主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記


         さて、前回の記事で ウォーレンサック・シネラプター f1.9 の事を書きましたが、このレンズで蝶を撮影する
        とどうなるのか、山手111番館のカフェ下に運良く現れてくれたアゲハを撮ってみました。

150718wolP7180264.jpg
           OMD EM5 WOLLENSAK CINE RAPTAR 1inch f1.9 WB Auto ISO200 Av f1.9 ~2.8 1/6400 +0.7
         開放付近の描写を見たかったのでISOを200に固定。+0.7補正で、シャッター速度が最速の1/8000を
        超えない程度に絞りを調整して撮影しました。
         結果は私としては満足のゆくものでした。周囲のボケが適度に流れてくれるので合焦部の蝶がとても引き立っ
        て生き生き見えます。加えて合焦部もカリカリし過ぎず自然な感じで、蝶そのものを克明に写すには不向きかも
        しれませんが、絵的にはバランスが良く、ちょっとけだるい白昼夢のような雰囲気が漂っています。


         このアゲハチョウはずいぶん長い間ここで吸蜜していました。最初一緒にいたキアゲハを追い払って独占状態
        になったので気を良くしたのでしょうか?以下にオリンパスのマクロで撮った画像も含めていっぱい貼っておき
        ます。


150718wolP7180187.jpg
            OMD EM5 WOLLENSAK CINE RAPTAR 1inch f1.9 WB Auto ISO200 Av f3.5~5.6 1/1000 +0.3
         少し引き気味に撮ると f4~5.6くらいでもけっこう背景がはっきりしてきます。

150718wolP7180203.jpg
            OMD EM5 WOLLENSAK CINE RAPTAR 1inch f1.9 WB Auto ISO200 Av f2.8 ~4.0 1/3200
         これで f3.5くらいだと思いますが確かではありません。絞りにクリックがないので確認が難しいです。

150718wolP7180229.jpg
            OMD EM5 WOLLENSAK CINE RAPTAR 1inch f1.9 WB Auto ISO200 Av f2.8~4.0 1/1600 +0.7
         2階の窓が写って、かつ上下段のプランターの間に蝶が入る瞬間を待っていましたがなんとか撮影できました。

150718wolP7180277.jpg
             OMD EM5 WOLLENSAK CINE RAPTAR 1inch f1.9 WB Auto ISO200 Av f1.9~2.8 1/5000 +0.7
            この1枚は周囲の流れ方も良く、被写体にも動きがあってお気に入りの1枚になりました。





         ここから下は PEN E-P5 に M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro で撮影したもの。縦構図の写真は横
        →縦にトリミングしたものです。ISO 800でも、f10でも、トリミングしても、さすがにシャープな描写です。

      150718ep5P7180037.jpg
          PEN E-P5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro WB Auto ISO 800 Av f10 1/2500 トリミング


150718ep5P7180029.jpg
            PEN E-P5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro WB Auto ISO 800 Av f10 1/1600

      150718ep5P7180016.jpg
          PEN E-P5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro WB Auto ISO 800 Av f10 1/1000 +0.3 トリミング


      150718ep52P7180006.jpg
          PEN E-P5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro WB Auto ISO 800 Av f10 1/1600 トリミング
スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

  1. 2015/07/28(火) 18:44:53 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
高性能マクロレンズで撮られた画は、さすがにクリアでシャープできれいですが、真夏の湿気たっぷりの淀んだ空気色を出すには、やはり1枚目の画が一番自然なのかもしれませんね。動きがある画が素敵です。
横浜って、いいところですね(*^_^*)!!

Re: タイトルなし

  1. 2015/07/29(水) 08:58:45 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midori さん
そうですね。やはり昨今のレンズは写りが隅々まで均質でシャープです。
そういった写り方はもちろん素晴らしいですが、
おっしゃる通り空気感のようなものを表現したい時には収差の多いレンズも悪くないなと思いました。
でも希少種を目の前にしたら、オールドレンズなど引っ張りだすゆとりはないと思いますが(笑)。

  1. 2015/07/29(水) 20:34:00 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
僕は広角は背景もクリアな2枚目が好みですが、1枚目のような絵もいいですね。
背景のプランターのボケ具合がちょうど良い感じでしょうか。
身近な蝶の場合はいろいろなレンズで撮り比べるのも面白そうですね。

Re: タイトルなし

  1. 2015/07/29(水) 21:23:50 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
コメントありがとうございます。
今年はいくらか時間に余裕ができたので色々と試してみています。
ちょっとした背景の違いで蝶の印象もずいぶん違って見えてくるものですね。
広角の場合はパンフォーカスが面白いと思いますが
標準くらいでは大口径レンズを使ってボケを深くとるのもいいと思っています。
ただし大口径レンズは高価なものが多いのが難点です。
オールドレンズには安価で面白いものも多いので今後も身近な蝶で試してみたいと思っています。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -