FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

          元号が変わるという事で世間は大騒ぎ。別にどうでもいいような気もするが、いざとなるとなんとなく気
         分がそわそわしてくる。それとはあまり関係ないのだが、平成最後の日となる今日、雨が止んだので急遽山
         手のアゲハ類の様子を見に行ってみた。午後2時から青山で娘の出演するコンサートの予定があったので1
         時間半くらいしか撮影時間は取れなかったのだが、行かないと後悔しそうな気がして前日訪れたばかりなの
         に再訪することにした。 

         撮影は <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>全てトリミングあり。


         
         丘の上に着いてみると再び雨が降り出した。フランス領事館跡にも大きな水溜りができていてこれは外した
         かなあという感じ。




         190430em140_tP4300619.jpg
         けれども雨が小降りになるとシャリンバイの花にアオスジアゲハが降りてきた。少々の雨は気にせず吸蜜し
         ている。




 190430em1_tP4300896.jpg
         外人さんがよく通りかかる。




 190430em140_tP4301859.jpg
         フランス領事館について書かれた看板を読むトレンチコートの女性とアオスジアゲハ。




 190430em140_tP4301872.jpg
         同上。




 190430em140_tP4302883.jpg
         少しの間雨が止んだらなんとカラスアゲハもツツジで吸蜜。




         190430em140_tP4303645.jpg
         時間切れ間際にアゲハもやってきた。こんな天気の日に飛んできてくれるとアゲハといえど嬉しいものであ
         る。




         190430em140_tP4301882.jpg
         平成最後の1枚はこれ。4〜5枚目の少し後のコマ。偶然蝶が雨傘と重なってくれた。


         皆様、平成の間は本当にお世話になりました。よき令和をお迎え下さい。







スポンサーサイト



  1. / trackback:0
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

          4月20日と23日、新潟県でギフチョウを追った。今年の新潟は読みが難しいと皆さんおっしゃってお
         いでのようだが、確かに寒の戻りがあり遅い降雪にも見舞われたため山間では発生時期を読むのが難しそう
         である。もう少し早めに長岡市の平野部などへ行けば良かったのだが出遅れてしまったため、やむなくさら
         に南下した地域を探索してみた。
          しかし今年の山あいはギフチョウの発生数がかなり少ないようだ。ここ数年毎年のように訪れている保護
         地にも両日行ってみが、発生初期と思われた1回目より3日後の2回目の方が好条件にも関わらず見かけた
         個体数が少ないという意外な結果。2回目にはメスも確認しているので、これからどんどん発生してくると
         考えるより、個体数が少ないと判断した方が良さそうである。保護活動をされている地元の I さんも、今年
         はどこに行っても極端に個体数が少ないと心配しておられた。寒の戻りが蛹の中で成体となっていた蝶に影
         響を及ぼしたものか、或いは昨年の夏の暑さの影響で寄生蜂やウィルスが増えたのか、原因はわからないが
         残念だった。


                             ー20日ー

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         20日はAkakokkoさん(CLICK)と出動。途中でmidoriさん(CLICK)をピックアップして3人で新潟県を
         目指した。
         写真はmidoriさんと待ち合わせたコンビニで撮影した平成最後となる満月。



         
 190420em1300P4200014.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         最初のポイントに8時半頃到着。待っているとたまにギフチョウが飛んでくるが止まってくれない。わずか
         なチャンスに辛うじて撮れた1枚。




 190420em1300P4200020.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         10時前にダンダラさん(CLICK)御夫妻が合流。5人でギフチョウを待ったがたまに通りかかる程度でますま
         す止まらなくなってきた。1度だけカタクリの花にやってきたところを撮影したが裏。
         別ポイントに千葉の N さんが行っておられたので電話してみるとポツポツ飛んでいるとのことなので、こ
         のポイントに残られることにされたダンダラさん御夫妻と別れ移動することにした。




 190420em1300P4200121.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         移動先に着くとNさんが駐車場所で待っておられたので合流して奥のポイントに向かった。
         最初に撮影したオス。ちっとも翅を開いてくれないので飛び立ちを撮影する。流石に新鮮だが、羽化したて
         という訳でもなさそうだ。
         



 190420em1300P4200277.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>




 190420em1300P4200256.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         カタクリ吸蜜。でもいかにも角度が悪かった。




 190420em1300P4200728.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ギフチョウがほとんど飛んでくれなくなったので駐車場所まで戻ってくると1頭が林縁に出てきてカタクリ
         の花に止まってくれた。逆光気味で青斑がつぶれてしまったがこの日最後の嬉しい1枚に。



                             ー23日ー

 190423em1300P4230644.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         23日は町田の S さんと2人で出発。最初のポイントではギフチョウが樹上を飛んでいるのは見えるものの
         なかなか降りてきてくれない。たまに降りてきてもすぐ遠くに飛び去ってしまうという状況。仕方ないので
         カタクリで吸蜜しているコツバメの飛翔を撮影した。




         190423em1300_tP4231144.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         2箇所目は20日の後半と同じポイント。ここで保護活動をされている地元の I さんと一緒に撮影を楽しみ
         ながら色々なお話しをさせて頂いた。




         190423em1300_tP4231688.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         この日は気温が極端に高く開翅してくれないので飛び立ちを狙ったがジャスピンには恵まれなかった。



 190423em1300P4231360.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         林間の木の芽や細枝によく止まってくれたので閉翅は色々な光で撮ることができた。




 190423em1300P4231928.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>




 190423em1300P4232230.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>




 190423EM1300P4231070.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         メスっぽい行動の個体がいたので追いかけてみたら林床に止まった。やはりメスだった。




         190423em1150P4232765.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         石仏の傍にショウジョウバカマが花をつけていて、ここに来てくれたらいいねえと話していたら1度だけそ
         こに止まってくれた。吸蜜ではなく静止、のようである。




 190423em1150_tP4232787.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>
         このショウジョウバカマが気にはなるらしく近くを飛んだりはするのだが結局吸蜜はなかった。




 190423em540P4230037.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         3箇所目のポイントはまだこんな様子で発生までもう2週間はかかりそう。4箇所目では1頭が飛んでいる
         のを見かけたがすぐに遠くに消えていった。




 190423em1300P4232957.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         この日巡った最後の5箇所目も個体数は少なかったが、綺麗なメスが1頭現れてノジスミレで吸蜜してくれ
         た。
         
         *スミレの和名をノジスミレと書きましたが banyanさん(CLICK) さんからマキノスミレではないかとの
          御指摘を頂きました。
          調べてみた所その公算が高いのではないかと思われますので付記致します。




 190423em1300P4233146.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         日陰の崖に咲くスミレでひっそり吸蜜するあまりに美しい姿。少し葉被りだったのが残念だが久しぶりに撮
         影した新潟のメスの全開翅にただただ感激であった。


         撮影当日ご一緒くださった皆様、その節は本当にお世話になりました。おかげさまでギフチョウは少ないな
         がらも中身の濃い楽しい撮影を楽しむことができました。感謝いたします。








  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

             友人から拝借していたズミルックス( Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.)を返却したので、
            代わりに貸し出していたアポ・マクロ・エルマリート(Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm
             f2.8)とスーパー・アンギュロン(Leitz Super Angulon R 21mm f4)が手元に戻ってきた。
             私は広角レンズはあまり使わないのでまずはアポ・マクロ・エルマリートをα7Ⅱにつけて通
            勤途中に六角橋商店街を撮影した。性懲りもなく六角橋で申し訳ないが身近な場所で撮影したい
            ところというとそうないのでどうか御勘弁願いたい。
             撮影してみて思ったが、このレンズもズミルックスの第1世代と実によく似たテイストを備え
            たレンズである。つまりこれがライカの絵作りなのだろう。ライカの最新レンズは使ったことが
            ないがどうなのだろう。試してみたくなった。


            撮影は<SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>

 190412α72ameDSC09315
            六角橋の Modern Japanese Dining「六角箸」の看板。




            190412α72ameDSC09316
            お茶屋さんのお父さんに・・・




            190412α72ameDSC09317
            八百屋さんのお父さん・・・みんな歳をとった。




            190412α72ameDSC09319
            通り過ぎる若者は皆オシャレに。




            190412α72ameDSC09324
            う〜ん、やっぱりアポ・マクロ・エルマリートはいいなあ・・・と、こんな愚にもつかぬ1枚に
            感動してしまうのだから手に負えない。




 190412α72ameDSC09345
            開いている時はつい撮影したくなる、毛糸屋さんの店内の棚。昔懐かしいボタンの数々を見てい
            るだけで楽しくなる。




            190412α72ameDSC09331




            190412α72ameDSC09333




            190412α72ameDSC09338




            190412α72ameDSC09349
            今まで気づかなかった所にベーグル屋さんがあった。







  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

          翌日はよく晴れた。ススキノのホテルを出て少し歩いてからタクシーに乗って目的地に向かった。朝のう
         ちは少し寒かったが昼間は暖かく、上着もいらないくらいだった。反対にこの時関東地方は大変な寒波に見
         舞われたそうで、おかしなものだと思った。


         
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         札幌市内を歩いているとこういう昭和初期から中期くらいの建物によく出会う。室蘭、根室、釧路などのよ
         うな大規模空襲を免れたのが大きいのかもしれない。



 190410em140P4100156.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         同上。




         190410em140P4100169.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         目的地は苗穂駅のすぐ近くだったので仕事の前にサッポロビール園を覗いてみた。早朝なので見学はできな
         かったが初めてだったので面白かった。
         とにかくこの煙突はすごい。近くに来ると迫力満点。サンマルコ広場の鐘楼か、トラヤヌス帝の記念柱かと
         いう感じ。
         ビールの生産というのは相当に匂いの出るもので、当時はそれを抑える技術がなかったため高い煙突によっ
         て排気を拡散せざるを得なかったということらしい。

        
         

 190410em140P4100170.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         煙突の基部もがっしり作られているように見える。




         190410em140P4100201.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




         190410em140P4100161.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         今年の札幌の雪解けは早かったらしいが、雪が溶けてから何度も降雪があったらしい。ビール園の庭には随
         所に除雪した時の雪の山が残っていた。




         190410em140P4100164.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




 190410em140P4100174.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         猛烈に蔦の絡んだレンガの壁面。丸窓が可愛らしい。




 190410em1summaritP4100181.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ Leitz Summarit 5cm f1.5>
         ズマリットを持っていたのであとはお決まりのふんわり画像。




 190410em1summaritP4100187.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ Leitz Summarit 5cm f1.5>




         190410em1summaritP4100208.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ Leitz Summarit 5cm f1.5>




 190410em140P4100194.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         この写真はズイコーのPROレンズ。ズマリットで撮った写真と違和感がないよう逆光で撮ってみたが、当
         たり前だがあのふんわり感は出ない。




         190411em1summaritP4110215.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ Leitz Summarit 5cm f1.5>
         11日は早めにホテルを出て時計台に寄ってから仕事に行った。久しぶりに見る時計台は以前見た時より大
         きく見えた。




         190411em1summaritP4110218.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ Leitz Summarit 5cm f1.5>
         ズマリットと言えども絞り込めばこの通り。シュナイダーの名誉のために1枚。




 190411em140P4110278.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         苗穂駅に渡る陸橋の上から。古いレンガ造りの機関車庫が見える。苗穂駅は再開発に伴って以前と場所が変
         わったそうだ。




 190411em140P4110292.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         空港へ向かう快速列車の車内にて。(モノクロ変換)







  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

          先日札幌に出張があった。札幌を訪れるのは27年、いや28年ぶりだろうか。予定がパツンパツンだっ
         たので観光はできなかったが少し写真を撮ったので記事にしておく。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         羽田空港には北原氏が経営するおもちゃ屋さん「童心」がある。ウィンドーに並べられている主にブリキ製
         のおもちゃはどれもとてもユニークで見飽きない。




 190409em140P4090024.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         作られた当時はもちろん可愛い、美しい、表情だったのだろうけれど、今見るとどちらかというと怖い。




 190409em140_tP4090025.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         リンドバーグが大西洋を横断した時に作られたドイツ製の玩具。自由の女神とエッフェル塔が対になってい
         て、地図の背景まで立っていて実に興味深い。

         リンドバーグといえば25年くらい前に彼の最後の地と云われるマウイ島のハナを訪れたことがあった。
         ハナは空港などのあるカフルイとは反対側、島の東端に位置し、レンタカーでワインディングロードを2時
         間くらいかけて到着した。途中倒木が道を塞いでいたりしたが、現地の赤銅色の肌をした逞しい人々が鉈や
         ら鋸やら持ち出して撤去してくれた。私などがのこのこ出て行っても足手まといになるだけだと思ったので
         静観させてもらったが、オープンカーだったので蚊の猛攻を受けて閉口したものだ。
         苦労して到着したハナは本当に素晴らしい所だった。教会の他特に何があるというわけでもない小さな町な
         がら、大海に面したその静かな佇まいは独特で、リンドバーグがここで余生を送ったというのもなるほどと
         頷ける気がした。
         今はだいぶ拓けてお店なども増えたようだが、マウイ島に行かれたら立ち寄ってみても損はないと思う。
         で、以前にも書いた気がするが、この時マウイ島で撮影した6×7のポジ、かなりの枚数だったが人に貸し
         たら全て紛失してしまった。思い出深い写真もあったので今でも残念でならない。
          


         
 190409em1summaritP4090066.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ Leitz Summarit 5cm f1.5>
         羽田空港の展望ラウンジで。枝豆に手を伸ばす女性。枝豆だけを食べるという発想は私にはないが、考えて
         みればけっこうヘルシーなランチかもしれない。




         190409em140P4090096.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         ススキノの真っ只中の大邸宅。遠藤興産という会社の社長の邸宅である。馴染みのある苗字なので周りを1
         周してみた。



 190409em140P4090097.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         正面の大きな門には「愚象庵」の表札がかかっている。




    190409em140P4090107.jpg 190409em140P4090114.jpg

    190409em140P4090116.jpg 190409em140P4090142.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         男も女も・・・看板やネオンが誘うススキノの夜。




 190409em140P4090133.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




 190409em140P4090143.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         徘徊しているのは外国人ばかり。






  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

          東横線白楽駅の近くで食事をしてから近隣の桜の名所である篠原園地を覗いてみた。桜は満開ではなかっ
         たが、枝垂れ桜、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなど、何種類もの桜をけっこう楽しむことが
         できた。

         撮影は<OLYMPUS PEN E-P5 / P.Angenieux Paris 25mm F0.95 / Square format>

     
         池のほとりの枝垂れ桜は毎年たくさんの花をつけて出迎えてくれる。アンジェニュー25mm f 0.95 の開放
         付近での撮影。今時レンズではなかなか味わえないこの光の氾濫がたまらない。




     190404ep5angeP4040047.jpg
         晴天の真昼間なのにこの儚げな写り方。




     190404ep5angeP4040075.jpg
         右の低いところにあるのはヤマザクラだが、左のソメイヨシノももうけっこう葉が出てきてしまっている。



     190404ep5angeP4040092.jpg
         桜色のズボンの少女。その仕草がはっとするくらい美しかった。




     190404ep5angeP4040095.jpg
         奥の公園に行ってみると紺色の芋虫の遊具の上にルリタテハが止まっていた。芋虫の遊具って珍しくないだ
         ろうか。それも肉角が飛び出した・・・それとも違う何かかなあ。
         この後子供を遊ばせておいて井戸端会議中だったお母さんの肩に止まったので、お断りしてカメラを向けさ
         せて頂いたが、残念ながらシャッターを切る前に飛ばれてしまった。そのお母さんが「蝶を連れてきたんで
         すか?」と尋ねてきた。

         *その後Garudaさん(CLICK)から頂いたコメントでこれは蜂だということを知りました。商品名も『ビー』
         ということでした。Grudaさん、いつもありがとうございます。



  
     190404ep5angeP4040097.jpg
         コンクリート製のテーブルの上にもやってきた。1度2頭で絡んで個体が入れ替わったように見えたが微か
         なスバル紋が認められるので同一個体かもしれない。(トリミング)




     190404ep5angeP4040106.jpg
         閉翅。ルリタテハの裏も他のタテハ類同様とても深みがあって美しい。




     190404ep5ange_tP4040109.jpg
         このテーブルの上はお気に入りらしく飛び上がっても間も無く戻ってくる。
         絞り込めば恐ろしくシャープに写るレンズだ。(トリミング)




     190404ep5angeP4040111.jpg
         これが本当の「日の丸画像」




     190404ep5angeP4040121.jpg
         池の木道(プラスチックとコンクリート製だけど)で。




     190404ep5angeP4040139.jpg
         妙蓮寺にある事務所の近くのソメイヨシノが夕日に映えていた。






  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

          だいぶ遡って3月31日、娘の結婚式のための予行演習で渋谷で髪を切ってもらった。額を出すというの
         が家内の要望だったので、それを踏まえて今風の処方で対処してもらったら、美容師さんの腕がいいのか案
         外納得の仕上がりになった。
          この日は娘の出演するコンサートが青山で開かれることになっていたが、おかげで気分良く家内と待ち合
         わせしていたアイビーホールに向かうことができた。もちろん写真を撮りながら。

          撮影は全て OLYMPUS OMD E-M1MarkⅡとM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro の組み合わせだ。
         腰痛もあって重いカメラを持ちたくなかったので珍しくこんな組み合わせになったのだが、はっきり言って
         これは大失敗。とにかく合焦が遅すぎる。120mm相当で f2.8 というスペックなので、M4/3でもスナップ
         撮影にも使えるかなと浅薄にも考えた訳だが、(当たり前かもしれないが)このレンズはじっくりマクロ撮
         影で使うのが正解らしい。

 
         久しぶりに見かけた117クーペ。ジウジアーロ恐るべし !
         



 190331em160P3310011.jpg
         カフェのテラス席のカップルは、やはり端末に夢中。




 190331em160P3310051.jpg
         「日本茶系ミルクティーWith タピオカなどのトッピング」のお店「千十一」ちょっと場所が悪くあまりお客
         さんがいない。オシャレなお店なので興味のある方は是非どうぞ。




 190331em160P3310052.jpg
         レッドブル・プレゼンツのコンサートのポスター。確かにこういう美意識というか世界観というか、を近年
         よく目にする。私はあがらないでどちらかというとさがってしまうが。




 190331em160P3310066.jpg
         青山通りのバス停




         190331em160P3310071.jpg
         紀伊国屋のビルにはついカメラを向けたくなる。建築がどうこうというより、夕方通ると映り込みが綺麗だ。
 



         190331em160P3310081.jpg
         ハンドソープ屋さん。




         190331em160P3310083.jpg
         ジープのボディーにヘアサロンのサインが映り込んでいて面白かった。




 190331em160P3310087.jpg
         軽く食事をしてまだ時間が少しあったのでアイビーホールの向かいの蔦珈琲店でコーヒーを飲んだ。庭の桜
         がほぼ満開で綺麗だった。








  1. スナップフォト
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

          7日の日曜日と13日の土曜日、神奈川県のギフチョウの里を訪れた。今年は私の印象では例年より個体
         数が少ないように感じられたがどうだろう。例によって良いチャンスに恵まれず、また巡り合っても撮影で
         きず、といった訳であまり満足な写真は得られなかったが、花が豊富で地形の変化にも恵まれた土地なので
         歩いているだけでも気持ちはよかった。2日間のギフチョウの様子をまとめておく。


                              <7日>

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         この日は気温も上がるということだったので町田の S さんをピックアップして早めに現地入り。駐車場で到
         着されたばかりの千葉の N さんと合流。里の道を行くと枝垂れ桜のポイントの下で cactussさん(CLICK)
         がギフチョウを待っておられた。cacutussさんとは久しぶりの再会だ。
          このポイントはもう少し時間が遅くなってからかなと思い飛び始めの早い土手のスミレポイントに移動。
         程なくギフチョウが現れスミレで吸蜜を始めた。しばらくするとなつさん(CLICK)ご夫妻も登ってこられ
         一緒に撮影を楽しんだ。




 190407em1300P4071137.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         10時近くになるとギフチョウがぱったり飛んでくれなくなったので集落の中に移動。ミツバツツジで吸蜜
         するギフチョウを見かける。
         



 190407em1420P4071907.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         同上。




 190407em1420P4071569.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         枝垂れ桜のポイントまで戻って待っているとギフチョウがやってきた。




 190407em1420P4071592.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         チャンスは多くはなかったがなんとか撮影できた。




 190407em1420P4071364.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 190407em1420P4072124.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




         190407em1420_tP4071822.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         例年午後のよいポイントとなるマメザクラはもう集客力を失っていて、たまにギフチョウが飛んでくるもの
         の長居せずすぐ飛んで行ってしまう。でもコツバメやイカリモンガにはまだ魅力があるらしく数頭が集まっ
         ていた。これはイカリモンガ。プロキャプチャーモードで表翅が見える瞬間を撮ってみる。本当に錨の模様
         だ。




                            <4月13日>

         190413em1300_tP4130374.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         13日は町田のSさんとakakokkoさん(CLICK)の3人で出発。現地で案山子さん(CLICK)と合流した。
         また途中からは横浜のKiさん、GMさんもお見えになり、存じ上げない多くの方々も含めて多くの方々と一緒
         に撮影を楽しんだ。
          スタートはやはり集落外れのスミレの土手。そこそこ新鮮な個体も現れてくれた。
         



 190413em1300P4130725.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ギフチョウの数が少ないのでスギタニルリシジミを撮影。さすがにこちらも傷んだ個体が多くなってきた。




 190413em1300P4130769.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         フデリンドウの花はスギタニルリシジミの翅表の色。




 190413em1420P4131132.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         これも桜なのだろうか?純白の花にはコツバメがやってきていた。




 190413em1420_tP4131318.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         民家の庭先のスイセンにもやってきた。よく見ると口吻を伸ばしているので吸蜜と考えてよいのだろう。
         



 190413em1420_tP4131509.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         ビロードツリアブとツーショット。背景は民家の白いトタン壁なのでなんだか妙な感じだ。




 190413em1420_tP4132234.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         スギタニルリシジミも訪花していたので飛び立ちを撮影したらメスだった。メスの表は撮影したことがなか
         ったので嬉しかった。


         

 190413em1420P4132454.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         あとはひたすらミツバツツジの周囲を飛び回る姿を撮影。




 190413em1300P4132532.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         背景にもツツジの花が入ってちょっといい感じ。




 190413em1150P4131797.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         藪の中のこういう狭い空間を器用に飛び回る。それでも気温の高い日には活発に飛び回って翅を傷めてしま
         うことも多い。




 190413em1150_tP4131858.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>




         190413em1150P4131850.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         撤収間際になってようやくまともな静止画像を撮ることができた。メスのようだ。




 190413em1420_tP4132315.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         最後は地面から飛び立つところ。

         ご一緒くださった皆さん、両日は大変お世話になりました。またお目にかかれるのを楽しみにしております。





         






  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

          先週の土曜日、体調もだいぶ戻ってきたので静岡県にギフチョウの観察に行ってきた。近年富士川流域の
         ギフチョウは激減していて、「芝川ギフチョウ保護の会」が重点的に保護活動を行ってきた地区でも大規模
         な伐採の影響でギフチョウの姿を見かけることも稀なってきた。私もここ数年この地域のギフチョウを撮影
         できていなかったので、保護の会の方から発生の確認ができたとは伺っていたものの果たしてどんなものか
         と思いながらの出発だった。
          現地でtheclaさん(CLICK)さんと合流し、保護の会の Toさん、Moさんと共に探索。保護区画では結局
         1頭も見ることができなかったが、少し離れたところへ探索の足を伸ばしていた theclaさんから1頭確認と
         の電話を頂き、急いで駆けつけてみると僅かに残された樹林の小ピークで数頭のギフチョウを確認すること
         ができた。theclaさんのおかげで久しぶりにじっくり富士川流域のギフチョウを観察することができた。
         theclaさん、どうもありがとうございました。

 190406gfx120_tDSCF4745.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         枝垂れ桜と霞んだ富士山。この里の春の朝の 風物詩だ。




 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         倒木の上に陣取ったギフチョウ。




 190406em1300_tP4060386.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         




  190406em1300_tP4060398.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         飛び立つところを狙ってみた。




 190406em1300P4060400.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>




         190406em1300_tP4060402.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>





 190406em1300P4060158.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         苔むした石の上でも日向ぼっこ。




 190406em1420P4060564.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ルリタテハ






  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

          また遡って3月5日。以前の記事(CLICK)の末尾で紹介したデンドロビウムの九つあった蕾の全てが開
         花、見事に咲き揃った。この記事を書いていた3月21日の時点で、最初に開いた2輪のうちの片方が傷ん
         ではきたものの、1ヶ月も咲き続けていることになる。おまけに水苔の中から新芽も出てきて今後も楽しみ
         だ。

 
         7年ぶりの開花で一気にこんなに咲いてくれるなんて。



 190305em1210_tP3050016.jpg
         撮影中すぐに茶々を入れてくる飼い猫のナツメ。







  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

          今度は耳鼻科で副鼻腔炎を言い渡され、あと1週間は薬漬けになりそうだ。副鼻腔炎は急性上気道炎を併
         発することが多いらしく、喘息のような症状が出ているのはそのせいかもしれない。花粉症で副鼻腔炎で上
         気道炎でぎっくり腰・・・なんともまあ。

          28日は腰の痛みも落ち着いたので仕事に行く前に京浜急行の南太田駅近くにあるカイロプラクティクに
         寄っていった。大岡川の川岸の道沿いで、咲き始めたサクラを少し楽しむことができた。
          カメラはなるべく軽いものをと思い、PEN のE-P5 にアンジェニューのシネレンズ。
         <OLYMPUS PEN E-P5 / P.Angenieux Paris 25mm F0.95 Square format>

         
         この時点でほとんどの樹は咲き始めたばかりという感じだったが、この樹だけは4分咲きといったところ。
         並木には不可思議な配色の提灯?が吊るされている。



         190328ep5angeP3280005.jpg
         ケンゾウ・・・どこかで聞いたことが。



         190328ep5angeP3280007.jpg




         190328ep5angeP3280015.jpg
         ミモザもあちこちで見かける。この家の人はたくさんの花で庭先を飾っている。



         190328ep5angeP3280035.jpg
         この1枚だけは会社の近くのソメイヨシノ。比較的早く咲く樹だが、それでも5分咲きくらいだった。






  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -