FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         オールドレンズ好きの友人からズミルックスの第一世代、それも相当コンディションのよい個体をお借りす
         ることができたので、この2ヶ月ほど積極的に使ってみた。
         それまで大口径レンズはシュナイダーに任せきりだったライカが、1959年に世に送り出した、f1.4の大
         口径標準レンズである。
         シュナイダー製のズマリットは開放F値 1.5 で、開放では雲を掴むような描写を見せるがズミルックスは開
         放からかなりシャープに写るように改良されている。雑誌などではこのズミルックスで撮影された写真は色
         々と見てはいるが、やはり自分で撮ってみないことにははっきりとはわからない。

         撮影は全て
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.>
         

 180121α72summiluxDSC05430
            ズミルックスで撮影したファーストショット。交差点でカメラを構えてピントを合わせていたら
            右の方から派手なエンジン音が聞こえてきたので何かなと思ったらスーパーセブンだった。写真
            全体を眺めてみると色合いは穏やかでいかにもライカらしい。


            180121α72summiluxDSC05438
            オブジェの間を通り抜ける自転車。開放でとった記憶があるがいちいち確認していないので確か
            ではない。この場所だとボケ具合が如実にわかるが前後ともまずまずのボケ味だと思う。



 180121α72summiluxDSC05466
            "BLUE BLUE"のウィンドー。実に繊細な描写だと思う。ズマリットの改良版というが、その描
            写の性格はむしろ開放f値2.0のズミクロンの延長上にあるような印象を受けた。



            180121α72summiluxDSC05469
            この写真からも独特の空気感を感じることができる。初めて手がけた大口径レンズありながら見
            事にライカの絵を作っているように思う。そこがいかにもライカらしい。



            180121α72summiluxDSC05485
            シルクセンターのコインパーク側で、駐車料金を払っていたら女性がタクシーから降りて来たの
            で後ろ姿を追った。ピントは外したがこんな場所でもなんとなく雰囲気が出ているような。
            錯覚かもしれないがそんな気になってしまうのがライカの魔力なのだろう。



            180121α72summiluxDSC05515
            同日出勤時の六角橋商店街仲見世で。牛骨をディスプレイに使用している店がある。



            180121α72summiluxDSC05548
            大好きなスキー毛糸の看板の前で。


            
            180121α72summiluxDSC05566
            白楽駅と妙蓮寺駅の間の踏切。シロクマのいる踏切は世界でも数少ないに違いない。



            180121α72summiluxDSC05576
            民家の玄関先のヤツデの葉・・・
            何だろう、このリアリティーは。やはりレンズの歴史に名を刻むべき恐るべき1本だと思った。








スポンサーサイト



  1. カメラ
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31