主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

      前回の続き。車の整備待ちの間に日産スタジアムまで来たので写真を撮ってみた。
      日産スタジアムは子供が小さい頃は付属のプールによく来たものだが、Jリーグに興味がなかったのでサッカー観戦
      で訪れた事はない。


      151103em5PB030306.jpg
      大きな石張りの柱が林立していて象徴的な風景を醸し出す。



      151103em5PB030282.jpg
      さらに見上げた角度で撮ると、なんだか崩れた神殿の跡にでもいるような気になってくる。



      151103em5PB030308.jpg
      こうして近くでまじまじと見てみると、サッカー場というのは大きな施設だなあと改めて思う。      


151103em5PB030310.jpg
      壁の隙間から見上げる客席上部。あの裏側に人がずらりと並んで観戦するのかと思うと少し恐ろしい気さえする。     



      151103em5PB030274.jpg
      おや、私はこんなにも脚が長かったか。



      以上は前回と同じOLYMPUS OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO で撮影。
      以下はPENTAX 6×7 SMC FISH EYE TAKMAR 35mm f4.5 Velvia 100 で撮影。




      15110367img029.jpg
      影の中に入って撮影してみる。この季節の影は長い。日が傾いて来ると、柱の影はとうとうスタジアムの壁に届いてしまった。

 

15110367img025.jpg
      PENTAX 6×7 のアイレベルファインダーは視野率がかなり悪く、周辺部にきわどく何かを入れようとすと構図決定
      が難しい。勘になってしまう。なので以前はよくウェストレベルファインダーを使っていた。この写真でも左上の円
      弧の一部は入れたつもりがなかった。結果としてはあった方が良かったかもしれないが。
      


15110367img022.jpg
      フィルムが Velvia だったので空の色等かなりべったりした色になってしまった。




スポンサーサイト

  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

i日産スタジアム

  1. 2015/11/18(水) 19:48:38 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんばんは。
大胆な逆光写真ですね!
フレアもこんな風に入ると効果的ですね。
私は、まだこれが怖くて、ここまで踏み込めません(^^♪
現代アートのような柱ですが、
どこか神殿のような雰囲気を感じ、神々しいですね。
少し紫味を帯びたペンタックス6×7+魚眼の色調も、
どこかノスタルジックな感じがします。

Re: i日産スタジアム

  1. 2015/11/18(水) 21:08:49 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> kazenohane さん
近頃オールドレンズを多用しているせいかフレアーやゴーストに寛容になりがちで困りものです(笑)。
フレアが出るのもレンズの性質のうちなので、逆にどんなふうにフレアが出るのか楽しみだったりもします。
レンズや絞り値によって出方や形が変化するのも面白いです。
写真の美しさということを考えると、ここまで盛大にフレアが入るとかなりノイジーだとは思いますが
私は元来大雑把な人間なのかあまり気になりません。
でもあまりいい加減になるのも考えものなので少し気を引き締めて行きたいと思います。
ペンタ6×7の発色ですがおっしゃるようにやはり古さを感じますね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -