FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         遡って9月17日、敬老の日も新港埠頭に行ってみた。
         大桟橋には客船2隻が接岸。蝶影は少なかったがそれなりに散歩を楽しむことができた。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         「飛鳥II」(左)と「ダイヤモンドプリンセス」(奥)。以前3隻接岸もあったらしいが2隻でも充分豪華。




 180917em140P9170046.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         シーバスが通ったが時間が早いせいか客の姿が見えない。採算はとれるのか?
         ところでシーバスのスペルは「SEA BASS」で、「SEA BUS」ではないらしい。SEA BASS は魚のスズキのこ
         とで、河川と河口を回遊する生態がシーバスの航路と似ているところから(もちろんSEA BUSともかけて)こ
         の名前になったのだそうだ。そんな凝った名前だったなんて全然知らなかった。




 180917em1150P9170059.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         ダイヤモンドプリンセスのプールサイドの大型ビジョンが見えている。三菱重工製の船だからビジョンも三
         菱製のオーロラビジョンだろうか?




         180917em140P9170396.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         マリン&ウォーク前の岸壁に行くとまだタグボートの「明治丸」が停泊していた。連休中?
         イチモンジセセリもいてくれたので鹿児島の明治丸を入れて記念撮影。
  



         180917em140P9170487.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         蝶も人も休憩モード。




 180917em1150P9170552.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         晴天だと明治丸の船体カラーはこんな感じ。




 180917em1150P9170584.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         先日アカタテハを撮影した場所に行ってみたが柳の下の泥鰌。でもイチモンジセセリがいて、飛鳥Ⅱを背景
         に入れて撮影することができた。




         180917em1150_tP9170675.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>




         180917em140P9170880.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




 180917em140_tP9170961.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         赤レンガ倉庫を後にして中華街にある知人のギャラリーに立ち寄った。写真は画廊主の鈴木正道氏の作品で
         インドの火祭りを描いたもの。




         180917em140P9170974.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         トゥクトゥク、と読む。「カメラマン同行型観光スポット巡り」なのだそうだ。タイの3輪タクシーでイン
         スタ映えスポットを巡ってくれる。5000〜6000円/30分。





スポンサーサイト
  1. / trackback:0
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

         9月23日は天気が良さそうだったので akakokkoさん(CLICK) と房総に出かけ、彼岸花を訪れるアゲハ
         類を撮影した。
         彼岸花はちょうど最盛期といったところだったが、草刈りの時期でもあったようでけっこう刈られてしまっ
         たところも多くちょっと残念。
         それでもアゲハを始め、キアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハ、モンキアゲハ、カラスアゲハなどが飛来し
         てけっこう楽しめた。
         

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         最初に現れたのはやはりアゲハ。しかし後が続かずakakokkoさんと分散して付近を探索。




 180923em1300_tP9230647.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         ナガサキアゲハのメスを発見。
         




 180923em1300P9230214.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         比較的白化の進んだ個体だがけっこう傷みが激しい。極力翅の破れが目立たないように撮影する。




 180923em1300P9230359.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>




 180923em1300P9230393.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         これはもちろん彼岸花にピントを合わせた写真・・・だよ(汗;)。




 180923em1300P9230562.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         彼岸花の間を優雅に飛ぶナガサキアゲハ。久しぶりに見る光景だ。




 180923em1300P9230596.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>




 180923em1300P9231191.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         さらに移動して小高い丘の上に彼岸花が咲いている場所へ。きれいなキアゲハが訪花していた。




         180923em140P9231247.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         ここは背景にゆるい谷が広がって向いの山と小さな部落が見える景色の素晴らしい場所だったので、ついつ
         い広角撮影に走ってakakokkoさんの邪魔をしてしまった。




         180923em140_tP9231591.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




         180923em140P9231277.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         yurinさんがアップ(CLICK)されている中南米のタスキアゲハや東南アジアの Papilio demolion などのよう
         な、黒地に一直線の柄が入ったような蝶との接点が見えてくるような気もする。
         



 180923em5210P9230185.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         クロアゲハもやってきたが相当傷んでいた。




 180923em5210_tP9230204.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         なんといっても嬉しかったピカピカのモンキアゲハ。




 180923em5210P9230302.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>




 180923em5210P9230539.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>




 180923em140P9231665.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




         180923em140P9231521.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         久しぶりにモンキアゲハをしっかり撮れたので写真の枚数が多くなってしまった。
         おつきあいありがとうございました(笑)。


         akakokkoさん、当日は大変お世話になりました。
         珍蝶を追いかけるのもいいですがたまにはのんびりアゲハ類を眺めるのもいいものですね。
         またよろしくお願い致します。







  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

         早朝新港埠頭の岸壁に行ってみたが、いつもの植え込みに蝶の姿は全くなかった。
         防災基地のバースではこのところタグボートを見かけなかったが、この日は見慣れないタグボートが1艘接
         岸していた。
         「明治丸」という名前で、調べたら鹿児島県の会社の保有するタグボートだった。鹿児島からどうしてわざ
         わざ横浜にやって来たのかわからないが、かなり大型のタグボートで緑色に塗られた船体が美しかった。

         
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         まだ薄暗い湾内と明治丸




 180916gfx120DSCF1334.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         マリン&ウォークの中を一回りしてきたが特に代わり映えしない。




         180916em140P9160085.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         サルスベリも花より実が目立つようになってきた。




 180916em1210_tP9160363.jpg
          <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
          蝶がいないので海に目を転じると、湾内をウミネコが1羽ゆったりと旋回していた。




 180916em1210P9160390.jpg
          <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
          明治丸に近づいてきて・・・




         180916em1210_tP9160394.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         バースの縁に降りる。




 180916em1210P9160434.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>




         180916em1210P9160553.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         消防船の「ひりゅう」も入れてみる。
    
         


 180916em1210_tP9160621.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         少しして突然ダイブ。




 180916em1210_tP9160675.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         海面での出来事はうまく写せなかったがとにかく漁は成功で魚をくわえて戻ってきた。




         180916em1210P9160287.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         見てんじゃねーよ、ミャ〜 !



 180916gfx120DSCF1338.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         人影も少なくとても静かな朝だった。






  1. / trackback:0
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

         前日停泊していた青雲丸がまだ出航していなければ、朝の光の中で船を背景にイチモンジセセリが撮れるか
         もしれないと思い、LEDライトを準備して新港埠頭に行ってみた。
         まだ薄暗い岸壁に到着してみると青雲丸は前日と同じところで停泊したままだった。

         撮影は <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


 180913em140P9132067.jpg
         LEDライトをサルスベリの花に当て、背景に青雲丸を入れて撮影してみる。




 180913em140P9132276.jpg
         薄暗い中だとカメラに取り付けたLEDライトはかなり目立つ。ジョギング中の外人さん、何を撮っているの
         か気になるようだ。




 
         現れたのはホシホウジャク。この蛾は年々数が増えてゆくような気がする。ハチドリを思わせるフォルムが
         ユニークだ。かのシートンもこの蛾(種は違うかもしれないが)には惹かれたようで、楽しいスケッチを描
         いてハチドリとの比較をしている↓


               シートンイラスト_3
                        E.T.シートンの著作中の自身の挿絵

         シートンは博物学者志望だったが父に反対され画家の道に進む。色々あってしばらくは画家業と博物学業を
         掛け持ったような人生を送るが、そんな彼らしい手慣れた筆致である。
         それにしても博物学を諦めて画家になれとは・・・当時は金持ちの道楽のような博物学より職人としての画
         家の方が安定した職業だったのかもしれない。




 180913em140_tP9132347.jpg
         ホシホウジャクはとてもすばしっこく、なかなかいいチャンスがない。




 180913em140_tP9132425.jpg
         ホバリングの瞬間を狙い、かなりトリミングしてどうにかそれらしい絵に。




         180913em140P9133350.jpg
         イチモンジセセリも少しいたが、早朝の吸蜜中は敏感で近づくとすぐに飛んでしまってとうとう吸蜜
         シーンは撮影できず。かえって地面や葉上で静止している時の方がじっとしていてくれる。




         180913em140P9133456.jpg
         自転車が通っても飛び立たない。




         180913em140_rP9133491.jpg
         人がいないとちょっと寂しい写真に。


         

         180913em140P9132677.jpg
         最後にもう1枚スナップ。







  1. / trackback:0
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

         前回の記事で昼食後一目散に蝶のいる岸壁に急いだように書いたが、実はその手前の海上防災基地で巡視船
         「あきつしま」が出航するところだったので脱線してその様子を撮影した。
         撮影は <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

         
         前から順々に舫を解いてゆき、後進しながら船尾から岸壁を離れてゆく。
         「舫3番、外してください」とか、そんな感じで案外素人っぽい出航。汽笛を鳴らす前には「汽笛を鳴らし
         ます。大きな音がしますので気を付けてください」と親切だ。




 180912em140_tP9121392.jpg
         船尾が岸壁から離れると当然船首は岸壁に近づく。そこで登場するのが赤丸で囲んだ浮き袋みたいなもの。
         黄色い樹脂で出来ているみたいで、船べりで下を覗いているヘルメットの人がロープで垂らしている。けっ
         こう原始的だ。
         総トン数 7175トン 全長150メートルもの大型巡視船なのに、こんなもので岸壁との接触を避けら
         れるのか不安である。まあ手前のドラム缶型の緩衝材の補助的な措置なのだとは思うが。
         それと作業している乗組員は安全帯とかしているのだろうか?あそこから落ちたらかなり痛い。




 180912em140P9121400.jpg
         こうなればもう安心。




 180912em140P9121413.jpg
         みるみる遠ざかってゆく「あきつしま」。船というのは進んでいないようでいてけっこう早い。




 180912em140P9121438.jpg
         この辺りで方向転換し、前進してベイブリッジ方面に進んでいった。




 180912em140P9121412.jpg
         こちらも常連「ダイヤモンドプリンセス」。




 180912em140P9121416.jpg




 180912em140P9121981.jpg
         定番。赤レンガ倉庫とダイヤモンドプリンセス。






  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         9月12日、家族で新港埠頭に食事に出てみると、以前いつもタグボートが舫ってあった所に練習船「青雲
         丸」が停泊していた。これはなんとかイチモンジセセリかチャバネセセリと一緒に写真を撮らなくてはと思
         い、急いで食事を済ませて岸壁に向かった。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         1997年就航の独立行政法人海技教育機構が保有する大型航海練習船である。
         総トン数5890。全長は116メートル。
         ところで「青雲丸」、どこかで聞いた名前だな、お線香みたいなマストが立っているからお線香「青雲」を
         作っている「日本香堂」の持ち船かな、などとバカなことを考えながら検索してみたら・・・
         昨年7月、練習生が相次いで自殺、自殺未遂、失踪という事件を起こしたあの青雲丸だった。
         実際に何があったのかはわからないし、亡くなられた方はお気の毒だが、規律の厳しい閉鎖空間での出来事
         なので、ある意味不思議ではないのかもしれないなとも思う。




         180912em140P9121464.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         蝶の数は少なかったがなんとかイチモンジセセリを画面に入れて撮影した。




         180912em140_tP9121465.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>



         
         180912em140P9121535.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




 180912em140_tP9121467.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         この日も求愛行動が見られた。




         180912em140P9121521.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         奥はサルスベリの幹。




         180912em140P9121497.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         焦点距離36mm、 f2.8の開放撮影だがやはりボケ量は少なめ。M4/3の宿命である。




         180912em140_tP9121555.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         楽しそうな女性達。




         180912em140_tP9121562.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         岸壁のイチモンジセセリの姿が見えなくなったので赤レンガパークの駐車場脇の植え込みに移動した。イチ
         モンジセセリを撮ろうと思って待ち構えていたらなんとアカタテハが飛んで来た。この辺りではほとんど見
         たことがなかったので大興奮。




         180912em140_tP9121642.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         後ろの客船は大桟橋に停泊中のダイヤモンドプリンセス。




         180912em140P9121746.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         通行人も入れて。




         180912em140P9121795.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         開翅もあった。




         180912em140P9121783.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         興奮しすぎてついがさっと・・・奇跡のアカタテハは飛んで行ってしまったきり戻ってはこなかった。




         180912em140P9122014.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         馬車道駅に向う途中、お店のディスプレーのトランクと市営バス「あかいくつ号」。




 180912em140P9122033.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         馬車道駅プラットフォームにて。












  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

         9月7日、家内の姉が泊まりに来ていたので一緒に赤レンガ倉庫の「bills」で朝食をとった。その後家内達
         は自宅近所の床屋「Barber BABA」(馬場さんという方がやっている)のフェイスエステに行くというので、
         私は新港埠頭に居残って蝶の撮影をしたり海上保安庁の「工作船資料館」を訪れたりした。工作船資料館の
         様子は前回の記事の通りである。

         
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         bills の定番パンケーキ。




 180907em140P9070042.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         2号館を出たところで1枚。




         180907em140P9070066.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         最初花壇の様子を見に行ったが、推定前日と同一個体のヒメアカタテハが1頭いただけで、それもすぐに見
         えなくなってしまった。




         180907em140_tP9070624.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         工作船資料館を見てから埠頭の岸壁に出ると、この日は何故かチャバネセセリが1頭アベリアで吸蜜してい
         た。不思議なことにイチモンジセセリの姿はなかった。周囲に緑のほとんどないこんな狭い場所の植え込み
         の蝶が、いったいどういう経緯で入れ替わったり増減したりするのだろう。
         こんな小さな蝶でも飛翔力は強いので、想像以上にダイナミックに動き回って暮らしているのかもしれない。



         180907em140P9070640.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         双胴の消防船「ひりゅう」と子供を抱いたお父さん。人物が画角に入った途端、蝶が花の影に隠れてしまっ
         た。なかなかうまくいかないものだ。

         


         180907em140_tP9070707.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>




         180907em140_tP9070894.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>



         家に帰ってしばらくすると家内が戻って来て隣の家の垣根にアカボシゴマダラがいたので写真を撮ったと言
         ってスマホを見せてくれた。まだいるかもと言うので急いでカメラの準備をして行ってみた。


 180907em1150P9070828.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         きれいなアカボシゴマダラが止まっていた。残念なことに前翅に少しだけ欠けがあるが、それでも充分美し
         い。このところイチモンジセセリやチャバネセセリばかり撮っていたので目が覚めるようである。




 180907em1150P9070823.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         久しぶりに蝶をガッツリ撮影できた気がした。





  1. / trackback:0
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

         新港埠頭の横浜海上防災基地の隣りに「工作船資料館」という建物がある。小ぶりの体育館くらいの大きさ
         の建物で、正式名称は「海上保安資料館横浜館」。
         2004年に開館した資料館で、建物の中には2001年12月に発生した九州南西海域工作船事件に関係
         した資料が展示してあると聞いていたが入ったことはなかった。

         当事件で自動小銃やロケットランチャーを用い海上保安庁巡視船と交戦した後自爆、沈没した不審船は、た
         またまその水域の水深が当時のサルベージ技術の限界といわれた 90m 程度であったために、翌年政府の決
         定により引き揚げられ詳細な調査が行われた。その結果、同船が覚醒剤取引や工作員の出入国に使用されて
         いた北朝鮮の工作船とほぼ断定されるに至った。

         漁船を装ったこの工作船は非常に特殊な構造で、後部ハッチを開いて小型船艇を収納できるようになってい
         た。この小型船艇も漁船を装っているが3基のエンジンと3基のスクリューを備え、なんと推定50ノット
         (時速90キロ)の速力が出せるという。伊豆七島に就航している東海汽船の全没翼型ジェット水中翼船の
         最高速力が43ノット(時速80キロ)であるのを考えると驚きの数字である。
         そして親船も1100馬力のディーゼルエンジン4基(この規模の漁船の10倍の出力)と、それにシャフ
         トで直結された4基のスクリューを備え、33ノット(時速61キロ)の速力を有するという。
         追跡にあたった巡視船の「いなさ」「きりしま」などは快速船であるが、それでも最高速力は35ノットな
         ので追跡は容易ではなかったろう。

         引き揚げた工作船からは様々な武器や回収品と共に遺体も7体見つかり司法解剖を受けているので、そんな
         船の残骸など見たくない気もしたが、歳をとってくるとなんでも見られるものは見ておこうという心境にも
         なるらしい。


         
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         工作船の舳先を見上げる。船というのは海に浮かんでいると小さく見えるが、部屋の中に収まると30メー
         トルほどの船体がずいぶん大きく見える。




 180907em140_tP9070110.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         工作船の模型。後ろにいるのが格納されていた小型船艇。




 180907em140P9070124.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         並んだ4基のスクリュー。




 180907em140P9070140.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         船尾のハッチは観音開き。甲板部の楕円形の穴と左端に見えているパイプは扉を閉めた時につながるように
         なっていて、これがつまりトイレ。




 180907em140P9070148.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         小型船艇の格納庫。ここにある程度海水を入れて小型船艇を浮かせて出艇させたのだろう。小型船艇にはさ
         らに水中スクーターが積載されていて、これで水中から密かに上陸することができるようになっている。




 180907em140P9070151.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         FRP製の小型船艇。これが舳先を持ち上げて時速90キロで走っていたら焦る。




 180907em140P9070156.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         甲板で使用できるように格納されていた14.5mm対空機関銃の銃口・・・




 180907gfx120DSCF1271.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         と照準器のオープンサイト。




 180907em140P9070168.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         階段を上った渡り廊下から甲板の様子も見られるようになっている。




 180907em140P9070132.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         錆止めの上に緑と青のペンキが塗り重ねられている。以前は緑色の船体だったのかもしれない。




 180907em140P9070179.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         なんともしたたかな表情の船体塗装。ジョルジュ・ルオーの油彩画↓を思い出してしまった。

         ジャンヌダルク部分 ルオー『聖女ジャンヌ・ダルク』(部分)




 180907gfx120DSCF1268.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         後部ハッチのごついヒンジ。この辺りで息が詰まってきたので資料館を出ることにした。




 180907gfx120DSCF1294.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         岸壁にはいつもの大型巡視船「あきつしま」。他にも何隻もの巡視船が停泊している。資料館を見学した後
         だといつもと見え方が違う気がする。海上保安庁の狙い通りだ。




 180907gfx120DSCF1304.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         赤レンガパーク岸壁と防災基地桟橋がくの字にぶつかるところに昔の船着き場の階段が残っている。ここが
         貨物岸壁として使用されていた頃の名残である。







  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         先週土曜日、町田のSさん、akakokkoさん(CLICK)と房総のシルビアシジミを探しに行った。
         現地で千葉のNさんと合流し、撮影しているうちになつさん御夫妻(CLICK)もお見えになり、総勢6名で
         の楽しい撮影会となった。
         なつさん御夫妻とは3月の拙個展以来お目にかかっていなかったので、半年ぶりのとても嬉しい再会だった。

         さて、今回の撮影で印象的だったのは現地の草原にたくさん咲いていた小さな白い花とシルビアシジミの相
         性がよかったこと。地味で遠目には見落としてしまいそうな花なのだが、その花にシルビアシジミやヤマト
         シジミが吸蜜に訪れているのをなつさんが見つけて下さった。

         現地では花の名前がわからなかったので帰って調べみたら、どうやらタカサブロウという変わった名前の植
         物らしい。日本に自生しているタカサブロウには2種類あって、1つは古くからあったモトタカサブロウで
         もう1つが後から入ってきたアメリカタカサブロウである。ありふれた植物なのに今までその名前を聞いた
         ことがなかった。現地に咲いていたのは茎が赤くないなどの特徴からアメリカタカサブロウの方だと思う。
         因みにタカサブロウは高三郎のことだが、どうしてこの名前になったのかは諸説あるがはっきりしないらし
         い。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         タカサブロウはキク科の小さな花だがシルビアシジミの小ささとバランスが良く、色も穏やかなのでしおら
         しいシルビアシジミとお互いに引き立てあっているような気がする。
    



 180908em1420_tP9081703.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>




         180908em1420_tP9082096.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>




 180908em1420P9082937.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         少し翅を開いてくれた。




 180908em1420P9083318.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 180908em1420P9083067.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




         180908em1210_tP9080585.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         この日はどういうわけか交尾個体に恵まれ、2箇所のポイントで計4カップルを観察することができた。こ
         れが1組目。




 180908em1420P9081451.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         2組目は交尾終了間際だったらしく、草被りを数枚撮ったところで別れてしまった。




 180908em1420_tP9083871.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         3組目はタカサブロウの若い果実の上。




         180908em1420_tP9083967.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         同上




 180908em1420P9083240.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         危うく騙されるところだった。キツネノマゴに止まって交尾中のヤマトシジミ。




         180908em140P9084190.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         4組目は別ポイントで。




 180908em1210_tP9080329.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         朝のうちに撮影したオスの飛翔。丈の低い草原を小刻みに方向を変えながら飛び回るシルビアシジミはとて
         も見失い易い。飛んでいるヤマトシジミを見失うことはまずないが、シルビアシジミを見失わないこともま
         ずない(笑)。




         180908em1210_tP9080972.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         翅表の美しいメスもいたがピントは合わなかった。


         当日ご一緒させて頂いた皆さん、本当にお世話になりました。
         お陰様で楽しい1日を過ごすことができ感謝しております。是非また御一緒しましょう。






  1. / trackback:0
  2. / comment:18
  3. [ edit ]

         先日岸壁のイチモンジセセリを撮影したが、性懲りもなくもう少し撮っておきたいと思って夕方会社から直
         行で新港埠頭を再訪した。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         馬車道駅から赤レンガ倉庫に向かう途中、万国橋の手前にあるチョコレートショップ「バニラビーンズ」。
         買おう買おうと思いつつ未だ入ったことなし。パリトロが美味しそうなのだが。




 180906gfx120DSCF1185.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         イチモンジセセリしかいないだろうと思って歩いていったらヒメアカタテハがいた。今年この場所で初めて。




         180906em140P9060379.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         細かい砂利を固めた歩道に降りると保護色で見つかりにくくなる。




         180906em140P9060305.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         バーベナでの吸蜜もあったが、背景を選んで回り込む時間は与えてくれなかった。




         180906em140P9060861.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         岸壁のイチモンジセセリはこの日も元気に飛び回っていた。




         180906em140P9061196.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         アベリアの花に止まって休止モードに入った個体がいたので人物を入れて撮影する。
         



         180906em140P9061235.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




         180906em140P9061258.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         そして誰も通らなくなった。




         180906gfx120DSCF1205.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         赤レンガ倉庫2号館。




 180906gfx120DSCF1230.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         ハンマーヘッドクレーンを残したまま、進む9号客船バース整備工事。




 180906gfx120DSCF1240.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         夕暮れ時曇ってはいても西の空はほのかに朱い。そんな空の色を写して微妙な色合いに染まる海。




 180906gfx120DSCF1258.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         屋形船が橋の下を通った。いなせなお三方だ。





  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

         前回の続き。

         
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>




         180902gfx120DSCF1044.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>




 180902gfx120DSCF1053.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>




 180902EM1210P9020535.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>




         180902gfx120DSCF1085.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>




 180902gfx63DSCF1103.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >




 180902em1210P9020765.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>




 180902gfx63DSCF1115.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >




         180902gfx63DSCF1139.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >




 180902gfx63DSCF1144.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >




 180902em1210P9020878.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>




 180902em1210P9020890.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>




 180902gfx120_tDSCF1065.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro トリミング>




 180902gfx63DSCF1164.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >




 180902gfx63DSCF1166.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >




 180902em1210P9020975.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>




 180902gfx120DSCF1149.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         暮れゆく水江運河。






  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         9月2日夕方、急に思い立って川崎市の水江町に行ってみた。工場地帯の真っ只中にある運河沿いに小型タ
         ンカーの船溜りがあり、私の好きな場所の1つである。
         しかし過去ブログを調べてみたら昨年は1度も訪れておらず、一昨年の12月24日に今も使っているオリ
         ンパス E-M1 MarkⅡ の試し撮りに来たのが最後だった。様子が変わってしまっていないか、ちょっとはら
         はらしながらの30分間のドライブだった。         

      180902em140P9020012.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         船溜りに行く前に神奈川臨海鉄道の貨物線から運河が見える場所に行ってみたら、なんと線路が撤去されて
         いてびっくり。
         ちょっと角度が違うが、左が一昨年の同じ場所の写真で右が今回。調べてみたらこの貨物線は昨年廃線にな
         ったらしい。




         180902em140P9020199.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         バス通りの路傍のクズの葉の上にイチモンジセセリが止まっていた。




 180902gfx63DSCF0882.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR>
         どこでも見かけるのに意外と描いてるところは見たことがないストリートアート。




 180902gfx63DSCF0897.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR>
         『廃墟の鳩』じゃなく『鷺』。




 180902gfx63DSCF0899.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR>
         船溜りに到着。幸いここは何も変わりがなさそうだ。ここに来ると何故かかホッとする。
         




 180902gfx63DSCF0908.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR>




 180902gfx120DSCF0927.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>




 180902gfx120DSCF0959.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>




 180902gfx120DSCF0973.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>




         180902gfx120DSCF0979.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>




         180902gfx120DSCF1001.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         どういうことだろう?








  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         新港埠頭でイチモンジセセリを撮影する傍ら、岸壁やマリンアンドウォーク内で撮影したスナップ。

         
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR モノクロ変換>




 180829gfx63DSCF0765.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR>




 180829gfx63DSCF0774.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR>




 180829gfx63DSCF0777.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR>




 180829gfx63DSCF0833.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR>
         右側の背の低い不格好なクレーンは通称ハンマーヘッドクレーンと呼ばれる100年も前に作られたクレー
         ン。このバースにそのまま保存されることが決まっているが、手前に商業施設が建つ予定なのでどんな見え
         方になるのかちょっと心配だ。




 180829gfx63DSCF0744.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR>




 180829gfx63DSCF0746.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR>




 180829gfx63DSCF0752.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR>
         大型巡視船「あきつしま」




 180829gfx63_tDSCF0869.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR トリミング>
         赤レンガ倉庫でロックフェスが行われるそうでかなり大掛かりな設営作業が行われていた。




 180829gfx63DSCF0874.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR>




         180829α72bioDSC08235
         <Sonyα7II / Carl Zeiss G Biogon T* 28mm F2.8>





  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         夏場は蝶撮影の遠征疲れもあるし、日の出が早く、6時頃に出掛けて行ってもあっけらかんとした光になっ
         てしまってあまり写真を撮る気にならないので早朝散歩もさぼりがちだ。
         この日は雨の降りだしそうな天気だったので少しは涼しくて光線も落ち着いているのではないかと思って久
         しぶりに早朝の新港埠頭を訪れてみた。

 
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         いつもはタグボートが何艘 か泊っているのだが、この朝は1艘 も見られず、桟橋の奥の方に海上保安庁の
         消防船「ひりゅう」が停泊していた。放水塔の上の放水銃は伸縮式でかなりの高さまで伸びて放水が可能で
         ある。船舶の大型化に対応しているのだろう。




 180829gfx63DSCF0757.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         岸壁のサルスベリの根元に斑入りの葉のアベリア(多分ホープレイズという品種だと思う)が少し花を咲か
         せていて、そこで早朝からイチモンジセセリが吸蜜していた。カメラは標準付きのGFXしか持っていなかっ
         たのでかなり辛かったがいちおう写真を撮ってみた。暗いのであまり絞り込めないせいもあるが、被写界深
         度の浅さを痛感する。




 180829gfx63_tDSCF0804.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR トリミング>




 180829gfx63DSCF0850.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
     


         GFXで撮るのも面白いが、いかんせん被写界深度が浅すぎるので夕方 E-M1Ⅱ を携えて再訪してみた。


 180829em140_tP8290008.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>




         180829em140P8290188.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




         180829em140P8290205.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




 180829em140P8290374.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




         180829em140_tP8290578.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         1度花壇の様子も見に行ってみたが、見られたのはイチモンジセセリとボロボロのヤマトシジミだけ。今年
         のこの辺りは蝶の姿が少ない。




         180829em140P8290676.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




         180829em140P8290945.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         再び岸壁に戻って。




         180829em140P8290834.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         求愛飛翔の際は勢い余って植え込みから飛び出して地面に降りることもしばしばだ。




         180829em140_tP8290954.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         せっかくM4/3を持っていったのだからもう少し絞り込めばよかった。
         ここで野毛の図書館に行っていた家内から電話があり撮影終了。






  1. / trackback:0
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

         少し遡って8月22日。家内が仕事上の必要でタコのスケッチをしたいというので、新江ノ島水族館に出か
         けた。
         が、道路は大渋滞するし、昼食に入った店の料理はまずいし、大変な人出だし、おまけに肝心のタコはねぐ
         らに入ったきりで全く出てこない。完全に夏休みを甘く見た。
         まあ水族館の展示自体は全体的に面白いし、イルカショーも楽しかったからよしとするしかないか。

         ところでイルカショーは OK ? それとも NG ?
         これについては動物愛護団体と水族館では当然見解が分かれるところ。ネット上でも様々な意見を見ること
         ができるが、さて、あなたはどうお考えだろうか? 
         
         肝心なのはイルカの気持ち。ドリトル先生がいたらなあ・・・

         撮影は <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO 一部トリミングあり>

         
 



 180822em1150P8220320.jpg



 180822em1150P8220744.jpg



 180822em1150P8220854.jpg



 180822em1150P8221050.jpg



 180822em1150P8221173.jpg



 180822em1150P8222032.jpg



 180822em1150P8222756.jpg








  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -