主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

        前回の続きで、今回は記念艦「三笠」の主にインテリアとディティールの写真。
        前回の記事の冒頭で紹介したように、1950年代の三笠の状況は大変悲惨なものだった。主な装備品はほと
        んど全て取り外され、戦艦としては丸裸に近い状態だった。それを復元するにあたっては幾つかの幸運があっ
        た。
        チェスター・ニミッツ元帥の個人的寄付に始まり、ニミッツのアメリカ海軍への働きかけにより廃艦の決まっ
        ていた揚陸艦を日本に寄付させ、そのスクラップ利益約三千万円が復元費となった。また1959年に日本に
        おいて解体されたチリ船籍の軍艦アルミランテ・ラトーレの部品がチリ政府から寄贈された。この艦は三笠よ
        り10年遅れてイギリスで建造された物だが、共通する部品も多かったようだ。また戦後備品を持ち去った米
        兵からの返還もあり、昨年にはなんと艦旗の返還があったそうである。
        そんな訳でどこがオリジナルでどこが復元されたレプリカなのか分かりにくいが、というかオリジナルはあま
        り残っていないと思った方が良いのだが、それでもあの有様だったものをなんとかここまでにしたのだから、
        関係各位の努力のほどが十二分に伝わってくる。


160102ep5P1020006.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



      160102_85P1020054.jpg
        ブリッジ内のこれらの機器はオリジナルらしい。ピカピカに磨き上げられていた。
        OLYMPUS PEN E-P5 / KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT


160102ep5P1020114.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


      160102em5P1020058.jpg
        OLYMPUS OMD E-M5 MKⅡ /M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO /テレコン

        


      160102ep5P1020099.jpg
        長官浴室。猫足のバスタブやビューロー型の洗面台が置かれている。洗面台は蓋を閉じると洗面ボールの水が
        流れ落ちる仕組みのようだ。
        OLYMPUS PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


160102em5P1020043.jpg
        洗面器のアップ。真鍮製で錫(推定)メッキが施された美しい物だった。
        OLYMPUS OMD E-M5 MKⅡ /M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO /テレコン



160102ep5P1020132.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


      160102ep5P1020127.jpg
        マホガニー製のストーブ付き飾り棚。凝った作りになっている。
        OLYMPUS PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


      160102ep5P1020119.jpg
        最後尾からメインマストを見上げる。
        OLYMPUS PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


160102ep5P1020144.jpg
        船舶の配膳室は食器の固定に工夫が凝らされていて面白い。
        OLYMPUS PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


      160102ep5P1020235.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

        
160102ep5P1020073.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


160102ep5P1020166.jpg
        中央展示室の外の廊下にはガラスケースが並んでいて、空母「赤城」戦艦「大和」始め太平洋戦争の時の連合
        艦隊の軍艦模型がずらりと並べられていた。この全て、そして多くの商船のほとんどが沈没したのだから、今
        更ながら太平洋戦争が大変な戦争だったという事がよくわかる。
        OLYMPUS PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


160102ep5P1020163.jpg
        灰色に塗られた軍艦模型群の中で一つだけ、白塗りの艦船が異彩を放っている。ラベルを見るまでもなく、す
        ぐに病院船「氷川丸」だと気がついた。無性に嬉しかった。
        OLYMPUS PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


160102ep5P1020174.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


      160102ep5P1020226.jpg
        OLYMPUS PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

        今更私が書く事ではないかもしれないが、日本海海戦の結果は歴史的に大変大きな意味を持つ事となった。
        ロシアの極東での勢力が弱まり、アジア全体に大きな自信を与え、フィンランドやポーランドの独立を促し、
        そしてやがて太平洋戦争を招く事になる。
        歴史に仮定は無意味だが、日本海海戦で日本が負けていたら、世界地図は今とはだいぶ違っていただろう。
        記念艦「三笠」は改めてその事を教えてくれた気がする。
        記念艦として再スタートしたのが昭和36年の事なので資料の展示方法もだいぶ時代遅れになっていると思う
        が、少しでも多くの方々に訪れて頂きたい記念艦であった。

スポンサーサイト

  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

三笠丸・2

  1. 2016/01/09(土) 14:23:16 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんにちは。
戦艦とはいえ、装飾的な備品や照明器具は興味深いですね。
特に飾棚には、どんなものが置かれていたのか想像するだけでも楽しいですね。
戦艦というと、機能性を優先した無味乾燥な船内のイメージがありましたが、
どこか優雅さが感じられるのは、明治期の造りだからでしょうか?
コンクリートに見えましたが、鋼鉄の壁面に厚く塗料が塗りこめてありますね。
散逸した船内の備品を集めるだけで、大変だったでしょうね。
よくぞここまで復元できたなと感心するばかりです。
横須賀の街の風景、楽しみにしています。

Re: 三笠丸・2

  1. 2016/01/09(土) 17:45:09 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> kazenohaneさん
この船は1899年から1900年にかけてイギリスで作られました。アール・ヌーヴォー華やかなりし頃ですね。
ですから上級士官エリア等はある程度の装飾が施されていたと思われます。
現代の軍艦内を見学した事はありませんがこのような内装ではないでしょう。
三笠で現在見る事の出来る状態がどこまでオリジナルに近いのかはっきりとはわからないのですが、そこは想像力を働かせてカバーです。
おっしゃるように優雅な部分も多々あったと思いますよ。
いずれにせよ復元に関わった方々は大変だったでしょうね。ここまで復元してくれただけでも感謝です。

軍艦なのに機能美

  1. 2016/01/09(土) 20:37:20 |
  2. URL |
  3. ヒメオオ
  4. [ edit ]
日本海海戦の実戦で大活躍した
のに機能美あふれる素晴らしい
軍艦ですね!

Re: 軍艦なのに機能美

  1. 2016/01/09(土) 21:05:34 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ヒメオオ さん
はい。三笠は昔の軍艦で無骨な面もありますが美しさも兼ね備えているように思います。
この船が造られた当時は機能だけの追求ではなく、設計者が美的な面でも色々工夫を凝らしたのではないかなと思います。
なんとなく帆船時代のロマンが残っているような気もしました。
今回三笠を訪れて、歴史を作った艦として永く大切にしていってあげたいなという思いを強くしました。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -