FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         すっかり秋めいてきたと思ったが、何故か今日は盛夏のように暑い。日射しの衰えはほとんど感じられず、
         吹く風に微かに秋を読み取る・・・そんな陽気だ。
         先週土曜日は久しぶりに町田のSさん、ダンダラさん御夫妻と御一緒して長野県に蝶の撮影に行ってみた。
         今年は中部地方ではタテハ類が不作のようで、殊にクジャクチョウが異常な程少ないようである。この日も
         気をつけて見ていたが、本当にクジャクチョウは1頭も見かけなかった。いつもなら色々なタテハやヒョウ
         モン類の群れていそうなヒヨドリバナやアザミの花が草原で空しく風に吹かれているばかり。なんとも寂し
         げである。幼虫がウィルスで被害を受けたという話も聞くが、比較的安定した発生を繰り返してきたクジャ
         クチョウがこれほど少ないというのは驚きである。



 
         <OLYMPUS OMD E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         最初に行ったポイントは河原でキベリタテハの吸水狙い。しかし今年はやはり数が少なく、辛うじて2頭を
         見かけただけだった。写真は川岸の石に止まったヒョウモン。ミドリヒョウモンの♀のようだがクモガタヒ
         ョウモンのようにも見える。どうだろう?



 160903em5P9030002.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         冷たい水を徒渉してようやく撮ったキベリタテハの証拠画像。



 160903em5P9030093.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ポイントを移動して別の山系へ。林道でシータテハを見つけた。越冬していないシータテハを撮影するのは
         久しぶり。翅裏のCの字が良い形をしたいかにもシータテハらしい個体で嬉しかった。



 160903em5P9030024.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         アザミで吸蜜。



 160903em5P9030130.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         林道の崖でキベリタテハを発見。推定♂と♀と思われる2頭がミネラル補給に訪れていたが、私が撮影でき
         たのは♂と思われる個体の方だけだった。



 160903em5P9030209.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         真夏に比べて影が長く伸びる事が多くなった。



 160903em5P9030375.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         この美しさは何度見ても溜め息物。



 160903em5P9030438.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         キベリタテハの自然光撮影は、褐色を出そうとすると縁が白飛びし、縁のクリーム色を出そうとすると褐色
         が黒く潰れてしまう。そこでこういうのはどうだろう(笑)?




 160903em5P9030605.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         行きにシータテハを見かけた場所で帰りにスジボソヤマキチョウを撮影した。秋が感じられる写真になった。



 160903em5P9030661.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         さらに移動してヤマキチョウのポイントへ。白樺林の中の草原で、アザミの花にセセリやヒョウモン類が吸
         蜜に訪れていた。メスグロヒョウモンの♀も数頭いて、ダンダラさんがそれほど傷んでいない個体を見つけ
         て下さった。



 160903em5P9030742.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         Sさんがヤマキチョウを発見。最初の1頭はすぐに薮に潜り込んでしまったが、次の個体は長い時間アザミ
         で吸蜜して私達を楽しませてくれた。


         
 160903em5P9030761.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 160903α72apoelmDSC05247
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         この日は前日手元に届いたオールドレンズの筆下ろしも。
         まずは「アメ」の愛称で呼ばれるApo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8。ふ〜む、これだけではなんとも。


 160903α72suanguDSC05265
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon-R 21mm f4>
         そしてシュナイダー製ライカ広角のSuper Angulon-R 21mm f4。ウ〜ム、よくわからん。



 160903α72suanguDSC05359
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon-R 21mm f4>
         もう1枚スーパーアンギュロン。



 160903α72apoelmDSC05438
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         再びアポ・マクロ・エルマリートR。少し古びた色で普通に写っている。
         多くの個体はもう休眠状態らしく、飛び出してもすぐに葉の裏に隠れて動かなくなってしまう。



 160903α72apoelmDSC05239
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         蝶が上手く撮れなかったのアザミ(と書いてしまいましたがマツムシソウの間違い。kazenohaneさんが教
         えて下さいました。)の実を撮ってみた。色はライカらしい落ち着いた色。ボケは奇麗に見える。



 160003α72apoelmDSC05462
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         オミナエシの花を撮ってみた。繊細な写り方だ。


         
 160003α72apoelm_1DSC05462
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         上の画像の左の方のハエ?のピクセル等倍切り出し。オオッ ! ちゃんと解像しているようだ。



         ご同行下さった皆さん、当日は大変お世話になりました。思ったより収穫の多い1日で楽しかったです。是
         非またよろしくお願い致します。






スポンサーサイト



  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2016 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -