主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         先週末は土曜も日曜も家内の仕事の手伝いと庭の手入れに追われて蝶の撮影に行く事ができませんでした。甲
        信越の蝶の撮影時期としては1年で一番大切かもしれない2日間を棒に振ってしまったのは残念でしたが、家内
        には北海道の撮影にもつき合ってもらったのでギブ&テイクという事で諦めましょう。
         という事でまたオールドレンズの記事になります。
         4月17日の記事(CLICK)で Elmar 5cm f3.5 のフィルムでの試写を掲載しましたが、今度はアダプター経由
        で PEN E-P5 に取り付けて撮影してみました。通勤途中での簡単なスナップです。
         デジタルカメラでホワイトバランスをオートに設定しておくとカメラが勝手に、それもかなり満足のいくレベ
        ルで補正をかけてくれるので本当に便利です。露出も補正しか気にしなくていいので後は絞りとピントに集中・・・
        の割にはいつもながら今一つだったかな・・・(汗;


      
150711elmP7110018.jpg OLYMPUS PEN E-P5 Elmar 5cm f3.5
         
          

          150604elmP6040011.jpg
           開放で撮影。細めの線と上品な色はかなり好みです。この写真を撮った頃はまだ良かったですがこれ
          から夏も本番。ネクタイをしている人には辛い季節になりますね。


150604elmP6040025.jpg
         近所のお菓子屋さん。輸入菓子が豊富です。会社帰りについついトリュフとか買ってしまうのでメタボに拍車
        が。お菓子のパッケージのカラフルな色が Elmar らしいトーンの中に収まってお気に入りの1枚になりました。


          150604elmP6040039.jpg
            こんな写真でも固くなり過ぎる事がなく、どこか懐かしいような雰囲気が残ります。


          150604elmP6040044.jpg



          150604elmP6040047.jpg


150604elmP6040050.jpg
         大阪発の串揚げ屋さんの提灯。OLYMPUS のレンズだったらもっとド派手の赤や黄色で目にしみそうな色を
        出してくる事でしょう。Elmar の描写ではとても自然に再現されています。


          150604elmP6040094.jpg
           様々な色温度の光が交錯するこういった場所の場合には逆にもっとビビットな発色があった方が花
          が引き立って良いかもしれません。

150604elmP6040083.jpg
         青山通り。階調重視のレンズだからか、激しいコントラストの被写体をこれだけアンダーで撮っても暗い部分
        がけっこう粘っています。


          150604elmP6040078.jpg



          150604elmP6040076.jpg


          150604elmP6040086.jpg


          150604elmP6040097.jpg


150604elmP6040118.jpg
         横浜の自宅に帰ってきてコットンハーバー方面を望みます。夕暮れ時のまったりした感じを写したかったので
        すが、見事に期待に応えてくれています。少し眠たげなこの感じがたまりません。




スポンサーサイト

  1. カメラ
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

  1. 2015/07/13(月) 17:05:51 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
私も黄昏時の光景は昔から好きですね。光の加減が何とも言えず物悲しいのです。でも思い出が多いのは最後の写真のようなビル街ではなくて子供の頃は近くの墓地でした。ゼフの黄昏飛翔に目を見張ったものです。特にキタアカシジミ。。当時は未だアカシジミと区別されていませんでしたし黄昏飛翔という言葉も知りませんでしたが、一体何処に隠れていたのか沢山の個体が湧き出るように現れて「さまよい飛翔」が始まるのでした。あの頃からすでに半世紀ほど経ちました。今では社内ではすでに黄昏族を通り過ぎて、粗大ゴミ族となりました。

Re: タイトルなし

  1. 2015/07/14(火) 21:51:38 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> clossiana さん
コメントありがとうございます。
夕暮れ時の景色は本当に美しいですが、何故か切ない気持ちにさせられますね。
1日の終わりに、様々な事の終焉を重ね合わせて思ってしまうせいでしょうか。
特に子供の頃はそんな気分になる事が多かったですが、年を取ってきたら逆にそんな悲しい気持ちになる事が少なくなりました。
感受性が鈍くなってきたのでしょうかね。そういう点で私も粗大ゴミ族です(笑)。
夕暮れの墓地の梢を流れるように飛ぶ数多のキタアカシジミ・・・う〜ん、奇麗な風物です。

  1. 2015/07/15(水) 07:50:15 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
風景写真の1枚目の花の奥の木立のボケやビルのサッシのボケを見た時には、ちょっと勘弁してほしいなと思いましたが、手前の人の背中のボケは柔らかい感じですね。
中景のボケがきれいなレンズなんでしょうか。
penに付けたところは格好いいですね。

Re: タイトルなし

  1. 2015/07/15(水) 14:12:38 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラ さん
おっしゃられるように1枚目の背景ボケは頂けませんね。
いわゆる「ボケがざわつく」という感じでしょうか。
私は合焦部の感じの良さに目を奪われてあまり気にしていませんでしたが確かに。
オールドレンズは収差の補正が充分ではないので、殊に開放では破綻する事が多いです。
このレンズは大口径ではありませんし、m4/3で使っているのでイメージサークルの中心部を選択的に使っている事になりますが
それでも開放撮影では周辺部や逆光部分であらが目立つのかもしれませんね。
また背景の木立の所は光点が派手に出ていて、それがボケを寸断するように写っているのでそれもざわついて見える原因かもしれません。
わざとこういったレンズの欠点を作画に生かすのもオールドレンズの楽しみ方の一つですが、それにはもっとレンズの癖を把握しないといけませんね。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -