FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         3月16日、個展のスタートまで残り4日。準備が終わるか心配だったが、とりあえずどうにかなりそうな
         雰囲気になっていた。
         この日は来廊下さった方にお土産にお渡しするキャラメルを受け取りに表参道まで出かけた。
         強くは降らなかったが雨模様の1日。カメラを持ってゆくか迷ったが、せっかく久しぶりに表参道を歩くの
         だからと GFXを持って出かけた。結局写真はあまり撮れなかったが、ディオールの看板のところで何枚か面
         白い写真が撮れた。

         撮影は全て
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >

 
         キャラメルをお願いした"NUMBER SUGAR"色々な味が楽しめて美味しいので食べたことのない方は是非
         お試しあれ。



 180316gfx63DSCF9538.jpg



         180316gfx63DSCF9548.jpg



         180316gfx63DSCF9553.jpg



         180316gfx63DSCF9583.jpg
         左端に写っている車はゲレンデヴァーゲン。ディオールの看板に映っているのもゲレンデヴァーゲン。表参
         道界隈は恐らく日本で最もゲレンデ率の高い地区だろう。アパレル関係の人は何故かゲレンデに乗りたがる。



         180316gfx63DSCF9617.jpg



         180316gfx63DSCF9631.jpg
         ルイ・ヴィトンはスフィンクス。







スポンサーサイト
  1. スナップフォト
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

            この日の早朝、個展会場で配布するリーフレット用のプロフィール写真を撮り直そうと思って日
            本大通りに出掛けた。


            <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
            自宅玄関先から日の出を見る。この季節は火力発電所の2本の煙突の間から昇ってくるというこ
            とをこの朝初めて知った。

            以下撮影は全て
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.>


            180314α72summiluxDSC06375
            市営地下鉄日本大通り駅に下りて行く階段の途中にある衝突防止用?凸面鏡。以前ここで写真を
            撮ったら面白かったので行ってみたがどうもピンとこない。コートのポケットからはみ出してい
            るマスクも気になる。



            180314α72summiluxDSC06390
            地上に出てアルテリーベのウィンドーで撮影。雰囲気よく撮れたと思うがいまひとつ面白みに欠
            ける。



            180314α72summiluxDSC06408
            店内に置かれた古いオルガンの位置で撮影。何が写っているのかわからない不思議な写真になっ
            た。これがいいかもしれないと思ったが結局上の写真と半々くらいの枚数で増刷した。
   
            ウィンドーやミラーに映る自分を撮るというのは自画像を描くようなものだと思う。ちょっと気
            恥ずかしいが、それを通してけっこう自分を見つめなおせるような気がするので私は嫌いではな
            い。












  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

            前夜の春嵐もおさまり、まりまだ曇ってはいたがなんとなくまったりとした朝を迎えた。家を出
            て少し行くと地域猫さんが出迎えてくれた。
           
            撮影は
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.>

            
            180309α72summiluxDSC06311



 180309α72summiluxDSC06304



                  180309α72summilux_1DSC06321
                  東白楽駅に到着。プラットフォームに上がる階段も水浸しだ。







  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         この日の朝も新港埠頭に散歩に出かけた。写真の方はすっかりマンネリ化といった感じだがアップしておく。

 
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR>
         新港埠頭、赤レンガ倉庫の先の岸壁には今では保護用の欄干が設けられて所々に水難事故用の浮き輪も設置
         されているが、以前はもちろんそんなものはなく、簡単な輪止めがあるくらいでいきなり海になっていて、
         そこに貨物船やタグボートが接岸していた。
         今でも欄干の向こうに当時の輪止めやビット(舫綱を引っ掛ける繋留柱)が残されていて、この場所が桟橋
         として稼働していた往時が懐かしく思い出される。



 180305gfx120DSCF9305.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 180305gfx120DSCF9314.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 180305gfx120DSCF9328.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         雨が降っているのに時折薄日も射すような不思議な天気だった。



 180305gfx120DSCF9297.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 180305gfx120DSCF9323.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 180305gfx120DSCF9348.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



         180305gfx120DSCF9370.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         明け方岸壁に釣りに来た人だろう。ベンチで熟睡中。だいぶ天気も回復してきた。









  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         今年も庭にコミスジがやってきて目を楽しませてくれている。ここ1週間ほど庭のウッドデッキの張替えに
         職人さんが入っているがその周囲を何食わぬ顔で飛び回っている。
         例年は2〜3頭見かけるのだが今年は1頭だけ。カメラで覗いてみたら後翅が少し傷んでいたのでなるべく
         翅の綻びが目立たないように撮影した。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 180421em1300P4210047.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>



 180421em1300P4210040.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>



 180421em1300P4210108.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>



 180421em1300P4210170.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>



 180421em1300P4210076.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>






  1. / trackback:0
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

         いつもの早朝散歩で大桟橋入り口付近を歩いた。ジャックカフェの隣のジャパンエキスプレスビルにはオシ
         ャレな雑貨や服飾のショップ『BLAUBERG AN DER KUSTE』が入居しているがネットの写真は見るものの
         未だ入店したことがない。
         私がここを通る時間帯にはお店は開いていないから仕方ないのだが、ビルの入り口が開いていたので覗いて
         みたら床に可愛らしいタイルが張られた素敵な階段室だった。

         
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         帝冠様式の神奈川県庁本庁舎。
        


         180302gfx120DSCF9103.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         税関の塔。あまりに青々とした空だったので旧貨物線の高架を入れて撮ってみた。



 180302gfx120DSCF9107.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>




 180302gfx120DSCF9114.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 180302gfx120DSCF9141.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         この時間、停泊中のクルーザーがエンジンに火を入れたりしてそれなりに活気があるが排ガスがかなり臭い。



 180302gfx120DSCF9166.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         カフェの壁のフックだけが赤く塗られている。



         180302gfx63DSCF9205.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         これがジャパンエキスプレスビルのエントランス。



 180302gfx63DSCF9207.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >



 180302gfx63DSCF9245.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         人研ぎとモザイクタイル・・・時代を感じさせる。



 180302gfx63DSCF9232.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >



         同日の夕方、用事があって中華街に行った。金曜日にしては人が少なかった。夕暮れ時の空気感を見事に切
         り取ってくれるズミルックスに本当に感謝である。

 180302α72summiluxDSC06340
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.>



 180302α72summiluxDSC06344
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.>



            180302α72summiluxDSC06356
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.>



 180302α72summiluxDSC06365
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.>










  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         昼食がてらマリンアンドウォークで写真を撮った。近頃早朝しか訪れていなかったので昼下がりのこの場所
         は新鮮に感じる。
         平日とはいえ、それにしても人が少ない。隣接する新しい桟橋の登場がこの商業施設に追い風をもたらすの
         かどうか興味のあるところだ。
         全体には人影が少なかったが、暖かく風のない日だったので外のベンチやテラス席で食事やドリンクを楽し
         む人もいて、本格的な春の訪れが感じられる穏やかな雰囲気であった。

         撮影は全て
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>

 180301gfx120DSCF8862.jpg



         以下4枚、お得意の「シェ〜」画像。よく見ると全て他の人物が写っている。

         



         180301gfx120_tDSCF8880.jpg



         180301gfx120DSCF8881.jpg



         180301gfx120DSCF8888.jpg



 180301gfx120DSCF8959.jpg



         180301gfx120DSCF8984.jpg



 180301gfxDSCF8989.jpg



 180301gfx120DSCF8923.jpg



         180301gfx120DSCF9078.jpg



 180301gfx120DSCF9085.jpg








  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         昨日町田のSさん、 Akakokkoさん(CLICK) と共に今年最初の遠征で新潟県にギフチョウ探しに行ってみ
         た。
         結果的にはギフチョウはあまり撮影できなかったが、雪解けの野山で春の空気を満喫してリフレッシュして
         帰ってきた。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         最初に見に行ったポイントはまだ雪の中でギフチョウの姿は確認できず。もう少し平野部に移動。



 180419em1420P4190082.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         移動先ではいかにも飛んできそうなのにギフチョウはが見られない。だいぶ歩いてようやくAkakokkoさん
         が発見してくれた羽化後間もないと思われる個体。



         180419em1420P4190091.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         まだ翅がしっかり乾いていないのだろうか、小飛して樹の幹に止まった。



 180419em1420P4190098.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ここはカタクリが多く大群落には圧倒される。



 180419em1420_tP4190100.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         白花のカタクリの近くに薄紫の花もあった。



 180419em1420P4190112.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         チョウジザクラだろうか?ギフチョウが吸蜜に訪れた。とにかくほとんど止まることがなく撮影チャンスが
         少ない。



 180419em1420P4190118.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ギフチョウのカタクリ休憩。



 180419em1420P4190132.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ようやく正面で撮れたカタクリ吸蜜も残念ながら尾状突起が片方欠けていた。



 180419em1420P4190201.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         夕方、メスと思われる個体が木の上の方で静止して動かなくなった。羽化直後か交尾後の休憩か。



 180419em1P4190204.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         最後の頃になって綺麗な個体も吸蜜にやってきたがカタクリが密生しすぎていて邪魔になる。



 180419em1420P4190206.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         こうなるとレンズが長すぎてどうにもならない。







  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

         撮影は全て
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 
         2月27日夕方、東神奈川駅近くの皿うどん屋さんの前で。風に煽られる暖簾を見かけるとついつい写真を
         撮りたくなってしまう。



 180227EM1P2270218.jpg
         ウゲッゲ〜 ! あ、兄が写ってしまった。



 180227em1P2270329.jpg
         すぐ先のクリーニング屋さんの派手な壁が面白くて写真を撮っていたら女の子が角を曲がってきた。
         こっちの方がだいぶいい。
         


 180227em1P2270343.jpg
         梅の花香る季節の出来事でした。







  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         昨日の続きでまた氷川丸。
         こちらはGFX50Sでの撮影。どこか和風漂う FUJIFILM のカメラの写りである。
         撮影は全て
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >

 
         母親に手を引かれて一等児童室を見学する子供。

         私が両親に連れられて氷川丸を初めて見学に訪れたのは5歳か6歳の時なのでこの写真の子よりもう少しは
         大きかったかもしれない。あれから半世紀以上が過ぎてしまったとは・・・

         氷川丸は昭和3年に起工して昭和5年に竣工した船である。私の母は昭和2年の生まれだから氷川丸の起工
         準備が進んでいた頃に生まれたことになる。
         氷川丸を訪れる度に思うのが物と人間の歳のとり方の相違である。氷川丸に乗船して船内を歩いていると、
         これが母親が生まれる前には存在もしなかった船だとは到底思えないのである。なんだかもっと古くからあ
         ったもののように見えてならない。

         だいたい時間の感覚というのは甚だ曖昧なものだし相対的に理解すべきものなのかもしれないが、氷川丸と
         母親を思い比べてみるとそれだけではない理由があるのではないかという気がする。では物に刻み付けられ
         た90余年と人のそれとは何が違うのか。

         もちろん人間は生き物なので老化しつつも常に修復を繰り返しリフレッシュしている。だがその点は氷川丸
         も同じで、老朽化しつつもリペアを繰り返し、長きにわたって保存されるよう努力がなされている。それで
         も氷川丸の方が大いに年を経て感じられる原因の最たるものは、人間に備わっている「魂」と呼ばれるもの
         の存在のせいではないだろうか。

         魂の実像も近頃では科学的にだいぶ解明されつつあるようだ。いずれ電気信号の集積と酵素などの物質のや
         りとりの統合的結果が魂なのであろうが、そういった手法の説明はこの際置いておくとして、私が面白いと
         思うのは、生まれた時から死ぬまで、魂というのはあまり変化することがないように思える点である。
         「三つ子の魂百までも」とか「馬鹿は死ななきゃ治らない」などとよくいうように、持って生まれた性質と
         いうのはそうそう変わるものではない。それは単に性格というようなものではなく、その人のひととなりで
         あり本質的なもののように思える。そんな魂の存在が、人間にある種の不変的印象を与えているのではない
         だろうか。
         そして私達が(とりわけ近しい間柄の)人間を見るときは、姿形よりその魂のありようを見ているような気
         がするのである。
         だから母親が亡くなって棺桶に入れば、その時私がまだ生きていればの話だが、私はそこに初めて氷川丸と
         同じ年齢の母親の姿を見いだすのかもしれない。

         最近再読した『実存主義』(松浪信三郎 岩波新書 1962)の冒頭に、大戦後間もなくサルトルが行な
         った実存主義をテーマにした講演にハイデッガーが異を唱えた顛末が書かれているが、氷川丸と私の母親と
         いうほぼ同年代のものを比べて感じたことは、本質存在哲学と現実存在哲学という彼らの立脚点の相違を思
         い出させる。

         サルトルの講演から73年、現在では現実存在でしかないはずの機械にすらAIという「本質存在」が見え隠
         れし始める時代となった。もう少しAIが進化してシンギュラリティーに達する頃に人間は、数百年を経ても
         歳とって見えない機械の魂を見ることになるのだろうか。

         蛇足ながら書いてしまえば、(母は墓に入るのはまっぴらだから散骨しろと言っているが)供養が済んで墓
         石と向き合えば、私は多分またそこに母の魂を見るのだということは今までの経験からわかっている。
         で、これってどこかで聞いたストーリーだなと思ったら、宗教説話でお馴染みの「復活」の物語だった。
         
         


 180212gfx63DSCF8419.jpg



         180212gfx63DSCF8425.jpg



         180212gfx63DSCF8432.jpg



         180212gfx63DSCF8436.jpg



 180212gfx63DSCF8457.jpg



 180212gfx63DSCF8492.jpg



 180212gfx63DSCF8536.jpg



         180212gfx63DSCF8564.jpg
         <RAW現像でACROSモードに変換>



 180212gfx63DSCF8574.jpg
         <RAW現像でACROSモードに変換>


 180212gfx63DSCF8582.jpg
         <RAW現像でACROSモードに変換 トリミング>
         船腹でオナガガモが仲良く餌を探していた。
         






  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

            昨日「サリサリカリー」を食べに行ってしまったのでその記事が優先となって話が前後したが、
            少し戻った2月12日、前回の氷川丸の記事のわずか2日後にまた氷川丸を訪れた。この日もラ
            イカM3とズミルックス1st.の組み合わせで、フィルムはISO100のイルフォードDELTA 100を使
            った。
            

            



            20180212_1m3summiluxdelta100207.jpg



 20180212_1m3summiluxdelta100211.jpg



            20180212_1m3summiluxdelta100220.jpg



            20180212_1m3summiluxdelta100230.jpg



            20180212m3summiluxdelta100234.jpg



            20180212_1m3summiluxdelta100244.jpg



 20180212_1245.jpg



            20180212m3summiluxdelta100254.jpg



 180212m3summiluxdelta10020180212257.jpg








  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         昨年7月5日の記事(CLICK)でちらっと触れたカレー屋さんの前に懐かしい車が停めてあった。本当は古
         めかしい札幌ナンバーが付いているが修正しておいた。
         この車はかの「スバル360」の後継車種として1969年に発売された「スバルR-2」。何度もマイナー
         チェンジが行われているのでどのタイプかわからないが結婚前に家内が白い水冷R-2に乗っていたことがあ
         って私としては思い出深い車だ。

         このお店は前にも書いた通り私の絵画研究所時代の先輩が経営していたフルーツ屋さんの後に入居したのだ
         が、横浜のあらゆる情報を網羅する情報サイト「はまれぽ」で関連記事を読んでいたらなんとその先輩が実
         名写真入りで登場していた。なんだと思ったらその先輩の勧めでここに引越してきたのだそうだ。
         以下がはまれぽで紹介されている記事のリンクなので興味のある方は是非参照されたい。

         お店の引越しに関する記事(CLICK)

         先輩の平林氏登場のページ(CLICK)

         さらに深く掘り下げた記事(CLICK)


         で、このお店、市内の商店街No1メニューを投票で決める企画「ガチ!」シリーズ(主催:横浜市商店街総
         連合会)で、8692票中807票を集めて見事優勝しているらしい。
         しかしながら私は未だここのカレーを食べたことがない。そろそろ行かないといかんなーと思いつつ・・・


 
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         スバルR-2。ちなみに 2003~2010年に販売されていた同名車はスバルR2 で、Rと2の間にハイフンが入ら
         ない。後者はアルファロメオの147など手がけたデアザイナーを招いてのデザイン面での意欲作であった
         が残念なことに生産終了となっている。
         


 180225gfx63DSCF8760.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         先日 Summilux 1st. でも撮影した六角橋商店街仲見世の牛骨。



         180225gfx63DSCF8764.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         中判で撮ると妙にリアルである。



         180225gfx63DSCF8787.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         朝は開いている店もなく完全なシャッター街。



         180225gfx63DSCF8806.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         でも天窓から光が入って夕方とは違った雰囲気が楽しめる。
         



         180225gfx63DSCF8813.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >



         180225gfx63DSCF8837.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         白楽駅上りプラットフォームの最後部から1枚。このすぐ左側が踏切になっている。
         先日仕事帰りに妙蓮寺駅から下り電車に乗ったら白楽駅に入ったところで急停車した。最前部に乗っていた
         ので見てみたら、お婆さんが踏切内に入って呆然と立っている。すぐに駅員が保護に駆けつけたがこれから
         はこういうことも増えてゆくのだろう。その後東白楽駅で下りて自宅に向かう道の途中にある長い階段を登
         っていたら今度はお爺さんが重そうな荷物を抱えてふうふう言っている。仕方ないので階段の上まで荷物を
         運んであげた。高齢化社会は誰にとっても負担が増える。社会がそれに冷静に対処してゆくことができるの
         か、老人ホームでの虐待や殺戮事件、無理心中なども増えている昨今、不安である。
         


         と、ここまで書き終わったら「サリサリカリー」を急に食べてみたくなり、実は記事を書いている本日行っ
         てきたので写真を追加しておく。日付は4月15日の日曜日である。


   180415em1P4150009.jpg 180415em1P4150007.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         4月15日に撮影した「サリサリカリー」の店内とサリサリカリーの写真。
         ついに食べて見た。お味の方は・・・う〜む、難しい。参考までにカレーのスペシャリストの評価(CLICK)
         をご覧いただければと思う。







  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         例年山手にアゲハ類の撮影に行くのはゴールデンウィーク直前か前半くらいであるが、今年は自宅付近でも
         早めにアゲハの姿が確認できたので、天気はあまり良くなかったが午前中様子を見に行ってみた。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         いつものポイントで待っているとアゲハやアオスジアゲハが上空の梢を飛んでいるのが見えた。そのうち1
         頭のアゲハが降りてきてフランス領事館の遺構の上に止まったので近づいてみたが残念なことにかなり傷ん
         だ個体であった。



 180414em1P4140110.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         その後待っていても全く下りてきてくれなくなったので港の見える丘公園の方に移動。大桟橋にセレブリテ
         ィー・ミレニアムが停泊しているのが見える。



 180414em1P4140064.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×トリミング>
         ツツジの花の向こうにベイブリッジが見えたので待っていたらアゲハが横切ってくれた。大幅にトリミング
         してあるが嬉しいショット。


         
 180414em1P4140137.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         スナップ撮影しながら蝶を探したがアゲハがたまに飛んでいてもほとんど止まることがない。諦めていつも
         のポイントに戻ってみるとツツジでカラスアゲハが吸蜜している。早く戻ればよかった。



 180414em1P4140124.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         この個体はかなり新鮮だが、この後で飛来した個体は派手なビークマークをつけていた。とはいえ飛び古し
         たといった感じではなかったのでここ1週間くらいの間に発生してきたものだろう。



 180414em1_tP4140291.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×トリミング> 
         何といっても嬉しかったのはメスが飛んできてくれたこと。今までの経験ではこの場所はあまりメスは飛ん
         でこないのでちょっとびっくり。        



 180414em1P4140229.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         こちらはトリミングなし。葉が被ってしまったが後翅がより多く見えているので綺麗だ。
         この後しばらく待ってみたが天気が悪く風も強くなってきたので撤収した。








  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

            昨日の続き。
            同日カラーで撮った写真をアップしておく。最初の2枚はオリンパスでの撮影だがその他はコンタッ
            クスG1用のGプラナーで撮っている。Gプラナーを使うのは久しぶりだが、やはり素晴らしいレンズ
            だと思った。このレンズをデジタルで使えるようにしてくれたミラーレス機の恩恵に感謝である。

 
            <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
            バーニーズニューヨークのブライダルギフトショップ。丸いミラーが印象的だったので写り込み
            を入れて撮ってみる。



            180210em1150P2100044.jpg
            <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
            岸壁に出て氷川丸に向かう途中で。



 180210α72summiluxDSC06098
            <Sonyα7Ⅱ / G planar T* 45mm F2 >



            180210α72summiluxDSC06154
            <Sonyα7Ⅱ / G planar T* 45mm F2 >



            180210α72summiluxDSC06161
            <Sonyα7Ⅱ / G planar T* 45mm F2 >
 


 180210α72summiluxDSC06180
            <Sonyα7Ⅱ / G planar T* 45mm F2 >



            180210α72summiluxDSC06192
            <Sonyα7Ⅱ / G planar T* 45mm F2 >



 180210α72summiluxDSC06209
            <Sonyα7Ⅱ / G planar T* 45mm F2 >



 180210α72summiluxDSC06237
            <Sonyα7Ⅱ / G planar T* 45mm F2 >



 180210α72summiluxDSC06250
            <Sonyα7Ⅱ / G planar T* 45mm F2 >



 180210α72summiluxDSC06259
            <Sonyα7Ⅱ / G planar T* 45mm F2 >






  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

            せっかく好コンディションの Summilux 1st. をお借りしているのにデジタルでばかり撮ってい
            ては片手落ちというものなのでフィルムでも使ってみることにした。
            ボディーはこのズミルックスとおよそ同時代(1960年前後)か、少し前の Leica M3 を使
            用。この組み合わせは見た目なかなかカッコいい。
            日頃ストラップなどには全く凝らない私でも、う〜む、革のストラップでも試してみようか、な
            んて気にさせられてしまう(結局面倒でやらなかったが)。

               180409em1_t_mP4090005.jpg

            フィルムだが、今回は現像を急ぎたかったのでイルフォードのXP2 SUPER 400を増感なしで使っ
            てみた。このフィルムはモノクロだが一般的なカラーネガと同じ現像プロセスなので仕上がりが
            早い・・・はずだったのだが、ヨドバシのDPEに現像を頼んだら以前そのプロセスで現像したら
            クレームになったとかで、実際にはメーカーの指定現像所に出したので中2日かかってしまった。
            初めての使用だったが、スローシャッターではかなりざらっとした感じになるが光が足りている
            時には1SO400にしてはきめ細かな描写を見せるフィルムのような気がする。

            以下撮影は全て
            <Leica M3 DS/Summilux 50mm f1.4 1st./XP2 400>

            



            180210_1m3summiluxxp2s130.jpg



            180210_1m3summiluxxp2s155.jpg



            180210_1m3summiluxxp2s146.jpg
 


            180210_1m3summiluxxp2s132.jpg



 180210_1m3summiluxxp2s133.jpg



 180210m3summiluxxp2s137.jpg



            180210m3summiluxxp2s174.jpg



 180210_1m3summiluxxp2s129.jpg








  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         夕方自宅のダイニングでデッキの張替え工事にいらしていた植木屋さんとお茶を飲んでいたら、庭にひらひ
         らと白い蝶が飛んできた。ツマキチョウのオスだった。
         見ていると寝床を探しているようで、つかまりやすそうな草を探して地面近くを飛び回っている。何度か静
         止したもののその度に強風に煽られて舞い上がり、最後にはどこかに行って見えなくなってしまった。
         満足な撮影はできなかったけれど、庭でツマキチョウを撮ったのは確か初めてなのでとても嬉しかった。
 
         撮影は全て
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>

 
         例によってなかなか止まらないがようやく細い草の葉に止まったのでなんとか撮影できた。



         180411em1P4110196.jpg
         これで触角が揃って前に伸びれば睡眠体勢だが風が吹き付けてきて落ち着くことができない(トリミング)。



 180411em1P4110160.jpg
         舞い上がってもその度この場所に降りてきたので後で思ったのだが、ここに咲いているハナニラの花をメス
         と思ってアタックしてきたということも考えられる。ダンダラさんの記事(CLICK)でハナニラの花をメス
         と勘違いして近づいてくるツマキチョウの写真を拝見したばかりだったので余計にそんな気がした。ただ見
         ていると花にアタックするというよりその近くの細い草に止まろうする行動が目立ったので、メスへの衝動
         と寝床の確保という2つの気持ちが入り混じっていたものか・・・というのは考え過ぎか。


 180411em1P4110193.jpg
         なんにせよ可憐な美しい蝶である。








  1. / trackback:0
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

            先日「芝川ギフチョウ保護の会」主催のギフチョウ観察会が行われ参加した。富士山のよく見え
            る清々しい日和ではあったがかなり気温が低く、ギフチョウを見かけたのは一部の方にとどまっ
            た。
            私もtheclaさん、虫林さん、昆虫写真家のYさんらと一緒に散策したが、とうとう1頭のギフチ
            ョウも見ることができなかった。
            気温の低さもさることながら伐採の影響もあって個体数は激減しているようだ。近年は成虫の密
            猟はほとんどなくなったが、目立ちにくい卵、幼虫の密猟が増えており、その際食草もどっさり
            持って行ってしまうので始末が悪い。保護の会で植えたランヨウアオイまで持って行かれてしま
            ったこともある。
            観察会にはギフチョウに出会うのを楽しみにしている多くの子供たちも参加する。個体数の減少
            につながる密猟行為は是非慎んでいただきたいものである。

 
            観察会総会の模様。



 180408em1P4080072.jpg
            開けた尾根筋から望む富士山。この辺りから望む富士山は頂上の真ん中あたりがコブ状に突出し
            た独特の形。



 180408em1P4080004.jpg
            村落の流れの水草の上にツバキの花が落ちていた。


            180408em1P4080010.jpg








  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

            早朝散歩の際色々なカメラを持って行ったら重いしカメラの持ち替えに時間が取られるしで懲り
            たので、通勤は Summilux 1st. をつけたα7Ⅱ1台で。

            なので撮影は全て
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.>

 180207α72summilux_tDSC05909
            妙蓮寺三門の金具にお数珠が掛けてあった。このお寺ではしょっちゅうお葬式が行われるのでそ
            の際の落し物を誰かがここに掛けたのだろう。



            180207α72summiluxDSC05917
            本堂前の鰐口。



            180207α72summiluxDSC05949
            妙蓮寺駅近くの新築現場で柱状地盤改良のためのボーリング中だったので写真を撮らせてもらっ
            た。



 180207α72summiluxDSC05953
            フェイクの・・・桜?



            180207α72summiluxDSC05960
            六角橋商店街仲見世の駅よりの入り口角にあるこのお店には面白い雑貨が置いてある。この風車
            も可愛らしくて思わずカメラを向けた。



            180207α72summiluxDSC05966
            飲み屋の店頭のウミガメの剥製。



            180207α72summiluxDSC05992
            大好きなスキー毛糸の看板の下で通行人を待って撮る。



            180207α72summiluxDSC05989
            狭い場所で人がすれ違う時って、なんだか独特の空気が生まれるように思う。



            180207α72summiluxDSC06003
            フィギュアやキャラクターグッズショップのジャンク箱を覗き込む外国人親子。



 180207α72summiluxDSC06035
            夕暮れ時の優しい光の中でえぐい色のハーレーがギラリと輝いていた。



 180207α72summiluxDSC06033






  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         やっと2月に入った。以前夜景で撮影して面白い写真が撮れた場所に日の出前に行ってみた。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         目的地手前で1枚。万国橋をこちら側からゆっくり眺めたのは初めてかもしれない。



 180207em1150P2070362.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         これがその場所。以前の夜景とほぼ同じアングルで、自転車の女性を入れて撮ってみたがなんだか面白くな
         い。



 170102em1P1020267.jpg
         参考までに昨年1月9日の記事(CLICK)に掲載済みの夜景を再度載せておく。機材は上の写真と同じだが、
         正月2日のこととて多くの通行人が画面に面白みを与えていて、やはりこちらの方が好み。



 180207em1150P2070497.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>



 180207em1P2070427.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         対岸は赤レンガ倉庫。



         180207gfx63DSCF8325.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         移動してマリン&ウォークへ。朝日が入った開店前のショップがきれいだ。



 180207α72summiluxDSC05891
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.>
         変わってズミルックス 1st. 朝の港はどこに行ってもジョギングしている人が多い。
         


 180207α72summiluxDSC05879
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.>







  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

            タイトル通り、変わらず Summilux 1st.を普段の生活の中で使ってみる。

            撮影は全て
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.>

 180123α72summilux_tDSC05725
            1月23日。まとまった量の雪が降った日の翌朝。出勤時に妙蓮寺の墓地を覗いてみると。



 180123α72summiluxDSC05735
            三門の向こうに雪を載せた梢がちらっと見えている。



 180127α72summiluxDSC05762
            1月27日土曜日。家族3人で近所の中華料理屋さんに食事に出た。比較的暖かい日で、ノラさ
            ん達の表情も盛りがつく時期にしてはなんとなく落ち着いて見えた。



 180127α72summiluxDSC05777
            スクーターの足置きがお気に入りの寝場所らしい。



 180127α72summiluxDSC05767
            ちょっとお邪魔だったかも。



 180127α72summiluxDSC05787
            小さな新築現場にて。



            180130α72summiluxDSC05828
            1月30日。西日暮里駅付近。ずらりと並んだ自転車。ズミルックス 1st. の端正な描写がよく
            わかる。



            180130α72summiluxDSC05851
            同日。東神奈川駅付近の暗渠の上の緑道の梅。








  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         遡ってまた1月の日記。
         22日は南関東でもまとまった量の雪が降った。
         雪が降り始める前の底冷えの新港埠頭で、3月29日の記事(CLICK)の Summilux 50mm f1.4 1st.の試
         写をした。
         今回はこのレンズをアダプターを介して中判の FUJIFIILM GFX 50S に装着。当然4隅がケラレるので最初か
         らスクエアフォーマットを選択し、フィルムシミュレーションはモノクロのACROSSモードを使用。
         スクエアフォーマットだと中判のメリットは生かされないと思われるかもしれないが、これでも面積比で言
         えば35mmフルサイズの1.25倍のセンサーサイズとなるので無意味というわけでもない。
         ブログサイズではわからないかもしれないが、実際非常にきめ細かな描写を見せてくれて自分でも驚いた。
         その驚きのまま A0 サイズに大伸ばしして先日の個展で4枚並べて飾ってみたのは会場にお越し下さった方
         はご存知の通りである。
         ブログでは自分が写っている1枚だけ少し引いた写真に入れ替えて掲載しておくことにする。またISO を変
         えて撮っているので参考までに ISO データだけ添えておく。


 180122gfxsummiluxDSCF8270_1.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S/ Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.> ISO 1600


 180122gfxsummiluxDSCF8300.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S/ Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.> 1SO 800



 
         <FUJIFIILM GFX 50S/ Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.> ISO200



 180122gfxsummiluxDSCF8301.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S/ Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.> ISO 800


         一度帰宅してから今度はα7Ⅱにズミルックスをつけて出勤。雪の降りが激しくなってきたので会社から早
         めに帰途についた。


         180122α72summilux_tDSC05647
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summilux 50mm f1.4 1st. トリミング>
         東白楽駅前で傘の雪を落とす人。



 180122α72summiluxDSC05605
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.>
         ビニ傘にピントを合わせてみた。なんでもなさすぎる写真だがお気に入りの1枚。



 180122em140P1220042.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         自宅前で。雪かきが思いやられたが、この時の雪は案外軽くて雪かきにそれほど苦労することはなかった。





  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

          昨日の続き。ギフチョウの静止や吸蜜の画像とその他の蝶をアップしておく。

      180331em1P3310337.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         朝一番に飛び出してくれたギフチョウ。地面で体を温めてスミレの花で吸蜜してくれた。



 180331em1P3310040.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         カタクリの花では裏翅画像しか撮れなかった。



 180331em1_1P3310134.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         チョウジザクラはいい感じで撮れた。



 180331em1P3311257.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         嬉しかった久しぶりのアセビ吸蜜。



 180331em1P3310450.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         テングチョウ



 180331em1P3310549.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         スギタニルリシジミ



 180331em1P3310742.jpg
         飛び立つスギタニルリシジミ。



 180331em1P3310828.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ムスカリのお花畑で遊ぶミヤマセセリ。



         180331em1_tP3311020.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         コツバメのマメザクラ吸蜜。



   180331em1P3310237.jpg   180331em1P3310948.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         キブシで吸蜜するルリタテハとウメで吸蜜するアカタテハ。



 180331em1P3310891.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         キアゲハも何頭か飛んでいたがギフチョウに追い回される一幕もあった。







  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

         先週土曜日、町田のSさん、Akakokkoさんと共に県内のギフチョウの撮影に行ってみた。ずいぶん久しぶ
         りの蝶撮影であるし、3月のギフチョウを見るのもまた久しぶりだ。
         Akakokkoさんは前日も来られてすでに6種類の花で吸蜜するギフチョウを撮影されたとのことだったので
         期待が高まる。

         朝のうちはスミレでの吸蜜が見られたもののその後さっぱり飛ばなくなってしまい心配になってきた。
         しかし昼頃からはサクラなどで吸蜜する個体がけっこう見られたので、連写やプロキャプチャーモードを駆
         使して動きのある写真を狙ってみた。
         5桁に近い枚数を撮った割にはあまりよいショットはなかったが、なんともイージーに飛翔が撮れてしまう
         今時カメラにはやはり感謝である。


 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         いつものマメザクラの梢を優雅に飛ぶギフチョウ。年々木が大きくなってゆくので撮影距離も伸びてしまう。



 180331em1P3313391.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ギフチョウの場合背景が黒いと触角や尾状突起が分からなくなってしまう。



 180331em1P3312139.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         横移動はピントが合いやすいが向かって来る時は難しい。



 180331em1P3310172.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 180331em1_t.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>



 180331em1P3310875.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 180331em1_tP3310306.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         3頭が絡む場面もあったが私が撮れたのは2頭のみだった。



 180331em1P3310971.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         枝垂れた八重の桜でも吸蜜が見られた。



 180331em1P3311070.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 180331em1_tP3311696.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         マメザクラで吸蜜中のメスにオスが飛来してまとわりついた。メスは交尾済みで交尾嚢が見えているが、こ
         の後オスが無理矢理メスをホールドし、2頭で地面に落ちて行った。交尾態勢は数十分続いたがやがて離れ
         て別々に飛んで行った。



 180331em1300P3312746.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         地面でもがいていた2頭をどなたかがマメザクラの梢に止まらせたところを撮影。この時は既交尾のメスと
         は気づいていなかった。








  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -