主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記


8月30日と9月12日、空き時間を見つけてまた氷川丸に行ってきました。何本かのレンズを試してみたので数回に分けてアップします。まずはアンジェニューから。
アンジェニューの特徴はアンバーがかった色調と軟調な表現。開放ではピントの芯がつかみづらく、絞ると急激にシャープさを増します。6月17日の記事(CLICK)にサンプルがありますのでご覧下さい。
このレンズを M4/3 で使用すると4隅がケラレますので、なるべくそれが目立たない構図を選びましたがやはり限度があります。お見苦しい点ご容赦下さい。
また撮影データの絞り値は記憶に頼っておりますので現実と異なっている事もあるかもしれません。飽くまで参考程度という事でお許し頂ければと思います。
この記事の写真撮影日は全て2015年8月30日です。



150830angP8300027.jpg
OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO3200 f1.2 1/500 -0.7EV



      150830angP8300081.jpg
      OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO1600 f1.2 1/125 -1.3EV



      150830angP8300125.jpg
      OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO200 f1.2 1/200 +1.0EV



      150830angP8300144.jpg
OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO1600 f1.2 1/100 -1.0EV(ガラス越し)



      150830angP8300158.jpg
      OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO800 f2 1/125 -1.3EV(ガラス越し)



      150830angP8300175.jpg
      OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO1600 f1.2 1/60 -1.0EV



      150830angP8300180.jpg
      OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO1600 f1.2 1/125 -1.0EV



150830angP8300194.jpg
OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO200 f0.95 1/250 -0.3 トリミング



150830angP8300211.jpg
OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95 WB Auto ISO400 f1.2 1/100 -1.7EV





スポンサーサイト

  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

Angenieux Paris

  1. 2015/09/16(水) 22:44:54 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんばんは。
踏み込みがたい不可思議な世界ですね。
この銘レンズの微妙な味わいは、分かりませんが、
ぼんやりしているようでシャープさもありますね。
しかも何とも言えないセピアカラーの色調に魅せられます。
押入れの中で、ひっそりと楽しむような至福の世界なんでしょうね。
私には、まだまだ未知な味わいです(笑)。

  1. 2015/09/17(木) 19:30:15 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
なかなか今のレンズでは表現できない雰囲気の写真ですね。
レンジファインダーのカメラで撮影しているような錯覚に陥ります。
一日撮影して、どれどれと撮影結果を見るのが楽しいでしょうね。

Re: Angenieux Paris

  1. 2015/09/17(木) 21:41:33 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> kazenohane さん
氷川丸そのものがそもそも洋風お化け屋敷みたいなものなので、
このようなレンズで撮るとなおの事、一風変わった写真になりますね。
「ぼんやりしているようでシャープ」正にこのレンズの本質です。
なかなか撮影の難しいレンズなので腕を磨かないといけませんが簡単にはいきません(笑)。
余談ですが先日このレンズのレンズキャップを立ち飲屋に忘れて来てしまい青ざめました。
幸いお店の方が気がついてとっておいてくれたので昨夜取りに行ってきました。

Re: タイトルなし

  1. 2015/09/17(木) 21:53:42 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラさん
そうですね。現行レンズとはやはりけっこう違いがあります。
このレンズは軟調でアンバーがかった色彩表現をするので、こういった場所を写すと昔の映画みたいです。
どこかロマンを感じさせる写り方だなと思います。
色々なレンズを使うと確かに面白いのですが、後で整理する時何がなんだかわからなくなってしまいがちです。
いくらデータが書き込まれるデジタル撮影だとは言え、ダンダラさんがたくさんのカメラを使いこなしていらっしゃるのを見て感心してしまいます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -