FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

          2年ほど前の記事(CLICK)で神奈川県立音楽堂についてふれたが、久しぶりにここでのコンサートのチ
         ケットがとってあったので家内と行ってきた。
          コンサートは佐藤俊介率いる「オランダバッハ協会」の演奏だったのだが、コンサートの前に音楽堂の見
         学ツアーがあるというのでそちらにも参加してみることにした。

         撮影は<OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>       

 
         音楽通り(CLICK)にあるレストラン「キッチン・ボンノ」の路地側の壁。




 190929em140P9290060.jpg
         見学ツアーは10人余りのグループ5つか6つに分かれて行われ、それぞれにボランティアの解説員がつい
         て回るというもので、我々のグループのコンダクターは東京在住の建築家の方だった。
         今まであまり気にしていなかったがホワイエの天井は客席のスロープ。銀色の筒は照明器具である。




 190929em140P9290074.jpg
         前川國男という人は建築家にならなかったらペンキ屋になっていたと自ら語っているほど色彩への執着が強
         かったらしい。随所に赤青黄緑などのビビットな色が散りばめられている。中でも目立つのが正面のスチー
         ルドアの枠に塗られた黄色。この黄色が正面から見た時の建物をより印象深いものにしている。




 190929em140P9290067.jpg
         ツアーでは普段見られない所も一部見せてくれた。こちらは第1楽屋。この日は佐藤俊介の控え室となって
         いた。覗いてみるとウッドパネルを用いた落ち着いた内装となっている。




 190929em140P9290089.jpg
         ホワイエのコンクリート柱のところで見上げるとよくわかるのだが、コンクリート打ち放しの箇所は全て型
         枠の木目を残した仕上げとなっている。暖かみが出るよう配慮したものとの説明があったが。そもそもこの
         建物が建てられた当時はまだラワンベニヤの型枠は流通していなかったのではという気もする。
         ここでコンダクターから参加者に質問が出された。
         「殊にこの円柱部分は当時とても苦労したそうですが、その際ある職種の職人さんがたいへん活躍したそう
         です。さて、その職人さんとは誰でしょう?」
         私が「桶屋さん」と正解できてちょっと得意な気分になった。




 190929em140P9290092.jpg
         ホワイエの床はワックスがかかっているので一見シートのようにも見えるがテラゾー(人工研ぎ出し石)の
         パターン張りでオリジナルである。


         肝心のコンサートに関しては、超寝不足状態で出かけたので、う〜む。コメント控えさせて頂きます。




スポンサーサイト



  1. 建築
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

          遡って8月29日。仕事の打ち合わせで表参道に行き、帰りがけに宮益坂に近いレストランで食事をしよ
         うと思って青山通りを歩いていたら、青山学院の前あたりで歩道の脇の植え込みの上を飛ぶアオスジアゲハ
         が目に入った。車道と歩道を隔てる植え込みを覆い隠すように繁茂したヤブカラシの花に蜜を吸いにやって
         きているようだ。
          かつてないほどの多忙な日々の中の一服の清涼剤。カメラは持っていなかったがスマホ(iphone10s)で
         撮影してみた。
         


         
         国連大学を背景に。動きが早いのでスマホで撮るのはなかなか骨が折れた。




         190829ipho10_tIMG_0300.jpg
         こちらはオーバルビル背景。被写体ブレもあるが、ポートレートモードで撮ったので翅の先端が背景と混ざ
         り合っているように見える。







  1. / trackback:0
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

          タイトルでは蝶撮影旅行となっているが、最終日の11日はいったんダンダラさん達と別れて家内と観光
         目的で竹富島を訪ねた。

         
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         朝1番の7時半発の船で竹富島に渡ることに。以前来た時とは離島へ渡る客船ターミナルの様子もすっかり
         様変わり。綺麗に整備されていて驚かされた。券売所で「この時間に行っても観光施設は全く開いていませ
         んがいいですか」と聞かれた。なるほど朝の便は年季の入った小型船で、乗客もほとんどが仕事や用事で竹
         富島に渡る人で、観光目的の人は極くわずかのようであった。




 191111em1150PB115190.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         石垣港の海水は今でも透き通っている。




 191111em1150PB115230.jpg
        <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
        出航して間もなく、前日早朝に訪れた海上保安庁の防災基地の前を通過。




 191111em1150PB115279.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         船の後部はオープンデッキになっていたので写真を撮りやすいように船べりの席に座った。かなりの速力で
         航行するのでけっこう飛沫がかかるし風も強い。後ろを見るとスクリューがけっこう派手に飛沫を巻き上げ
         ていた。




 191111em1150PB115379.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         竹富島の客船ターミナルで出迎えてくれた猫。




         191111em1210_tPB115441.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         15分ほど歩くと集落に入る。郵便局の少し先で出迎えてくれたおっかない顔の猫。まるで黒豹のようだ。




 191111em1300_tPB115458.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         8時半頃からシジミ類が飛び始めたのでハマヤマトシジミがいないか探してみたが見つからなかった。写真
         はヒメシルビアシジミだろうか。


         以下の5枚の写真は、竹富島の民家の石垣や屋根を撮るのに使おうと思ってザックに忍ばせておいたオール
         ドレンズ Leitz Summarit 5cm f1.5 で撮影したもの。ただしM4/3で使用したので100mm換算だったため、
         引きの取れない集落内ではちょっと使いにくかった。どうせならもう一息張ってフルサイズミラーレスも持
         っていけばよかった。

 191111em1summaritPB115418.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ Leitz Summarit 5cm f1.5>





 191111em1summaritPB115420.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ Leitz Summarit 5cm f1.5>




 191111em1summaritPB115424.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ Leitz Summarit 5cm f1.5>




 191111em1summaritPB115427.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ Leitz Summarit 5cm f1.5>




 191111em1summaritPB115451.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ Leitz Summarit 5cm f1.5>




         ここから下は再び最新機種(EM5Ⅱは最近後継のⅢが発売されたが)での撮影。

 191111em540_tPB110344.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>




 191111em540PB110330.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         



 191111em540PB110331.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




 191111em540PB110335.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




 191111em540PB110337.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




 191111em540PB110345.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




         191111iphoIMG_0762.jpg
         <iphone10s>




         191111ipho_tIMG_0765.jpg
         <iphone10s トリミング>
         ハイビスカスにはシロオビアゲハがよくやってくる。




 191111ipho_tIMG_0767.jpg
         <iphone10s トリミング>
         赤いハイビスカスと石垣の風景に、シロオビアゲハは面白いほどマッチする。




 191111em1300PB115466.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>




 191111em5210PB110467.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>



         191111em1300_tPB115523.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>




         191111em1300_tPB115541.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>



 I191111iphoMG_0775.jpg
         <iphone10s>
         夕日スポットとして有名な西桟橋を訪ねてみた。




 191111em1300PB115608.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>




 191111em1300_tPB115660.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         西桟橋の先端で小浜島を眺める2人の少女(掲載許可を頂いた)。




 191111em1210PB115430.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>




 191111em1300PB115772.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         帰りがけ、集落の外れで運良くシロオビアゲハの交尾個体を見つけた。
         この後昼前の便で石垣島に戻ってダンダラさん達と合流。ポイントを巡りなから空港に向かった。




 191111em1420PB116150.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         出発前案山子さん(CLICK)から空港のセンダングサの咲いているところにウスアオオナガウラナミシジミ
         がいたとの情報を頂いていたので皆で探してみたが残念ながら見つからなかった。代わりにオジロシジミを
         撮影して今回の撮影旅行は終了。
         
          お誘い下さった上に何から何までお膳立てして下さったダンダラさん、奥様、そして3日間労を惜しまず
         御案内下さった熊谷さん、この度は本当にお世話になりました。お陰様で秋の八重山の空気を満喫してすっ
         かり楽しい気分で帰ることができました。心よりお礼申し上げます。
          機会がありましたら是非またよろしくお願い致します。



  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

          この日は朝9時に熊谷さんが迎えに来て下さることになっていたので、朝食前に石垣港の様子を見に、埠
         頭と思われる方に向かって歩いてみた。1キロほど行くと海上保安庁の防災基地で行き止まりとなっており、
         そこには「ざんぱ」「かびら」「とかしき」などのくにがみ型巡視船がなんとずらりと9隻も並んでいた。
          車中で熊谷さんに伺ってみるとやはり「尖閣も近いですからねえ」とのこと。調べてみるとこれらの船艇
         は尖閣警備専従部隊に組み込まれていて、石垣に10隻、那覇に2隻の巡視船で尖閣諸島警備に当たってい
         るらしい。それでも頻発する中国大型公船侵入などへの対応にはなかなか追いつかないのが現状のようであ
         る。
          石垣島から尖閣諸島まではおよそ150キロ。くにがみ型巡視船の最大速力が25ノット弱なので、出発
         すれば3時間余りで尖閣諸島に到着することになる。ここでは尖閣での摩擦は目と鼻の先の出来事なのだと
         改めて感じた。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         夜明けの埠頭に並んだ巡視船。どこか物悲しさを覚える。



 191110em1150PB101729.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         「かびら」の前で釣り人が1人釣り糸を垂れていた。




 191110em1150PB101732.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>



 191110em1150PB101754.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         「ざんぱ」は本島の残波岬からとった名前だろう。




 191110em1300PB101772.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         いきなり脱線したが蝶の話に戻ることにする。朝食後ホテルの前の草地に入ったらオオゴマダラが降りてき
         てくれた。前日見かけたのと同じ個体のようである。少しの間低いところに止まっていてくれたがまたすぐ
         に木の上の方に飛んで行ってしまった。




 191110em5210_tPB100042.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         この日は島の北部を目指して移動。途中休憩したところにはソテツが生えていてクロマダラソテツシジミが
         たくさん飛んでいたが、それに混じってヒメウラナミシジミも見られ、中でも低温期の翅裏が金色っぽくな
         る個体の美しさには目を奪われた。手前のぼんやり青いのはクロマダラソテツシジミ。




191110em5210PB100064.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         これは別個体のようだ。独特の綺麗な地色である。




191110em1300_tPB101784.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         目的地に到着すると早速アオタテハモドキが出迎えてくれた。




 191110em5210PB100085.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         家内が撮影したアオタテハモドキはなかなか美形だった。同じアオタテハモドキのメスでもずいぶん色が異
         なって面白い。




         191110em1300_tPB101798.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         ウスアオオナガウラナミシジミのポイントに着くと1頭のオスが現れてくれたが、しっかりピント合わせす
         る前に飛ばれてしまった。私が撮れたウスアオオナガはこの証拠写真が唯一のショットとなってしまった。

         

 191110em1300PB102290.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         海岸に近い林道にはとにかくこのリュウキュウアサギマダラ、そしてシロオビアゲハ、スジグロカバマダラ
         がたくさん飛んでいて、その個体数たるや大変なものである。多摩動物園のインセクタリウムより蝶の個体
         密度が濃いのではないかと思われるほどだ。




 191110em1300PB102239.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         シロオビアゲハは傷んだ個体が多かったのでなるべく綺麗そうな個体を選んで撮影。



 191110em1300_tPB101893.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         スジグロカバマダラ。石垣島にもススキが生えていて秋には穂が伸びてくる。ただその有りようはやはりど
         こか南国的に見える。




 191110em1300_tPB102044.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         ススキの穂に止まったアカギカメムシ。




         191110em1300PB101932.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         沢筋で熊谷さんがヤエヤマムラサキの前蛹を見つけて下さった。




 191110em1300PB102336.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         少し先には成虫もいた。紫色の入る表を撮りたいところだが、飛翔も含めて今回はそれを写すことはできな
         かった。




 191110em1300PB102603.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         さらに先の沢筋でダンダラさんの奥様が集団吸水を発見。様子を見に行った熊谷さんが「タイワンシロチョ
         ウがいますよ」と呼んでいるので急いで見に行ってみるとキチョウ類に混じってタイワンシロチョウが2頭
         吸水していた。




         191110em1300_tPB102534.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         タイワンシロチョウは独特のスマートな翅形をしたオシャレな蝶である。
         私は保育社の「台湾産蝶類大図鑑」で初めてこの蝶を知ったが、それは沖縄返還の直後くらいのことだった
         から日本ではまだこの蝶は迷蝶扱いだった。今回も八重山にどの程度タイワンシロチョウが定着しているの
         か全く知識なくやってきたので意表をつかれた初の出合いだった。




 191110em1300_tPB102689.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>




         191110em1300PB102962.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>




 191110em1300_tPB102698.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         左はウスキシロチョウ。実はギンモンウスキチョウとムモンウスキチョウがウスキシロチョウに統合されて
         いたことも今回初めて知った。私の浦島太郎ぶりも相当なものである。さすが浦島伝説の地在住(私の住む
         横浜市神奈川区は浦島伝説発祥の地と言い張っている)と勝手に納得。




 191110em1300_tPB102810.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         ヒメアサギマダラも吸水に来ていた。




 191110em1300PB101796.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         白帯くっきりのリュウキュウヒメジャノメ。




 191110em1300_tPB103666.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         マサキウラナミジャノメだと思う。




 191110em1300_tPB103572.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         八重山ではよく見かけるタイワンクロボシシジミ。




         191110em1300_tPB103277.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         クロテンシロチョウ。




 191110em1300_tPB103541.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         止まっているとなかなか翅を開いてくれないので飛翔で名前の由来となっている黒点を狙ったが点が薄めで
         ちょっと地味だった。




 191110em5210PB100203.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         今回どうしても見たかったタテハモドキの秋型。夏型もいいがやはりこの翅の尖った低温期型が魅力的。(家内撮影)




 191110em1300PB104298.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         開翅。




 191110em1300_tPB103827.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         飛び立ち。


 191110em5210_tPB100219.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         帰りの車中から。チョウゲンボウのような鷹が尾羽根を広げてホバリング。獲物を狙っているのだろう。




 191110em5210PB100232.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         暑いので放牧された牛が海水浴にやってくる。夏は首まで浸かっているそうだ。




 191110em1420PB104422.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ポイントを移動中昼食をとったお店の駐車場から海を背景に飛ぶツマベニチョウが見えた。2〜3度撮影チ
         ャンスがあったがとうとうピントを合わせることはできず。




 191110em1300PB104489.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         移動先にもウスアオオナガウラナミシジミがいたようだが私は撮影できなかった。これはネッタイアカセセ
         リで初撮影。




 191110em1300PB104721.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         イワサキタテハモドキは何処にでもいるのでついスルーしてしまいがち。しかし考えてみればこれも野外で
         は初撮影なのでとりあえず開翅をしっかり撮ろうと思って撮った1枚。




         191110em1300_tPB105048.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         タイワンヒメシジミのポイントに移動したが残念ながら見られず。代わりにダンダラさんが見つけて下さっ
         たシロオビアゲハの赤斑型の美麗個体を撮影。

         時刻も5時となりこの日はここで打ち止め。長い1日が終わった。






  1. / trackback:0
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

          11月9日から3日間、家内と共に石垣島と竹富島を訪ね主に蝶の撮影をしてきた。今回は飛行機から宿
         からガイドさんに至るまで全て、お誘い下さった ダンダラさん(CLICK)にお任せしてしまいご面倒をおか
         けしてしまった。
          8月10日頃から仕事が猛烈に忙しくなり、出発前日がその案件の最終納品日だったため、とても自分で
         段取りしている余裕がなかったので本当にありがたかった。また8月17日を最後に蝶の撮影に出かけられ
         ていなかったので、フラストレーションを発散してリフレッシュする上でも絶妙のタイミングだったと思う。
         セッティングして下さったダンダラさんに深くお礼申し上げたい。


         


          撮影行初日、那覇の乗り継ぎで昼前に石垣空港に到着するとガイドの 熊谷さん(CLICK)がすでに迎えに
         来て下さっていて、ここからはもう何も考えなくても自動的に蝶のいる場所へワープというなんとも嬉しい
         設定だった。
          八重山を訪れるのは2003年に西表島と石垣島に来て以来なので16年ぶりということになる。今回は
         なんの下調べもしてこなかったので石垣空港が移動したことも分かっておらずびっくりしたのだが、ともあ
         れまずは最初のポイントへ。

 191109em1420PB091538.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         初見初撮影のシロウラナミシジミ。この蝶は表も美しいので飛翔で表翅を抑えようとしたが綺麗に撮れなか
         った。とは言っても裏だけでも充分満足。




         191109em5210PB090005.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         求愛→交尾も観察することができた。




 191109em1420PB090115.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         逆光に浮かび上がる白い帯が美しかった。



         
 191109em1420PB090008.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         コウトウシロシタセセリ。裏だがこれも確か嬉しい初撮影だったと思う。




 191109em1420PB090277.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         八重山ではカバマダラはスジグロカバマダラに比べると圧倒的に個体数が少ない。2013年、横浜に出現
         した時のことが思い出される。




 191109em1420PB090086.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         とにかく小さいホリイコシジミ。こちらも初見初撮影。




 191109em1420PB090379.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         大きなクチナシの木があったのでぼんやり眺めていたらシジミチョウが飛んできて潜り込んで行ったので、
         もしやと思って覗き込んでみるとイワカワシジミだった。クチナシの実の上を歩き回って触角で丹念に実の
         表面を調べている。「うんうん、これなら良さそうね」という母蝶の声が聞こえてきたような気がした。




 191109em1420PB090406.jpg
        <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
        クチナシの実の開口部に腹端を差し入れて産卵。




 191109em1420PB090446.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         その後陽の当たるところに出てきてしばらく静止。それにしてもなんと綺麗な蝶だろう。以前西表島でとう
         とう出合えなかったイワカワシジミだが、16年ぶりに訪れた石垣島でこうもあっさりお目にかかることが
         できるとは思ってもいなかった。余りに嬉しい誤算だった。




 191109em1420PB090577.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         さらに開翅もサービス。至れり尽くせりのサービスに感謝感激。




 191109em140_tPB090591.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         イワカワシジミが飛び去った後、クチナシの実を覗いてみると卵が1つ産み付けられていた。




 191109em1420PB090721.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         キノボリトカゲが顔を出した。



         
 191109em1420PB090738.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         かなり愛嬌のある顔で可愛らしい。




 191109em1420PB090964.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         常連の蝶たちも元気である。これはクワズイモの葉の上に止まったイシガケチョウ。
         実はかねてから「石垣」はありだけど「イシガケ」なんて言葉があるのかなと思っていたのでこれを機に調
         べてみた。するとイシガケという言葉はちゃんとあるようで漢字は「石崖」で「石垣」と同義とあった。
         知らなかったのは私だけ?



  
 191109em1420PB091002.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         アオタテハモドキ
         



         191109em1300_tPB091395.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         ヤエヤマウラナミジャノメ




 191109em1420PB091185.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ベニモンアゲハ




 191109em1420PB091200.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ミカドアゲハ




191109em1420PB091252.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ツマムラサキマダラ




 191109em1t2PB091338.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         ベニモンアゲハ+ミカドアゲハ 南国らしいシーンだ。






  1. / trackback:0
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

          8月18日、家族が私の誕生日を祝ってプレゼントを買ってくれるというので、横浜駅で買い物をしてか
         ら中華街で少し時間を潰し、暗くなる頃乗合船で工場夜景を見に行った。
          私の持っている機材で暗さに強いものはないのだが、OMD EM-1 MarkⅡ だとかなり手ぶれ補正が効くの
         で、それに明るめのズームの40〜150mm f2.8をつけて持って行った。それでも ISO3200 から 5400
         くらいでの撮影となるので、マイクロフォーサーズのセンサーには荷が重く相当粒子が荒れてしまう。
          こういった三脚を立てられない船上からの夜景撮影にぴったりのシステムというとどんなものがあるだろ
         う。どなたかご教示いただければありがたい。

         撮影は <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>一部トリミングあり。


 
         この夜はこのツアー用の快速船がエンジントラブルで使えず代役のシーバスでのクルーズとなり、2つ目の
         運河は省略となった。残念だが止むを得ない。出航してまもなく大黒ふ頭を右に見ながら進む。




 190818em1150P8180161.jpg
         大黒ジャンクションを一望できる。左は自動車運搬船。




 190818em1150_tP8180162.jpg
         大黒ふ頭と背後のベイブリッジ。黒光りする水面のうねりを眺めているとなんだかドキドキする。




 190818em1150_tP8180256.jpg
         通り過ぎてゆく工場を眺める。




 190818em1150_tP8180261.jpg
         水上からの工場夜景はやはり一味違う。




 190818em1150P8180246.jpg
         照明の色温度の違いが写真にうるさく出てくるので何枚かモノクロ変換してみた。これは停泊していた貨物
         船。




 190818em1150P8180281.jpg
         工場夜景はやはり煙が面白い。




         190818em1150_t_mP8180294.jpg
         静かな光景だった。




 190818em1150_tP8180301.jpg
         な〜んだか怪しい雰囲気が漂う工場。




 190818em1150P8180346.jpg
        ブルーライトのクルーザーと並走。




 190818em1150P8180464.jpg
         復路、間近に見る横浜北水堤灯台。





 190818em1150P8180484.jpg
         海から見るみなとみらい地区の夜景。




         190818em1150P8180506.jpg




 190818em1150P8180536.jpg
         氷川丸とマリンタワー。




 190818em1150P8180540.jpg
         無事山下公園桟橋に帰着。







  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

          相変わらずの忙しさに加えて体調を崩してしまい、皆様のブログを訪問することさえままならず大変申し
         訳なく思っております。とりあえず書きかけだった記事にピリオドをつけて上げておきます。

          まただいぶ遡って8月17日、町田の Sさん、 Akakokkoさん(CLICK)、さらにボルネオでマネシアゲ
         ハの擬態の研究をされていた調布の Y さんのお三方と共に長野県と山梨県で蝶を追った。
          主な目的はキベリタテハだったがこちらは不作で満足な撮影はできず。しかしながらタイトルに書いた通
         り嬉しい出会いも待っていた。

         
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         最初に訪れたキベリタテハのポイントは工事のため通行止めで別のポイントに移動。こちらでは横浜は戸塚
         の Ta さんとお目にかかり、この日1日行動を共にすることになった。
         2箇所目のポイントでもキベリタテハは少なく、なかなか近くに飛んできてくれない。長期戦に備えて持っ
         てきた折りたたみ椅子もエルタテハに占拠されてご覧の有様。




 190817em1420_tP8170465.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         川面を飛ぶコムラサキ。これはピンボケになってしまったがいつかこんな構図でしっかり撮ってみたいもの
         だ。




         190817em5150P8170021.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         さんざん待っても撮れなかったキベリタテハは駐車場にいた。




         190817em1300P8170653.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         Akakokkoさんが手を差し出すとすんなり乗ってくれたので地面にスポーツドリンクを撒いて止まらせて撮
         影。背景が煩雑になってしまったがこの日の貴重なキベリタテハショットになった。




 190817em1300P8170734.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         キベリタテハを求めて朝諦めたポイントを再訪。しかし往復2時間近く歩いたにも拘らず成果なし。諦めて
         下ってきた草原ではジャノメチョウがたくさん吸蜜していた。周囲は蜘蛛の巣だらけで、いかにも夏の終わ
         りらしい光景だった。



       
         190817em1210P8170771.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         山梨県に移動してゴマシジミを探してみたが空振り。代わりにミヤマカラスシジミがヒメジオンで吸蜜して
         いるのが見られた。  



   
         190817em1210_tP8170813.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         谷戸の奥では以前オオヒカゲが見られたということでSさんが草むらを叩いてみるといきなり大きな蝶が飛
         び出した。なんと本当にオオヒカゲだ。
          この近くの森でで中学3年の時にはたくさん見かけたオオヒカゲだが、その後数を減らし多くの産地で絶
         滅してしまった山梨県のオオヒカゲ。この再開はとても嬉しかった。




         190817em1210_tP8170826.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         キマダラモドキもいた。ここは谷戸の自然がよい形で残っている貴重な場所なのだろう。




         190817em1210P8170973.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         最後に立ち寄ったのは7月初めにオオムラサキを撮影した山郷。擦れたオオムラサキが台場クヌギの幹でお
         見合い中だった。


         ご一緒下さった皆さん、暑い中お疲れ様でした。あちこち回って忙しかったですがお陰様で楽しい1日を送
         ることができました。お礼申し上げます。






  1. / trackback:0
  2. / comment:10
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30