FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

             3月15日、外食も当分できなくなりそうなので、家内と娘夫妻と4人で海岸通りのフレンチ
            「アクアオリビン」で昼食をとった。予想通り客は我々だけで貸切状態。感染リスクをさほど気
            にせずにゆっくり食事を楽しむことができた。

            200315α7255DSC00384
            アクアオリビンの店内は明るく気持ちがいい。県庁に面した窓から差し込む午後の光が綺麗だっ
            た。




            200315α7255DSC00387
            海岸通に面した店の窓。古びたカウンターチェアーが見える。




            200315α7255DSC00395
            ジャパンエクスプレスビルの階段を上がって2階にあるメガネ屋さんに立ち寄った。




            200315α7255DSC00401




            200315α7255DSC00405
            窓辺に置かれたクリプトン製真空管アンプ。            




 200315α7255DSC00404
            このビルは今年でちょうど90歳。オーク材の床が90年の歳月を語っている。




 200315α7255_tDSC00400




 200315α7255DSC00407






スポンサーサイト



  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

             ウィルスの蔓延でいよいよ動きがとれなくなってきた、というか動かないようにひたすら我慢
            するしかないのだが、とにかく事態はまだ始まったばかり。この先のことを考えるとなんとも恐
            ろしくなる。
             人口爆発とグローバル化・・・いずれはウィルスとの攻防になると思ってはいたものの、いざ
            喉元に刃を突きつけられてみるとその計り知れない影響力、破壊力に認識を新たにせざるを得な
            い。とりあえず新型コロナウィルスが(人間にとって)悪い方向へ変異せず、ワクチンや治療薬
            が早期開発され、また別のウィルスの蔓延が起こらないことを祈るのみである。

             3月12日、家内と用事に出たついでに夕方また瑞穂埠頭に立ち寄った。着いた時は曇ってい
            たがやがて西陽が射し始め、今までに見たことのない旧瑞穂鉄道橋の表情を見ることができた。

 200312α7255DSC00375
            <Sony α7Ⅱ/ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA>




 200312α73400_tDSC02395
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS トリミング>
            三井倉庫の壁に貼られた「禁煙」のブリキ看板。ルビが「たばこのむな」となっているところが
            面白い。




            200312α73400DSC02397
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            ススキに埋れかかった渡邊灯器株式会社製の転轍灯。




            200312α73400DSC02403
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>




 200312α73400DSC02409
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            元気なスズガモ。



            200312α73400DSC02429
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            小型タンカーの上陸用道板・・・だと思う。




200312α7255_tDSC00363
            <Sony α7Ⅱ/ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA>




 200312α7255DSC00371
            <Sony α7Ⅱ/ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA>




             200312α73400DSC02432
             <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>




 200312α73400DSC02431
             <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
             夕陽に照らされますます赤く染まった旧鉄道橋の鉄骨。気がつくとそこに自分の影が落ちてい
             た。






  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

             2月から他人との接触を可能な限り避けるために会社にはほとんど行かずに自宅で仕事をして
            いるのでとにかく運動不足。なので時間が取れる時はなるべく人の少なそうなルートを選んで散
            歩に出るようにしている。カメラを持ち歩ける状況にあればもちろん(軽めの)カメラを持って
            歩く。

            <Sony α7Ⅲ / CANON LENS 85mm f1.8>
            このレンズも前回の 50mm f1.8 と同じ時にごまさん(CLICK)から頂いたものである。テイス
            トは 50mm にかなり似ているが、焦点距離が長いのでもちろん被写体が強く浮き上がる。

 200307α73ca85DSC02301
            今年の春の花は皆早く咲いた。概ね10日前後早いだろうか。
            



 200307α73ca85DSC02304
            民家の庭先にとても可愛らしい桃色の椿が咲いているかと思えば・・・




            200307α73ca85DSC02310
            あまりたちのよくない桜が街路を飾っていたり。




 200307α73ca85DSC02314
            



 20200326_12157384cd.jpg
            名ばかりの商店街の外れにこの名車。ダットサン510型 「ブルーバード 1600 SSS クーペ」
            このクーペは1970年発売。ちょうど50年前だ。とても綺麗にレストアされていた。




 200307α73ca85_tDSC02323




 200307α73ca85DSC02329
            コーヒー豆を買いに立ち寄ったカフェに並んでいたリンゴジュースが美味しそうだ。




 200307α73ca85DSC02334
            八百屋さんの釣り銭籠。




 200307α73ca85DSC02331
            近頃の焼き芋は蜜の入り方が半端ない。焼いているうちに滴り落ちてくるので焼きにくいと八百
            屋のオヤジさんが話していた。1本買って帰って食べてみたら食感からして私の認識しているサ
            ツマイモとは全く違ってねっとりしている。そしてとにかく甘い。




            200307α73ca85DSC02339
            この八百屋は仏様の花も売っている。






  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

             仕事の打ち合わせで渋谷二丁目から表参道方面を歩いたのでスナップを撮った。しばらく来な
            い間に以前事務所のあったあたりもいくらか様変わりしていて、特にイタリアンの「アマルフィ
            ターナ」が閉店していたのはショックだった。オープンした時たまたま前を通りかかったので入
            ってみたら私が第1号の客で、記念にワインをサービスしてくれた思い出深いレストランだった
            のだが。
             開店当時のシェフの中本氏は現在独立して六本木でカウンター席のみのイタリアンを経営して
            いるが、この社会情勢ではなかなか厳しいだろうと心配している。
             またその近くの別のイタリアン「ビス・トリス」ではソムリエが引き抜きで某ホテルに移籍し
            てしまっていた。シェフは健在なので料理の方は変わりなく楽しむことができたが、ソムリエも
            プロフェッショナルと呼ぶに相応しい方だったのでこれまたちょっと残念だった。

             撮影は全て<Sony α7Ⅲ/CANON LENS 50mm f1.8>

            CANON LENS 50mm f1.8 は昭和30年代のレンジファインダーカメラ(CANON Pなど)用の
            レンズでごまさん(CLICK)から頂戴したものである。
             このブログに何度か登場している YASHIKOR 5cm f2.8 と比べると解像度では劣るが、開放
            f値と1959年という時代を踏まえれば、よくまとまったレンズのように思える。開放付近で
            の描写はどこかライカの Summarit 5cm f1.5 を彷彿とさせるものがあるが、同じ柔らかい描
            き方でもズマリットのそれよりもクールに感じるのは何故だろうか。
             
 200305α73Ca5018DSC01785
            フレッシュジュース屋さんの店先。数年前にも掲載したが、アルミのボックスが積まれているの
            は長い自転車だ。




 200305α73Ca5018DSC01843
            コーチの愛・・・




            200305アルファ73Ca5018DSC01851
            BOSS。なんだろう、不思議なボケ方をする。




            200305α73Ca5018DSC01922
            外人さんのマスクも増えてきた。




 200305α73Ca5018DSC01967




 200305α73Ca5018_tDSC02088
            人通りはいつものおよそ半分といったところか。




 200305α73Ca5018DSC02191




 200305α73Ca5018_tDSC02219
            3重のゴーストが写真を面白くしてくれている。









  1. スナップフォト
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

             仕事疲れの夕方、性懲りもなくまた瑞穂埠頭に出掛けた。さすがに新たな構図は期待できない
            だろうと思いながらブラブラしていると、犬も歩けばという感じで思いがけないもの、今まで気
            付かなかったディティールに巡り合う。そこがスナップ撮影(望遠レンズをぶら下げてスナップ
            撮影と言えるのかどうかわからないが)の面白いところである。

 200228α73400DSC01385
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            汚水処理場に面した運河に浮かぶホースにヒドリガモやカルガモが並んで止まっていた。



            
            200228α7255DSC00342
            <Sony α7Ⅱ/ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA>
            貨物線の踏切と三井倉庫。




 200228α7255DSC00344
            <Sony α7Ⅱ/ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA>
            踏切脇の古い手動巻上機。何に使用するものだろう。御存知の方がいらしたら教えて欲しい。
            屋根がついているところが可愛らしい。




            200228α7255DSC00349
            <Sony α7Ⅱ/ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA>
            踏切を渡ったら警報機が鳴り始め遮断機が降りた。




 200228α73400DSC01517
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            瑞穂橋の旧鉄道橋越しに運河を眺める。




            200228α73400DSC01549
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            この手の小型タンカーは水江運河でいつも撮影していたので馴染みが深い。船名を見たら「桜光
            丸」とあった。・・・ん? 確かに覚えが。


   200228α73400_tDSC01539   160214ep540_t_2P1010040.jpg

             過去画像を見てみたらやはりそうだった。「桜光丸」は以前水江運河で撮影している。
            左が今回の画像で右が2016年撮影のもの。どう見ても同じ船なのだが船尾の船名の書体が違
            っている。よく見ると舫綱のリールの頭も以前は黄色1色で塗られていたのに今は黄色と黒で塗
            り分けられている。
             船のメンテナンスがどれくらいの間隔で行われているのか知らないが、2016年以降に塗装
            直しが行われたようである。
             桜光丸について調べてみたら私が水江運河で撮影した2016年にプレジャーボートとの衝突
            事故(死者はなくプレジャーボートで重傷者が出ている)を起こしていた。事故の日付を見ると
            2月13日早暁。私が撮影に行ったのは14日なので事故はその前日ということになる。事故の
            詳細はネット上でも公開されているが、読んでみると迫真の表現もあってなかなか興味深い。
             桜光丸川は左舷に凹みができたようだが、私の撮った写真にそれが写っているかまでは面倒な
            ので確認していない。

             何はともあれ塗り直して書き直された船名が、以前よりだいぶ下手に見えるのは少し気になっ
            た。主に湾内を航行するタンカーの船名の字が汚くなったからと言ってそれ自体をとやかく言う
            つもりはないが、こんなところに美意識とか伝統の衰退を感じ取るのは果たして大袈裟だろうか
            と、ふと思った。



            200228α73400_tDSC01563
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS トリミング>
            橋の上であれこれ構図を考えていたら背後から船のエンジン音が聞こえてきた。期待に胸を膨ら
            ませて待っていると程なくちょっとくすんだターコイズブルーのボートが通過していった。この
            どんよりした天気にぴったりのなんとも美しい色だ。




            200228α73400DSC01573
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            いつも思うが船の足は案外速い。ボートはすぐに遠ざかっていった。お気に入りの1枚が撮れた。




 200228α73400DSC01472
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>




 200228α73400DSC01460
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            艀の周りをのろのろと泳ぐオオバン。営巣はどういった場所で行うのだろう?




 200228α73400DSC01431
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            水没した艀か桟橋にカルガモが泳ぎ着いた。2羽の動きがシンクロしていて可愛らしかった。




            200228α73400DSC01476
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            倉庫の扉の前に何か生えているなと思って写真にとってよく見たらアロエだった。




 200228α73400DSC01595
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            このプレートも今まで見落としていた。1957年9月に改修しましたよという印なのだろう。







  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

              遡って2月23日。
             自宅の近くで私なりに景色を撮影して楽しめる場所、というとやはり瑞穂埠頭界隈。短時間で
            も撮影を楽しみたいのでついついここに足を運んでしまう。
             この日は夕方出かけてみたのだが、撮影中に家内から電話があり、八戸に暮らしている家内の
            父がいよいよ具合が悪くなってきたとの知らせが入ったので早く帰ってくるように言われた。急
            いで帰ってみると娘もやってきていて2人は翌朝早く八戸に向かった。
             家内は翌25日に帰ってきたが、同日夕方、容態の急変があって義父は亡くなった。家内は死
            目には遭えなかったものの、最後に2、3の言葉は交わせたようなので良かったと思っている。

 200223α73sonDSC01214
            <Sony α7Ⅲ/ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA>
            そろそろ黄昏時に差し掛かろうかという微妙な時刻。なんと美しいひと時だろう。




 200223α73sonDSC01230
            <Sony α7Ⅲ/ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA>
            艀をピタッと覆った黒っぽい防水シートが、何故か近頃は綺麗に見えるようになった。




 200223em53210P2230029.jpg
            <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン 1.4×>
            静まりかえったノースドックの向こうにダイヤモンドプリンセスが見えている。




 200223em53600P2230045.jpg
            <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン 2×>
            日の出撮影でよく出掛ける場所からダイヤモンドプリンセス。この場所はみなとみらいのビル群
            を背景に車を撮る撮影スポットにもなっているらしく、遠方から来られた方が車の撮影中だった。




 200223em53210P2230079.jpg
            <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン 1.4×>
            三井倉庫のクレーン。薄暗いと遠近感が読み取りにくく、不思議な彫刻のように思える。




 200223em53600P2230056.jpg
            <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン 2×>
            強力手振れ補正付き換算1200mmの威力はすごい。ノースドックのこんな写真が手持ちで撮れ
            てしまう。




            200223α73sonDSC01267
            <Sony α7Ⅲ/ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA>
            瑞穂橋のたもと。




 200223α73son_tDSC01272
            <Sony α7Ⅲ/ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA トリミング>
            少し右にはバー「ネプチューン」が見える。ネプチューン右上の小さな窓灯が「スターダスト」
            だ。




            200223α72summaritDSC00328
            <α7IⅡ / Leitz Summarit 5cm f1.5>
            ネプチューンの入口。軽い食事ができてラストオーダーが1時半と遅いので夜更かし癖の人には
            重宝するかもしれない。
            ズマリットでふんわり撮ってみた。




 200223α72summaritDSC00333
            <α7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5>
            瑞穂橋から旧鉄道橋越しに運河を眺める。




 200223α73sonDSC01299
            <Sony α7Ⅲ/ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA>
            後はゾナーで旧鉄道橋を撮った。このレンズの遠景照明の玉ボケを見るのがこの夕方のテーマだ
            った。




 200223α73sonDSC01304
            <Sony α7Ⅲ/ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA>




 200223α73sonDSC01314
            <Sony α7Ⅲ/ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA>




 200223α73sonDSC01324
            <Sony α7Ⅲ/ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA>
            ノースドックもすっかり夜の領域に。この辺りで家内から電話が入ったので瑞穂橋と瑞穂大橋を
            渡って急いで車に戻った。自分ではけっこう急いで歩いていたつもりなのだが、途中瑞穂大橋の
            上で若い人に追い越されちょっとショックだった。







  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

             ずっと関わっていた仕事が施主の事情でいったんストップしたため時間ができた。長時間は空
            けられないがこの隙に春の蝶を見に行こうと思い市内の緑地に出かけてみた。

 200318α73400DSC02626
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            緑地入口のソメイヨシノは一厘咲きといったところ。



 200318α73400_tDSC02438
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS トリミング>
            ミヤマセセリはだいぶ早くから発生していたらしい。




 200318α73400_tDSC02457
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS トリミング>
            路傍のブッシュでコツバメがテリトリーを張っていた。と言っても1頭だけなので、他の蝶など
            が通りかかった時たまにスクランブル発進する程度だった。




            200318α73400_tDSC02463
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS トリミング>
            サービスのよい個体でじっくり撮影することができた。




 200318α73400_tDSC02502
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS トリミング>
            反対側からも。





 200318α73400_tDSC02507
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS トリミング>
            移動中暗い林の中で飛び出したクロコノマチョウ。




 200318α73400DSC02579
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            谷戸のキブシの花にはトラフシジミがやって来た。



 200318α73400_tDSC02537
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS トリミング>
            枯れた花のようなものはカマキリの卵みたいだがよくわからない。それにしてもトラフシジミ、
            こんなに綺麗な蝶だったろうか。




            200318α73400_tDSC02553
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS トリミング>




 200318α73400_tDSC02601
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS トリミング>
            同じキブシにコツバメも1頭吸蜜にやってきていた。







  1. / trackback:0
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

           あれがもう1ヶ月も前・・・? どういう訳か仕事が忙しすぎて、思い返すとそんなことばかりだ。
          運河の水面と水鳥のコラボの面白さに惹かれてまた早朝の千若町運河に足を運んだ。鳥の数は多くなかった
          が、鵜やオオバン、スズガモなどの常連さんが姿を見せてくれた。スズガモは動きが可愛らしくなかなかの
          愛嬌者である。
          <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン 2× 1部トリミング
          あり>

 200218em53150×2P2180042




 200218em53150×2P2180161




         200218em53150×2P2180232




         200218em53150×2_tP2180238




 200218em53150×2P2180372




 200218em53150×2P2180441




 200218em53150×2P2180567




 200218em53150×2P2180658







  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

             妙に暖かいと思ったら3.11の今日、神奈川県でももうギフチョウを撮影した人がいるという。
            なんとも気の早いギフチョウの目覚めだが、私のブログは未だ2月をうろついている。
            1月30日にモンキチョウを撮影して以来、3月1日の記事(CLICK)で書いた通り、再度モ
            ンキチョウを確認するまでの間1度もモンキチョウを見ることができなかった。たまたまかもし
            れないが、いずれもかなり暖かい日を選んで出掛けているのでやはり発生が足踏みしたのだろう。
            毎度見ることができたのはキタテハで、土手や畑の縁の暖かそうな場所でテリトリーを張ってい
            た。

 200217em1150×2P2170029
            <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン2×>
            キタテハでもいてくれると嬉しいが、目はやはりモンキチョウの春らしい黄色を探し求めて彷徨
            ってしまう。


             モンキチョウもベニシジミも見られないので、持っていた「ズマリット」で日産スタジアムの
            写真を撮った。これまた澤村徹氏のムック本『ライカMレンズ・ベストセレクション(玄光社)』
            の記事でズマリットの作例が紹介されていて、f5.6まで絞り込んだ時の風景描写がとても素晴ら
            しかったので改めて試してみたくなったからだ。

 200217α73summaritDSC01098
         <α7IⅢ / Leitz Summarit 5cm f1.5>
         このレンズは開放でふわっと撮ることが多く、絞って撮るのは M4/3 用の無限遠の出ないアダプターで使っ
         た時、絞り込んでなんとか遠景を撮るくらいのことで、積極的に絞ったことがなかった。この写真でF5.6く
         らいだが、開放と違ってかなりシャキッとしてはくるもののやはり輪郭が柔らかい。独特の写り方だ。




 200217α73summaritDSC01161
            <α7IⅢ / Leitz Summarit 5cm f1.5>




            200217α73summaritDSC01200
            <α7IⅢ / Leitz Summarit 5cm f1.5>




 200217α73summaritDSC01180
            <α7IⅢ / Leitz Summarit 5cm f1.5>
            これは開放撮影。ズマリット、と言うしかない。




            200217α73summaritDSC01131
            <α7IⅢ / Leitz Summarit 5cm f1.5>
            列柱の上にカラスが止まったので飛び立つのを待って撮った。待ちきれず1度カメラをおろして
            から慌てて照準を合わせたので狙いよりちょっとカラスが柱から離れてしまった。とはいえお気
            に入りの1枚に。

            この少し後にサッカーの試合も行われなくなってしまった。







  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

          この日ばかりは雨に止んでほしくなかった。というのも、雨滴で水面にできる波紋と艀を一緒に撮りたかっ
         からだ。
          少し前から、艀溜りで雨の日に海面すれすれで写真を撮りたいと思ってチャンスを狙っていて、ようやく暇
         と天気がマッチしてくれたのがこの日だった。で、雨だと手が滑りそうなので、逆さに持つ1脚の石付きの方
         にハンドストラップを取り付け、カッパを着込んで車に乗って出かけたのだが、カメラを海に向かって下ろし
         た途端にどういう訳か雨が上がってしまった。本当に直前まで激しく降っていたのに・・・

 
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         すっかり静かになってしまった水面。風も止んで波すらない。



         
 200216em5340P2160123.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         舫綱に焦点を合わせるようにカメラをコントロールしてみた。たっぷり水を含んだロープが直前までの天気を
         物語っている。




 200216em5340P2160202.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         ロープから水が滴ってたまに水面に波紋が広がるのに気がついたがなかなかうまく撮れない。




 200216em5340P2160257.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




 200216em540P2160281.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




 200216em1150×2P2160202
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         穀物でもあるのだろうか、鳩がたくさんやってきていた。右奥の船は「ダイヤモンド・プリンセス」。






  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

             昨年春に発行された澤村徹氏のムック本『ライカMレンズ・ベストセレクション(玄光社)』
            を読んでいたら和製ライカマウントレンズのコーナーで YASHIKOR 5cm f2.8 が取り上げられ
            ていた。
             このライカLマウントのレンズ、やや大味ながらなかなかの解像力の持ち主で、私のお気に入
            りの1本である。使用頻度は高くないもののたまに使ってみたくなる。
             澤村氏の解説によるとこのレンズの構成は4群5枚のクセノタールと言われてきたが、近年3
            群4枚のテッサータイプも存在することがわかったという。鏡胴の外見では両者を判断できず、
            レンズ内の反射数から推測するしかないようなのでレンズ内を覗き込んで映り込みを数えてみた
            がどうもよくわからない。詳しい方に見てもらおうかとも思ったが、まあ分からないというのも
            それはそれでいいかなと思って機会が訪れたらということにした。

            YASHICA YE については↓の記事を参照。
            http://naoggio.blog87.fc2.com/blog-entry-1018.html
            
             本来 YASHICA YE 用のレンズなのでできればフィルムで撮りたいところだが、このところフ
            ィルムを使うのがいよいよ億劫になってきたので結局 α のお世話になることがほとんど。
            なので、撮影は <Sony α7Ⅲ / YASHICOR 5CM f2.8>

                   200227iphoIMG_1083 (4) YASHICA YE




 200213α73yashikorDSC01058
            民家の庭先にちょっと荒々しいが立派な枝振りの大きな白梅があったのでれを撮ってみた。
            古いレンズだが色乗りがいい、




 200213α73yashikor_tDSC01058
            上の写真の切り出しだが解像度の高さがお分かりいただけると思う。開放撮影ながら合焦部分は実にシ
            ャープだ。




            200213α73yashikorDSC01063
            食後お気に入りのケーキ屋さんで。




 200213α73yashicorDSC01046
            このレンズのもう1つの特徴として澤村氏が挙げていたのがフレアーのグラデーションの美しさ。
            試してみると確かに柔らかく変化している。よくこんなことに気づくものだと感心した。







  1. カメラ
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

          昨日家内の父親の葬儀で日帰りで八戸まで行ってきたので今日は出掛けるつもりはなかったのだが、仕事ば
         かりしていても気が滅入ってしまうのでモンキチョウの黄色を求めて新横浜の土手に行ってみた。
          1月30日にメスを1頭見かけて以来ここを3回訪れているが、いつもキタテハばかりでモンキチョウは見
         られなかった。3月の声を聞いたのでもう発生しているだろうと思って出かけたのだが、結局モンキチョウは
         2度飛翔を見かけただけで撮影できなかった。その代わりベニシジミとモンシロチョウには会うことができた
         ので無駄足というわけでもなかったが、モンキイエローはまたもお預けでちょっとがっかりだった。
          それとこれはびっくりしたのだがアゲハを見かけた。こちらも残念なことに撮影はできなかった。かなり気
         温が上がったので羽化してしまったのだろう。

         <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>


 200301α73400DSC01727 (2)
         ベニシジミ。この時期出会える蝶の中では1番嬉しいかも知れない。




 200301α73400_tDSC01680 (2)
         同一個体。かなりトリミング。




 200301α73400_tDSC01721 (2)
         モンシロチョウ。この時期のモンシロチョウは斑紋がおとなしく儚げである。







  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2020 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -