主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         またオールドカメラの記事です。5月7日の記事に写真を載せたライカ M3 と DRズミクロンの事をもう少し書
        いておこうと思います。
         ライカM3。今更ですが初代のM型ライカです。写真のボディーはその中でも初期型の1956年製。私の生まれ
        た年です。巻き上げがラジェット式に変更される前のスプリング式2回巻き上げタイプで、ダブルストロークと呼
        ばれているものです。
         レンズは Summicron DR 50mm f2 。DRというのは「デュアルレンジ」の略で、デュアル(2つの)レンジ
        (距離)です。通常撮影の他に近接撮影をこなすためのレンズで、こちらは1963年製です。
         レンジファインダーのカメラでは接写になるとレンズが捉えている像とファインダーで見ている像のズレ、パラ
        ラックスが大きくなりすぎて補正が難しくなってきます。ライカのレンジファインダーカメラ用レンズの最短撮影
        距離が通常 0.7〜1.0 メートル程度に押さえられているのはそのせいですが、さらに近接撮影をするために、最短
        撮影距離を縮めたレンズとファインダー前面に被せるように取り付けるパララックス補正用の補助レンズ(俗にメ
        ガネと呼ばれています)をセットにしたのがこのレンズです。それでも最短撮影距離は約50cmと、一眼用標準
        レンズでは単体でも当たり前の数字です。しかしながらこの涙ぐましいとも言える弱点克服の努力には共感を覚え
        ますし、機能美を感じさせるフォルムに捨てがたい魅力を感じてしまいます。


             上の写真はメガネを外したところ。この状態で〜1mまでの撮影ができます。


  150511PENP5110010.jpg   150511PENP5110011.jpg
         近接撮影にポジションを変更するにはヘリコイド環を手前に引き、指標の刻まれたセンターのストッパーを乗り
        越えて近距離側に変更します。右の写真でわかるように近距離側は0.9mから目盛りが始まっています。
         ただしこの状態(右の写真)ではヘリコイド環は回転しなくなります。メガネを装着する事によって初めて短距
        離側にヘリコイドが回るようになるのです。メガネなしで誤って近接撮影をしてしまわないための配慮でしょう。
        親切と言えば親切ですが、通常撮影近接撮影 の切り替えは正直かなり面倒です。


150511PENP5110013.jpg
         メガネをつけて近接撮影モードスタンバイ。

150511PENP5110017.jpg150511PENP5110018.jpg

150511PENP5110024.jpg150511PENP5110028.jpg
         色々な角度から撮影してみました。M3はなんともきれいなカメラですね。



            150502M3img730.jpg
            公園のシャクナゲを撮ってみました。フィルムは VELVIA 100を使用していますが、それでも色
            はおとなしめ。デジカメとはまた一味違う優しい写真が撮れます。

            150502M3img742.jpg
            元町通りのベンチにピントを合わせて開放付近で撮りました。

 
        以前にも少し触れましたがライカのレンズはマウントアダプターを介して M4/3 にも装着可能です。下の写真は
       PENのE-P5に DRズミクロン を装着したところです。案外違和感がありません。でも考えてみれば国産のレンジ
       ファインダーカメラやその流れを汲むデジカメのデザインはライカに負う所が大な訳で、むしろ違和感がないのが
       当たり前なのかもしれませんね。
        M4/3に装着した場合、画角的には35mm換算で100mm のレンズという事になります。そして開放f値は2.0
       ですから、これは使い方によっては楽しめると思います。
        
150511PENP5110051.jpg


         5月17日の記事でこの組み合わせで撮影したヒメギフチョウの交尾画像を載せましたが、今回は自宅の庭に出
        て柿やブナの若葉を、最短撮影距離付近で撮影してみました。


            150506PENSUMMP5061012.jpg
            カリカリした感じはありませんが若い柿の葉の柔らかさが伝わってくる優れた描写だと思います。

150506PENSUMMP5061044.jpg
        ブナの葉の縁毛が逆光に浮かび上がります。もう半絞りくらい絞っても良かったかもしれません。

150507PENSUMMP5071226.jpg
        思い切って露出を落としてみました。左の光点の集合がたまたま女性の横顔のように見えます。

         オールドレンズとデジタル一眼、ミラーレスの組み合わせはとても面白いと思いました。現在は本当に様々なマ
        ウントアダプターが市販されており、様々な表現の可能性があります。
         そんな事はとっくにやっていると怒られるかもしれませんが、もしカメラケースや防湿庫にただ眠っているだけ
        のオールドレンズがあったら、ただ眠らせておいてももったいないので是非デジカメでも活用してみてはいかがで
        しょう。オールドレンズ・ライフ Vol.1〜4(玄光社MOOK)他、様々な入門書、解説書もあるようです。


スポンサーサイト

  1. カメラ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -