FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

             栄区の本郷ふじやま公園には移設ながら江戸期の古民家があり、7日まで七夕祭りが開催さ
            れていて、流しそうめんイベントは中止となったものの住宅に七夕飾りが施されているという
            ので見に行ってみた。
             初めて行く公園だがそう広くはないので、駐車場から古民家まではすぐなのだろうと思って
            いたらとんでもなかった。駐車場が小山の麓なので嫌な予感はしたのだが、歩き始めに立てら
            れた案内板を見ると、竹林とか苦労坂と名付けられた山道を抜けて山越えしないと古民家には
            到達できないことがわかった。しかしここまで来て帰るわけにも行かない。重たい機材を両肩
            に掛け、覚悟を決めて歩き始めた。

   200707α7265DSC00609   200707α7265DSC00612
            <Sony α7Ⅱ / MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical>
            竹林の中の急な階段を抜けるとクヌギやコナラの生える雑木林の中にさらに急な道が続いてい
            る。そこは名も知れぬヒカゲチョウ(って、名は知れているが)飛び交う正しく人外魔境。ち
            ょっと写真を撮りに来ただけなのになんでこんな目に・・・



 200707α7265DSC00616
            <Sony α7Ⅱ / MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical>
            いきなり飛び出してきたクロコノマチョウに驚いたりしつつ一山越えて下ってゆくと突然目の
            前が開けて、クヌギ林を間伐して明るい広場にしたような場所に出た。その先に古民家の長屋
            門、その上には母屋の棟も見えている。暗い山道を踏破してきただけになんとも清々しい。
             小栗虫太郎の小説「人外魔境」に登場する桃源郷「天母峰(ハーモ・サムバ・チョウ)」と
            はもしやここのことか ! などといつもの妄想を楽しみつつ広場を横切って長屋門に向かって
            進む。



 200707α7265DSC00617
            <Sony α7Ⅱ / MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical>
            立派な長屋門だ。しかし・・・母屋を見て愕然。七夕飾りを片付けている?



 200707gfx63DSCF5712.jpg
            <FUJIFILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
            綺麗に刈り揃えられた長屋門屋根の茅。



            200707α7265DSC00655
            <Sony α7Ⅱ / MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical>
            長屋門の柱だがこの仕口の意味がわからない。再訪してよく見てみたい。



 200707gfx63DSCF5764.jpg
            <FUJIFILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
            長屋門の壁の一部。中庭に面した側の向かって右側だけにこのように湾曲した下見板が用いら
            れている。もともとここだけ意匠を変えたのか、それともオリジナルがこの面だけで後は復元
            のため湾曲した板が使えなかったのか、次回は真相を聞いてみたい。



 200707α7325DSC04673
            <Sony α7Ⅲ / ZEISS Batis 25mm f2>
            長屋門の扉。



 200707gfx63_tDSCF5705.jpg
            <FUJIFILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
            長屋門を潜ると正面に厨子(つし)二階造りの立派な母屋が建っている。
            1847年(弘化4年)竣工で、旧鍛冶ヶ谷村より長屋門と共にここに移築された。伝承では
            ペリー来航の際一行の休憩に使われたとか。
            ペリー来航は1853年なのでこの家もまだ築後6年。どこもかしこも家中ぴかぴかだったこ
            とだろう。
            母屋の縁先ではボランティアらしき方々が撤去した七夕飾りを片付けている。7月7日は今日
            のはずなのだが。



 200707α7265DSC00624
            <Sony α7Ⅱ / MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical>



         200707gfx63DSCF5731.jpg
            <FUJIFILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
            母屋に入る前に裏手の蔵を見に行ってみた。この内蔵は資料をもとに復元されたものだがなか
            なか上手くできている。鶴見区にある横溝屋敷の蔵とよく似ているがこちらは瓦葺きである。
            オリジナルはどちらだったのだろう。



         200707gfx63DSCF5732.jpg
            <FUJIFILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >



            200707α7325DSC04641
            <Sony α7Ⅲ / ZEISS Batis 25mm f2>



 200707α7325DSC04644
            <Sony α7Ⅲ / ZEISS Batis 25mm f2>



 200707gfx63DSCF5739.jpg
            <FUJIFILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
            母屋に入ってまず目を引くのは土間の大きな梁。ここまで美しいS字に湾曲した梁は見たこと
            がない。松だろうか、樹種は定かではないが長い年月をかけて人工的に曲げてに育てられた木
            ではないだろうか。



         200707gfx63DSCF5759.jpg
            <FUJIFILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
            上座敷の障子は意匠が凝っている。



 200707α7265DSC00642
            <Sony α7Ⅱ / MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical>



 200707α7265DSC00644
            <Sony α7Ⅱ / MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical>



            200707α7325_pDSC04657
            <Sony α7Ⅲ / ZEISS Batis 25mm f2>
            上座敷の違い棚。3段になっていて左右で微妙に高さが異なる。



 200707α7265DSC00651 (2)
            <Sony α7Ⅱ / MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical>
            私だったら左を低くしたかもしれない。



 200707α7325DSC04667
            <Sony α7Ⅲ / ZEISS Batis 25mm f2>
            仏間から中座敷を見る。画面上部の水平の板は跳ね上げ戸で、下ろすと仏間と中座敷の間仕切
            りになる。普段は閉じておいて何かの折にこのように跳ね上げて使ったのだろう。間仕切りを
            上げて襖を外せば真ん中に柱が1本残るものの、下座敷、中座敷、中の間、仏間の4間が1つ
            となり合計28畳の大広間になる。



 200707α73400DSC04687
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>



 200707α73400_tDSC04699
            <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
            笹の枝を携えた母親が長屋門の足元で子供を遊ばせていた。これから帰って短冊を飾るのだろ
            う。
            ようやく七夕らしい風が吹いた気がした。







スポンサーサイト



  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

          7月5日は娘が家内の仕事の手伝いに来ていた。私は前夜から熊本県を中心に起こった大水害のニュース
         を見て落ち着かない気分で過ごしていた。横浜でも断続的に強い雨が降り、薄暗い陰鬱な日和だった。
          庭に面したダイニングで家内と娘の3人で昼食を摂っていたら、娘が大きな黒い蝶が飛んできたと言う。
         見てみると庭のアガパンサス(植えた訳でもないのに数年前から自然に増えてきた)でクロアゲハのメスが
         吸蜜していた。急いでカメラを準備し、裸足で雨に濡れたウッドデッキに飛び出して写真を撮った。
          赤斑もおとなしく青鱗も乗っていない地味な個体だったが、この日に相応しい黒装束のように思えた。

         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 一部トリミングあり>


 




 200705em13300P7050085.jpg



            200705em13300_tP7050633.jpg



 200705em13300P7050518.jpg



 200705em13300P7050574.jpg







  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

          オオムラサキを見てからゼフィルスのポイントに移動する途中鼠捕りに引っかかった。私は19kmオーバ
         ーで1点減点だったが、後続の Ku さんは私に追いつこうとして加速したところだったらしく25kmオーバ
         ーで3点の減点となってしまった。鼠捕りの可能性に気づいていたのに減速が足りず Ku さんには大変申し
         訳ないことをしてしまった。改めてお詫び申し上げます。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         気を取り直して到着したゼフィルスポイント。車を停めて見に行くとすぐ目の前で favonius が半開翅して
         いる。その時はジョウザンミドリシジミかと思ったが帰って画像を見てみたらエゾミドリシジミだった。



 200702em13300P7020322.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         まだ新鮮そうな個体なのに残念なことに右前翅に黒い染みがある。蛹の時に何かに齧られたのかもしれない。



 200702em13300P7020342.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         曇りがちの天気だったが微妙な日差しの変化で翅を閉じたり開いたりする。



         200702em13300_tP7020416.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         下の方に別個体がいると思ったら同じ個体だった。



 200702em53150P7020720.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>
         そのうちメスアカミドリシジミも現れた。渓流を背景に葉の上でキラキラと輝いて見える。



200702em53150_tP7020788.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>
         Ku さんが手招きするので行ってみるとクリの花にキバネセセリがやってきていた。



 200702em13600P7020476.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-20>
         ゼフィルスも吸蜜している。多分メスアカミドリシジミだろう。



 200702em53150P7020816.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         以前同じポイントでお見かけした方がこの日もいらしていて目の前で開翅しているメスアカミドリシジミが
         いるのを教えて下さった。




 200702em13300P7020835.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         願ってもない位置で開いてくれている。




 200702em13300P7020838.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         少し横に回るとメスアカミドリシジミらしい黄緑色に輝いてくれる。



 200702em13300P7020883 (2)
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         雲間から太陽が顔を出すと翅を閉じてしまった。




 200702em13300P7020865.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         曇るとまた開翅。なんとも美しくちょっと怪しい輝きを放っている。



 200702em13300P7020895.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         キマダラルリツバメのポイントに着くともう採集者が3人ほどテリ張りしていた。
         しかししばらくすると Ku さんがヒメジョオンで吸蜜している個体を発見。



 200702em13300P7021273.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         背後の採集者の気配を気にしながら今年2度目の吸蜜を撮影した。



 200702em13300_tP7020919.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         今回もベニシジミとツーショット。



         200702em5340_tP7020846.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         なんとものどかなキマダラルリツバメの吸蜜風景。1時間ほど経つとまた翅を開いてから飛び立っていった
         が、私は採集者の牽制にと思ってポイントを離れなかったので残念なことにそのシーンは見ることができな
         かった。

          いよいよテリ張り時刻を迎え、さあ始まるぞと思っていつものテリ場で待っていたが何故か1頭も現れな
         い。やがて4時になり5時になって山に日が落ちても、とうとう1頭も姿を表さなかった。今年はテリ張り
         するほど数がいないのか或いは気候条件のせいかわからないが、結局 Ku さんが見つけた吸蜜個体が貴重な
         1頭となった。
          という訳で今回も前回と同様キマダラルリツバメの開翅を見ることはできなかった。







  1. / trackback:0
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

          2日は天気が良さそうだったので町田のSさんと蝶の撮影に出かけた。主な目的は先日うまく撮れなかっ
         たキマダラルリツバメの開翅だが、キマダラルリツバメのテリ張りは夕方なのでその前にオオムラサキやゼ
         フィルスのポイントに立ち寄った。まずはオオムラサキ。
          6時にSさん宅を出発。10年ほど前から毎年のように訪れている集落内のポイントに行ってみると・・・
         おかしい。絶対発生しているはずなのに影も形もない。まさかのフライング?
          合流することになった Kuさんに未発生かもとのメールを送信しようとしていた8時半、最初の1頭が颯
         爽と飛んできた。そう言えばここではオオムラサキは案外活動開始が遅く、これくらいの時刻にならないと
         飛び出さない。それをすっかり忘れていた。

 200702em13300P7020107.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         発生初期のオオムラサキのオスはとにかくミネラルを補給しようと躍起になっているようだ。どこでもかし
         こでも立派な口吻を伸ばしてペロペロと吸汁や舐め戻しをやっている。クズの葉の上のこの個体もそうだっ
         た。



 200702α72400_tDSC00576
         <Sony α7Ⅱ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS トリミング>
         珍しくヒメジョオンにもやってきた。口吻を伸ばして花に挿していたが吸蜜したのかどうかはわからない。


         さて、天然物に止まった写真はこれだけで、あとは例によってひたすら人工物止まり。ここでは本当に色々
         なシチュエーションでの撮影ができるので楽しい。



 200702em53150_tP7020270.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>
         流れに架かる小さなコンクリート橋に止まった。



 200702α72400DSC00594
         <Sony α7Ⅱ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
         民家のベランダ。奥に蜂の巣が見える。ところでベランダという言葉は日本語にないようだ。「濡れ縁」と
         か「肘掛け窓」という言葉はあるけれどどちらもぴったり当てはまる訳ではない。いわゆるベランダ付きの
         古民家というのはそう言えばあまり見かけない気がする。



 200702em5340_tP7020295.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         集落内の少し離れた所にも同じようなベランダ付きの民家があってベランダ部分の意匠はよく似ている。
         下から見上げると今一つなので、竿の先にカメラをつけて蝶と水平な位置で撮ってみた。



   200702em53150_1P7020224.jpg   200702em53150_1P7020218.jpg   

      200702em53150_1P7020167.jpg         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>


   

 200702em13300P7020146.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         梁の下に青カビのような色のところがあって、たまたまかもしれないがしきりにそこを舐めている。



 200702em13300P7020245.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         納屋の土間。換算 600mm ではさすがにはみ出しそうだ。そう言えばこの付近の地面にオオムラサキの翅が5〜6頭分
         散らばっていた。メス猫が飛び出していったので彼女が犯人だろうか?



 200702em53150P7020496.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         藁の上。



 200702em53150P7020714.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         (推定)茶箪笥の引き戸。



 200702em13300_tP7020120.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         太〜い柱。



 200702em53150P7020697.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         排水の点検口。



         200702em13300_tP7020256.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         オオムラサキ特有の深いコバルトブルーの幻光色。やはり年に1度は遊びたい日本の蝶の王様である。
         
         この後樹液のポイントに向かったが、そこに飛来するのはもう少し遅い時間帯になりそうなので先を急ぐこ
         とにした。








  1. / trackback:0
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2020 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -