には「日暮里・舎人ライナー」が走り、さらにその上に覆い被さるように高層
        ビルが建っている。道行く人々は外国人が多く、様々な国籍の人達が暮らしているように思われた。


          
          日暮里・舎人ライナーの日暮里駅。
        
        

        一方、昔からあるJRのプラットフォームの方は鉄骨等にだいぶ傷みがきているのに補修が行き届いていない
        ように見受けられた。もしかしたら全面改装の予定でもあるのかもしれない。
        ところで鴬谷から日暮里にかけての谷中墓地と山手線の線路の間は崖になっていて、昔からの石垣がコンクリ
        ート補強を施して残されている。その石積みの隙間を防水のために白セメントで補修してあるのだが、その補
        修された壁面が抽象画を見ているようで面白い。偶然が生み出した造形はそれぞれに個性があって、どこを切
        り取ってもコレクションしたくなるような趣を備えている。


151130miniimg037.jpg



151130miniimg041.jpg



151130miniimg042.jpg



151130miniimg045.jpg

                   以上 撮影は全て Leica minilux / Across 100






  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

        今週の火曜日、家内が出先の小田急線百合丘駅のすぐ近くでムラサキツバメのメスを iphone で撮影して帰って
        きた。
        家内の話では羽化不全らしく、擦れ個体という訳ではないようだった。
        今月11日のclossianaさんのブログ記事(CLICK)で、ムラサキツバメの化性について触れられておいでだった
        のを思い出し、やはり今年のように初冬が暖かいと、羽化回数も増えるのかもしれないなと思った。
        2枚目の画像では翅がかなりよれているのがわかる。せっかく羽化してきたものの、これでは越冬は難しいだ
        ろう。気の毒なムラサキツバメだ。


           151215iphIMG_1866.jpg


          151215iphIMG_5267.jpg




  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

        先週末、ダンダラさん(CLICK)banyanさん(CLIK) と、久しぶりに氷川丸に行って来た。
        今年は氷川丸に何度も足を運んで撮影したのでさすがに私好みの目新しいアングルは見つけにくくなってきた
        が、なるべく重複していない画像を選んで掲載しておく。




        氷川丸乗船前、もしや蝶がいないかと思って山下公園を散歩してみたが全く見られなかった。パンジー等の冬
        の花は元気だが、季節咲きの薔薇の花も散り始めだいぶ寂しくなってしまった。この写真、開放で蕊にピンを
        置いたつもりだったが少し外してしまったようだ。
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



151212sumPC120012.jpg
        氷川丸の鎖で羽を休める鳥も鵜やウミネコだったのが100% ユリカモメに変わっていた。面白いものだ。
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



      151212sumPC120022.jpg
        氷川丸艦内では『大リース展』というのが開催されていて、至る所に創作クリスマス・リースが飾られていた。
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



      151212ep5PC120180.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



      151212ep5PC120169.jpg
        一等食堂の天井照明。今まで掲載した事がなかったような気がする。アール・デコ様式の美しいデザインだ。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



151212ep5PC120182.jpg
        操舵室中央から船首を望む。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
        


151212sumPC120033.jpg
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0
        


151212ep5PC120186.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



151212ep5PC120188.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



      151212sumPC120038.jpg
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



151212sumPC120040.jpg
        このような描写はDR Summicronの最も得意とする所かもしれない。この日のお気に入りの1枚になった。
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



151212sumPC120043.jpg
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



      151212sumPC120048.jpg
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



151212sumPC120053.jpg
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



151212ep5PC120199.jpg
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



      151212ep5PC120202.jpg
        なんだか心臓の模型みたいだ。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



151212ep5PC120204.jpg
        見学を終え外へ出てみると、船尾の舷側に反射光が当たって鈍く輝いていた。
        氷川丸は波の荒い北太平洋航路向けに設計されたため、通常より厚い 18.3mm以上の厚さの鋼板を外板に用
        い、さらに鋼板のダブリング(重ね合わせ)も多めにとった上で頑丈なリベット工法で建造された。
        病院船さえもが悉く沈没してしまった太平洋戦争において、氷川丸が三度の触雷にも関わらず奇跡的に生き残
        れた理由の一つがこの外板構造であるのは間違いないだろう。
        ついでながら、先日拙ブログで紹介させて頂いた 郵船OB氷川丸研究会編の『氷川丸とその時代』の中で触れ
        られていた事だが、戦線が泥沼化するに連れ軍が病院船に対して密かに依頼してくる武器弾薬などの輸送を、
        氷川丸歴代の艦長、病院長が、病院船としての矜持をもってはねつけ続けた事が、氷川丸が生き残れた要因だ
        という指摘は胸に迫るものがあった。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



151212ep5PC120208.jpg
        ダンダラさんが雲の感じがいいと教えて下さったので山下公園側から空を入れて撮影してみた。ちょうど煙突
        の所をカモメが飛んでくれた。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO  



151212ep5PC120215.jpg
        氷川丸見学を終えてお茶を飲みに入った『シナモンズ・レストラン』。バーニーズ・ニューヨーク横浜の裏手
        にある。
        知らなかったが今けっこう流行っているカフェらしい。少なくとも今は、この場所はまだ平和なように見える。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


        ダンダラさん、banyanさん遠路はるばるお疲れ様でした。お付き合い頂き感謝しております。





  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:10
  4. [ edit ]

            6日の日曜日はそろそろ日本大通りの銀杏の黄葉が見頃かなと思い早朝車で出掛けてみた。




      151206ep5PC060066.jpg
      シルクセンターの駐車場に車を停めるとドレスアップしたミニが隣にいたので撮影。オリンパスの広角ズームは素
      晴らしいなと思う。
      OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


151206ep5PC060080.jpg
      咄嗟に写した写真で、自転車の子供にこそピントが来ていないがそれらしい絵が出て来たので驚いた。
      OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



151206ep5PC060088.jpg
      ミッドセンチュリーのアメリカのキッチン風ディスプレイ。カメラ雑誌で見た事があったかもしれない。
      OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



      151206ep5PC060112.jpg
        日本大通りの銀杏は予想通りだいぶ黄葉が進んでいい感じになっていた。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO  



151206ep5PC060123.jpg
        大通りが車両通行止めとなっていたので何があるのかと思って警備の方に伺ってみたら、「ソープボックス
       (動力を持たない車)ダービー」というのが行われるらしい。これがその出場車の一例。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO


      151206ep5PC060133.jpg
        日本大通りから税関の塔を見る。こんないいアングルがあった事に今まで気づかなかった。望遠系のレンズを
        持ってここを歩いた事がなかったからかもしれない。あまり良い事とは思えないが、手にしたカメラのレンズ
        の焦点距離に、知らず知らず肉眼の方まで影響を受けているようだ。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO


      151206elmPC060118.jpg
        Elmarで県庁を撮ってみた。やはり赤味が押さえられて(というか色乗りが悪いだけだが)好みの色が出た。
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz Elmar 5cm f3.5        


        家に戻って朝食をとり、近所に蝶を探しに出た。1週間前とはだいぶ様子が異なり、たくさんいたヤマトシジ
        ミもボロボロの個体が一ついただけでベニシジミも見られなかった。
        けれども今年自宅近所では初見となるウラナミシジミを1頭発見。おお、いたんだ ! と思わず叫んで撮影し
        たが、とても敏感で思う距離まで近寄れない。なので下の2枚はかなりトリミングしてある。


1512062ep5PC060123.jpg
        ウラナミシジミ 
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO



PC060124.jpg

        同上

        ウラナミシジミ、たまたま私が見つけられなかっただけかもしれないが、今年少なかったのは確かである。
        この初見が、どうやら終見という事になりそうだ。来年は以前のようにたくさん飛んでくれたら嬉しいのだが。





  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:8
  4. [ edit ]


        先週の土曜日夕方、外に出てみると鱗雲のかけらのような”ちぎちぎとした”雲の浮かんだ空がきれいだった。
        Elmar 5cm f3.5 をつけた OM-D E-M5 を持って近所を散歩に出た。




        これは小学校のプールのシャワー室。屋上に何本もの配管が並んでいる。エルマーはこんな時でも色がえぐく
        なり過ぎないのがいい。



      151205elmPC050020.jpg
        実際にはもっと明るかったが、雲の面白さがわかり易いようにかなりアンダーで撮っている。




      151205elmPC050030.jpg
        紅葉した大きな蔦の葉。M4/3 では5cm の焦点距離がほぼ倍換算になる上に、ヘリコイド付きのマウントア
        ダプターを使っていたのでかなり接写が効く。
        この葉っぱの色は全くもって強烈な赤で、色彩表現の眠たいエルマーで撮ってさえこの毒々しさ。



      151205elmPC050056.jpg
        お寺のケヤキの幹と風になびく不思議な旗。このお寺には以前母方の祖父母の墓があったが今は移されていて
        縁がなくなってしまった。そこそこの広さの墓地があるが、娘が子供の頃には墓地内の井戸端で幽霊らしきも
        のを見かけたという。



      151205elmPC050072.jpg
        だいぶ暗くなってきた。美しい空を背景にしたケヤキの樹のシルエットには、なんだかもの凄い獣が立ち上が
        りでもしたかのような迫力があった。



      151205elmPC050092.jpg
        別の樹や家の屋根を入れてみた。ケヤキだけの写真より落ち着いたような気もするし、逆に不安な気持ちを煽
        られるような気もする。





  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

        猫の子が大人になるのは早い。5月に生後2ヶ月で我が家にやって来たエルモ君ももうだいぶ大人っぽくなっ
        てしまった。もう少しゆっくり育てばいいのにと勝手な事を思ってしまうがそうはいかない。
        子供の頃を懐かしんで、家内が iPhon で写した写真を見ていたらいい写真が何枚も出て来たのでまとめてみ
        た。順序はスクランブルだ。


      elmoIMG_1979.jpg


      


      elmoIMG_5034.jpg


      elmoIMG_6607.jpg


                     elmoIMG_6911.jpg








  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2015 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -