主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

        先週末、ダンダラさん(CLICK)banyanさん(CLIK) と、久しぶりに氷川丸に行って来た。
        今年は氷川丸に何度も足を運んで撮影したのでさすがに私好みの目新しいアングルは見つけにくくなってきた
        が、なるべく重複していない画像を選んで掲載しておく。




        氷川丸乗船前、もしや蝶がいないかと思って山下公園を散歩してみたが全く見られなかった。パンジー等の冬
        の花は元気だが、季節咲きの薔薇の花も散り始めだいぶ寂しくなってしまった。この写真、開放で蕊にピンを
        置いたつもりだったが少し外してしまったようだ。
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



151212sumPC120012.jpg
        氷川丸の鎖で羽を休める鳥も鵜やウミネコだったのが100% ユリカモメに変わっていた。面白いものだ。
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



      151212sumPC120022.jpg
        氷川丸艦内では『大リース展』というのが開催されていて、至る所に創作クリスマス・リースが飾られていた。
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



      151212ep5PC120180.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



      151212ep5PC120169.jpg
        一等食堂の天井照明。今まで掲載した事がなかったような気がする。アール・デコ様式の美しいデザインだ。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



151212ep5PC120182.jpg
        操舵室中央から船首を望む。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
        


151212sumPC120033.jpg
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0
        


151212ep5PC120186.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



151212ep5PC120188.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



      151212sumPC120038.jpg
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



151212sumPC120040.jpg
        このような描写はDR Summicronの最も得意とする所かもしれない。この日のお気に入りの1枚になった。
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



151212sumPC120043.jpg
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



      151212sumPC120048.jpg
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



151212sumPC120053.jpg
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



151212ep5PC120199.jpg
        OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II /Leitz DR Summicron 50mm f2.0



      151212ep5PC120202.jpg
        なんだか心臓の模型みたいだ。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



151212ep5PC120204.jpg
        見学を終え外へ出てみると、船尾の舷側に反射光が当たって鈍く輝いていた。
        氷川丸は波の荒い北太平洋航路向けに設計されたため、通常より厚い 18.3mm以上の厚さの鋼板を外板に用
        い、さらに鋼板のダブリング(重ね合わせ)も多めにとった上で頑丈なリベット工法で建造された。
        病院船さえもが悉く沈没してしまった太平洋戦争において、氷川丸が三度の触雷にも関わらず奇跡的に生き残
        れた理由の一つがこの外板構造であるのは間違いないだろう。
        ついでながら、先日拙ブログで紹介させて頂いた 郵船OB氷川丸研究会編の『氷川丸とその時代』の中で触れ
        られていた事だが、戦線が泥沼化するに連れ軍が病院船に対して密かに依頼してくる武器弾薬などの輸送を、
        氷川丸歴代の艦長、病院長が、病院船としての矜持をもってはねつけ続けた事が、氷川丸が生き残れた要因だ
        という指摘は胸に迫るものがあった。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



151212ep5PC120208.jpg
        ダンダラさんが雲の感じがいいと教えて下さったので山下公園側から空を入れて撮影してみた。ちょうど煙突
        の所をカモメが飛んでくれた。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO  



151212ep5PC120215.jpg
        氷川丸見学を終えてお茶を飲みに入った『シナモンズ・レストラン』。バーニーズ・ニューヨーク横浜の裏手
        にある。
        知らなかったが今けっこう流行っているカフェらしい。少なくとも今は、この場所はまだ平和なように見える。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


        ダンダラさん、banyanさん遠路はるばるお疲れ様でした。お付き合い頂き感謝しております。




スポンサーサイト

  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:10
  4. [ edit ]

  1. 2015/12/15(火) 20:37:46 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
4枚目のインターコンチネンタルホテルと13枚目の縦位置のマリンタワー、特に
気に入りました。横浜大好き(*^_^*)!!                 食堂の天井証明...やはり、目の付けどころが違いますね。
なるほど、お洒落なデザインですね。
カモメ飛翔、ナイスタイミング!!

  1. 2015/12/15(火) 22:36:23 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
あのね・・
3枚めのリースのてっぺん

私、蛾さんの正面顔に見えちゃって(=^・^=)

見えません!?

拍手☆

氷川丸

  1. 2015/12/16(水) 00:45:20 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんばんは。
少し錆びた船の計器類は、オブジェとしての魅力がありますね。
歴史の積み重ねのようなものまで感じられ興味深いです。
3番目と5番目の写真の構図が大胆でいいですね。
氷川丸だけで、これだけの写真を引き出す力技は、さすがですね。
いつか、この目で見たくなりました(^^♪

Re: タイトルなし

  1. 2015/12/16(水) 07:00:17 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midori さん
ありがとうございます。
船の窓から見える風景というのは何処か特別ですね。とてもロマンチックに感じてしまいます。
13枚目 ?! ! マリンタワーまでにそんなに枚数ありましたか。久しぶりだったので載せすぎちゃいました(笑)。
天井照明のデザインですが、こういうのって何でもなさそうに見えてやってみると難しいんですよね。センス要ります。
カモメはラッキーでした。もう少し大きく入ってくれたらもっと良かったですが(欲張り?)。

Re: タイトルなし

  1. 2015/12/16(水) 08:48:13 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> Sippo☆ さん
ふむふむ、なるほど、見えますね。複眼が飛び出てて。
そう言われたらテングチョウの頭部を上か下から見た時みたいでもあり・・・
これ、何なんでしょう?ギボシみたいなもの。
昆虫好きは物の形の中に知らず知らず虫の面影を探してしまうようですね。

Re: 氷川丸

  1. 2015/12/16(水) 16:34:26 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>kazenohaneさん
はい。船の機器類は見慣れないものが多く、またそこに歴史の重みが加わりますので病み付きです。
殊に氷川丸が作られた時代にはまだほとんどが外国製だったので、機械のデザインにも異国情緒が感じられて楽しいです。
今年はずいぶん何度もここに足を運んだのでもう写すものもないかなと思うのですが、行く度に何かしら発見があるので驚きます。
横浜に来られる事があったらお声掛け下さい。御案内させて頂きます。

  1. 2015/12/16(水) 18:35:35 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
当日はお世話になりました。
氷川丸に乗船するのは初めてなので、とても興味深く、楽しい時間が過ごせました。
歴史のある船で、長く保存するだけの価値のある船だなというのを実感することが出来ました。
またお二人の写真を拝見すると、それぞれの個性が出ていて面白いですね。

  1. 2015/12/16(水) 18:53:51 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
企画ありがとうございました。
やはり、こういう写真の表現は素晴らしいですね。
古い計器などはアップで撮影した方が雰囲気でますね。
操舵室中央からの写真の下はガラスに映り込んでいるのでしょうか。
同じ場所にいても全く気づきませんでした。

Re: タイトルなし

  1. 2015/12/18(金) 15:23:38 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラ さん
こちらこそ大変お世話になりました。
氷川丸に関する書物等読んでいると、大戦前の客船栄光の時代とその後の狂気の時代の落差に胸が詰まります。
また氷川丸だけでなく、その他多くの民間船とと共に時代を築いてきた海の男達の熱い想いも伝わってきます。
短い時間でしたがそんな歴史の一端を感じて頂けたようで嬉しい限りです。
写真て、面白いです。本当に個性が出てしまうものですね。

Re: タイトルなし

  1. 2015/12/18(金) 15:36:53 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
こちらこそ、蝶の影も形もない所へ遠路はるばるお越し頂きありがとうございました。
蝶撮影の方とは蝶撮影でしかお目にかかる機械がないので、たまにはいいかなと思ってお声がけさせて頂きました。
私自身、初めての方と船内を巡ってみて、また新鮮な思いで見つめ直す事が出来感謝しております。
古い計器類を見ていると色々な事を考えてしまいます。
この同じ計器を用いて多くの乗組員が大洋を航海したのだと思うとどうしても想像逞しくなってしまいます。
それでついつい近寄ってアップで撮りたくなってしまうんですね(笑)。
もちろん単純に機械の機能美という事もあるのですが。
操舵室中央の写真は窓際に羅針盤のようなものが設置されていて、それにマストが写っています。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30