主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

 11月末から12月にかけて2回のホームパーティーを企画したため、この1ヶ月もなにやらあたふたと過ごしました。殊に2回目は仕事関係の方々をお招きしてのパーティーだったので精神的にも疲れました。
 それもようやく終わって、さて今はいつだったっけ?と思って改めてカレンダーを見てみると12月17日 ! クリスマスも間近、今年も残す所あとわずかではありませんか。いやはや。

 ところで、もう10日余り過ぎてしまいましたが12月5日はモーツァルトの命日だそうです。1791年の12月5日ですね。死の床で弟子のジェスマイヤーにレクイエムの完成を指示したという逸話は余りにも有名です。このレクイエムの完成にまつわる詳細ないきさつについては様々な研究がなされてきましたが、1964年に「ヘルツォークの回想記」が発見された事により一応、例えば映画「アマデウス」のようなミステリアスな事実はなかったという事で落ち着いているようです。でも、かのモーツァルトが死の寸前まで完成にこだわっていた曲ですし、8番目のLacrimosa(涙の日)の8小節目で自筆譜を終えている事もあって、誰もがこの曲には特別な思いを抱く事を禁じ得ないのではないかと思います。実際、Lacrimosa を聴いていると、旋律と共にモーツァルトの魂が天に昇って行くのが見えるような気さえして涙を禁じ得ません。またジェスマイヤー補筆版を再評価する動きもあるらしく、ジェスマイヤー自身への評価も見直されつつあるようです。
 もちろん私もこの曲が大好きで、レクイエムの中では最も繰り返し聴いた作品です。私がこのような作品を批評するのはおこがましいのでもちろんそんな事はしませんが、この数年、通勤途中の電車の中で繰り返し聴いたYou Tube動画がありますのでご紹介しておきたいと思います。カール・ベーム指揮、ウィーン交響楽団、ウィーン国立オペラ座合唱団で、ウィーンピアリスト教会での録画です。1時間ほどかけて14曲続けて自動再生されるようになっています。何故か全曲が終わってからもう1度2曲目のキリエが再生されますが、これは2曲目があまりに素晴らしいので投稿者がそのように編集されたのでしょうか・・・。

 演奏について一言言わせて頂くと、あまりに素晴らしいです。お聴きになった事がなかったら絶対にお聴きになる事をお勧めします。ベームの揺るぎない指揮も素晴らしいですが グンドゥラ・ヤノビッツ(ソプラノ) の歌声もヤバ過ぎです。それと念のために申し上げておきますがけっして髪型を笑ってはいけませんよ ! これは1971年の録画なのですから。



スポンサーサイト

  1. 音楽
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

No title

  1. 2014/12/19(金) 22:17:33 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
音楽は、素晴らしいですね。
人間が作り出したもの。
いっぱいあるけれど、音楽は
必要なもので 永遠に残って欲しい。
クラシックは亡き母が大好きで
小学生の頃から、毎朝
朝食のBGMはクラシックでした。
中学の時はギター部、合唱部へ入り
指揮者も務めたっけ。
温和な私が、発表会を前に揃わない精神に腹立ち
一喝したこともあったっけ。
厳粛の世界です。

Re: No title

  1. 2014/12/20(土) 07:14:24 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Sippo☆ さん
そうでしたか。お母様、早く亡くなられたのですね。存じ上げませんでした。
朝食のBGMはクラシックですか・・・きっと素敵なお母様だったのでしょうね。
Sippo☆ さんが音楽好きになるのも無理ないです。
私の母も大の音楽好きで87歳の今でも大量にCDを買い込んだりしているみたいです(笑)。
余談ですが母は若い頃「宗教音楽研究会」というのに入っていて、進駐軍の米兵にヘンデルのメサイアとか聴かせに行った事があるそうです。
皆でトラックの荷台に乗って行ったとか。終戦後間もない頃の話ですが、どんな様子だったのか見てみたいものです。
兄が、これまた音楽気違いで、大学でドイツ語のついでに音楽の講義までしています。
そんな訳で私も門前の小僧みたいな感じで音楽に触れてきました。
Sippo☆ さんみたいに朝食のBGMとはいきませんが、子供の頃は軽騎兵序曲をステレオでかけて、兄とベッドの上で飛び跳ねるのが一番の娯楽でした。
そのうちブログに書き留めておこうと思っていた事をついつい書いてしまいました。ネタバレです(笑)。

No title

  1. 2014/12/24(水) 08:30:46 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
この曲は私も大好きです。以前に勤めていた会社の上司が出張でドイツへ行った時に
休みを利用してザルツブルグへ行き、教会でこの曲を聞いてきたらしいのですが、
すごく羨ましかったです。きっとザルツブルグ音楽祭に合わせて出張日程を決めたに
違いないと勘ぐりました。私も一生に一度でも協会で生で聞いてみたいです。

Re: No title

  1. 2014/12/24(水) 13:00:52 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>clossiana さん
ザルツブルクでモツレクとは・・・
ウ〜ム、その上司の方、100%合わせて行かれたのは間違いありませんね。
たまたま出掛けて行って都合よくモツレクのチケットが手に入るとは到底思えません。
本当に羨ましい話です。
clossiana さんもこの曲がお好きなんですね。
モツレクは未完成で途中から質が落ちるとよく言われますが、私は
「それでもよくここまで書いてくれた」
その思いの方が強いです。
私もこのレクイエム、一生に一度は教会で聴いてみたいです。
いつか一緒に聴きに行けたらいいですね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -