主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

        マイクロフォーサーズマウントの非純正レンズで気になる存在というと、私の場合コシナ製フォクトレンダー
        ブランドのノクトンシリーズとコーワの8.5mm、12mm、25mmのプロミナー三兄弟が思い浮かぶ。
        どれをとっても魅力的なレンズばかりで、それがために逆に今まで手が出せなかったが、たまたま今日カメラ
        量販店に行く用事があったらコーワのプロミナー8.5mmを衝動買いしてしまった。
        その後空き時間があったので、早速オリンパスのM4/3に装着して市内のよく写真を撮りに行くエリア
        に行って1時間ほど試写してみた。
        昨年9月に老舗光学メーカーでもあるコーワ(コルゲンコーワのコーワと同じ会社)から発表されたこのレン
        ズ。最大の特徴は超広角レンズでありながらディストーションを相当なレベルで押さえ込んだところ。
        かつ高解像度、高コントラスト、で発色もよく、デジカメGP2015で金賞を受賞したレンズである。
        発売から1年余を経てレビューも出尽くした感があるが悪い噂はあまり聞かない。実際どうなのだろう?

        

   151223tg3PC230018.jpg   151223tg32P151223tg3C230034.jpg
        本体の大きさはオリンパス純正の12~40mmズームと同じくらいだが、金属鏡胴のマニュアルレンズなので
        けっこう重たい。とは言え12~40mmより若干重いくらいだからたいした事はない。むしろヘリコイドの重
        さの方が気になるが、超広角レンズは置きピンでスナップ撮影する事も多いので、それを考えるとこれくらい
        の方がいいのかもしれない。カラーはブラック、シルバー、グリーンの3色がラインアップされている。
        右はフードを装着した所。このレンズはレンズ本体にフィルターをつける事ができず、フードにフィルターを
        取り付ける。フィルター径は86mmと大きく、またこれはレンズ本体の鏡胴径とも異なるので、フードとフ
        ィルターを装着した状態でレンズキャップをしたい場合には別に86mm用のレンズキャップを購入しなくて
        はならない。


             以下撮影は全て OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II / KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT



        
        開港資料館の隣のカフェ。地面と水平にカメラを構える限り、確かにディストーションはほとんど感じられない。



        151223em5PC230004.jpg
        開港資料館のオフィスのドア。質感の表現は悪くない気がする。



151223em5PC230007.jpg



151223em5PC230013.jpg
        最短撮影距離は20cmなので手前の何かにピントを合わせて開放で撮れば背景はこれくらいはボケてくれる。



        151223em5PC230043.jpg
        あまり時間がないので何処へ行こうか迷ったが、足は久しぶりに大桟橋に向かっていた。このブログで大桟橋が
        出てくるのは2011年3月1日(CLICK)今年の9月4日(CLICK)など何度かあったと思うが、今日よくよ
        く見てみるとさすがにデッキの木が少し傷んできていて気になった。木は暖かみがあってよいが、風雨にさら
        されるとどうしても劣化が早くメンテナンスが大変だ。新国立競技場は大丈夫なのだろうか?



151223em5PC230045.jpg
        近頃は個人でモデルさんを雇ってポートレイト撮影を楽しむ人が多くなった。この写真のペアも含めて何組も
        のペアが大桟橋を訪れていた。


        151223em5PC230050.jpg



        151223em5PC230051.jpg



        151223em5PC230062.jpg


        M4/3で8.5mmという焦点距離は35mm換算で17mm。キャノンの5Dと17~ 40mmの組み合わせで慣れ親し
        んだ画角だったはずなのだが実際このレンズを使ってみると何か勝手が違う。一つには極端に補正されたディ
        ストーションというレーベルに、明に暗に振り回されているのかもしれないが、やはりフルサイズの17mm
        とM4/3の8.5mmというのは別物なのではないかなという気がした。
        これからという所で雨もぱらつきだし、今回はとりあえずの試写になってしまったが、ちょっと慣れが要りそ
        うなレンズだなというのがとりあえずの印象。晴れた日に解像度や発色を試すのが楽しみである。



スポンサーサイト

  1. カメラ
  2. / trackback:0
  3. / comment:12
  4. [ edit ]

KOWA8.5mm

  1. 2015/12/24(木) 20:58:55 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんばんは。
コーワ8.5mmを衝動買いされたとのこと、
こんな強攻策でないと、迷うばかりで決めかねますね!
コーワシックスのカメラを出していた会社ですか?
まだ、光学部門は健在だったようですね。
歪みのほとんどないレンズとありましたが、
そのあたりは、さすがだなと思いました。
どんな写真になるのか楽しみにしていたレンズです。
ノクトンレンズも独特の色調が魅力的ですね。
私事ですが、物欲は際限なく、レンズ地獄は底知れないですね(^^♪

はじめまして。

  1. 2015/12/25(金) 07:23:28 |
  2. URL |
  3. マル
  4. [ edit ]
マルと申します。
いつもブログを楽しく拝見させていただいております。
コーワのレンズが発売になったのは知っていましたが、あのコルゲンコーワと同じメーカーとは知りませんでした。
あまりに部門が違いすぎるので(笑
カメラにつけた感じの写真はとってもかっこいいですね。
金属鏡筒でマニュアルフォーカスとメーカー純正品にない魅力です。
ひと昔前と違い最近のサードパーティ製レンズは純正品よりある意味素敵です。

Re: KOWA8.5mm

  1. 2015/12/25(金) 10:42:12 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>kazenohane さん
はい。おっしゃる通りですね。
結婚と買い物はもののはずみ。ちょっとした拍子でいかないと永遠にできません(笑)。
さすがによく御存知ですね。興和は、コーワシックスを出していた会社です。
あの縦長のずんぐりしたボディー、いいですよね。機会があればなんとか入手したいオールドカメラの一つです。
この8.5mmですが、歪みなく広角を切り取るので逆にちょっとした違和感を感じます。
「線が通る」という独特の感じ。それをどう使いこなすかはカメラマンの腕次第といったところでしょうか。
近頃滅多に使わなくなった超広角レンズですが、これを機にまた色々撮ってみたくなりました。
私はレンズ沼の縁に腰を下ろしてつま先を入れた程度に過ぎませんが、
いつの日か、深淵に眠る最後の秘宝的なレンズにも巡り合いたいものです。

Re: はじめまして。

  1. 2015/12/25(金) 11:12:52 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>マルさん
御訪問、コメントありがとうございます。
KOWAはコルゲンコーワやキャベジの製薬会社と同じ会社らしいです。
様々な事業展開をしていて、調べてみると売り上げ180億を誇る大企業ですね。
オールドファンには馴染みの光学メーカーで、かつてはカメラも作っていましたから、
ここへきて消費者向けのカメラ用レンズが復活してくれた事は色々な意味で嬉しいです。
以前はサードパーティー製レンズというと純正の廉価版的イメージが強かったですが、この10年余りですっかりイメチェン。
おっしゃる通り、種々の事情に制約を受けて開発された純正品より魅力的なものも多いですよね。
ユーザーにとっては選択肢が増えて楽しいですが、その分迷いも半端ないので困りものです(笑)。
ともあれ、シグマ、コシナ、コーワ等の企業努力には頭が下がります。👏です。

  1. 2015/12/25(金) 17:43:34 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
個性的な色合いのレンズですね。
3色ある中から選ばれたんですね。
カメラを楽しんでいらっしゃるのがよくわかります。
広角レンズって、ちょっとのことで出来上がる写真がガラッと違いますから、楽しみが広がりますね。

  1. 2015/12/25(金) 18:50:40 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
高価ですが、超広角レンズ、大変興味あります。
解像度、ボケも、かなり良さそうですね(*^_^*)。
ちょっと歩き辛い“大桟橋”、最近行ってないなー!!
超広角を試すには、もってこいな場所だったのでは!?
2枚目...猫の手も借りたいほど忙しいようですね。

素晴らしいレンズですね!

  1. 2015/12/25(金) 19:37:11 |
  2. URL |
  3. ヒメオオ
  4. [ edit ]
超広角レンズでは、端部の歪が気になる
ことが多いのですが、このレンズはその
違和感をほとんど感じない素晴らしい優
れものですね!

Re: タイトルなし

  1. 2015/12/26(土) 06:06:27 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラさん
このグリーンはコーワのイメージカラーで、スポッティングスコープなど、他の光学製品にも使われています。
もう少し黄色っぽいグリーンなのかと思ってカメラ店で見せてもらったら、案外質感が良かったのでこの色にしました。
黒か迷いましたが、この方が「コーワのレンズを使ってる感」があって楽しいかと思いまして。
おっしゃるように広角レンズはカメラの構え方一つでずいぶん印象の異なる写真になりますね。
広角ズームの時には逃げ道がありますが、単焦点ですとその事をより強く感じます。
慣れるには暫くかかりそうです。

Re: タイトルなし

  1. 2015/12/26(土) 09:04:32 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midori さん
今はどのカメラにもだいたい超広角レンズの用意がありますし、
広角系ズームにも良いものがたくさんありますよね。
でも昔はディストーションを押さえた超広角というのが少なくて、
旧東ドイツのカールツァイス・イエナ製のフレクトゴン20mmなどは数少ない超広角レンズでした。
フレクトゴンもいつかは手に入れたいですが、今はM4/3をメインで使っているのでこのレンズを買ってみました。
まだあまり使っていませんがなかなか良いレンズだと思います。
猫の手に気付いて下さってありがとうございます。猫の手、借りたいのですがちっとも貸してくれません(笑)。

Re: 素晴らしいレンズですね!

  1. 2015/12/26(土) 09:18:43 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ヒメオオ さん
はい。おっしゃる通りですね。
この画角がこれだけスキッと撮れてしまうレンズは少ないと思います。確かに凄いレンズです。
まだあまり使っていないので細かい所はわかりかねますが、
気になったのは周辺のコントラストの強い部分にパープルフリンジが出ていた事くらいです。
メーカーのサンプル画像には海野さんの昆虫写真もありましたが、ある程度接写も効くので
来シーズンは蝶の撮影にも使ってみようかなと思っています。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/12/26(土) 22:20:49 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

  1. 2015/12/27(日) 07:02:06 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> 鍵コメさん
コメントありがとうございます。
何にでもちょっかいを出してくる猫ですがとても面白いです。
手をお褒め頂いた事は本人に伝えておきますね。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -