主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

        2日、midoriさん(CLICK)と横須賀に行ってきた。
        目的は記念艦「三笠」の見学と撮影。年末に企画した氷川丸の撮影会にmidoriさんがおこしになれなかったの
        で最初は氷川丸と思ったが、三賀日の間ははお休みだったので思い切って横須賀まで足を伸ばしてみた。
        そう遠くない所に住みながら私は今まで一度も三笠を訪れた事がない。1925年以降記念艦として保存され
        ていたものの、その後現在の姿に至るまでの紆余曲折を思うと日本人としてはいささか赤面せざるを得ない事
        情もある。
        ご存じない方もいらっしゃろうかと思うのでかいつまんで書いておくと、まず太平洋戦争後にはソ連側の要求
        で解体の危機。ロシアを破った海軍の旗艦を保存するなどもっての外という訳だ。それはアメリカ軍部の反対
        で回避されたが、その後横須賀市から民間に管理が委ねられるやマスト等が撤去され、艦内には米兵相手の風
        俗営業店やらカフェができ、艦上にはダンスホール「キャバレー・トーゴー」や水族館が作られる始末。さら
        に朝鮮戦争時には取り外せそうな金属や木材は悉く売り払われてしまった。その後遊興施設としても客足が遠
        のき、三笠は錆びた鉄屑と成り果てていた。
        そんな惨状を救うきっかけとなったのがイギリス人 ジョン・S・ルービン氏であり、アメリカ軍人のチェスタ
        ー・ニミッツ提督だった。ルービン氏はイギリス人貿易商で、三笠が建造されたイギリス西海岸バーロー港で
        商売をされていた人物。戦後来日時に三笠を訪れ、そのありさまに憤慨してジャパン・タイムズに思いの丈を
        寄稿するが、これが海外にも大きな反響をもたらした。
        ニミッツ提督に関しては何も言う必要がないと思うが、彼は東郷平八郎と面識があり、東郷を敬愛していたよ
        うである。三笠に関する著作を著しその印税を三笠の保存のために寄付する等して、復元への気運を高めるの
        に貢献した。
        細かい経緯はネット上にも様々な記述があるので参照されたい。
        ウィキペディアにも三笠(戦艦)というタイトルで記述がある。それ以外にも探せばいくらでもあると思うが
        記念艦三笠とニミッツ提督(CLICK)  「三笠」復元50周年(CLICK) などに上手くまとめられていた。


     kouhai.jpg
        上はネットでよく目にする遊興施設となった時代の三笠の写真であるが、これを見るとルービン氏がジャパン
        ・タイムズの記事で日本人を「忘恩で無自覚」と罵った気持ちがよくわかる。ただ、日本の太平洋戦争後の状
        況を思えば無理からぬ面もあろう。


      
        「三笠」がセメントで固めてある三笠公園に着いてみるといきなり三笠を背景に立つ東郷平八郎の大きなブロ
        ンズ像に見下ろされ、ちょっと居心地が悪くなった。像があまりに毒々しい緑青色に塗り込めてあったので白
        黒に変換。
        OLYMPUS OMD E-M5 MKⅡ /M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO /テレコン


160102ep5P1020256.jpg
        記念艦「三笠」を船尾方向から望む。1枚目の写真と比べてみるとよくここまで復元したものだと感心してし
        まう。
        OLYMPUS PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


      160102ep5P1020248.jpg
        舷側からたくさん砲身が突き出た様子は帆船時代の戦艦を想起させる。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



150102em5P1020065.jpg
        フォアマストに掲げられた「Z旗」信号旗としてはアルファベットの「Z」の意味の他、単体で用いられた場
        合は「曳船要請」の意味があるらしい。しかし、イギリスに長く留学していた東郷平八郎はトラファルガー海
        戦の際にネルソン提督が艦隊を鼓舞するために送った信号旗の文言
       「England expects that every man will do his duty」になぞらえて、このZ旗に
       「皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ」との意味を込めて掲揚したと言われる。アルファベット
        の最後の1文字に「ここで負けたら後がない」という思いを込めた訳である。
        OLYMPUS OMD E-M5 MKⅡ /M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO /テレコン


      160102ep5P1020059.jpg
        虚空に向けられた甲板の小型砲。これらは恐らく廃艦の決まっていた外国籍の戦艦からの移設だと思われる。
        仰角の調整などを体験できるようになっている。
        OLYMPUS PEN E-P5 / KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT



      160102ep5P1020051.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5 / KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT



160102ep5P1020010.jpg
        ディ−ゼル以前のスチームシップだけに三笠のベンチレーターや煙突は巨大だ。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



      160102ep5P1020038.jpg
        主砲と前部甲板。主砲ももちろんレプリカ。ただ錨と揚錨機は鎖を含めてオリジナルが残されていたそうであ
        る。
        OLYMPUS PEN E-P5 /M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
        
 

160102_85P1020213.jpg
        前部主砲の横で海上を撮影中のmidoriさん。
        OLYMPUS PEN E-P5 / KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT
 


160102ep5_85P1020183.jpg
        真下から主砲を見上げる。この砲身はコンクリート製だ。
        OLYMPUS PEN E-P5 / KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT



      160102_85P1020199.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5 / KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT


                                               ・・・続く

 

スポンサーサイト
  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

  1. 2016/01/08(金) 19:16:22 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
その節は、大変お世話になりました。
迫力のある画像の数々、恐れ入りました。
12-40mm F2.8 PROが写し出す画は、特に素晴らしいですね。
ズームレンズとは思えない画質と解像度なのでは...
また、機会がありましたら、撮影会誘ってください(*^_^*)。
宜しくお願い致します。

三笠丸

  1. 2016/01/08(金) 22:14:23 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんばんは。
名前は聞いたことがありますが、
このように見事に復元されて横須賀にあったんですね。
ダンスホールや水族館に改装された写真は、
可非の問題は別にして、キッチュ感があって魅力的だなと思いました。
鋼鉄の本体部分はコンクリート製ですか?
でも、ところどころに本物があり、リアリティがありますね。
KOWA8.5mmレンズの質感描写が生きていますね。
昔、息子が遊んでいた横須賀の町を舞台にしたゲーム「シェンムー」の
そのリアルで薄暗い背景の絵に魅せられたことを思い出しました。

  1. 2016/01/08(金) 22:24:02 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
三笠は復元されて公開されているのですね。
船内の様子は今後の掲載なのか、あまり公開されていないのか分かりませんが、氷川丸とは違った軍艦の印象が各所にありますね。
東郷平八郎の像は良い感じかと思いましたが白黒での撮影でしたか。
こういうのは変に色を付けない方がいいですね。

Re: タイトルなし

  1. 2016/01/09(土) 07:58:10 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> midoriさん
こちらこそ貴重なお正月休みの1日をお付き合い頂いてありがとうございました。
色々な点で興味深い「三笠」でしたね。そのうちまたゆっくり行ってみたいと思っています。
12〜40は素晴らしいレンズだと思います。おっしゃる通り解像度、コントラスト、色再現と、三拍子揃った優れものですね。
今の所ケチを付ける要素が見つかりません(笑)。
また何処か御一緒しましょう。

Re: 三笠丸

  1. 2016/01/09(土) 09:15:55 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> kazenohane さん
はい。横須賀にあります。

復元は元通りという訳には到底いかなかったようですが、ここまでやっただけでも立派というしかないでしょう。
1枚目の写真、面白いですよね。キッチュ・・・言い得て妙かも。
キャバレー・トーゴーにも不謹慎ながら行ってみたかったです(笑)。
コンクリート製は主砲の砲身だけだと思いますがどうでしょう。
外板は鉄板ですが本来はリベット工法だった物が修復された箇所は溶接になっています。
シェンムー、私はプレイした事がありませんがプロモーションビデオは見た事があります。
昭和っぽい街の写真も少し撮ってあるので次の次くらいにアップしますね。


Re: タイトルなし

  1. 2016/01/09(土) 09:32:13 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
はい。昭和36年に復元記念式典が行われました。
内部の写真は次回掲載しますが、氷川丸と違って三笠は軍艦。それも多数の砲を積み込んだ戦艦です。
ですから氷川丸の艦内を巡る時のような、感傷的な、ロマンチックな気分にはなれません。
でも三笠という船が世界史的にも大きな出来事であった日本海海戦で連合艦隊の旗艦であった事実が、
艦内を歩いているとひしひしと伝わってきます。
東郷平八郎像は彫刻としては悪くないと思うのですが色がけばけばしい緑青色に塗られていてどん引きでした。
それで色彩削除です(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -