主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

この時期になると撮影できる蝶の数も限られて来る。
それでもたまには遠くへ出掛けたくなるし、家にばかり閉じこもっていたのでは体に良くない。
そこで恒例の秋の蝶探し。山梨県から静岡県へかけて車を走らせた。

151003ep5PA030010.jpg
まず向かったのはミヤマシジミの発生地。7時半頃に到着した。ミヤマシジミはすぐに見つかり、気温の低い朝の事とて止まるとよく翅を開いてくれる。広角で空を入れて撮ったが雲が全くなくてちょっと残念だった。


151003em5PA030047.jpg
雌雄が近くに止まったが特に何も起こらない。


151003em5PA030061.jpg
微妙に表のブルーが見えてとても奇麗だった。


151003em5PA030104.jpg
このメスは前翅の中室とその下に筆ですっと引いたように青鱗が流れていた。秋のこの時間帯の日差しはかなり赤い。撮影時設定は WB Auto だったが RAW で撮影していたので現像時に色温度を4500K くらいに調整してみたらちょうどいい具合になった。合わせて青鱗の色味もなんとなくわかるようになった。


151003em5PA030081.jpg
キチョウはどこでも必ずと言っていいくらい目にする蝶だが、ゆっくり止まってくれる事が少なくてなかなか落ち着いて撮るチャンスがない。この日は気温が低かったのであまり飛び回らず、ほぼ真横から撮影できた。複眼にだけ日が射していてとても奇麗だった。


151003em5PA030154.jpg
移動してクロツバメシジミのポイントを覗いてみたが、端境期のようで擦れた個体が多かった。ここではツメレンゲよりマンネングサが優勢のようで石垣の多くを占拠している。マンネングサの株の中から顔を出したツメレンゲの花が1〜2輪咲いていて、そこにに吸蜜に訪れた個体が撮影できた。


151003em5PA030160.jpg
さらに別のクロツバメシジミの発生地に移動してみると、こちらは比較的新鮮な個体が多かった。でもツメレンゲはまだ蕾だった。


151003em5PA030169.jpg
一度だけツユクサにも止まりに来てくれたが、真横に回り込む前に飛ばれてしまった。


151003em5PA030177.jpg
石の上に長い影を落とすクロツバメシジミ。


151003em5PA030207.jpg
また移動してツマグロキチョウのポイントに行ってみたが見つからなかった。ミヤマチャバネセセリが開翅して秋の陽を翅に集めていた。私にとっては今年の初ミヤチャだ。


151003em5PA030263.jpg
ツマグロキチョウを求めてさらに移動。ここでようやく1頭を発見。


151003em5PA030269.jpg
そのすぐ近くで別個体を発見。4〜5頭のキチョウに混じって飛んでいた。


151003em5PA030345.jpg
数百メートル離れた別ポイントでは2頭のツマグロキチョウを見る事ができた。夕刻の斜光が蝶を美しく際立たせてくれる。


151003em5PA030382.jpg
黄色の濃い個体をうまく逆光で撮影する事ができた。


151003em5PA030386.jpg
こちらはレモン色の個体。エノコログサに止まってくれたので秋らしいショットが撮れ嬉しかった。


151003em5PA030396.jpg


この日は特にサプライズもなかったが、一応目的の3種コンプできたので良かった。
ご同行、ご同道下さった皆さん、当日は大変お世話になりました。そう言えば1日中誰にも会わず、とても静かな1日でしたね。
また御一緒しましょう。







スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:16
  3. [ edit ]

秋のチョウ

  1. 2015/10/05(月) 15:47:07 |
  2. URL |
  3. grassmonblue
  4. [ edit ]
嘆息が出るような見事な絵ばかりですね。
ミヤマシジミの表裏のブルー。
キチョウの複眼。
ツマグロキチョウ5枚各様の光の妙による味わい。2枚目の黒條と葉影の交差は特に面白いですね。
ミヤマ1枚目快晴の青空にご不満とはちょっとぜいたく過ぎでは(笑)

  1. 2015/10/05(月) 18:02:08 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
さすがの写真が並んでいますね。
ミヤマシジミの雌雄が並んでいる写真は、どちらにもピントが来ていて素晴らしいです。
こういった時には、そんなことにも神経を行き渡らせてじっくり撮らないといけないんですね。
ツユクサのクロツバメシジミま、露草の色がきちんと出ていて良い感じですね。

  1. 2015/10/05(月) 19:42:14 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
naoggioさんの画、どれも素晴らしいのは言うまでもありません。
今回も、何度もスクロールしてしまいました。
秋蝶の美しさ満喫ですね。
わたし的には、今年出会えなかった“クロツバメシジミ”が超お気に入りです。
あえて大きくせず、蝶の小ささをうまく表現されているようで、素晴らしい。
ツユクサコラボは最高ですね。美しい!!

  1. 2015/10/05(月) 21:11:28 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
秋らしい蝶模様ですね。
いろんな子たちに会えて、
みんなこの日の陽気に包まれて
ゆったりと過ごしているような表情。。
私は交通費も底をつき、遠征はできそうもありません。
楽しませて頂きました♪
拍手☆

  1. 2015/10/05(月) 22:12:44 |
  2. URL |
  3. cactuss
  4. [ edit ]
美しい写真ばかりですね。
空を入れた広角写真、ツメレンゲの中に止まるクロツ、逆光のツマグロキチョウ、本当に秋らしい写真ですね。

Re: 秋のチョウ

  1. 2015/10/06(火) 05:57:38 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>grassmonblue さん
ありがとうございます。
この日は5ヶ所のポイントを回ってそれぞれの様子を見てきましたが、
御存知のように目的の3種はどの種類も特殊な環境下、ピンポイントに棲息する蝶なので
ちょっとした土木工事や草の刈り方などの影響を受けているケースが多く、
実際健在な場所もありましたが今後が心配な場所、まだいるのかなあというレベルに達している所もありました。
彼らのささやかな生活の場が残されて行くといいですね。
「快晴の青空に不満」は確かに贅沢でした(笑)。

Re: タイトルなし

  1. 2015/10/06(火) 06:21:02 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラさん
恐れ入ります。お褒め頂くと照れてしまいますが嬉しいです。
ミヤマシジミのペアは何カットか撮りましたが辛うじてでも雌雄にピントが来ていたのはこの1枚だけでした。
ツユクサとクロツのセットは例のシルビアシジミ観察会の時以来ですから、そうですね、何年目になるんでしょう?
不思議と絵になるこの組み合わせは大好きです。
オリンパスのカメラは発色がいいのでこういった時は奇麗な色を出してきますが、ちょっとビビットになり過ぎるきらいもありますね。

Re: タイトルなし

  1. 2015/10/06(火) 06:31:00 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> midori さん
いつもありがとうございます。
何度もスクロールなんて言われるととても励みになりますね。
秋の撮影行はやはりどこか寂しいものですが、この日は同行者も多かったので楽しかったです。
そう言えばクロツはそちらでは見られない蝶でしたね。
石垣に止まったクロツバメシジミに秋の淡い光が当たっているのを見ると
なんてきれいなんだろう、と思いますが、同時にものの哀れのようなものも感じてしまいます。
来年は一緒にクロツ見に行きましょう。

Re: タイトルなし

  1. 2015/10/06(火) 07:05:39 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Sippo☆ さん
どうにか秋の雰囲気を写し込めたかなと思っていたので「秋らしい蝶模様」のお言葉嬉しいです。
おっしゃるように、この日の蝶達、どこかゆったり過ごしているように感じました。
何故でしょうね?気温が低いので活発でないのは確かですが。
秋になるとこちらが何となく達観した気分になって対象を見るので、ついつい自分の気持ちを投影してしまうのかもしれません。
交通費は確かに大問題。私はなるべく "お誘い合わせの上 "作戦です(笑)。来年は御一緒しましょう。

Re: タイトルなし

  1. 2015/10/06(火) 07:13:47 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>cactuss さん
ありがとうございます。
今回はなるべく秋らしい感じに撮影したかったので嬉しいです。
ツメレンゲの開花を期待していたのですが1週間早かったようです。
ツマグロキチョウは山梨、静岡ではそう多くはないので飛翔を撮る余裕がなくて静止画像だけになってしまいました。
秋になると日差しが低くなってくるので夏とはずいぶん違った雰囲気に撮れるものですね。
ツメレンゲの開花時期にもう一度くらい行きたいものですがどうなりますか。

秋の蝶

  1. 2015/10/06(火) 16:51:06 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんにちは。
ミヤマシジミ、クロツバメシジミ、ツマグロキチョウ、
どれも見応えがありました。
ミヤマシジミの青空を入れた広角表現、素敵ですね。
ツユクサの花とクロツバメシジミは、
色どりがとてもマッチしています。
マンネングサの花を吸蜜するクロツバメシジミのシーンは、
背景の構図が素晴らしいですね!この作品が一押しかな。

贔屓目でミヤマシジミ

  1. 2015/10/06(火) 17:30:24 |
  2. URL |
  3. 浅間の煙
  4. [ edit ]
どれも綺麗な写真ですが、ミヤマシジミに自身の贔屓目があるので最初の1枚が良いですよーーー!
最近、メスの奥深さにのめっているので、オスは敬遠しがちですが、これを見るとオスも良いなと思ってしまいます。

Re: 秋の蝶

  1. 2015/10/07(水) 06:20:10 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>kazenohane さん
ありがとうございます。
ミヤマシジミはいつもだとこういう撮り方はしないのですが、kazenohane さんの写真を拝見して真似してしまいました。
おかげ様でなんとか見られる写真になりましたので感謝しております。
ツユクサとクロツのコラボは久しぶりに撮影しましたが妙にマッチする気がしますね。
マンネングサを見ると(ツルマンネングサではないのですが)ムシャクロツ思い出してしまいます。
まさかとは思いつつ、ついつい「普通のクロツだよな」と確認してしまいますね(笑)。

Re: 贔屓目でミヤマシジミ

  1. 2015/10/07(水) 07:04:26 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> 浅間の煙 さん
ありがとうございます。
私は広角はあまり撮らない方ですが、kazenohaneさんがきれいな青空を背景に撮られていたのでいいなと思って真似しました。
ミヤマシジミのメスは確かに奥深いですね。
浅間の煙 さんがUPしてらしたような後翅にも青鱗が発達したメスがいないかなあと思って探しましたが見つかりませんでした。
この春に嵐山でお目にかかったのがつい最近の事のように思えますが、あっという間に蝶の成虫シーズンも終わり間近。
早いものですね。

  1. 2015/10/07(水) 20:06:44 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
静岡というのでクロコムラサキかと思いましたが、そこまでは行かなかったのですね。
僕も一枚目の広角が好みです。
青が乗ったミヤマシジミ雌もいいですね。
この時期はあまり人が集中する場所もないのでゆっくり撮影できるのがいいですね。

Re: タイトルなし

  1. 2015/10/08(木) 07:43:45 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
なるほど、クロコムラサキですか、全く失念していました。
まだいるかもしれませんね。
私は普通に見られる種類以外はあまり広角撮影はしない方ですが、オリンパスの広角ズームはきれいに撮れそうなので
今後はもう少し積極的に広角も撮ってみたいですね。
確かにこの時期は静かに撮影できていいです。ちょっと寂しくなるくらいです(笑)。
気持ちにゆとりもあるので案外いい写真が撮れる事もありますね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -