主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         4月30日、寒さで思うようにいかなかった23日のリベンジに燃え再度新潟に遠征した。前回のメンバー
         にダンダラさんを加えた4名で1台に同乗して頂き、エコロジーにもエコノミーにも貢献?のエコエコドラ
         イブとなった。


 
         最初に行ったのは前回寒くてギフチョウが全く見られなかったポイント。
         この日は気温がぐんぐん上がり、これはいいなと思ったのだが9時半近くになってもギフチョウがでてこな
         い。
         待ちくたびれてぼんやり樹の枝を見ていたら見慣れない鳥がいる。Akakokkoさんに確認したらサンショウ
         クイだった。高い木の枝のこぶの上に番で巣作りをしているようだ。この写真でも巣材にする繊維質のもの
         を咥えているのがわかる。



         170430em5P4300034.jpg
         現地には気の利いた石仏もあり、ショウジョウバカマやカタクリが咲き乱れていて素晴らしい環境だ。



 170430em5P4300051.jpg
         杉の樹の根元も苔むしていて湿度が保たれているのがわかる。雪国はやはり違う。



 170430em1P4300097.jpg
         9時半を回ってようやくギフチョウが飛び始めた。気温が高いのでどちらかというと開けた場所より林内の
         陽だまりに集まってくる。ショウジョウバカマに飛来したので吸蜜だと思ったのだが、残念ながら手前の枯
         れ枝にとまっただけのようだ。



 170430em1P4300055.jpg
         カタクリでも吸蜜。



 170430em1P4300136.jpg
         新鮮個体がすぐ近くに止まってくれた。300mm+テレコン にはちょっと近過ぎた。


         そのうち滅多に止まらなくなってしまったので飛翔撮影に切り替えた。日頃の準備が悪いので例によってあ
         まり良い飛翔画像は得られなかったが何枚かアップしておく。

         170430em5_tP4300357.jpg
         トリミング



 170430em5_tP4300657.jpg
         トリミング



 170430em5P4300121.jpg



 170430em5P4300623.jpg



         午後になってポイントを移動した。異動先はダンダラさんが5月2日のブログ記事(CLICK)で紹介されてい
         るギフチョウの古葉への産卵を観察された場所だ。



 170430em1P4300157.jpg
         下山途中の開けた斜面でコゴミの先端にイタドリハムシが止まっているのを見つけた。



         170430em5_tP4300986.jpg
         現地に着いて早速ダンダラさんに件の古葉に産みつけられた2卵の場所を教えて頂き撮影した。



 170430em1P4300282.jpg
         この日は本当に暑く、ギフチョウもなかなか止まってくれない。カタクリ吸蜜で苦戦していたらAkakokko
         さんが羽化直後のオスがスギの梢にとまっているのを発見して下さった。







         170430em1P4300590.jpg
         夕方になってようやくカタクリで落ち着いて吸蜜するようになり、何度か撮影チャンスが訪れた。



 170430em1P4300406.jpg
         2頭の絡みも見られたが手前の個体がアウトフォーカスになりすぎたので切れているが次のコマのこの写真
         の方が面白い。



 170430em1P4300467.jpg
         カタクリ吸蜜をしていると必ず遭遇する裏翅。



         170430em1P4300551.jpg
         ようやくそれらしい写真が撮れた。



 170430em1P4300560.jpg
         もう1枚。



 170430em5P4301036.jpg



 170430em1P4300608.jpg
         帰りがけにマンサクの樹の枝に止まったギフチョウをダンダラさんが見つけた。少し赤が上がっている。


         この日は記事に書いたこと以外にもサプライズがあったりしてたいへん充実した撮影行になった。
         貴重なポイントを御案内下さったSさん、ダンダラさん、
         そして野鳥の解説に加え羽化個体を見つけて下さったAkakokkoさん、
         本当にありがとうございました。
         おかげ様でたいへん充実した1日を楽しく過ごさせて頂くことができました。感謝致します。







スポンサーサイト
  1. / trackback:0
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

         もう10日も前になってしまったが、気温が低いという気象予報は知りながら新潟にギフチョウ探しに行っ
         てきた。
         低地のギフチョウは発生してだいぶ経つので少し標高を上げて山間部を狙ったが、予報通りどうにもならな
         いくらい寒い。

                  
            まだ雪の残る道を行く合流した千葉のNさん、と同行の町田のSさん、そしてAkakokkoさん


         カタクリの咲く場所で2時間ほど待ってみたが雲が流れていて気温はいっこうに上がらず。上空にクマタカ
         らしき鳥影を見るも確認には至らず。これでは埒があかないので低地に移動した。

         
         170423em5P4230019.jpg
         異動先ではそこそこの数のギフチョウが飛ぶのが見られたがやはり多くの個体は傷んでいた。
         卵の季節らしく2〜3枚の食草を調べてみたらすぐに卵塊が見つかった。



 170423em1P4230075.jpg
         どうにか撮影したギフチョウ。新潟ではよく見かける前が白くて後ろが黄色っぽい擦れ個体だが、これで撃
         沈だけは免れた。



 170423em5P4230050.jpg
         オオガメノキの白い花が奇麗に咲いていた。春の山の定番だが大好きな花である。



 170423em1P4230096.jpg
         個体の鮮度を求めてもう少し高標高の場所に移動したがやはり気温が低い。結局見られたのはヒオドシチョ
         ウだけだった。


         ご一緒下さった皆さん、当日はお世話になりました。今一つの結果にはなりましたが早春の山歩き楽しかっ
         たですね。これに懲りず是非またチャレンジしましょう。






  1. / trackback:0
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -