FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         千葉のNさんからムラサキシジミ、ムラサキツバメ、ルーミスシジミが同じ葉の上で越冬しているのを発見
         したとの情報を頂いた。
         これはそうそう見られるものではないと思い、早速Akakokkoさん(CLICK)案山子さん(CKICK)と共
         に見に行ってみた。8月に行って以来3ヶ月ぶりのルーミス詣でだ。
         
 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         Nさんに御案内頂き、アラカシと思われる樹のところに行ってみると幸運なことに3種類の蝶がまだ分散せ
         ずに1頭ずつ同じ葉の上でじっとしている。これはとても珍しいことだ。朝のうちは暗かったのでストロボ
         を控えめに使って撮影したりしてみたが、3頭の位置関係が微妙で撮影はなかなかうまくいかない。




 181125em1420_tPB250762.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         11時くらいになると日が当たり始める。他の2種類と比べてルーミスシジミの翅裏は圧倒的に白っぽいの
         でどうしても白飛びしがち。これくらいが限度だった。




 181125em1420PB250901.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ルーミスシジミが太陽を背負うように向きを変え、少し翅を開いて涼やかなブルーを垣間見せてくれた。




 181125em1420PB250918.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ムラサキツバメが陽光を嫌ってか日陰に潜り込もうと体を動かした。




 181125em1420_tPB251004.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         ムラサキツバメは日陰に入って落ち着いたようだ。ムラサキシジミは最後までほとんど動きがなかった。

         思うにルーミスシジミの好む典型的部分枯葉と、その上に重なったムラサキシジミの好みそうな庇という好
         条件が重なったこと、そして樹のある場所が近年ルーミスシジミが好んで集まる場所だったことなどがこの
         異種3頭集団が形成された要因ではないだろうか。まあ、本当のところは蝶に聞いてみないとわからない。




 181125em1420PB250004.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         こちらは別の樹のてっぺん近くに形成された5頭集団。近年5頭まで集まったことはなかったように思う。




 181125em1420_tPB250126.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         日が当たり始めるともぞもぞと動き出し、一瞬2頭が開翅。




 181125em1420_t_1PB250314.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         結局1頭が開翅して残りは閉翅という状態で安定した。




 181125em1420PB250713.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         少し離れた陽だまりで待っていたらルーミスシジミが飛び出してきた。後翅の欠けがちょっと残念。




 181125em1420_tPB250718.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         もう1頭別個体。



         1人で少し歩き回ってから戻ってみると3兄弟で越冬中だったルーミスシジミがちょっとしたアクシデント
         があってねぐらを飛び出してしまったらしい。
         どこかへ飛んで行ってしまったかと思っていたら30分ほどで帰ってきて、元の葉の近くでチラチラと飛ん
         では止まり、サービス良くポーズをとってくれた。
         なんとか元の葉に戻ってくれないかと思ったが、この日は距離1mくらいまでの所まで戻ったところで日が
         翳ってしまった。
         以下全て同一個体。


 181125em1420PB251071.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
    



 181125em1420PB251086.jpg
      <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251273.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251530.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251372.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251671.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251673.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251045.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         この辺りではよく見かけるオオキンカメムシ。幻光のようなピンク、パープルが妖しく光る。




 181125em1420PB251025.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         ヤマカガシの幼蛇が歩いて(這って?)いた。幼蛇は色が鮮やかだ。


         ご同行の皆さん、当日はお世話になりました。半日の撮影でしたが楽しかったですね。またご一緒しましょ
         う。
         最後になりましたが、Nさん、貴重な情報ありがとうございました。お陰様で珍しい光景を見ることができ
         深く感謝しております。





スポンサーサイト



  1. / trackback:0
  2. / comment:24
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -