主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

            22日は夕方中華街に出掛けた。目的は2つで、1つは中華街にある知人の画廊での写真の展覧
            会を見る事。もう1つは中古カメラ店に愛用レンズのスピード・アナスティグマートのメンテナ
            ンスを頼むことだった。スピード・アナスティグマートのヘリコイドがいよいよ重くなってきて
            ピントを合わせるのも一苦労。それでグリス交換と調整清掃をお願いした。そう言えばあれから
            1週間以上経つのに何の連絡もないが大丈夫だろうか。
            写真は用事を終えて元町中華街駅に向かって歩きながらα7ⅡとAMEで撮ったスナップ。夕方の光
            はAMEの魅力を存分に引出してくれる。
            それにしても変わり果てた中華街。雑然としていながらどこか統一感や風格を漂わせていたかつ
            ての面影はなく、食べ放題のような店ばかりが増えて実のない空洞化が進んでいる。今や大資本
            による金儲けのためだけの商店街といった様相になりつつあるように思える。

            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>


            170122α72ameDSC00117



            170122α72ameDSC00126



            170122α72ameDSC00133



 170122α72ameDSC00134



            170122α72ameDSC00140



            170122α72ameDSC00157



            170122α72ame_tDSC00168



 170122α72ameDSC00162



 170122α72ameDSC00170



 170122α72ameDSC00175



 170122α72ameDSC00180







スポンサーサイト
  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         市内の舞岡公園には「小谷戸の里」と名付けられた施設がある。戸塚区品濃町から移設復元された明治後期
         の古民家「旧金子家母屋」。を中心にいくつかの建物が建ち、公園内で谷戸の暮らしや文化を体験したり里
         山の自然学ぶための基地として親しまれており、ボランティアの活動も活発である。
         この日はちょうど「炊き出し」の日に当たり、敷地内では大勢のボランティアの方々が忙しく働いておられ
         た。
         炊き出しというと本来貧窮して食を得る事ができない人や災害に遭った人のために無償で食事を提供する事
         だが、ここでは不特定多数の人に食事を供する事をそのように呼んでいるらしい。
         ボランティアの人が大勢来ていれば当然その子供達もやってくる。見ていると子供は子供同士で仲良くやっ
         ていて微笑ましかった。
         しかし考えてみればそんな当たり前のような景色をここ何十年来ほとんど見ていない。ましてこのような古
         民家の庭先で遊ぶ子供の姿などというのはそもそも見た事がない。実は貴重な景色を見せてもらっているの
         かもしれないなと思ってカメラを向けた。
         
 
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         母屋の前で羽根つきをする子供達。



 170122ep5anaP1220001.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         敷地の一角には薪がたくさん積まれていた。



         170122ep5anaP1220008.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         母屋の入り口脇に吊るされた唐辛子。なんともきれいな赤である。
         


         170122ep5anaP1220014.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         母屋に入ってみると竃の火が豪勢に燃えていた。釜の中身はなんだろう。
         


         170122ep5anaP1220026.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         屋内には煙が立ちこめている。この煙が建物を燻蒸して虫食いや腐食から守ってくれる訳だ。



         170122ep5anaP1220036.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         さっき羽子板を振り回していた子供がやってきて話しかけてきたが何を言っているのかよくわからない。
         遊んでくれる人がいなくなっちゃったのかと聞くと縁側の方に行って玩具の入っている箱の前にしゃがみ込
         んで達磨落としのようなものを取り出した。向こうに玩具があるから遊ぼうと言っていたのかもしれない。



 170122ep5anaP1220039.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         入り口を入ったところの壁には誰が作ったものか簑が架かっている。



 170122ep5anaP1220050.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         裏手の水屋。格子窓から差し込む光がきれいだ。



 170122ep5anaP1220052.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         裏にも縁側がある。



 170122ep5anaP1220053.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         裏の縁側の上の明かり取りにも格子がはまっていた。



 170122ep5anaP1220062.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         かくれんぼの鬼決めじゃんけんをしている少女達。この日のお気に入りの1枚。



 170122ep5anaP1220064.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         少し引いて母屋の写真を撮っていたらかくれんぼの鬼になったのだと思われる少女が笑顔で前を走っていっ
         た。



 170122ep5anaP1220069.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         水の干上がった瓜久保の河童の池。6月にはこの池の畔でミドリシジミがたくさん羽化する。



 170122ep5anaP1220072.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         この蠟梅は気が早く12月から咲き始めていたらしい。スピード・アナスティグマートらしいグルグルボケ
         が中央の花を引き立ててくれている。



 170122em1_tP1220106.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×トリミング>
         実はこの日もアリスイの撮影を狙っていたのだが全く見られず。他の野鳥を少しだけ撮影した。
         タシギの番。



 170122em1_tP1220146.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×トリミング>
         アオジ。左上にメスが写っている。



 170122em1P1220182.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         同上







  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

         だいぶ遡るが昨年のクリスマスシーズン。近所の公園で井上信道さんの彫刻に再会した。井上信道さんにつ
         いては昨年4月19日(CLICK)4月20日の記事(CLICK)で書かせて頂いたが、私にとってとても思
         い出深い人物だ。
         自宅からほど近い「反町公園」。今では街中の地味な公園だが、実は幾多の変遷を経て今に至っている。
         1900年から1941年までは遊郭。戦中は贅沢と見なされて職工の宿舎などに使用され、1945年に
         空襲で消失。1949年には日本貿易博覧会の第2会場となった。その後10年間はこの博覧会のパビリオ
         ンが横浜市庁として使われた。横浜市庁がもとは神奈川にあったという事は、あまり知られていないのでは
         なかろうか。

         私が物心ついたのは横浜市庁がちょうど関内に移転した頃だろう。雑草も茂り始めた物寂しいがらんとした
         敷地の中程に円形のプール状の噴水があって、その内壁の数カ所に取り付けられたライオンの口から流れ出
         る水と、噴水に飛び込んで嬉しそうに泳いでいた飼い犬のことをぼんやりと思い出す。
         余談だがこの噴水の思い出は長い事私の意識に影響を与えていたように思う。石で作られたこの噴水で感じ
         た日常生活にはない静謐さが、幼心に西洋文化のイメージとして刻み込まれたような気がする。

         さらに1963年からはここが遊園地となり、ジェットコースターやコーヒーカップ、ゴーカート、トラン
         ポリン、プールなどが設置されて賑やかになった。当時の自宅から歩いて2〜3分の場所であったから私も
         ずいぶんお世話になった。
         その後遊園地としては次第に衰退し、現在の公園の姿になっていった。井上さんの彫刻もその頃の公園整備
         の一環として設置されたものだろう。
         遊郭〜宿舎〜博覧会場〜市庁舎〜遊園地〜公園・・・こんな変遷をたどった場所は他にはまずないに違いな
         い。

         今の姿の公園となってからは全く訪れる事がなくなっていたが、娘が生まれると自転車の練習をさせるのに
         度々訪れるようになった。しかしその当時は井上さんの事はすっかり忘れていて、公園の一角に置かれた裸
         婦の彫刻も何気なく見ていただけで特に興味は引かれなかった。子育て中というのはそんなものかもしれな
         い。

         今はまたあまり訪れる機会のなくなった反町公園だが、たまたまこの日公園の隣の区役所に用事があったの
         で、そのついでに公園を歩いてみた。そして久しぶりに彫刻を見て「おやっこれは、そうだ、ここにも信道
         さんの作品があったんだな」と思い出した次第である。
   
         <Leica M3 DS / DR Summicron 50mm f2 ACROSS100>


 
           12月25日、近所のケーキ屋さん「アトリエ菓舎」にて。クリスマスのささやかなディスプレイ。



            161225m3summiimg590.jpg
            スキー板とストックのディスプレイが可愛らしかった。



            161226m3summiimg573.jpg
            12月26日、反町公園におかれた井上信道さんの彫刻『陽』。



            161226m3summiimg570.jpg
            井上さんは器用な方ではなかったように思う。この裸婦像も素朴な造形の中に対象の内面を感じ
            させる作品だ。



            161226m3summiimg574.jpg



            161226m3summiimg594.jpg
            メタセコイアという樹は存在感がある。



            161226m3summiimg596.jpg



            161226m3summiimg578.jpg
            公園の反町駅寄りの入り口に小さな噴水がある。亀とライオンのレリーフがあしらわれている。
            亀は神奈川の伝説である「浦島太郎」に因んだものだろうが、ライオンはどうだろう・・・もし
            かしたらかつてこの敷地の中ほどにあった噴水の、ライオンの吐水口のメモリアルなのではなか
            ろうかと思ったが事実は確認できていない。







  1. アート
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         1月20日の記事(CLICK)でE-M1Ⅱの深度合成について書いたがその続報。室内でワインのボトルなどを
         撮ってみた。

 500:0P1210001
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         F5.6 1/4 -0.3 ISO500 ノーマル撮影
         ズームレンズの焦点距離はデータでは18mmとなっていた。ノーマルに撮るとF5.6まで絞ってもこの程度
         の被写界深度しか得られない。ワインはハーフサイズボトルで、奥の壁までは10m弱の距離がある。


 500:2P1210009
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         F5.6 1/4 -0.3 ISO500 深度合成 フォーカスステップ2
         フォーカスステップ2で深度合成するとこんな感じ。メガネのフレームにもピントが合ってくるがツルの途
         中からボケ始める。
         合成画像は周辺部がカットされる。1枚目と比べるとかなり画角が狭くなっているのがわかる。


 500:5P1210018
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         F5.6 1/5 -0.3 ISO500 深度合成 フォーカスステップ5
         フォーカスステップ5で撮ると10mほど先にある鏡とその中に写る私の背後のレースカーテンまでピント
         が合っている。因に5以上のステップに変えて撮ってみてもあまり変化は見られなかった。


 1600:0P1210372
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         F2.8 1/640 ISO1600 ノーマル撮影
         フレデリック・ノッダー(Frederick Polydore Nodder)の編纂した『自然科学者の雑録』の中の一葉。
         エッチンングに手彩色で描かれたナガサキアゲハだが、オリジナルだけに迫力がある。
         エッチング技師であり画家でもあったノッダーはジョセフ・バンクスの花譜集の編纂に携わったと言われる
         18名の画家の1人に数えられ、2015年2月24日の記事(CLICK)で書いたシドニー・パーキンソン
         の原画をエッチングに起こす作業を手伝っている。


 1600:7P1210371
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         F2.8 1/640 ISO1600 深度合成 フォーカスステップ5
         開放のF2.8でもナガサキアゲハの全体にピントが合っている。ただしアウトフォーカスとなる紙の端は例
         によって単なるボケではなくダブったように写っている。なおこの絵の大きさだが、エッチングの版の大き
         さで155×106mmである。


 170122em1P1220367.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro>
         F3.2 1/200 ISO400 深度合成 フォーカスステップ5
         22日にアリスイ探しで再度空振りした時に撮ったヤツデ。マクロレンズで手撮りすると広角と比べて画像
         合成の失敗率が断然高くなる。可能なら三脚の使用をお奨めしたい。三脚が使えないなら合成が成功するま
         で繰り返し撮影するしかない。


         E-M1Ⅱの深度合成は充分使える機能だと思うがいずれにしても結果は最終的にはカメラ任せ。試写を行っ
         てある程度の癖を把握したらあとはどんな絵が出てくるかはお楽しみというところだ。





  1. カメラ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         15日は日の出を
         Akakokkoさん(CLICK) から市内公園でまたアリスイが出ているとの情報を頂き家内と出掛けてみたが、
         残念なことにその数日前から出が悪くなってしまったらしく見ることはできなかった。
         アリスイは見られなかったもののフユシャクのメスやタシギ他久しぶりに目にした野鳥も観察できて楽しい
         時を過ごすことができた。Akakokkoさん、どうもありがとうございました。

 170115α72ameDSC00030
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8トリミング>
         Akakokkoさんにフユシャクのメスの居場所を3カ所教えて頂き嬉しいメスの初撮影。
         ただ想定外のフユシャクだったので撮影倍率の低いアポマクロエルマリート単体での撮影になってしまった。
         種名は調べたが断定できず。この幹にとまったメスは青みがかった個体できれいだった。



 170115α72ame_tDSC00082
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8トリミング>
         遊歩道の木製の手摺にとまっていた別個体。思いっきりトリミング。



 170115α72ameDSC00043
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         こちらは全く羽のない種類。7〜8mmの体長なのでトリミングなしだとこれがアポマクロエルマリート
         単体でのほぼ最大撮影倍率。AkakokkoさんはTG-4で素晴らしい写真を撮られていた。私はTG-4は所有し
         ていないが、せめてTG-3を持ってくれば良かったといつもの後悔。



 170115α72ame_tDSC00044
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8トリミング>
         上と同じ個体を真横から撮ってみた。こうしてとまったままフェロモンでオスをおびき寄せる冬の蛾。なん
         とも風変わりな生き物である。



 170115em1_tP1151175.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×トリミング>
         久しぶりに目にしたタシギ。可愛らしい鳥で大好きだ。



 170115em1P1151536.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×トリミング>
         こちらも久しぶりに見たクイナ。撮影は初めてかもしれない。コワモテだけれど警戒心が強く、すぐ薮に隠
         れてしまった。



 170115em1P1151592.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         水辺で餌を探すキセキレイ。



         170115em1P1151730.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×トリミング>
         バンの若鳥。成鳥はもっと黒っぽい。



 170115em1P1151806.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×トリミング>
         こちらもちょっと顔を出してすぐに薮に入ってしまった。



 170115em1P1152002.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         湿地の枯葉をひっくり返しながら餌を探すシロハラ。






  1. / trackback:0
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

         15日の朝は懲りずに日の出を見に行った。思ったより雲が多く、日の出はだいぶ高い位置からになった。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         日の出前の空もきれいだった。



 170115em1P1150005.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ウ〜ン、お日様はどこから?



         170115em1P1150035.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         結局ベイブリッジの背後に顔を出した。



 170115ep5P1150017.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 170115em1P1150043.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         雲上の架け橋。



 170115em1P1150062.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         まだ静まり返った大桟橋。遠くに根岸方面のクレーンが見える。



 170115ep5P1150030.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 170115ep5P1150005.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>






  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         1月14日最後はOMDで撮影した写真。「横浜港シンボルタワー」は高さ58.5m。船の出入港のための信
         号塔であるが、上部に展望室。基部を取り囲むようにパイプ状の展望デッキを備えている。周辺には売店の
         ある休憩所やマレットゴルフ場などがある。
         
         
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         おかしなデザインのシンボルタワー。階段の突き当たりにシェル型の彫刻が立っている。



         170114em5P1010738.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         信号板にはF字が点滅していた。多分Freeの頭文字だと思うが現在出入港自由という意味である。



 170114em5P1010744.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         塔を半周取り囲むように作られた展望デッキ。ガラスははまっていないので写真撮影にはいい。



 170114em1P1140334.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         塔の基部まで登って振り返ると、どこかで見たような船が・・・先ほど大桟橋を出航した「にっぽん丸」だ。
         三菱ドックの手前でタグボートに引かれている。メンテナンスに寄ったのだろうか?
         左隣にはブルネイのLNG船「AMALI」が停泊している。
         



 170114em5P1010731.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         コンテナが積み上げられた本牧埠頭D突堤。



 170114em1P1140024.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>



 170114em1P1140019.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         白煙を上げる磯子の火力発電所の煙突。



 170114em1P1140080.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         横浜港に10基ある灯台の1つ「横浜本牧防波堤灯台」で釣りを楽しむ人。いつも不思議に思うのだがどう
         やってあそこに行くのだろう?左の人はライフジャケットを着ているようだが右の人は落ちたらお陀仏では
         ないかな?
         船の舳先は香港のコンテナ船「CORAL CHIEF」。



 170114em1P1140156.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         全長170mの船だがあっという間に灯台の前を通過して行く。
         


 170114em1_1P1140156.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ↑の写真の左端の切り出し。船員さんの表情は明るい。



 170114em1P1140313.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         通過する CORAL CHIEF の写真を何枚も撮った。コンテナの向こうに扇島のプラントが見える。



 170114em1P1140326.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ブリッジ部。遠くのしましまはアクアラインの通気塔(風の塔)。



 170114em5P1010711.jpg
          <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
          シンボルタワーのてっぺんまで登ってみた。階段で8階分はけっこうきつい。ここはアクリルガラスで覆
          われているので写真撮影には向かないが景色は楽しめる。積まれたコンテナの先の海に飛び出たL字の突
          堤は「本牧海釣り施設」。大人1回900円。見学は100円。



 170114em1P1140336.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO> 
         根岸の三菱倉庫あたりか。



 170114em5P1010739.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         展望デッキから見上げるシンボルタワー。



 170114em11140339.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         マリンタワーや丹沢の山々も望まれる。







  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

         14日の2回目はα7Ⅱでの撮影。
         この日は風が強く桟橋上はかなり寒かった。私などダウンコートのフードを被らないといられないくらいだ
         ったが、それでも若いカップルをはじめちらほらと人影が見られた。あまり寒いのでデッキから出入国ロビ
         ーに入って展示してある帆船模型やロビー内の写真を撮っていたらひときわ大きな汽笛が鳴った。外を見る
         とにっぽん丸が既に岸壁を離れ始めていた。

 170114α72bioDSC09757
         <Sonyα7Ⅱ / Carl Zeiss G Biogon T* 28mm F2.8>
         大桟橋からみなとみらい方面を望む。



 170114α72ameDSC09744
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         水陸両用バス「Sky Duck」が海上を航行中。



            170114α72ameDSC09786
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            天候が不安定で雲の形や光が面白くお気に入りの1枚になった。



 170114α72bioDSC09812
         <Sonyα7Ⅱ / Carl Zeiss G Biogon T* 28mm F2.8>



 170114α72bioDSC09822
         <Sonyα7Ⅱ / Carl Zeiss G Biogon T* 28mm F2.8>



 170114α72bioDSC09834
         <Sonyα7Ⅱ / Carl Zeiss G Biogon T* 28mm F2.8>
         出入国ロビーの一角に置かれたこの木製の帆船模型。これは実在の船の模型ではなく、学生の訓練用に作ら
         れたものであるということを今回初めて知った。説明プレートに書かれていた内容(手直ししたいような文
         章だが)をそのまま載せておく。


                            帆船模型「北光丸」

         この模型帆船は、旧函館商船学校(明治12年~昭和10年)で、生徒の机上操帆訓練用教材として、大正
         12年(1913)に製作され、展帆、畳帆や索具の取扱等を訓練し、幾多の商船士官育成の為貢献した由緒あ
         るものです。
         昭和10年の廃校に伴い、現在の函館水産高校に引き継がれ、日の目を見ないまま埋もれていたが、昭和
         56年、社団法人 全日本船舶職員協会(全船協)の創立50周年記念事業の一環として、海事思想普及に役立
         たせる為譲り受け、運輸省航海訓練所練習船「大成丸」で横浜に運ばれました。
         その後、全船協内に「北光丸」修復委員会が組織され、船体補修の後、横浜帆船模型同好会が艤装を行い、
         復元の後、社団法人 横浜港振興協会に寄贈された物である。



 170114α72ameDSC09841
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         窓の外にはにっぽん丸の船腹が見えている。紺色の上に赤いライン。こうして見ると悪くない。
         ところでこの模型、今まであまりちゃんと見た事がなかった。というのもこの模型が訓練用の教材であった
         事を知らなかったで、単に帆船模型として見ていたから、なんだかちょっと大雑把な代物だなという印象し
         かなかった。



 170114α72ameDSC09844
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         しかし実際にこの模型で展帆、畳帆や索具の取扱等を勉強したとするとそれにしては精巧に作られていると
         感心させられる。細部を可動にして強度を保つ事の難しさは、私も以前よく模型を作ったので痛いほどわか
         る。対象に対する知識のあるなしで、物の見方は180度変わる。



 170114α72ameDSC09881
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         出航したにっぽん丸。



 170114α72ameDSC09908
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         船というのは案外速く進む。少し眺めていたらすぐにベイブリッジまで到達してしまった。



 170114α72ameDSC09913
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         若い人は元気だ。上のデッキから写真を撮ってもらうために下のデッキに駆けて行く女性。



 170114α72ameDSC09917
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         出入国ロビーにて。



            170114α72ameDSC09941
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            ようやく本牧の「横浜港シンボルタワー」に到着したが、脱線が長かったので3時になってしま
            った。この施設はこの時期4時がタイムリミットなのでけっこうぎりぎり。
            コンテナ用のクレーン(通称キリン)が立ち並ぶD突堤の様子を眺める事ができる。
            シンボルタワーで撮ったその他の写真は次回に。



 170114α72ameDSC09994
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         本牧からの帰路はベイブリッジを渡って大黒埠頭に出てみた。大黒大橋からつばさ橋を望む。この日は終日
         空が面白かった。



 170114α72ameDSC00008
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         大黒大橋からベイブリッジ。









  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

         1月14日は午後から数台のカメラを持って撮影に出た。本牧にある「横浜港シンボルタワー」を1度も訪
         れた事がなかったので、これは横浜市民としてちょっと問題だと思い行ってみることにした。
         車が海岸通りに入ったところで大桟橋に客船が接岸しているのが見えたので例によって寄り道。まずはどう
         してもたまに使いたくなるレンズ、エルマー5cm で撮った写真。


         
         <OLYMPUS PEN E-P5 / Leitz Elmar 5cm f3.5 /Y2フィルター モノトーン トリミング>
         飛翔中のオオセグロカモメ。E-P5 をモノトーンに設定して撮った画像のトリミング。横→縦のトリミング
         だがそこそこの解像感を保っている。


 
 170114ep5elmP1140006.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / Leitz Elmar 5cm f3.5 /Y2フィルター モノトーン>
         停泊中の船は商船三井のクルーズ船「にっぽん丸」だった。白い船だったように記憶していたが、2010
         年の大改装で船腹が濃いブルーに塗り替えられたらしい。
         エルマーとE-P5のモノトーンの相性はなかなかだ。階調派で柔らかいエルマーの描写が、船を優しく大き
         く見せてくれている。



 170114ep5elmP1140007.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / Leitz Elmar 5cm f3.5 /Y2フィルター モノトーン>
         イエローフィルターのおかげで空が締まった。



 170114ep5elmP1140040.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / Leitz Elmar 5cm f3.5 /Y2フィルター モノトーン>
         エルマーはM4/3で使うと100mm 換算。桟橋上からノートリでこんなショットも撮れる。




         ここからはフィルターを外してカラー撮影。


 170114ep5elmP1140055.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / Leitz Elmar 5cm f3.5>
         このどこか粉っぽいような質感と気だるい色表現が実に魅力的。



 170114ep5elmP1140092.jpg
          <OLYMPUS PEN E-P5 / Leitz Elmar 5cm f3.5>
          煙突が2本。



 170114ep5elmP1140095.jpg
          <OLYMPUS PEN E-P5 / Leitz Elmar 5cm f3.5>
          船尾から。



 170114ep5elmP1140105.jpg
          <OLYMPUS PEN E-P5 / Leitz Elmar 5cm f3.5>
          山下公園の氷川丸。今時の船と比べなんと優雅で美しいことか。



         170114ep5elm_1P1140129.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / Leitz Elmar 5cm f3.5>
         お洒落な人がデッキに上がって行った。









  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         9日は朝から雨が降っていたが昼前にほぼ止んだので市内に散歩がてら撮影に出た。α7Ⅱ とオールドレン
         ズ2本を持って出掛けたがなんとメモリーカードが入れ忘れていた。
         帰ろうかとも思ったが、悔しいので iphone 7Plusで少し写真を撮った。

         170109iphoIMG_0338.jpg
         日本大通りを歩いている時出航の汽笛が鳴ったので岩壁に出てみたら飛鳥Ⅱが出航して行くところだった。
         少し到着が遅れてしまい船が遠くなってしまった。メモリーカードがあれば100mmで撮れたのに、残念。
         


         170109iphoIMG_0349.jpg



         170109iphoIMG_0346.jpg
         クイーン(横浜税関)と観覧車。



         170109iphoIMG_0361.jpg
         県庁正面。



         170109iphoIMG_0363.jpg
         同上。



         170109iphoIMG_0366.jpg
         ポートレイトモードでぼかしてみる。構図も構図だがボケ味もやはり不自然だ。



 170109iphoIMG_0369.jpg
         情報文化センター1階のレストラン「アルテリーベ」の前でロケが行われていた。すごく明るいライトが点
         いていてそこだけ晴れた日のように見えた。



         170109iphoIMG_0373.jpg
         横浜情報文化センターの正面入り口。この建物は昭和4年に建てられた旧横浜商工奨励館を改築したもの。



         170109iphoIMG_0385.jpg
         ジャック(開港記念会館)。この建物の前に立つのは久しぶりだったのでアングルを変えて何枚か撮ってみ
         た。iphone7plus はけっこうすごい。



         170109iphoIMG_0389.jpg



         170109iphoIMG_0391.jpg
         レンズが短いだけにやたら被写界深度が深い。ダブルカメラのせいでもあるかも。前回の記事でE-M1Ⅱの
         深度合成の事を書いたが必要ないな、これは(汗;)。






  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         OMD E-M1Ⅱ の深度合成でスナップを撮ってみた。E-M1Ⅱのこの機能は8枚の画像の合成だが、撮影速度
         はかなり早いのでしっかり持って撮ればスナップでも面白い写真が撮れる。またフォーカスステップでフォ
         ーカスのブレ巾を調節できるようになっている。

         撮影は全て
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

         
         市内では今や貴重な存在となった寛永の擬宝珠。寛永4年は1627年。かなり古い物になる。今は
         暗渠となっている反町川に架かっていた橋のもので、この道は三ツ沢の普顕寺に向かう参道であった。
         深度合成で撮ると背景の自転車までピントが合っているが、自転車は動体なので少しだぶって撮れている。



         170106em1_1P1060317.jpg
         12mm(換算24mm)F5で撮影。ズームの広角端で少し離れて撮ると普通の超広角画像のようだ。



         170106em1P1060379.jpg
         この写真は17mm(換算34mm)F5での撮影だが手前の凝灰岩から空までほぼピントが合っている。
         超広角でも絞り込まないとこうはいかない。



 170106em1P1060489.jpg
         極端な接写では背景まではピントは来ない。フォーカスステップを広げてみたが合成に失敗した。
         この辺はまた試してみたい所。



         170106em1P1060513.jpg
         門柱の積み重ねられた石を下から見上げて撮った。



         170106em1P1060558.jpg
         ヤツデの花だが、やはりこういうものを撮ると面白い。






  1. カメラ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         前回の記事と同じ時にダルメイヤーのスピードアナスティグマートで撮影した写真。全体にもう少し絞れば
         よかったかもしれない。ぼけ過ぎ画像が並んでいますがご勘弁を。

         カラー画像の撮影は全て
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>


         
         京浜急行の神奈川駅。急行や特急の通過待ちばかりでなかなか電車が来なかった。



   170105ep5anaP1050014.jpg   170105ep5anaP1050017.jpg
         神奈川駅から各駅停車で京急鶴見まで行き、そこから羽田方面に直通のエアポート急行に乗り換えてトータ
         ル30分弱で穴守稲荷駅に着く。左は穴守稲荷駅前。駅前に既に幟や鳥居が立っていて如何にも門前町とい
         う感じ。駅から5分くらい歩くと穴守稲荷に着く。



 170105ep5anaP1050018.jpg
         穴守稲荷参道。



         170105ep5anaP1050020.jpg
         OMDで撮り忘れた本殿。5日になってもまだ参拝客は多かった。



         170105ep5anaP1050025.jpg
         本殿前のお狐様。



         170105ep5anaP1050027.jpg
         前回と被るが奥の宮への鳥居。OMD のシャープな画像との比較も面白いので載せておく。



         170105ep5anaP1050041.jpg
         若い女性2人の初詣。なんだか微笑ましい。



 170105ep5anaP1050031.jpg
         木漏れ日ならぬ鳥居漏れ日がきれいだった。



         170105ep5anaP1050039.jpg
         熱心に祈る人。



         170105ep5anaP1050050.jpg
         社の左側には奉納鳥居がうずたかく積まれていた。



         170105ep5anaP1050044.jpg
         築山の祠を斜め後ろから見たところ。




         穴守稲荷を訪れたのは実は2度目。前回訪れたのは1983年12月9日。もう34年も前になる。仕事の
         ついでだった。
         この当時私はフィルターに凝っていて、PENTAX 6×7 のサブとして購入したPENTAX Super A の F1.8
         の標準レンズに色々なフィルターをつけて楽しんでいた。
         で、たまたま訪れた穴守稲荷をちょっとおどろおどろしく撮ってみようと思ってフィルターを使って撮影し
         てみた。懐かしいので以下に載せておく。フィルムは NEOPAN SS だ。


 831209img544.jpg
         センターフォーカスフィルターで周辺をぼかして撮影した本殿。



 831209img520.jpg
         なんという名前のフィルターだったか忘れてしまったが、対象が分身の術を使ったみたいに複数に写る際物
         フィルター。昔シネカメラでよく使われていて、安っぽいテレビドラマの幻想的な表現シーンなんかで見た
         記憶がある。回転枠にはまっていて、回すと分身の配置角度が変わるようになっている。
         こんなフィルター、今でもあるのかな?



 831209img534.jpg



 831209img536.jpg



 831209img542.jpg
         本殿に奉納してあったケンタッキーフライドチキン。普通は酒樽なのだろうが、クリスマスシーズンでフラ
         イドチキンだったのだろうか?



         ところで稲荷の参道に面した所に「旭」という割烹屋があって、ちょうど昼時だったので天丼を食べてみた。
         海老天丼を頼んだつもりが穴子天丼が出てきてしまったが、これでかまわないと言うと申し訳ながって海老
         天を2本揚げてサービスしてくれた。穴子天もふっくらしていてとても美味しかった。
         家内と「タレが美味しいね」と話していたら、お店の人が50年継ぎ足しだけで守っているタレなのだと話
         してくれた。開業当時からのタレ・・・つまり今年がちょうど開店50周年という訳である。
         お店も人もとても感じがよく、久しぶりの熱燗とおいしい天丼で至福のランチをとることができたので、早
         速お稲荷様のご利益があったということにして満足して帰ってきた。






  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:8
  4. [ edit ]

         1月5日、家内の体調もよくなったようなので初詣に出掛けた。例年は鎌倉の銭洗弁天に行くのだが、今年
         は近場でということになり、神奈川の「州崎大神(すさきおおかみ)」と羽田の「穴守稲荷(あなもりいな
         り)に参拝した。
         カメラは12~40mmをつけたOMD EM1ⅡとダルメイヤーのスピードアナスティグマートをつけたPEN E-P5。
         以下撮影は全て
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO> 


         
         自宅から州崎大神までは徒歩で20分ほど。天気がいいので歩いて行ってみた。         
         かつて港北区から六角橋を経て流れていた「滝の川」の最下流部。滝の川は現在大部分が暗渠になっている
         が、この写真の地点(第2京浜国道二ツ谷交差点のところ)から開渠となる。この先1km足らずで運河に
         突き当たり東京湾とつながっている。運河に突き当たる手前左岸側には神奈川台場跡がある。上のガードは
         JR。奥に見えるのが京浜急行のもの。
         



   170105em1P1050017.jpg   170105em1P1050019.jpg
         この界隈はかつて東海道の神奈川宿があった場所なのでお寺や神社がたくさんある。
         開国当時、日米修好通商条約では神奈川湊の開港が決まっていた。しかしかつては将軍の御殿もあった場所
         であり、東海道の大切な宿場として人間も多かった神奈川宿を外国人がうろうろして問題が起きては困ると
         いうので、幕府は神奈川の対岸にあった、砂洲上の僅か100戸ほどの寒村であった横浜村(現JR関内駅付
         近)を、ここも神奈川の一部であると主張して、飽くまで神奈川湊の開港を要求していた諸外国の要求を退
         けて横浜村に外国人をまとめてその手前に関を設ける事に成功する。
         それまでの過渡期、諸外国は神奈川の開港を睨んで、神奈川宿に領事館をおいたが、神奈川のお寺の多くが
         それらの領事館や外国人の宿舎として使われていたようだ。この浄瀧寺はイギリス領事館となっていたらし
         い。



   170105em1P1050021.jpg   170105em1P1050022.jpg
         住宅の敷地に食い込むようにして大井戸の史跡がある。




 170105em1P1050028.jpg
         州崎大神に到着。
         石橋山の合戦に敗れた源頼朝が安房に渡り、安房州崎の安房神社に再起を祈願して後天下統一を果たしたの
         で、開幕前年の1191年に安房神社の御心霊を分霊しこの地に祀ったのが起りだとか。
         この本殿は戦災で消失後、昭和31年6月に再建がなったもの。私の生まれと2ヶ月違いだ。創建当時から
         本殿の様式は1度も改められていないという。



   170105em1_tP1050036.jpg   170105em1P1050040.jpg
         普門寺はイギリス士官宿舎、甚行寺はフランス公使館になっていたらしい。




         170105em1P1050052.jpg
         京浜急行神奈川駅から電車に乗って穴守稲荷にやってきた。本殿の写真はアナスティグマートでしか撮影し
         ていなかったので次回に。これは奥の宮へと続く鳥居。



         170105em1P1050055.jpg
         感じの良い奥の宮。左手のお狐様の前にご利益があるという砂があって、猫などに悪さされないように金網
         の蓋がつけてあった。
         穴守稲荷の縁起は割合新しく1800年代初頭。新田開墾の際堤防に穴が開いて海水が入ってきてしまった
         ので堤防の上に祠を祀って祈願したら水漏れがなくなったというもの。つまり「穴を守る稲荷」だ。知らな
         かったのでなるほどと納得。



 170105em1P1050094.jpg
         奥の宮で、村人に親切だったお稲荷様に灯明をあげた。
         


         170105em1P1050065.jpg
         奥宮の石灯籠。



         170105em1P1050080.jpg
         奥宮の中には無数の狐様が奉納されている。



 170105em1P1050084.jpg
         狐のお面もあった。



 170105em1P1050100.jpg
         立派な神楽殿。年数回は舞の奉納がある。



 170105em1P1050103.jpg
         民家のすだれの前に咲く白梅。
        






  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         また遡って1月4日。日本橋で kazenohane さんが出品されていた展覧会を見てから東京駅周辺をぶらっ
         としてみた。
         ここ何十年でたくさんの高層ビルができ、東京駅周辺の風景も私が若い頃とはだいぶ変わった。

         撮影はすべて
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8>

 
         PRADA のショーウィンドー。さりげないがいいなと思う。
         


 170104em1_htP1040044.jpg
         こちらは LOUIS VUITTON 。ツノメドリとは面白いところに目を付けたものだ。



         170104em1P1040110.jpg
         八重洲北口前。八重洲口にも新しいビルが色々とできているが丸の内側ほどではない。



 170104em1P1040124.jpg
         永代通りに入り呉服橋ガードで線路をくぐって丸の内側に出た。



         170104em1P1040151.jpg
         東京駅と日比谷通りの間はほぼ高層ビルで埋め尽くされた。良し悪しは別として色々なデザインのビルディ
         ングがあって面白い。時計がついているのは大手町野村ビル。



         170104em1P1040153.jpg
         大手町タワー



         170104em1P1040160.jpg



         170104em1P1040166.jpg



 170104em1P1040174.jpg



         170104em1P1040175.jpg
         三井住友銀行東館



         170104em1P1040184.jpg
         三井住友銀行本店ビル



         170104em1_1P1040188.jpg
         日本生命丸の内ガーデンタワー



 170104em1P1040189.jpg
         三井住友銀行東館((左)と銀行会館(右)



 170104em1P1040194.jpg
         懐かしい看板を見つけた。サントリー系の和風ダイニング「響」。今は数少なくなったが、この手の大型和
         風ダイニングの先駆け的存在だった。
         この丸の内店は「響」各店の中でも大型店舗で、ここの椅子テーブルの制作を全て STANDARDS で製作さ
         せて頂いた。



         170104em1P1040199.jpg
         ガラス越しに中を覗いてみる。平成13年オープンなのでもう16年経つ訳だが、当時の椅子、テーブルが
         今でもそのまま使われているのを見るととても嬉しい。



 170104em1P1040202.jpg
         新丸ビル裏辺り。だいぶ陽も傾いてきた。



 170104em1P1040224.jpg
         東京駅丸の内北口



 170104em1P1040233.jpg
         横浜に戻ってきた。自宅近くの緑道で今年初めて梅の花を見た。





  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         今年は各地でムラサキシジミの越冬個体が数多く見られているようだが、中でも埼玉県の公園ではムラサキ
         シジミとしては珍しい、10頭もの集団が形成されているようだ。
         これはやはり自分の目で見ておきたいと思い、ダンダラさん(CLICK)にお願いして現地をご案内頂く事に
         した。
         またダンダラさんからムラサキシジミの10頭集団はやや高い位置と伺っていたので車に脚立を積んで出掛
         けないと駄目かなあと思っていたらbanyanさん(CLICK)が脚立を持って来て下さるという。
         そんな訳で私はカメラだけ持って電車に乗って行けばよいことになった。1時間20分。本を読んでいれば
         着いてしまうというのは甚だ嬉しい。
         

         
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         ダンダラさんが車で駅まで迎えにきて下さり、駅から10分ほどで現地に着いた。公園の遊歩道沿いに点々
         と越冬蝶が散在している。ウラギンシジミはサザンカの葉裏で越冬体勢に入っている事が多かった。
         それにしてもダンダラさんの記憶力の良さには驚かされた。かなりの数の越冬場所に迷わずアプローチして
         指を差して教えて下さる。私だったら確実に「あれ〜、どこだったっけ?」となるだろう。



 170107em5P1070054.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         こちらはムラサキツバメの2頭集団。遊歩道のすぐ脇のこんな場所で越冬している。



 170107em5P1070058.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         上と同じ集団のアップ。2頭が頭をくっつけて横倒しになっている姿は印象的だった。



 170107em5P1070090.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         単独のムラサキツバメ。


         170107em5P1070115.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         ムラサキシジミの9頭集団。banyanさんが持ってきて下さった脚立のおかげで間近で観察撮影できた。
         撮影した時は8頭のように見えたが、やはり9頭だ。
         この感じ、2008年千葉県で観察されたルーミスシジミの集団越冬(CLICK)を思い出す。ルーミスシジ
         ミのケースでは7頭だったが、面白い事に蝶の並び方までそっくりだ。嘘ではないので是非クリックして御
         覧になってみて頂きたい。



 170107em1P1070109.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         このマテバシイの葉にひっかかっった広葉樹の葉の上の集団が10頭集団。ダンダラさんの奥様が第一発見
         者だったそうだ。



 170107em1_tP1070088.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         地面からではよくわからないので脚立に乗って撮影してみた。これだと真ん中下に頭と触角が飛び出してい
         るのが見えるので10頭が確実にカウントできた。
         それにしてもムラサキシジミの大集団、目を疑いたくなるような不思議な体験だった。



         蝶の観察が一段落して公園や河原にやってくる野鳥を少しだけ撮影してみた。

 170107em1_tP1070113.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ジョウビタキのメスが何か幼虫を見つけて咥えてきた。



 170107em1P1070122.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         樹の枝でポーズ。



 170107em1P1070140.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         メジロは樹液を舐めに来たのだろうか。



 170107em1_tP1070353.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         河原に出るとカワセミが出迎えてくれた。プロキャプチャーモードで飛び立つ所を撮ったが残念ながらピン
         トが合っていなかった。


         ダンダラさん、banyanさん、当日は本当にお世話になりました。心よりお礼申し上げます。





  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

         新春、丸善日本橋店の3階ギャラリーで「木版画で彩る日本の四季展」という展覧会があり、何度かフィー
         ルドでもお世話になっているkazenohaneさん(CLICK)が出品されていたので4日に見に行ってきた。
         植物、鳥、昆虫、風景など、日本らしい題材を木版画や芋版画で表現した作品の数々はどれも細やかな愛情
         に溢れていて好感が持てた。学生時代から5〜6年木版画を手掛けたに過ぎない私が言うのもおこがましい
         が、各作家の技量もかなりのレベルで、その点でもとても見応えのある展覧会だった。


          作品の前に立つkazenohaneさん。



         以下にkazenohane さんの作品の写真を掲載させて頂く。蝶の版画もあったが、そちらはご自身のブログの
         12月18日の記事でご紹介済みなのでそれ以外の植物の版画だ。
         的確な構図と美しい色彩、そして木版画という技法的制約の中での見事な対象表現。作品の前に立つと、黒
         い背景に浮かび上がる艶やかな野の草花の生気が不思議な力強さを秘めて心に染み渡ってくる。
         kazenohaneさんの画家としての力量を堪能できる素晴らしい作品の数々だった。
         写真は当日許可を頂いて会場で撮影した写真をレタッチソフトで若干修正したものなので、ガラスの写り込
         みや色彩などお見苦しい点も多いと思うがご容赦願いたい。


   170104em1P1040006.jpg   170104em1P1040004.jpg




            170104em1_1P1040005.jpg




            170104em1_1P1040007.jpg




 P1040012.jpg


         kazenohaneさん、当日はお忙しい中お相手頂いた上、作品の撮影、ブログ掲載の許可も下さりありがとう
         ございました。深くお礼申し上げます。




  1. アート
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         前日の朝、新たな日の出撮影場所を見つけたので早速行ってみた。到着してみると既に若いカメラマンが1
         人三脚を立ててパシャパシャやっていたので、ここも元旦はけっこう人がやってくるのかもしれない。
         カメラの準備をして早速仲間に入れてもらい、こちらは三脚ではなく脚立を立てて若者の後ろから撮影した。
         この朝は全く雲がなく久々のほぼパーフェクト日の出。天気がよ過ぎて絵的には面白みがないが房総半島の
         後ろから昇ってくるお日様を拝むのはやはり気持ちがいい。
        
 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         半島の後ろに微かに雲が認められたので「ほぼパーフェクト」としておいた。



 170103em5P1030007.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 170103em1P1030050.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         手前のカモメにピントを合わせている。沖には超絶長い貨物船(タンカー?)が停泊中。



 170103em5P1030011.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 170103em1P1030070.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 170103em1P1030090.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>



 170103em5P1030019.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         〆は明るく。カモメは最後までとまっていた。






  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

         1月2日。日の出を見に行った後は野暮用に追われているうちに夕方になってしまった。街でスナップでも
         と思って出掛けてみたが、車を走らせているうちに日が暮れてきた。海岸通りの駐車場に車を入れて少し歩
         いてみる。
         

 170102α72ameDSC09646
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         馬車道から赤レンガ倉庫に向かう途中にある万国橋の上は人気の夜景鑑賞スポット。



         170102em1P1020114.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         運河沿いに南東に進む。税関の塔やホテル・ニューグランドのタワー、マリンタワーなどが見える。



 170102em1P1020120.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         万国橋を望遠ズームで振り返る。



 170102em1P1020152.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         あっという間に暗くなってきた。このプロムナードは気持ちいいが暗くて人通りが少ないので熱いカップル
         に要注意。



 170102em1P1020161.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         対岸は「Bank ART Studio NYK」。2階テラスの宇宙生物みたいなオブジェは健在。照明が仕込まれてい
         るようだ。



         170102em1P1020167.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         プロムナード中程から振り返る万国橋。水面に写った灯りがきれいに揺れていた。



 170102em1P1020224.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         この1枚はISO3200(その他はISO1600)での撮影だがまずまず。OMD E-M1Ⅱ は手持ち夜景撮影にも
         なんとか使えそうだ。



 170102em1P1020250.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         コスモクロック、ワールドポーターズ、インターコンチネンタルホテル。


 170102em1P1020267.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



         170102em1P1020270.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



         170102em1P1020288.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 170102em1P1020290.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



         170102em1P1020296.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         ビルのガラスに映った税関の塔。歪んでイスラムのモスクみたいに見える。棕櫚も効いていた。



 170102em1P1020300.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         県庁のライトアップ。





  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         1月2日、起きてみると雲が多く、日の出は見られそうもなかったがいちおう出掛けてみた。
         元旦はつばさ橋の方に行ってみたが、大晦日に撮影した写真が感じよかったのでそちらに行ってみた。
         予想通り、日の出らしい日の出は拝めなかったがノースドックにはまだ「USNS Montford Point」が停泊
         していて、雲のせいで暗かったためまだ照明を点したままだった。

         以下撮影は全て
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>

 170102EM1P1020089.jpg
         日の出は見られなかったが朝焼けはきれいで、船の灯りと一緒に撮影できたのでよかった。



 
         ピントを手前のヤシの葉に合わせてみる。どのような景色かわかっている自分にとっては1枚目よりこちら
         の方がお気に入りだ。
        


 170102em1P1020106.jpg
         朝焼けが終わってあたりは落ち着いた色に。水面に映った船の照明もなかなか美しかった。



 170102em1P1020107.jpg



 170102em1P1020132.jpg
         一瞬雲の切れ目に太陽が見えたが、この少し前に船の灯りは消されていた。ちょっと残念だった。
  




  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

         大晦日も日の出を見に行った。日没だったら大晦日らしくていいのだが、横浜からだと高層ビルの上のよう
         なかなり高い場所でないとすっきりした日没は見えにくい。そのうち日没撮影ポイントも探してみたいとは
         思っている。
         この朝も機動揚陸プラットフォーム「USNS Montford Point」(関連記事CLICK) はまだノースドックに停
         泊したままだった。

 161231em5PC310022.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 161231em1PC310107.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 161231em1PC310116.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 161231em1PC310129.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO >



         161231em1PC310161.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO >



         161231em5PC310057.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>



161231em5PC310088.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>





  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

            昨年から今年にかけての年末年始休暇は例年になく長めにとったのでさぞ色々な事に時間が割け
            るだろうと思っていたが、実際には野暮用に追われてばかりで、普段の方が読書もよほど進むよ
            うな気がする。
            29日から30日あたりも何をしていたものか、ほとんど記憶にないがあっという間に時間が過
            ぎてしまった。


            161229α72plaDSC09611
            <Sonyα7Ⅱ / Carl Zeiss G planar T* 45mm F2>
            用事に出た近所の商店街で。チューリップというのは春の花だと思っていたが、早咲き品種は今
            頃から咲いている。



            161229α72plaDSC09617
            <Sonyα7Ⅱ / Carl Zeiss G planar T* 45mm F2>
            用事を終え昼食をとる事になり、どうせなら年越し蕎麦を食べてしまおうと平沼橋にある老舗の
            角平」に向かったが既に行列が。・・・あまかった。
            すると家内が間髪入れずに、それなら「シュミネー」にというのでフレンチの「シュミネー」に
            電話してみたら運よく席がとれた。さすがに食いしん坊は食に関しては機転が効く。
            「シュミネー」については過去記事(CLICK)他、ブログ内検索キーワード「シュミネー」で御
            覧下さい。
            で、上の写真はレストラン近くの駐車場と隣のアパートを隔てているブロック塀。どうしてこう
            いう事になっているのか、不思議なので写真を撮った。


            
            30日は朝起きてみたらいやに天気がよく、これはバッチリ日の出が見えそうだなと思ったが車
            でポイントに向かう時間はなさそう。しかたないので自宅近くで日の出を撮影した。

 161230em1PC300134.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         太陽の中をバスが通過してゆく。




 161230EM1PC300158.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ゴルフ練習場のネットがちょっと邪魔。




 161230em1PC300181.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 161230em5PC300030.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         引いて見るとこんな場所。






  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         12月28日もつばさ橋の見える末広町の岸壁に日の出を見に行った。この日は房総半島の上に橋と同じく
         らいの高さまでの雲があって、日の出は高い位置になってしまったが面白い写真が撮れた。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         雲が出ていたため時刻のわりには薄暗い朝だった。扇島のプラントの照明もまだ明々と灯っていて、岸壁は
         しっとりとした静かな雰囲気に包まれていた。



         161228em5PC280002.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         大黒ジャンクションとベイブリッジもまだ照明が消されておらずきれいだった。



 161228em1PC280040.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         橋を境に朝と夜がくっきり別れているみたいで面白い。



 161228em1PC280049.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         太陽が雲から顔を出した時、ちょうど大型の貨物船が通りかかった。



 161228em1PC280083.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         クレーンが垂直に立ち並ぶ風景はミサイルの発射基地みたいに見える。



         161228em5PC280047.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         



         161228em5PC280077.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         太陽が主塔の逆Y字の中に収まった。



 161228EM1PC280057.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 161228em1PC280100.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         チック・コリアのアルバム「Return to Forever」のジャケットみたいな写真を撮りたいのだけれどなかな
         か上手くいかない。



 161228em1PC280153.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ドラム缶に書いてある名前を検索してみたらどれも船舶のエンジンオイルだった。



 161228em1PC280160.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 161228em1PC280017.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         市の施設「ふれーゆ」。風呂や温水プール、温室などがある。背後の塔はゴミ焼却場(横浜市役所資源循環
         局適正処理計画部鶴見工場、という覚えられそうもない長〜い名前)の煙突。






  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         昨年12月27日は風雨が強く台風がきたみたいに荒れたが、横浜駅と元町に用事があって家内と出掛けた。
         昼頃に用が済み、ようやく雨も小降りになってきたので石川町のイタリアン「グラン・ドゥーカ」に食事に
         行ってみた。
         元町での用事は石川町駅とまったく反対側だったので元町を端から端まで往復する形になってしまったが、
         ランチの甘エビのパスタがとても美味しく、わざわざ行った甲斐があってよかった。
         歩きながら少しスナップを撮った。防滴カメラとレンズの組み合わせは少々の雨は気にしなくていいので本
         当に助かる。

         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


         



 161227em1PC270067.jpg



 161227em1PC270411.jpg



 161227em1PC270428.jpg



 161227em1PC270433.jpg



         161227em1PC270435.jpg



 161227em1_tPC270455.jpg





  1. スナップフォト
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         1月4日、正月休みもいよいよあと2日。前夜は珍しく映画(ローグワン)を見に行ったが、それ以外今ま
         でのところ特段何もしていない。
         そんな中、日本橋の丸善のギャラリーで kazenohane さん他数名の版画家による展覧会があり、午後から
         見に行ってきた。鳥や蝶、草花など自然をモチーフにしたものが多く、技術的にもとてもレベルの高い作品
         が並んでいて見応えがあった。
         会場ではkazenohaneさん、そしてたまたま見に来られていたmidoriさんともお目にかかることができ、嬉
         しかった。
         kazenohaneさん、素晴らしい新春の展覧会をありがとうございました。 


         日記の方はかなり遡って昨年のクリスマス。
         クリスマスイヴは家族が皆忙しくて集まれず。25日の夜に家族3人と娘のボーイフレンドの4人で
         ささやかなクリスマスパーティーを行った。E-M1Ⅱ がキャンドルショットに強いかどうかの検証になると
         思って写真を撮ってみた。
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 161225em1PC250038.jpg
         メインは出前のお寿司にしてしまったがその前にチーズフォンデュで野菜を補給(ISO400)。



         161225em1PC250047.jpg
         カップボードのグラス。ISO2000 での撮影だがまずまずの写りである。



 161225em1PC250048.jpg
         ワヤン人形の頭部(ISO500)。



         161225em1PC250065.jpg
         娘達が色々とパーティーツールを買い込んできた。中でもこの大型クラッカーは面白かった。 
         紐を引くと小さな1万円札が100枚(数えていないから本当に100枚かどうかわからないが)舞い散る
         仕組み。



 161225em1PC250074.jpg
         蝶のマスク(ISO1600)。



 161225iphoIMG_5614.jpg かぶらされた(この1枚は家内が iphoneで撮影)。




  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

         年が明け早くも3日。今朝も日の出を見に行ったが、先に今年初めて撮影した蝶の写真をアップしておく。
         昼前に家の近くを一回りして見つけたキチョウ(今はキタキチョウと呼ぶ人もいるようだが)をE-M1Ⅱの
         プロキャプチャーモード(パスト連写)で撮ってみた。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ヒメツルソバで吸蜜するキチョウ。



 170103em1P1030355.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         なかなか開翅の撮れないキチョウなのでこんな写真がお手軽に撮れるのは嬉しい。



 170103em1P1030581.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         プロキャプチャーモードを使うと蝶が飛び立った時にシャッターを押す事になるが、癖でどうしても蝶を追
         いかけてしまう(笑)。



 170103em1P1030582.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         高感度に強いカメラのような画質は望めないかもしれないが、このモードのおかげで飛び立つシーンが望遠
         レンズで楽に撮れる事の恩恵は大きいと思った。ただし、300mm+テレコンだと待っていて手が疲れるの
         で、状況が許すならISに頼らず3脚を使用した方がいいのかもしれない。それなら一眼レフの方が・・・と
         なってしまうのだが。



 170103em1P1030593.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 170103em1_tP1030639.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         鳥が飛び立つところも面白い。



 170103em1P1030691.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         こちらはヒヨドリ。



 170103em1P1030029.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         記事とは関係ないが、クズの葉と錆びたトタン屋根。





  1. / trackback:0
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

         1月2日、今日も早朝日の出を撮影に行ったが、家内の体調がすぐれないのでその後は自宅で駅伝など見な
         がらまったりしている。ブログの方は日記と昨年の写真で。

   161231ep5PC310061.jpg   161231ep5PC310085.jpg
         大晦日の夜は家内が作ってくれたビーフシチューとお気に入りのワイン、「シャトー・プーピーユ」を楽し
         んだ。
         家内のビーフシチューには何通りかのレシピがあってそれぞれに美味しいが、私はこの澄んだスープのシチ
         ューが好み。プーピーユとの相性もパーフェクト。年明けの汽笛の合唱も今年は船の数が多いのか賑やかで
         とても楽しい大晦日になった。



   170101iphoIMG_0326.jpg   170101iphoIMG_0322.jpg
         元旦の朝は和風のおせち。夜も自宅で「フレンチおせち」を楽しんだ。このフレンチおせちはいつもお世話
         になっている近所のレストラン「マルズ・ターブル」が作っているものだが今回初めて頼んでみた。
         素材も調理もかなりのレベルのもので予想以上の出来映え。少々お高いがその価値は充分あると思った。
         残念だったのは家内が体調を崩してしまったためせっかくの料理をほとんど食べられなかった事。その分娘
         と私でほとんどたいらげてしまった。きっと太って今年のフィールドではますます動きが鈍ってしまうこと
         だろう。
         




         昨年12月24日の記事(CLICK)で OMD E-M1Ⅱ の試写画像を掲載したが、この時の写真をもう少
         し掲載しておく。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



         161224em1PC240100.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



         161224em1PC240115.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



         161224em1PC240120.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240124.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240128.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



         161224em1PC240146.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240185.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240188.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240208.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240230.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240268.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>



 161224em1PC240283.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>



161224em1PC240291.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>



         161224em1PC240337.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>







  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

                   明けましておめでとうございます。
          本年も何卒よろしくお願い申し上げます。



         




         元旦、近頃よく日の出撮影に出掛けている鶴見の末広町の岸壁に初日の出を見に行った。いつもは釣り客し
         かいない岸壁にはたくさんの人が日の出を見に来ていた。

 170101ep5P1010075.jpg
          <OLYMPUS PEN E-P5/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         (家内撮影)



 1701013m1P1010124.jpg
          <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
          今朝はこの位置で脚立に乗ってヤシの葉と絡めての撮影を最初から狙っていたが、無情にも日の出は橋脚
          の真後ろからだった。





  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:16
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -